【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

デザイナーに向いてる人/向いてない人の違いは?適性診断や性格などからデザイナーに求められる資質を徹底解説!

「デザイナーに向いてるか向いてないか知りたい…」
「デザイナー向いてないと感じて辞めたいと悩んでる…」

このようにお悩みではありませんか?

デザイナーと言っても、紙媒体や映像媒体であれば「グラフィックデザイナー」「DTPデザイナー」「エディトリアルデザイナー」「CGデザイナー」立体物であれば「インテリアデザイナー」「インダストリアルデザイナー」、衣装なら「テキスタイルデザイナー」など、最近ではhtmlやCSSを駆使するプログラマー的な側面のある「WEBデザイナー」もいて、その種類や職業区分は様々です。

また、インハウスデザイナーは社内の中でデザイン外の業務も行うため、一般職相当のスキルを幅広く求められることもあれば、アートディレクター相当の立ち位置として外注先のデザイナーを動かす役割が求められるかもしれません。

ですので総じて言えば、自分の置かれた状況や社内でのデザイナーとして求められる役割によるので、一概に向いてるか向いてないかの判断はできないというのが結論でしょう。

たとえば、デザイナーとしてのセンス(才能や感性)が微妙であっても、ディレクターとしては適性があって周りのクリエイターにインスピレーションを与えることが上手い場合もありますし、逆にデザイン技術には優れていても周りから理解を得ることが苦手で自分の才能を活かせない場合もあります。

また、WEBデザイナーであれば、単にhtmlやCSS、Adobeソフトの使い方には長けているものの、基礎的な色彩感覚やレイアウト感覚が鍛えられていないため、いわゆる「WEBコーダー」相当の作業者止まりとなり、全体設計から関われるデザイナーとしての再学習やキャリアプランの見直しが求められることでしょう。

以上のように、デザイナーと言っても才能や感性、技術だけでなく、会社で求められる役割や今の自分の能力に合わせて、見合ったデザイナーの仕事に就くことが本当に意味での「向いている」ということになります。

そこで当記事では、広く「デザイナー」として活躍している方、またデザイナーを目指している方に向けて、向いてるか向いてないかを様々な条件や適職診断などを参考に考察し、読者それぞれに合わせた向き・不向きがより明確に判断できるような情報をご提供して参ります。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

デザイナーに向いてない人の特徴は?

デザイナーに向いてない人にはどのような特徴があるのでしょうか?

実際にデザイナーとして働く場合、以下のような要素は大きなストレス要因となってきます。

  • 長時間労働
  • アイデアが出ない
  • コミュニケーションが苦手
  • こだわりが強すぎる
  • 1人でやり抜くことに固執しすぎて協調性に欠ける

それぞれ、詳しく解説していきます。

※あくまでデザイナー職の性質や実態を踏まえた上での基準ですので、本当に向いてるか向いてないかは読者自身でご判断ください。

長時間労働が苦痛に感じる

デザイナー関わらず、クリエイティブ業全般で退職理由として多いのが、長時間労働が苦痛だというものです。

とくに納期に追われやすい、広告業界・出版業界・印刷業界・ゲーム業界ではよく聞く話です。

また、比較的自由な働き方がしやすいWEB業界であっても、会社の規模やクライアントとの関係によっては、自転車操業になったり修正要求が厳しいなど、長時間労働になる場合もあります。

この場合、どれだけデザインが好きで向いている人であっても、時間拘束によるストレスからデザインの仕事自体に嫌気が指してしまうという人が多いです。

ただ、それはあくまで「今の職場環境が向いていない」というだけであって、デザインの仕事自体には適性があるかもしれないので「デザイナー全般が向いてない」と決めつけてしまうのは注意です。

冷静に自社の環境や業界全体の事情、他のデザイナーの働き方を知るなどして、自分が現在置かれている環境を冷静に見極めるといいでしょう。

アイデアが出てこない

デザイナーの中でも、企画や提案に関わる際に辛いと感じるのが、アイデアが出てこない時でしょう。

クリエイターのみならず、クリエイティビティが必要な人は誰もが通る「スランプ」ですが、これを乗り越えられるかどうかが、一種の「向いてる/向いてないの分かれ目」だとも言えるでしょう。

筆者の経験則から言えば、アイデアが出てこないスランプから抜け出せない人は職業クリエイターとしては向いてなく、逆にどうにか抜け出せる人はクリエイターとしても成長していける人が多いと感じます。

「アイデアが出てこない時にどう対処して乗り切るか?」も、仕事をしていく上でのデザイナーの適性と言えるはずですので、ひとつの指標としておくといいでしょう。

コミュニケーションが苦手

デザイナーの仕事は才能やセンスが必要と思われがちですが、実際は逆で言語能力・調整力などの総合的なコミュニケーション能力が必要とされます。

そのため、コミュニケーションが苦手な人もデザイナーは向いてないと感じやすいかもしれません。

筆者にもデザイナー・クリエイターの友人が多数いますが、コミュニケーション能力が得意な人ほどキャリアアップして成長している一方で、コミュニケーションが苦手な人は不遇な思いをしている傾向が強く感じます。

外部との調整、社内での連携を考えると、コミュニケーションが円滑に取れないことはクリエイターとしては痛手であり、典型的な職人気質の人にとっては職業デザイナーは思いのほか、辛いと感じる場面が多いことでしょう。

こだわりが強すぎる

こだわりが強すぎたり、プライドが高すぎることも、デザイナーが向いてないと感じる一因になるかもしれません。

もちろん、デザイナーにはこだわりを押し通す意志の強さが必要な場面もあるでしょうが、それを実行するには相応の実績・立場がなければ非常に難しいことです。

仕事では自分のこだわりやプライドを押し殺さなければならない場面は少なくはないですが、それも度が過ぎるとモチベーションが低下していくことがあります。

ですので、仕事に支障が出るレベルで今の会社のやり方が自分のこだわりに合わないと感じるのであれば、職場環境を変えてみることも検討しておくのも選択肢でしょう。

1人でやり抜くことに固執しすぎて協調性に欠ける

デザイナーに向いてない…というよりは、組織の一員として働くにあたって障害となりやすいのが、1人でやり抜くことに固執しすぎて協調性に欠ける性格の人です。

正社員デザイナーとしてキャリアコースを歩む場合、ディレクション・マネジメントなど部下やクライアントをまとめて制作を進行していく能力が求められることが多くなり、1人でやり抜くことに重きを置くことは職業デザイナーとしては弊害となることも考えられます。

そのような人は、どちらかというとフリ―ランス・経営者としてデザイナーになる方が向いていると言えるでしょう。または、小規模な会社やデザイン部門がない会社で、デザイン領域の仕事をすべて請け負うなど、社内ポジションを意識する必要が出てきます。

筆者にも、一人で自身の世界観やこだわりを表現しようとしているクリエイターの知人が多数いますが、能力や感受性は高いと思っても「一緒に仕事したいか?」「他人に紹介できるか?」という観点で言えば、難しいというのが本音です。

デザイナーに向いているか向いていないかを判断するには?

仕事の向いている・向いていないの判断基準は人によって別れますが、客観的に「正社員としてデザイナーを続けていける適性」で考えてみると、おおよそ以下のとおり。

  • 「デザイン=仕事>プライベート」という判断基準
  • 仕事の時間外でも作品制作・スキルアップに意欲的
  • 「やりがい>お金」という判断基準
  • デザイン以外の仕事にも興味を持って挑戦している
  • アイデア出しや提案に積極的である

非正規雇用も増え、クリエイターの倍率も高まる中で、正社員デザイナーとしてやっていくには、上記の要素は不可欠です。

ちなみに私はすべて出来ていないので、学生時代に「デザイナー仕事にするの無理だ…」と早々に見切りをつけました。

結果的に言えば「やっぱりデザイナーにならなくてよかった…」と思っていますので、向いていないと感じている方は参考にしてみてください。

「デザイン=仕事>プライベート」という判断基準である

デザイナーとして長く仕事を続けていくのであれば「デザイン=仕事>プライベート」という優先順位はほぼ必須でしょう。

これはデザイナー・クリエイター限らず、ほぼすべての新入社員に大して言われております。

経営者目線で考えるとわかりますが、戦力として育っていない新卒を正社員として雇うことは、企業からすれば重い負担なのです。

とくに体育会系でブラックなデザイン業であれば「アイデアが通るまで帰れない」「納期までに絶対間に合わせろ」みたいな修羅場にも、何度も立ち会わなければいけません。

仮にあなたが、名前の売れた一流のスーパークリエイターであれば、仕事を引き受けるも引き受けないも自由、プライベートを優先することも出来るでしょう。

ですが、そうでなければ、まずはライベートを捨ててまでデザインに打ち込んで一人前のプロとして認められる努力は必須です。

…少なからず、新人としてのその期間を乗り越えなければ、プロのデザイナーとしてフリーランスになったり、あるいはキャリアアップ転職で給料・待遇向上は見込めないでしょう。

筆者はハッキリ言って、デザインにそこまでの執着や熱い想いはまったくなかったので、学生時代に「仕事にするのは無理だ」と見切りをつけました。

仕事の時間外でも作品制作・スキルアップに意欲的

デザイナーに向いているかどうかは、仕事の時間外でも作品制作やスキルアップに意欲的かどうかも判断基準になります。

これも別にデザイナー・クリエイターに関わらず、多くの仕事で「OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)」として知られている概念です。

参考リンク:OJT – Wikipedia

デザイナーであれば、トレンドを追ったり、目まぐるしく変化し続けるIT・WEB関連のスキルを勉強するなど、自己学習をして自分の能力を高める必要があります。

デザイナーとして転職する場合に必須になるのが「ポートフォリオ」であることは、職業クリエイターであれば、知っているはずです。

ポートフォリオも仕事での制作物だけでなく、自主的に制作したり、技術習得のための制作物もあれば、転職で有利なアピール材料になります。

少なからず、仕事以外でのスキル向上や勉強も重ねていれば、実際の仕事での制作物の内容も良くなってくるはずです。

ちなみに、筆者は学生時代から課題以外の作品制作をするほどの意欲はまったくなかったので、デザイナーになるのは諦めました。周りの熱意のある人間に、勝てないとわかってましたから。

「やりがい>お金」という判断基準である

デザイナー・クリエイターの仕事と言えば「やりがい搾取」と呼ばれ、お金で考えると割に合わない仕事として有名です。

現役で続けられている方は、そんなことも気にしないぐらい、仕事にひたむきに打ち込めるような人たちばかりです。

ですが、仕事の価値観の基準が「お金>やりがい」という方ですと、割の合わなさや他の仕事の待遇・給料面の良さが目につくようになります。

もし、デザイナーに向いていないと感じている方で、さらに「安月給過ぎてやってられない…」「サービス残業が嫌だ…」と思う方は、素直にデザイナーから他の給料のいい未経験職への転職も考えておくといいかもしれません。

実際、人材業界全般で見ても、デザイナーは経歴やスキルがないと給料アップは見込めないので、デザイナーとしてスキルアップする意欲が湧かない方は、キャリアの軌道修正の利く20代のうちに未経験職に就いておくのも立派な選択肢ですよ。

デザイン以外の仕事にも興味を持って挑戦している

デザイナーでなおかつ正社員・組織人として続けていく場合に考えておきたいことは「会社内のデザイン以外の仕事にも興味を持って挑戦しているか?」です。

正社員のデザイナーとして仕事を続ける場合、まず「自分の専門の仕事以外はしなくていい」ということは許されません。

正社員デザイナーとして、待遇・給料面に期待できる「インハウスデザイナー」を目指すにしても、会社内のデザイン以外の業務を任せる立場となります。

場合によっては、デザイナーとして入社したにもかかわらず、雑用や営業も任されており、それが嫌になっている方もいることでしょう。

その場合、単に「デザイナー」という肩書きにこだわりすぎて、社内の状況が見えていないだけかもしれません。

逆に言えば、正社員デザイナーであればデザイン以外の業務範囲でも戦えるというわけでもあるので、視野を広げて今の自分の仕事や役割を見直すことも大事でしょう。

提案力・アイデア出しに積極的である

デザイナーが向いているか向いていないかを見極める基準としては「提案・アイデア出しに積極的かどうか?」です。

極論、自分からアイデア出しや提案の出来ないクリエイターは、一生下請けの技術者止まりで終わります。

これもデザイナー・クリエイターだけでなく、多くの新入社員に求められている「自発性」のひとつと言えます。

もちろん「自分のデザインに自信がない…」という気持ちはあるでしょうが、そこを乗り切らなければ、自分のアイデア・提案に責任を持って最後まで仕事に取り組む…ということはいつまで経っても出来ません。

少なからず、ずっと受け身で言われことしか出来ない社員は、デザイナー以前に一社会人として自分の立場や仕事を勝ち取るのは、どの道難しいです。

それも競争が激しく、個性や自発性の求められるデザイナー・クリエイター業であれば、致命的な欠点だと言えるでしょう。

「デザイナー向いていない」と思って転職する場合は?

以上の要素を読んで「デザイナー向いていないかも…」とお悩みの方もいると思います。

ただし、デザイナーとして正式に採用されている以上は、なんらかの適性や見込みがあって今の職場にいるわけですので、見極めは大事です。

ですので、転職するにしても、以下のようなことに気をつけて、冷静に検討しておくと後悔せずに済むでしょう。

「本当に自分はデザイナーに向いていないのか?」も考えておく

転職するにしても「本当は自体にデザイナーに向いていないのか?」と言うことは考えておきたいです。

というのも、以下のような原因も考えられるからです。

  • 単に今の会社の社風や育成方針が自分に合っていないだけ(デザイナー自体には適性あり)
  • 上司やクライアントなど、仕事で関わる人間からの評価が低いだけ(正当評価されていない)
  • 周りにすごい人がいて、自己評価が低くなっているだけ
  • こだわりが強い性格で、自分の制作や仕事内容に満足できていないだけ

職場環境や仕事で付き合う人間を変えるだけで、自分の適性が発揮できる可能性もあるので、デザイナーとして完全に見切りをつける前に一度確かめておきたい要素ではあります。

また、自意識過剰であったり、周りと比べて自己評価が低くなっている場合は、客観的に自分を把握できていない可能性もあるので、他人に相談して客観的に自分を見つめ直したいところでもあります。

少なからず、デザイン自体は好きでポートフォリオ作成が出来る程度の制作実績もあれば、自分で思っているほど「デザイナーに向いていない」わけではないかもしれません。

「未経験職への転職は可能か?」も考えておく

デザイナーに向いていないから辞めるにしても、経歴をリセットすることになるので、現実問題として「経歴不問で今の職場よりもいい条件の職場に転職出来るか?」を知っておく必要もあります。

結論から言っておきますと、20代でなおかつ卒業後3年以内の「第二新卒」に含まれる人材であれば、経歴不問で未経験職に転職できる可能性は高いです。

これは、政府側で若年層の採用に関して助成金が出ており、それに合わせて20代の若手の転職支援を行ってくれる業者が増えているからです。

給料相場は都市部の未経験からの転職でも月20万前後ですので、給料が低い正社員デザイナーは転職すれば給料面の問題は改善可能ですので、デザイナーからの転職を考える20代の方は「既卒・第二新卒向けのサービスや求人」を意識しておくといいでしょう。

また、非正規雇用(契約社員・派遣社員)も許容できるのあれば、より柔軟な働き方が選べるようになります。

とくにそこそこ経歴やスキルのあるデザイナーであれば、派遣社員としてデザイン業務だけに関わる働き方も出来ますので、正社員として残業に追われるリスクは減ります。

WEB系スキルがあるとデザイナーとしての転職先も広がる

デザイナーの方でとくにWEB系のスキルがある方は、WEB業界内で転職することを考えてみるのもいいかもしれません。

WEBデザイナーの場合、クリエイターというよりは技術職としての色合いが強くなるので、スキルがある方であればWEB業界内での転職を考えておくと、選択肢が広がります。

WEB・IT業界は人手不足で転職自体は非常に行いやすいので、クリエイターとしてデザインに自信がない一方で、WEB系のスキルがそこそこある方であれば意外な求人に出会えるかもしれません。

WEB系での転職を考えているデザイナーであれば、学生・未経験者にも対応でポートフォリオ作成のサポートもしてくれる「マイナビクリエイター」の利用がもっともオススメです。

また、WEB系スキルがないデザイナーの方でWEB業界を目指したい方は「TechAcademy [テックアカデミー]」という通信講座で最短一ヶ月でスキルが習得でき、受講後の就職サポートも行ってくれますので、利用を検討しておくといいでしょう。

転職サービスを利用してプロのサポートを受ける

ここまでお読みの方で「自分がデザイナーに向いているかどうか判断できない…」という方であれば、一度転職サービスでプロに相談してサポートを得るのがいいかもしれません。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

仕事辞めたい【業種・職種】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました