土方の仕事がきついと感じて辞めたい時の転職方法!肉体労働を辞めたいなら読んでおこう

「土方の仕事つらい…」
「ヤンキー上がりの兄ちゃんばっかりで土方ヤバイ…」
「取引先がヤクザばかりで土方きつい…」

そう悩んでいませんか?

もともと「土方」自体が差別用語の意味合いも含まれるほど、つらい・きついお仕事の代名詞なのです。

もちろん、土方と呼ばれるきっついお仕事をこなす肉体労働者がいてこそ、日本の社会が成り立っているのは間違いない事実です。

しかし、働く本人からは、

「そんなこと知るか!」
「立派な仕事だと思っているなら給料上げろや!」
「待遇良くしろや!」

…という感じで、職業差別を味わっているのではないでしょう。

もし仮に読者がそう悩んでいて「土方から他の職業に転職したい!」と思っているのであれば、最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

土方から転職したい理由とは?

体力勝負のガテン系のお仕事なので単純に”キツイ”

土方の仕事といえば、とにかく体力勝負。

体力のある若いうちならともかく、体力の衰えてくる30代以降になると、だんだんとつらく感じてくる仕事だと言えます。

もし、今20代の土方の仕事の方で「こんな仕事長く続けられる自信がない…」と悩んでいる方は、早めに転職を考えておくといいでしょう。

命の危険と背中合わせ

土方の中の職種・仕事内容にもよりますが、安全保障がしっかりしていない仕事ですと、命の危険とも隣り合わせの危険な仕事だとも言えます。

その上、特に給料が高いわけでもないから、嫌になっちゃいますよね。

その一方で、ホワイトカラーのサラリーマンは、命の危険もないキレイなオフィスで座っているだけで金がもらえます。

土方の仕事は人気がないので若手が不足している

土方の仕事を辞めたいのは、若手が不足しているからでしょう。

年寄りばかりの業界で古くさい慣習が多く、若者は土方の仕事にあまり興味を持ちません。

また、周りに若手がいないので刺激がなかったり、楽しくないと感じる方もいることでしょう。

そして冷静に考えていただきたいのが将来について。

今、人手不足の土方の仕事で働く若者は、中高年になった際は引退した先輩・上司の跡を継ぐことになるわけです。

しかし、その時には

  • 人材不足がより深刻になる
  • 外国人労働者の増加による若手教育が今以上に困難に
  • 外資系企業の傘下として無茶な要求に応える

…など、今よりももっとひどい状況が予想されます。

少なからず「今の会社の上司や先輩が引退して、その後を引き継いで自分たちの世代だけでやっていけるか?」は、しっかり考えておきたいです。

ヤンキー上がりの気性の荒い人が多い

土方と言えば、ヤンキー上がりのの気性の荒い連中も結構多いです。

中には労働法も経営もまるで知らない上司や経営者がおり、ブラックな職場もあります。

ブラックなだけならともかく、中の人の性格が悪い場合は、パワハラ・暴力もあり得る世界です。

当サイトで得たパワハラ・ブラック企業に関する情報の中でも、土方系の仕事はひどい事例もありますので、身に覚えがあるのであれば辞めることを考えておくといいでしょう。

取引先が役所やヤクザなので独特の”掟”がある

土方の仕事は色々と裏があって「ゼネコン」「地域のお偉いさん」「地域のヤクザ」など、割と黒い関係や掟で成り立っている仕事であったりもします。

現場で働く作業員クラスだとそこまで気にしなくてもいいのですが、将来的に会社の経営にも関わるようになると、そういう大人の汚い面を見せつけられたり、あるいは大人のケンカで仕事を奪いあうことも予想されます。

ヤンキー上がりですと、そういったオラオラ系の交渉にも負けない強いメンタルを持てるでしょうが、そうでなければ精神的にもキツイです。

また、単純に仕事の対人関係でそういうストレスを抱えるぐらいなら、サラリーマンとして営業経験を積んだほうが給料にも経歴にもなりますので、若いうちに転職を考えておくのもありでしょう。

土方は馬鹿にされる

職業差別はいけないことですが、土方の仕事は馬鹿にされやすいです。

とくに今の日本人は大企業・公務員人気も高いので、大企業勤めや公務員の方がモテますし、将来性も安定しております。

キャリアを積んで転職するにしても、一般職経験があった方が有利になるため、将来性は上だと言えます。

土方の場合、資格をとったり技術を磨いて職人としての腕を上げるか、あるいは自営業として会社を経営するか…など、転職市場では通用しにくい経歴であることは知っておきたいものです。

土方からの転職は可能か?

土方からの転職は可能か?

結論から言えば、以下の条件を満たしておけば可能です。

  • 20代なら未経験職に就けるチャンスあり(学歴不問)
  • 都市部での転職を視野に入れれば可能(地方住みの場合)

単純にどの職種・業界も人手が足りていないので、20代であれば未経験職へ正社員として雇ってもらえるチャンスは大きいです。

土方からサラリーマンになる

土方からサラリーマンになる場合、おすすめの就職支援サービスはリクルート運営の「就職Shop」、あるいは新卒向けとして根強い実績を持つ「DYM就職」など。

研修から受けられる営業職特化の「JAIC」は全国で定期的に説明会開催中。

土方からIT土方になる

土方から「IT土方(デジタル土方)」にジョブチェンジするのもあり。

IT土方とは、具体的に「プログラマー」「エンジニア」になるのですが、肉体労働ではなく頭脳労働として働けるので、肉体労働・ガテン系の仕事にうんざりしている方なら転職するのもあり。

IT業界は人手が足りていないため、無料で研修から転職までサポートしてくれる業者も登場しております。

たとえば「ウズキャリ」であれば、IT・WEB業界の求人の紹介に強く、研修・講座も行っております。ベンチャー系の業者ですので、Skype・LINE対応なども行ってくれるので、地方住まいの方でも利用可能です。

また、プログラマーになりたい方であれば、東京都内限定ですが「GEEK JOB」でみっちりプログラムを教えてくれる上に、その後の就職・転職支援もバッチリ行ってくれます。

土方からの転職を考えるならエージェントに相談しておこう!

土方から転職したい方で、

「転職したいけど、何をすればいいかわからない…」
「土方の経歴だけなので、転職できる自信がない…」
「転職したい職業が決まらない…」

…と、あまりハッキリと意志が決まっていない方は、転職エージェントの利用をオススメしますよ。

転職エージェントでは、

  • 無料で登録できて、非公開求人を紹介してもらえる
  • 面談で転職に関する相談が出来て、サポートも受けられる(電話面談も可能)
  • 内定後もサポートしてくれる

…など、転職に関する負担をすべてエージェント側で行ってくれます。

また、転職エージェントは登録するだけでも多数の求人が受け取れるため、気になる方は登録でも済ませておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました