DODAでは最短3ヶ月での転職も可能。仕事を辞めたいなら今すぐ登録しておこう!

「今の会社を明日にでも辞めたい!」
「上司の顔を見るだけでも吐き気がする!」
「うつ気味…。毎日出社するのが嫌…」

このように、

「今すぐ会社を辞めたい!!!!!!!!!!」

…と、今の仕事にうんざりしている方も、少なくはないことでしょう。

しかし、

「転職先がなかなか見つからない」
「転職活動の仕方がわからない」
「…ていうか、自分に転職先なんてあるの?」

…と不安で、なかなか行動にうつせない方もいるはずです。

そんな「今すぐ仕事辞めたい」という方に、言っておきたいことがあります。

転職なんて、3ヶ月もあれば決まるよ。

…と言われても、多くの方はしっくり来ないですよね。

ですが、大手転職サービスの「doda(デューダ)」を使えば、2〜3ヶ月でのスピード転職が可能なんです。

今回はdodaで3ヶ月で転職できる利用や仕組みについて、ご紹介していきます。

dodaでの平均転職期間は2ヶ月〜3ヶ月

冒頭でお伝えしたとおり、dodaでは平均2~3ヶ月での転職が可能です。

dodaの3ヶ月集中転職のスケジュール

…とは言っても、実際に転職を経験されたことのない方は「本当に3ヶ月で転職可能なの?」と不安なことでしょう。

そんな方のためにdodaでは、実際に3ヶ月で転職を決めるためのスケジュールと具体的な手順が、しっかりと紹介されています。https://doda.jp/guide/junbi/schedule/

試しに4月1日からdodaを利用して転職活動を始めた場合のスケジュールを見てみましょう。

1ヶ月目(準備〜応募〜面接)

1週目:事前準備
2週目:事前準備・応募
3週目:応募・面接
4週目:応募・面接
5週目:面接

・STEP1 事前準備 (1~2週間)

これからの転職活動の方向性を決める「準備」の時期です。2つのことを十分に確認します。
1つは「自分のキャリアの強み」です。身につけたスキル、成功事例、数値で表せる実績などです。
2つ目は、「転職の目的」です。仕事のやりがい、年収アップ、残業を減らす…など、何を解決・改善するために転職するのか、はっきりと意識しておきます。転職活動が進んで「A社とB社、どちらにしようか」と迷った時の拠り所にもなるので最初にじっくりと考えておきましょう。

・STEP2 応募 (1~2週間)

応募する会社を選ぶ時期です。
「転職成功者は1社の内定を得るのに17.7社に応募している」というデータもありあますので、興味のある求人はできるだけ多くリストアップしておきましょう。そして、「1社ずつ順番に」ではなく「複数の会社に並行して」応募するのがベターです。複数を比較検討しながら判断すると納得感があるからです。また、採用活動は想像以上にスピーディなので、「やっぱりあの会社にも応募しよう」と思っても既に締め切られていることもあります。

・STEP3 面接 (1~2週間×応募社数)

面接が設定される時期です。
会社に勤めながら転職活動している人は正念場となりますが、一度決めた日程を後で変更することのないように日程調整しましょう。面接は、自分が質問されるばかりではなく、生の確実な情報を得られる絶好の機会です。自分はその企業や仕事内容について何を知りたいかを洗い出し、どんな聞き方をすれば的確な答えが引き出せるか、一社ごとに事前に考えて臨みたいものです。ぶっつけ本番ではなかなか選考通過できません。

ちなみに、これだけ見ると「そんなに応募と面接同時進行できない!」と思われるかもしれませんが、安心してください。

プロのキャリアアドバイザーが、応募手続きからスケジュール調整まで、すべて代わりに行ってくれます。

そのため、転職希望者は求人探しと面接に集中できるんです。求人探しも、自分に適性のある選りすぐりの求人のみが紹介されるので、すぐに応募したい転職先が見つかりますよ。ですので、実際にこれぐらいのハイペースで転職活動が行なえます。

2ヶ月目

5週目:面接
6週目:面接
7週目:面接
8週目:面接・内定
9週目:内定・退職引き継ぎ

・STEP4 内定 (1週間)

内定が出たら入社するかどうか、指定の期日までに回答します。
よくあるのが、「本命A社の結果が出るのが来週なので、B社にはその後に回答したい」と、B社に回答期限をのばしてもらえないかと打診するケースです。その打診をすること自体で内定取り消しになる可能性もありますので、おすすめできません。自身で決めたSTEP1の「自分の強み」「転職の目的」に照らしてブレずに判断したいところです。

・STEP5 退職・引き継ぎ (4週間)

今の会社に退職する旨を伝えます。
一般には退職1カ月前を目安に直属の上司に伝えますが、各社の就業規則でルールが決まっていることが多いので転職活動の早い時期に確認しておきます。今の自分の業務の後任者を決めてもらい、引き継ぎを行います。後任者が決まらないなどで退職交渉がスムーズにいかない場合、業務内容をマニュアルにまとめて、いったん上司に業務を引き継いで善後策をとります。間違っても転職先の入社日を変更することのないようにしましょう。

dodaを利用すれば、2ヶ月目後半には内定・退職が決まり、今の職場に後顧の憂いなく辞表を叩きつけることができます。

「そんなにあっさり内定もらえるの?」と不安な方もいますが、dodaを使えば2ヶ月以内に内定をもらえるのは普通です。

下の表を見てください。


・dodaの平均応募社数


dodaの平均応募数は「17.7社」ですが、なんと2人に1人は10社以内に内定をもらっている計算になります。

つまり、応募期間の3週間(21日)のうちに18社に応募すれば、高確率で2ヶ月目後半には内定がもらえるわけです。

dodaでは毎日求人情報が届きますが、1日に1社(計21社)しっかり応募すれば、不可能な数字ではありませんよね。

前にも紹介したように、応募手続きやスケジュール調整はすべて担当のキャリアアドバイザーが行ってくれるの、届いた求人に応募して面接の日程を待つだけでOKなんです。

3ヶ月目

10週目:退職・引き継ぎ
11週目:退職・引き継ぎ
12週目:退職・引き継ぎ
13週目:内定

3ヶ月目は、退職に関する引き継ぎ処理の期間になります。現在の直属の上司に退職届けを提出し、転職先の入社日を調整する必要があります。

退職届けを出す時のコツは「転職が決まりました。すでに入社日は一ヶ月後の◯日にと決めています」と、転職先の入社日が決まっていると、ハッキリと言っておくことです。

ただ注意しておいてほしいのが、本当に先に入社日を決めてしまう必要はないということですね。あくまで、今の職場から引き止められたり、嫌がらせで退職前に仕事を押し付けられないように、保険を兼ねた防衛策です。

現在の職場の退職日が決まりましたら、dodaの担当者を通して、内定先の入社日を決定させましょう。もし、退職手続き・入社手続きでわからないことがあったら、担当のキャリアアドバイザーに相談することもできます。

dodaでスピード転職が可能な理由とは?

以上、dodaの3ヶ月集中転職のについて、実際のスケジュールを参考にしながら紹介してきました。しかし、これだけではイマイチ、3ヶ月で転職が成功するイメージが湧きませんよね。

「本当に3ヶ月で転職できるの?」

こう疑ってしまうのも、仕方ないことだと思います。

なぜ、dodaでは3ヶ月のスピード転職が可能なのか?

その答えは、転職エージェント制による効率的な転職サポートにあるんです。

転職エージェント制による効率的な転職サポート

dodaの転職エージェント制では「キャリアアドバイザー」と「採用プロジェクト担当」に別れ、効率的な転職サポートを行ってくれます。

転職エージェント制で、1人の転職希望者に2人の担当者がつくのがdoda最大の強みであり、圧倒的効率を提供できる仕組みなんです。

キャリアアドバイザーの役割:ヒアリング、情報提供、キャリアの整理。求人の紹介。履歴書・職務経歴書の書き方に関するアドバイス。面接情報の提供や模擬面接、面接後のフィードバック。

採用プロジェクト担当の役割:応募書類の提出、選考結果のご連絡、面接日程の調整などのやり取り。求人紹介メールの配信。

応募書類(履歴書・職務経歴書)のアドバイス

dodaでは、転職活動で悩みがちな「履歴書・職務経歴書の作成方法」についてアドバイスしてもらえます。dodaの登録段階では、履歴書・職務経歴書を用意しておく必要がないため、一から作成を指導してもらえます。また、一度応募書類を作成し終えると、次回の応募からいちいち書き直す必要がないので、あとは気になる求人に応募し続けるだけで済みます。

キャリアアドバイザーによる推薦状の作成

dodaでは、キャリアアドバイザーが転職希望者の「人柄・志向・考え方」といった人間的な魅力についても、推薦状にまとめて応募企業に送ってくれます。書類だけでは伝わらない強みもアピールできる上に、キャリアアドバイザーの前評判で自分の印象を上げることもできるので、選考通過率もグッと上がります。

面接後のフォロー

dodaでは、面接前のアドバイザーや面接後のフォローも丁寧に行ってくれます。最初の会社で落ちたとしても、すぐに次への対策を練ってくれるため、次からの採用確率もグーンと上がっていきます。

キャリアアドバイザーによっては「面接に同行し、その後アピールできなかったことをメールで報告したり、転職希望者へアドバイスするなどの徹底したフォロー」も行ってくれるので、面接に自信のない人でも、採用確率が高くなるわけです。

仕事を辞めたいなら今すぐ行動しよう!

このように、dodaを利用すれば3ヶ月での転職も夢ではありません

とくにエージェント制を活用し、プロの力を借りれば、面接に自信がなくても、十分3ヶ月での転職も可能です。

そして、3ヶ月集中転職のスケジュールを見ればわかりますが、転職を成功させる決め手は「どれだけ早く行動(=応募)にとりかかれるか?」にかかっています。

もし、あなたが今転職を考えているとしても、事前準備を一週間で済ませられなければ、転職活動は何年も何十年あっても、はじめの一歩が踏み出せないままで終わるでしょう。

しかし、dodaでキャリアアドバイザーの力を借りて、積極的に応募すれば、転職は3ヶ月もあれば成功するんです。

想像してみてください。

今の辛い職場を抜け出し、3ヶ月後には新しい職場で一から挑戦している自分を。

一方で、ここで行動できなかったら、また明日から憂鬱な出勤が毎日続くことになります。

「もうこんな仕事は嫌だ…」と毎日毎日悩み続けている方でも、思い切ってプロの力を借りてスピード転職しちゃえば、3ヶ月後には苦しみからは逃れられます。

もし、転職エージェントを利用してみて「合わないなあ…」「いい求人が見つからない…」と感じたら、転職しない選択肢を選ぶこともできます。

今の仕事が本気で嫌なら、すぐに登録を終わらせておきましょう。

一週間後には、プロの力を借りて、すぐに転職活動を始められますよ。

タグ:DODA

DODAの登録方法【カンタン1分・完全無料】

DODAの転職エージェントはスマホ一つでカンタンに終わります。しかも無料です。もし、思ってたのと違った場合はすぐに退会もできるので、気になった方は今すぐ登録しておきましょう。

関連:DODAの利用はいつでもやめられる?スカウトメールはしつこくない?真相を教えます。

DODAの登録はDODA(デューダ)公式サイトにアクセスして「エージェントサービスに申し込む(無料)」ボタンを押して必要な情報を入力して行くだけでOKです。難しい操作や考えて入力する必要はないのですぐに終わりますよ。

登録は「会員登録→詳細情報→確認→完了」の4ステップを行う必要があります。

途中で職務経歴などを入力することになりますが、おおよそで構いません。あとから追加入力もできるので、登録の段階では簡潔に入力して済ませておきましょう。

その後、1週間以内に面談の日程についての連絡がきますので、プロに相談して転職先を一緒に決めましょう。スピーディーに活動すれば、最短3ヶ月で転職先が決まりますので、今の仕事を辞めたい人は必ず面談に参加しておきましょう。

関連:DODAでは最短3ヶ月での転職も可能。仕事を辞めたいなら今すぐ登録しておこう!

転職しようか迷っている人でもDODAはオススメ!

「すぐに転職する気がないけどDODAに登録した方がいい?」と悩んでいる方も、必ずDODAは登録しておいた方がいいですよ。登録の記入事項にもある通り「長期間を見据えての転職」「転職をするべきかどうかの相談」からも対応しているので、登録しておくだけチャンスが生まれます。

転職エージェントは完全無料で利用できるので、登録しておくだけで損はありません。スカウトメールでは高収入・高待遇の求人も多数届き、気になったらすぐに応募もできるので、今の会社で不満を抱えながら働き続けるよりかずっとマシになります。

また、転職する気になったら、キャリアカウンセリングを受けてみるといいですよ。今の仕事の愚痴や不満もしっかりと聞いてもらえるので、心もグッと楽になります。今の職場にバレないようにプライバシーもしっかり配慮されていて、気になる転職先の情報や普段は聞きにくいリアルな年収の話なども聞けるので、絶対に利用しておくべきですよ。

2018年現在、転職市場は売り手市場で転職者に非常に有利なので、早めに行動しておきましょう。

関連コンテンツ