【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

DTPオペレーターはデザインできない?DTPオペレーターを志望する場合の注意点とは?

DTPオペレーターとして働いている人の中には、

「デザインに関する仕事ができない…」
「地道な作業ばかりで辛い…」
「デザインに関係ない仕事も振られるので辞めたい…」

…とお悩みの方もいらっしゃるかと思います。

若手のDTPオペレーターには、デザイナーとして働くために入社したにも関わらず、デザイナーとしての仕事を振られないばかりか、営業や雑用として仕事ばかり振られる…という事態に遭遇してしまい、デザイナーとしてのキャリア形成ができない人の報告も少なくはありません。

この記事では、DTPオペレーターでデザインができないと悩む方のキャリアについて、参考になりそうな考え方や情報をお伝えしていきます。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

DTPオペレーターではデザイン業務ができないことが多い

DTPオペレーターの中には、デザイナーに憧れてデザイン業務をするために入社した方も多いと思います。

ですが、DTPオペレーターは直接デザインを担当するわけではないので、入社してみて「思ってた仕事と違った…」と後悔する人も少なくはありません。

というのも、DTPオペレーターとDTPデザイナーでは以下のような違いがあるからです。

DTPオペレーター:実践的な技術・正確に作業をする能力を求められる
DTPデザイナー:クライアントの要望を聞き入れ、企画やアイデアを出す能力が求められる

一般的に「デザイナー」と呼ばれる仕事は後者のイメージが強いかと思いますが、DTPオペレーターが実際に行うことは「上からの指示通りに作業してデザインを組み立てる仕事」だと考えるとわかりやすいかもしれません。

DTPオペレーターの仕事を続けてもデザイナーになれるわけではない

DTPオペレーターの仕事をしている方の中には、

「DTPオペレーターを続けているとデザイナーになれる?」
「DTPオペレーターとして働いてもデザインスキルが身につかないのでは?」

…と不安な方もいらっしゃるかと思います。

結論から言えば、会社の事業内容・規模次第ではDTPオペレーターを続けているだけではデザイナーになれないと考えておいた方がいいでしょう。

▼DTPオペレーターからデザイナーになれない会社の特徴

  • クライアントの要望に合わせて提案することがない会社
  • 下請けとしてクライアントのデザイン案を調整するだけの仕事が主な会社
  • 若手にチャンスを一切くれない会社

DTPオペレーターは直接的なデザインを担当することが一切なく、印刷やレイアウトに関しての細かい調整だけしかしない会社もあります。

その場合、会社自体がデザインに関する業務を行っていない可能性が高いので、デザイナーへのキャリアアップを考えている人は注意が必要です。

DTPオペレーターからデザイナーへのキャリアを考えてる人
以下の記事も参考にして転職も検討してみてくださいね

DTPオペレーターがつらい仕事になる原因とは?

まずは「なぜDTPオペレーターの仕事がつらくなるのか?」という原因から探っていきます。

元を正せば、DTP会社の元請けとなる広告業界・印刷業界・出版業界が不況だからだと言えます。

もともと、DTP職は印刷業の職人的な仕事だった歴史があったのですが、1990年代のMacOS普及によるDTPの概念の登場からスマホ普及による紙からWEBへの情報媒体の移行により、大打撃を受けることとなりました。それに対応しきれないまま、ドンドン疲弊しきった経緯があるわけです。

印刷・出版・広告業界が年々下降傾向

DTPオペレーターがつらい原因は、そもそもが元請けとなる印刷・広告・出版業界全般が年々業績がや市場シェアが下降し続けている業界だからです。当然、下請けとなるDTP制作会社は大打撃を受けます。

それに加え、DTPオペレーター・印刷業というのは成長限界産業でもあり、市場を広げにくい業種でもあります。なるべくして、ブラックな会社が増えていくハメになるわけです。

ネット通販印刷・WEB媒体による逆風のせい

印刷・出版・広告業界が下降していった理由は、紙からWEB媒体に情報産業が移行していったことや、ネット通販印刷による低単価発注が可能になったことなども理由です。

そもそも、DTP会社ですら中途半端にWEB制作を受注している会社も多いぐらいですからね。かと言って、WEB制作は今や自宅オフィスで誰でも出来る時代になったわけですので、焼け石に水です。

職人気質の仕事で価格交渉がドヘタクソ

印刷・DTP会社は職人気質が強い一方で、商売人気質はあまり強くありません。そのため、価格交渉やブランディング戦略には弱いところもあり、取引先から買い叩かれがちな業界でもあります。

大手印刷会社二社はなんとか業績を黒字にすることに成功しているものの、他の弱小印刷会社は軒並み赤字です。そして、ネット通販では低価格での発注も可能なこともあり、発注単価を上げるは難しいというデフレ構造に陥っているわけですね。

その上、ミスの許されない職人気質の正確な仕事が要求されるわけですから、これはもうつらくなって当然です。もともと、日本の製造・技術職自体が「良いものを安く」という安易な経営方針を選んでしまい、軌道修正出来ずに潰れていった前例がたくさんあります。

印刷業界・DTP職はまだまだ紙媒体の需要があるので持っているわけですが、この先労働環境はますます悪くなる一方でしょう。

現場で働く人の意識が低め

DTPオペレーターがつらくなる原因は、もともと待遇も悪い上にやる気のないデザイナーこぼれが集まる仕事だからと言えます。活気のない人が集まるわけですから、ますますネガティブな雰囲気が業界から企業にまであふれるわけですね。

若いうちに活気のない職場でやる気なく働くのは、とてつもない機会損失です。

「つらい…」「おかしい…」と思うのであれば、若いうちにDTP業界を抜け出す方法を考えておきましょう。

関連:意識の低い職場の特徴|意識の低い社員、向上心のない会社、モチベーションの低い職場の原因と対処法は?

関連:待遇が悪い職場の特徴。職場環境や労働環境が劣悪で雰囲気の悪くなりやすい会社に見られる傾向とは?

DTPオペレーターからの転職先は?

このように経済面・社会的な視点から見ても、DTP業界の先行きは暗いものだと言えます。現場で働く人たちの悲鳴を見れば、ますます暗い気持ちにもなってきますね。

そんなDTPオペレーターからの転職先は果たして存在するのでしょうか?

…もちろん、可能性はゼロではありません。

とくに最近は若手不足の業界が多く、20代であれば未経験職への転職もしやすい状況ですので、前向きに考えておきましょう。ただし、転職が厳しくなると言われる35歳以降の場合は、厳しい戦いになります。優秀な経歴や実績、あるいは資格などが必要になるので、転職を考えるにしても冷静に今の会社と比べておく必要があると言えるでしょう。

それでは、DTPオペレーターからの転職先の例についてご紹介していきます。

デザイナーなどのクリエイティブ系の会社を目指す

DTPオペレーターから転職するのであれば、やはりデザイナーなどのクリエイティブな業務範囲に関われる仕事をするべきでしょう。

現場の下積み経験さえしっかりこなしているDTPオペレーターであれば、デザイン制作会社などに転職できる可能性は低いわけではありません。

というのも、多くのデザイン会社でもDTPオペレーターの行う業務範囲を担当している人がいるからです。

ポートフォリオ作成にしても「一通りソフトが使える」とアピールできれば及第点として採用されますので、デザインやクリエイティブに苦手意識がある方でも、クリエイティブな業務も受け持っている会社へ転職しましょう。

製造業・工場勤務を考える

穴場ですが、製造業・工場勤務もDTPオペレーターに向いています。製造業も人手不足で人材確保に努めている業界で、なおかつ待遇もそこそこいいので、若いうちに転職しておくのもいいかもしれませんよ。

そもそも、DTP自体が製造業に近しい部分を持つので、転職先候補として考えておくといいでしょう。

未経験可能な職種を目指す

最終手段は、未経験からでも比較的転職しやすい職種を狙ってみることです。若いうちならとくに「営業」「販売」などの求人の採用確率は高めです。今までの経歴を捨てることになりますが、営業・販売の経歴が今後も役に立つことを考えると、思い切って未経験でも可能な転職先に就くのも大切な判断でしょう。

DTPオペレーターからWEBデザイナーへの転職は難しくない

DTPオペレーターから転職を考えている人には、印刷・紙媒体からWEBメディア媒体への転職を考えている方もいらっしゃるかと思います。

その場合、DTPオペレーターの以下のスキルや経験を活かせば、WEBデザイナーとして採用される可能性があります。

  • デザインの基礎を学んでいる(レイアウト・カラーリングの基本など)
  • llustrator・Photoshopの仕様経験あり
  • パソコン・プログラミングに一定の理解がある

また、DTPデザイナーがWEBデザイナーとしてキャリアアップするなら、以下のスキルを身につける必要が出てきます。

  • html・CSS・phpなどのWEBデザイン用のプログラミング言語スキル
  • WordPressなどのWEBメディア媒体用のCMSツールの操作法や仕様について

ただし、これらのスキルは勤務後に実践を通して習得していくことが多いので、DTPオペレーターとしてデザインの基礎スキルや実務経験さえあれば、WEBデザイナーへの転職の道は見つかるはずです。

DTPオペレーターからWEBデザイナーを目指すなら
マイナビクリエイター」がオススメですよ!

マイナビクリエイターはIT・WEB・ゲーム業界特化の転職サービスで、クリエイター系の基礎スキルがあれば多くの求人を紹介してもらえます。

DTPオペレーターからWEB系のデザイナーへ転職したい場合は、マイナビクリエイターでプロに相談しておけば、意外な転職先に出会えるかもしれませんので、この機会に登録だけ済ませておきましょう。

マイナビクリエイターを見てみる【完全無料】

DTPオペレーターからの転職を成功させるコツは?

やや厳し目に言っておきますが、DTPオペレーターからの転職は厳しい戦いになります。というのも、転職で評価される要素は「自発性」「意欲の高さ」といった「今までどれだけのことに挑戦してきて、これから何に挑戦していくか?」という前に進む意志だからです。

残念ながら、イラストレーターやフォトショップを駆使して誰かの指示通りに仕事をこなすだけのDTPオペレーターは、転職に必要な要素が欠けていると言ってもいいでしょう。

ですが、諦めないでください。

行動すれば可能性はゼロではありません。

「正確さ」「効率の良さ」などが強みとなる!

転職では挑戦心や意欲の強さが評価されがちですが、DTPオペレーターであれば「正確さ」「効率に対する工夫」といった”縁の下の力持ち”であることを強みにしたほうが上手くいくでしょう。下手に「自発性があります」「挑戦心があります」と無理にアピールしても、実体験が伴っていなければ、まるで説得力がありませんからね。

ですので、いっそ逆を狙ってみた方が上手くいくことでしょう。

実際、すべての会社が「挑戦心ある人材」が欲しいかと言われると、そうではありませんからね。

「真面目に高い精度で作業をこなしてくれる」
「細かい効率化をはかれる人材」
「PC作業での長時間労働をこなしてくれる」

こういった要素を評価し、堅実な採用をしたい会社もたくさんあります。そしてそういう会社はあまり目立たないので、

残業時間や過酷な労働環境に耐えた実績も”強み”に変わる

「ブラック企業自慢」ではありませんが、やはり「ネガティブにグチグチブラック勤務の体験談を語る」人材よりは「私はこんな過酷な労働環境も耐えてきた」と胸を張って誇る人材のほうが採用される確率は高くなります。

また、おおげさに今のつらい職場の実態を語っておけば同情を誘えますし、少し残業時間の多い企業であれば「この人材はウチの過酷な労働環境も耐えてくれそうだ」と警戒心を解くこともできます。

余裕があれば資格習得・技術習得にも力を入れておこう!

DTPオペレーターの強みといえば「何事も誠実に真面目にこなせる」というところです。適当に仕事してたら、DTPオペレーターは勤まりませんからね。

ですので、資格習得・技術習得を行った上で、新たな転職先の活路を開くのも有効な手段だと言えます。とくに技術者搾取の激しい業界構造から抜け出すためには「DTPオペレーター+〇〇」という付加価値があった方がいいでしょう。

とくにDTPオペレーターと親和性の高い「WEBデザイナー(WEBコーダー)」は、プログラミング言語を学ぶだけで転職しやすくなる仕事で、紙面レイアウトの基礎が応用しやすい仕事です。しかもWEBデザイナーは人手不足の職種ですので、少し勉強すれば転職のハードルはそんなに高くありません。おまけにDTPオペレーターの経験を活かし、紙媒体への提案力や販路拡大の可能性も期待できますので、経歴が無駄になることもありません。

DTPオペレーターからの転職ならエージェント制を活用しておこう!

DTPオペレーターからの転職を考えるのであれば、まずは転職エージェントに相談して今の自分の経歴での現実的な選択肢を知っておきましょう。

あらかじめ言っておくと、DTPオペレーターから未経験職への転職先はあまり広くはありません。データ入力の仕事や事務職、あるいは今までの経歴と全く関係なく就けるような「営業・販売」などの仕事も多いです。

ただし、思いもよらない穴場の求人とも出会えるチャンスもあるので、相談して見るに越したことはありません。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました