【適職診断あり】どんくさい人に向いてる仕事13選!

どんくさい性格の人にとって、この世には急かされる仕事やミスが許されない仕事が多いと感じて悩んでいるかもしれません。

ですが、世の中にはどんくさい人でもこなせる仕事は意外と多いものです。

そこで当記事では、どんくさい人でも向いてると思える適職の数々をご紹介した上で、実際に向いてる仕事を見つけ出すためのコツや方法まで合わせてご紹介していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

「どんくさい」の言葉の意味は?

どんくさいという言葉には「間が抜けている」「のろのろしている」という意味があります。

これは、効率や要領の良さを求められることの多いビジネスシーンにおいては、お世辞にも喜ばしいこととは言えないでしょう。

とくに、以下のようなことに心当たりがあったら「どんくさい人」と言えるでしょう。

  • 人にやたらアレコレ言われる
  • 周りと比べて鈍すぎて怒られやすい
  • 周りをイライラさせてしまう

上記のようなことは、新人時代や慣れない仕事では誰にでもあるようなことと言えるかもしれませんが、頻繁に言われるようであれば、根が「どんくさい」と考えるべきでしょう。

どんくさい人の性格や特徴は?

どんくさい人の性格には、どのような特徴があるのでしょうか?

とくに、仕事で悩みやすい性格は、以下の通りです。

  • 要領が悪い
  • 優柔不断
  • 人と関わるのが苦手
  • 動きが遅い
  • 同じミスを繰り返す
  • 気が利かない
  • すぐ謝ってしまう
  • 飲み込みに時間がかかる

筆者自身、多くの項目が当てはまりますが、自覚して一つずつ改善することで、日々どうにか生きて仕事に適応してきています。

ですので「当てはまるから自分はダメだ…」という考えではなく「当てはまるのでどうにか対処していこう!」という、前向きな考え方で読んでみてください。

要領が悪い

どんくさい人は「要領が悪い」と言われたり、自分でそう思うことが多いはずです。

筆者は比較的要領が良い方ではありますが、それでも行き詰ってテンパったり、上手くいかない時期もあります。

経験則上ですが、要領が悪い人の多くは優先する箇所が他人の目線や評価であったり、段取りや計画ができてないだけだったりするので、仕事の仕方次第で改善できることもあります。

もし、要領の悪さで悩んでいるのであれば、以下の著書を参考にしてみるといいでしょう。

優柔不断

どんくさい人には優柔不断な方も多いのではないでしょうか。

筆者自身、優柔不断で悩む癖が身についているため、行動に取りかかるのが遅い傾向にあります。

ビジネスにおいて、決断力や意思決定の早さは非常に大事になってきます。

どんくさい人にとって、決断を急かされることは多大なストレスになることでしょう。

人と関わるのが苦手

どんくさい性格の人は、他人と関わるのが苦手なことも多いと思います。

筆者自身、過去は人を関わるのが苦手で、接客業を経験したり、会話のパターンを様々な本を読みまくることで習得するという力技でコミュニケーション能力を改善してきましたが、今でも人と関わるのが得意かどうかで言うと、好きではありません。

仕事においては、様々な世代や立場の人と関わる上に、ビジネスの場では交渉力が要される場面もありますので、人と関わるのが苦手なのは克服しなければならない課題となります。

どんくさい人の中でも、人と関わるのが苦手な場合は仕事選びの選択肢が狭まりがちなので、出来れば克服することを考えてみるのもいいでしょう。

人と関わらないで済む仕事の見つけ方は、以下の記事でもご紹介しております。

仕事で誰とも関わりたくない…。人と関わらないで済む仕事を見つけるためのコツとは?

動きが遅い

仕事においては、テキパキ動くことが求められます。

日本人は協調性が強いため、周りのペースに合わせられなければ「足を引っ張っている」「協調性がない」と思われやすく、動きが遅いことは周りよりも劣っている錯覚を覚えがちです。

また、職場環境が高水準で優秀な人材が集まっている場合、テキパキ動けることだけでなく、高度な判断力や多彩な経験も要されるため、相対的に動きが遅いと感じやすくなるかもしれません。

もし、職場の周りの人間についていけないと感じているのであれば、以下の記事もチェックしておくといいでしょう。

周りのレベルが高すぎて仕事についていけない!?能力以上の仕事を振られる職場は辞めるべき?

同じミスを繰り返す

同じミスを何度も繰り返すような人も、どんくさいと思われがちです。

筆者の場合、仕事ではそこまでではないのですが、プライベートでは頻繁にミスやド忘れを起こしがちで、その度に「自分はダメだ…」と落ち込み、時にふさぎ込んで投げ出したりしがちです。

仕事におけるミスの多発は、焦らないで然るべき手順に則って処理したり、自分で対処できない問題は他人に相談して判断を仰ぐなど、ちょっとした工夫で減らすことができます。

また、仕事や社会生活に支障をきたすレベルでミスが多発するのであれば「発達障害(ADHD)」の傾向があるかもしれません。

障害関係に関しては、当サイトでは詳しく解説しませんので、厚生労働省や医療機関の情報を参考にしてみて、場合に応じて診断を受けておくといいでしょう。

参考リンク:発達障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

気が利かない

気が利かないことも、どんくさい人の特徴でしょう。

厳密には、気配りや配慮は得意な方なのですが、他人を気遣うあまり自分のことが後回しになってしまい空回りしてしまうようであるなら、過剰に配慮していると言えます。

逆に自分のことで精一杯すぎて、周りと合わせたり、他人に配慮することができないのであれば、気が利いてない・察しが悪いどんくさい人と思われているかもしれません。

いずれにしても、誰かと働く以上は互いに助け合ったりフォローし合うことが求められるので、適度に気を利かせることを意識しておく必要はあるでしょう。

すぐ謝ってしまう

すぐに謝ってしまう性格の人も、どんくさい人だと思われがちです。

筆者も若い頃は自分に自信がなく、何か行うたびに怒られると思っていたため、何をするにも、何をするに当たっても「すみません…」と前置きすることが少なくはなかったです。

ただ、すぐに謝る癖は自覚して制御すれば、ある程度は改善可能です。

多くの場合「気にしすぎ」の一言で終わるため、本当に謝る必要のある場面は少ないはずです。

飲み込みに時間がかかる

どんくさい人は、新しい仕事の習得に時間がかかるところもあるはずです。

ただ、これはどちらかというと、新しい仕事をすぐに覚えて自分のものにしてしまう人の方が異常に優秀だと言えるので、そこまで気にし過ぎる必要はないでしょう。

また、すぐに覚えられないと文句を言ってくる人間も多いですが、長い時間かけて習得した人と始めた人に差があるのは当然のことです。

ですので「すぐできるようになる」ことよりも「計画的に、段階的にこなせるようになる」ことを意識して、飲み込みに時間がかかることを受け入れてしまう方が楽になれるでしょう。

どんくさい人に向いてる仕事は?

どんくさい人には、どのような仕事が向いてるのでしょうか?

考えられるのは、以下の通りです。

  • リサーチャー
  • WEBコーダー
  • バックエンドエンジニア
  • CADオペレーター
  • 自動車製造工
  • ロボット開発技術者
  • ホームヘルパー
  • ケースワーカー(生活指導員)
  • 放課後児童支援員
  • ドッグトレーナー
  • 司書
  • ステンドグラス工芸家
  • 伝統工芸作家

また、全体の傾向として、以下のような労働環境や特性があると言えます。

  • 長期間かけてじっくりと考えて制作できる仕事
  • ルーチンワーク・単純作業で複雑な判断の要らない仕事
  • 周りの人間関係に干渉されにくい仕事
  • 売上やノルマに追われない仕事

なお、自身の仕事の性格傾向を知りたい方は、転職サイト「リクナビNEXT」や「ミイダス」の適性診断が参考になりますので、この機会に登録しておくといいでしょう。

性格傾向の把握、適性を理解した上で向いてる仕事を見つけたい方は、以下の記事も読んでみてください。

自分に向いてる仕事の見つけ方。転職で間違えないために知っておきたいこと

研究・開発職

他人に干渉されずひとりでじっくり考えたい人に一番向いている仕事が「研究・開発職」だと言えるでしょう。

ただ、現実的に研究・開発職に就くのであれば、理系大学卒以上の経歴が必要なことも多いため、学歴次第では簡単に就ける仕事ではない点には注意しましょう。

企画・広報

企画・広報の仕事は、プロモーション戦略を考えて実行し、企業および企業の製品を宣伝したり、社内広報誌などを作成するのが仕事です。これらの仕事を企業に代わって行なう代理店も存在します。

工場勤務

工場勤務は単純作業が多く、仕事内容自体もマニュアル化されている流れ作業であるため、手際がよくないような人でも無理なくこなすことができる仕事です。

精密機器などを扱う仕事であれば、正確さや緻密な点検が必要となるため、集中力は求められます。

警備員

警備員の仕事は、事件の発生を未然に警戒、そして防止することで、ガードマンとも呼ばれます。通常は警備会社に所属し、ビルや倉庫など施設の警備を行ないます。

警備会社に入社して研修を受ければ、警備員として働くことができ、未経験から高年齢者の採用も行っているため、採用の間口はかなり広めです。現場の保守や管理、点検がおもな役割となるため、受け身な人に向いてる仕事のひとつだと言えるでしょう。

ドライバー

ドライバーの仕事はネット通販などによる物流業の需要増加で、人手不足が指摘されている業界です。就職のハードルや賃金面では有利になっていると言えるでしょう。ただ、運転技術に自信のない人や地図を読むのが苦手な人にとっては難しい職種です。

ドライバーになるなら、物流や交通関連の仕事でも需要の高い「大型免許」を取得してきましょう。

コールセンター

コールセンタースタッフは対面での接客と比べ、声だけのコミュニケーションでもいいので、対人コミュニケーションが多少苦手な人でも勤めやすいのはコールセンターならではのメリットと言えるでしょう。

コールセンター従業員は「テレコミュニケーター」とも呼ばれますが、実際の求人では「コールセンタースタッフ」として募集されていることがほとんどです。

教員

学校に勤務し、教育に従事するのが教員の仕事です。 その種類と職名は、大学や高等専門学校では教授、准教授、講師、助教および助手の一部であり、小学校や中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校および幼稚園では教諭、助教諭、養護教諭、養護助教諭、栄養教諭および講師と呼ばれます。

教員になるためには免許状が必要とされます。免許状には普通免許状、特別免許状、臨時免許状のみっつに大きく分けられています。普通免許状は、学位と大学等の教職課程の履修における単位の修得により、授与される免許状です。必要な学位と教職課程の単位数の違いにより、Ⅰ専修免許状、Ⅱ一種免許状、Ⅲ二種免許状に分かれています。特別免許状は、免許状を有しないが優れた知識経験を有する社会人を学校現場へ迎え入れるため授与される免許状で、授与条件としては担当教科に関する専門的な知識経験や技能を有することなどがあります。臨時免許状は、普通免許状を有する者を採用できない場合に限り、例外的に授与される助教諭の免許状です。普通免許状が最も授与件数が多く、ほとんどの教員は普通免許状を所持しています。

まとめ

以上、どんくさい人の特徴から向いてる仕事までご紹介してきましたが、仕事や人生の選択肢を広げる意味では、どんくさい自分と向き合って一つ一つ改善していく方が重要です。

もちろん、どんくさい性格なので楽な仕事を選ぶことも悪くはありませんが、複雑な仕事や判断力の要る仕事に挑戦した方が、将来的な選択肢や年収は上がりやすい傾向にあります。

どんくさい自分を乗り切ったからこそ、見えて来ることや選べる仕事も増えてくるわけです。

どんくさい性格でも受け入れてくれる仕事を探すか、どんくさい自分を乗り切るために経験したことない仕事に挑戦するかは、読者の自由ですが、後悔のないように自分自身と向き合って仕事を選んでみてください。

どんくさい人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました