ドッグトレーナーになるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

スポンサーリンク
▼未経験からエンジニアになれるサービス▼

ドッグトレーナーってどんな仕事?

犬を訓練したり、しつけするドッグトレーナーという職業です。
ペットとして犬を飼う人が増えるにつれて、その需要が増えています。
ペットとして飼い始めたのはいいものの、トイレのしつけ、吠え癖・噛み癖、その他の問題行動で困っている飼い主は少なくありません。
そのため、飼い主に人間社会で共存していくためのマナーを教えるという仕事の需要が増えているわけです。
トレーニングは、犬を預かって行うこともあれば、家庭に出向いて行うこともあります。

より専門性の高いドッグトレーナーとして、家庭犬のトレーナーではなく、以下のような職業犬の訓練士という仕事も存在します。

  • 警察犬訓練士
  • 災害救助犬訓練士
  • 盲導犬訓練士
  • 聴導犬訓練士
  • 介助犬訓練士
  • セラピードッグ訓練士

それぞれ、詳しく解説していきます。

警察犬訓練士

警察犬とは、警察の捜査において、足跡追跡や臭いの判別などを手伝う警察管轄の犬のことです。
日本の警察犬には、

  • 警察が所有している直轄(ちょっかつ)犬
  • 非常勤の警察犬として認められた嘱託(しょくたく)犬

の2種類があります。
この警察犬を飼育訓練するのが、警察犬訓練士の仕事です。

直轄犬の訓練に当たるのは、原則として鑑識課の職員になります。
そのため、警察試験に合格することが前提となりますが、合格したからといって警察犬訓練士になれるとは限らず、仮になれたとしても異動することもあるため、警察訓練士専門として働くことは非常に難しいです。

そういう意味で、警察犬訓練士のプロを目指したいなら、委託警察犬訓練士を目指すことが現実的な選択肢となります。
嘱託警察犬と認められるのは、各都道府県警県警察が行う審査で合格した犬です。
県によっては、アマチュアが訓練した犬でも構わないとしてるところもありますが、多くは日本警察犬協会の公認資格を持った訓練士による訓練を受けた犬であることが前提となっています。
その資格とは、

  • 三等訓練士
  • 二等訓練士
  • 一等訓練士
  • 一等訓練士正
  • 一等訓練士士官

の5つの階級に分けられており、三等訓練士の資格に合格して、初めて警察犬訓練士を名乗ることができるのです。
この試験を受けるには、日本警察犬協会の公認訓練士が経営する訓練所に入所して、住み込みで犬の食事、運動、犬舎の掃除、その他の雑務も担当しながら、3~6年間の修業を積むことが必要になります。
各都道府県警察の審査を受けて合格した犬は、嘱託犬として登録され、事件発生時には警察の要請を受けて、訓練士と犬がセットで事件捜査等に出勤することになります。
ただし、出勤しても支給されるのは交通費など実費程度であり、それだけで食べていくことはできません。
そのため、多くの嘱託警察犬訓練は訓練場を経営したり、スタッフとして各種競技会のための訓練などを行って収入を得ているのが現状です。

災害救助犬訓練士

災害が起きたとき活躍するのが災害救助犬(レスキュードッグ)です。
災害救助犬として認められるには、以下の団体や協会の認定試験に合格する必要があります。

  • 災害救助犬育成団体
  • ジャパンケネルクラブ
  • 日本レスキュー協会
  • 日本救助犬協会
  • 全国災害救助犬協会
  • 愛知災害救助犬協会

この災害救助犬を訓練するのが災害救助犬訓練士指導士の仕事で、災害発生時には救助犬と共にハンドラーとして現場に出動することになります。
災害救助犬訓練士になるのに資格は必須ではなく、いわばボランティアの仕事です。
犬の訓練と救助活動には高いスキルが求められるため、育成団体で学び経験を積む必要があります。

盲導犬訓練士

目の不自由な人の歩行を補助するのが盲導犬で、それを育てるのが盲導犬訓練士の仕事です。
盲導犬を育成できるのは、国家公安委員会が指定する法人に限られています。
具体的には、全国盲導犬施設連合会に加盟している、

  • 北海道盲導犬協会
  • 東日本盲導犬協会
  • 日本盲導犬協会
  • 中部盲導犬協会
  • 関西盲導犬協会
  • 日本ライトハウス
  • 兵庫盲導犬協会
  • 九州盲導犬協会
  • 全国盲導犬教会
  • 日本補助犬協会
  • アイメイト協会

になります。

これらの法人に就職して、研修生や実習生として働きながら訓練士を目指すのが、一般的な盲導犬訓練士のキャリアコースです。
採用条件(学歴、年齢など)や養成期間は法人よって異なりますが、いずれも採用枠が少ないため狭き門となっている点には注意。

聴導犬訓練士

聴導犬は耳の不自由な人をサポートする犬のことです。
聴導犬を育てる聴導犬訓練士になるには

  • 日本聴導犬協会
  • 日本聴導犬育成の会

などの聴導犬育成団体に就職して経験を積む必要があります。
日本聴導犬協会は日本聴導犬介助犬訓練士学院を開講しているため、ここで学ぶのも手でしょう。

介助犬訓練士

介助犬とは、手や足に障害のある人の手助けをするために特別な訓練を積んだ犬のことです。
ドアの開閉や衣服の脱着、指示した物を置く、起立や歩行の介助など、様々な仕事をこなします。
そんな介助犬を育成するのが介助犬訓練士の仕事です。
広い意味で盲導犬や聴導犬も介助犬に含まれますが、日本ではそれ以外の介助犬の存在はまだまだ知られておらず、介助犬の育成・普及団体もボランティアで成り立ってるのが現状です。

セラピードッグ訓練士

近年、医療や教育の現場で注目されてるのがアニマルセラピーです。
アニマルセラピーとは、動物を介在させることで治療の効果が上がったり、子供たちの社会性や協調性、思いやりの心などが育つとされていて、特にセラピードッグの需要が増えています。
そのセラピードッグを育てるための仕事がセラピードッグ訓練士ですが、現在のところ正式な資格があるわけではな、く介助犬訓練士と同じようにドッグトレーナーや訓練士がボランティアとして育成しているのが現場です。
アニマルセラピスト同様これからの仕事だと言えるでしょう。

ドッグトレーナーになるには?

ドッグトレーナーになるだけなら資格は必要ありませんので、未経験でも採用可能な求人を探して、まずは現場で経験を積むことができます。
具体的には

  • ペットショップ
  • ドッグラン
  • 動物病院
  • 動物保護施設

などが主な勤務先となるので、これらの企業や施設の採用情報を探してみるといいでしょう。
また、フリーとして活躍しているドッグトレーナーもいるので、SNS等で見つけてアプローチしてみるのも手かもしれません。

職業犬訓練士になる場合は、資格取得や協会所属が必須条件となるため、上記で紹介した協会や団体の公式サイトの情報を参考にしておくといいでしょう。

いずれにせよ、ドッグトレーナー専門で採用されることは少ないため、関連する会社・業界・団体などを知っておき、ドッグトレーナーのスキルが求められる職場を見つけ出す必要があります。

ドッグトレーナーに必要な資格やスキル

ドッグトレーナーになるためだけなら特別な資格は必要ありません。
ですが、いくつかの民間資格は存在します。
たとえば、日本動物病院協会(JAHA) 認定の家庭犬しつけインストラクターや、ジャパンケネルクラブ(JKC)の公認訓練士などがよく知られています。
就職するなら、これらの講習を受けて必要な知識や技術を身に付け、資格を取っておいたほうが有利でしょう。
動物系専門学校や一部の大学にもドッグトレーナーの資格に対応したコースを設けているところがあるので、そこで学んで資格取得を目指すのも一つの手です。

ドッグトレーナーに向いてる人は?

  • 犬が好きである
  • 犬について理解を深めることに興味関心がある
  • 犬の個性を見分けることができる
  • 飼い主とのコミュニケーションができる

ドッグトレーナーになるには犬が好きであることはもちろん、犬の性質を深く理解し、適切なしつけができる能力が必要になってきます。
犬種によっても一頭一頭の個性によってもしつけ方が違ってくるので、犬全般に対する知識を深めるための興味関心の高さは大事でしょう。
また、犬だけでなく飼い主とのコミュニケーション能力も必要です。
犬の行動は飼われている環境によっても大きく変わってくるので、どんな家庭で飼われているかも知る必要があります。
ですので、一般の営業職や接客業を担える程度のコミュニケーションスキルも、求められる適性だと言えるでしょう。

また、職業犬訓練士になる場合は、以下のような資質も必要になってきます。

  • 組織や社会に対しての忠誠心
  • 強い社会貢献性

職業犬訓練士はいずれも長期的な目線でキャリア形成する必要があるため、計画性や忍耐強さが必要な資質になってきます。
また、ボランティアで参加しなければならないことも少なくないため、強い社会貢献への意志も大事です。
少なからず、労働に対しての報酬(年収や待遇)が割に合うかどうかで考えた場合、職業犬訓練士はかける時間に対してリターンが見合わないため、よほどの職業犬訓練士に対する強いあこがれや社会的使命がなければ、目指し続けるのは難しいと言えるでしょう。

ドッグトレーナーと関連性の高い仕事は?

ペットとしての家庭犬向けのドッグトレーナーの場合、ペット及び飼い主向けにサービスを行う仕事全般と関連性が高いため、就職や転職先候補として知っておくと、キャリアでも応用が利きやすくなることでしょう。
各職業犬訓練士を目指す場合は、ブリーダーや飼育員も近しい仕事なのでチェックしておきたいところです。
また、職業訓練犬が用いられている業界や団体とも親密な関係となるため、各種業界についても理解を深めておくことで、より仕事での将来性が高くなることでしょう。
たとえば、警察犬なら警察組織、盲導犬や介助犬なら福祉、災害犬ならレスキューなど、犬に関する知識だけでなく、訓練した犬が用いられる先の業界や仕事まで理解することで、よりキャリアの選択肢が広まってくるはずです。
とくに職業犬訓練士の間口が狭いことを踏まえると、訓練士になることだけを意識するよりは、関わる業界全体を広く意識したキャリア形成を意識しておく方が、万が一職業訓練士になれなかったり、なれたとしても生計を立てることが難しい際、柔軟なキャリアの選択ができることになります。

タイトルとURLをコピーしました