デザイナー寝れない!残業したくない!そんなあなたにデザイナーを諦めた私からアドバイス

編集長
デザイン科卒だけど
デザイナーにならなかった
スコシテン編集長です

「デザイナーだけど毎日12時間以上労働で寝れない…」
「徹夜泊まり込みばかりでしんどい…」
「デザイナーだけど残業したくない…」

このように悩んでいませんか?

私の友人でもデザイナーになった人がたくさんいますが、9割ぐらいは辞めちゃってますね。

…というのも、客観的に見てもデザイナー・クリエイティブ業ってブラックな会社が多いんですよ。

ですので、就活時に自己分析や業界分析、企業研究をしっかりしていないと、ブラックな会社に入社してしまいやすいわけです。

そのあたりの覚悟が出来ている方であれば、好きな仕事なのでどんなブラックなデザイナーの仕事も続けていける…とは思います。

ですが、誰もがデザイナー一筋、プライベートも捨てて、命を削って働けるわけではありません。

むしろ、

「寝れなくてつらい…」
「残業ばかりでプライベートが…」
「デザイナーとしてやっていける自信がない…」

…と、悩むのが普通です。

もし読者のあなたもそうお悩みでしたら、最後までお読み頂ければ幸いです。

デザイナーの仕事を続けるには根性と頭のおかしさが必要

デザイナーの仕事を続けていくためには、根性はもちろん、いい意味で「頭のおかしさ」が必要です。

某大手広告代理店と関わっているクリエイターなんて「仕事のために死んでやる!」ぐらい、イカれた奴らばっかりですからね。

もちろん、私はそういうクリエイターがいてもいいと思いますし、命を削って働くことで生み出せるクリエイティブもあるとは思います。

ですが、9割ぐらいの人間は

「仕事はお金のためにやっている」
「プライベートと仕事をしっかり両立させたい」
「デザインは好きだけど、過労死するまでに必死になりたいわけではない」

…と考えているはずです。

それが普通です。

「好きなことを仕事にする」
「時間や給料を気にしないレベルで仕事に集中する」

こういう考え方をすることで高いパフォーマンスを発揮できることはあるでしょ。

問題はそれを許してしまうと、ブラックな働き方になってしまうということです。

デザイナー・クリエイターで長く働き続ける人は、そういう環境でも苦にならない人たちです。

そして、そういう異常な環境で生き残った上司・先輩が会社を引っ張っていくわけなので、ついていけない人は途中で脱落してしまうわけです。

ですが、誰もが「やりたいことを仕事に!」「好きなことを仕事に!」というモチベーションだけで、理不尽な環境で働き続けられるわけではありません。

今あなたが「プライベートの時間を削って、安い給料でデザイナーを続けていくのは不安…」と思うのであれば、いずれどこかで辞め時が訪れるでしょう。

ですので、今あなたが「ここまでつらい思いをしてデザイナーを続けていく自信がない」と思っているのは、むしろいいことかもしれません。

少なからず、今の職場環境を疑いもせず、無理に働き続けてうつ病になったり、過労死してしまうよりは、まだ頭が正常に働いている証拠ですから。

長時間労働を理由にデザイナーから転職する場合は?

「寝れない」「長く残業したくない」という理由で転職する場合、具体的にどうすればよいのでしょうか?

読者の制作実績・スキル・経歴・作品量によっても変わってくるので、一概にどうこうとは言えないのですが、今のキャリア・人材市場の事情と照らし合わせて考えると、以下の方向性に別れてきます。

  • デザイナーを辞めて、まったくの未経験職に就く(デザイナー→営業・販売など)
  • デザイナーとして他の会社に転職する(会社を変えるだけで仕事内容はだいたい同じ)
  • デザイナーの経歴・スキルを活かして、他の職種・業種を見つけ出す(紙媒体→WEBへの転職など)

仮にあなたが「デザイナーの仕事なんかもう絶対したくない!」とデザイン自体に嫌気が差しているのであれば、未経験職への転職を考えるべきでしょう。

とくに20代前半の方で「労働時間>デザインを仕事にする」という優先度であれば、ブラックになりやすいクリエイティブ業よりも、未経験職を選択肢に入れたほうが転職ハードルは下がります。

とくに「既卒・第二新卒」向けの就職支援サービスであれば、ブラックな職場から未経験職に転職した事例は腐るほどあるので、利用を検討しておくといいでしょう。

単に「寝れなくてつらい…」「残業時間が長いのが嫌」という理由で、デザインの仕事自体は続けていくつもりがあるのでしたら、ホワイトな環境で働けるデザイン会社を見つけ出せばいいだけです。

デザイナー向けの転職エージェント(プロが転職の相談とアドバイスをしてくれるサービス)については、以下の記事にまとめてます。

デザイナーとして経歴を活かしつつ、ブラックな職場を避けるためには、しっかりとした転職活動を行う必要もあるので、場合によっては退職後に失業保険を受け取りながら、落ち着いて取り組むのもありでしょう。

デザイナーからの転職を考えるのであれば転職エージェントは必ず使っておこう

デザイナーから転職を考えるのであれば、転職エージェントを使ってプロに相談しておくのが最善です。

とくに、デザイナーの中でも以下のような方ならまず初めに転職エージェントを使っておき、転職についての基礎知識を知っておくといいでしょう。

  • デザイナーを辞めるべきか?続けるべきかわからない…
  • 自分でも転職出来るのか自信がない…
  • 転職先候補の求人情報だけでも受け取っておきたい

転職エージェントは無料で登録できて、登録するだけでも求人が届きます。

面談でカウンセリングを受けておけば、より具体的な相談に照らし合わせて求人を紹介してもらえますので、転職して残業に関する悩みを解決しやすくなります。

タグ:仕事辞めたい

とくにオススメの転職エージェントは以下の3つ。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業が多め
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておきましょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

また、面談の案内が来ない場合も、表には出ない非公開の優良求人や、自分の経歴に合わせた求人も届くので、それに応募しておけば面談に呼ばれることもあります。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「面談に参加したい」と意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたり、メールの求人をクリックして閲覧するだけでも、転職エージェント側に履歴が残り、意欲の高い登録者として扱われる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

ぜひ、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ