動物看護師になるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

▼仕事を辞めたいと悩んでる方へ

10月は年末年始に向けて転職活動を始める人が増える時期です。
仕事を辞めようかどうか悩んでいる方にとって、10月は転職を始めるのに最適なタイミングです。

読者の中には「仕事を辞めてもいいかわからない…」「辞めたいけど次が見つかるか不安…」と転職するかどうか迷っている方も少なくないかと思います。

そこでオススメしたいのが、転職エージェントと呼ばれるサービスを利用して、仕事を辞めるべきかどうか相談してみることです。転職エージェントは無料で利用でき、オススメの求人紹介から転職手続きのサポートまで、すべて代わりに行ってくれます。

初めに利用しておきたいオススメの転職エージェントは国内No.1の「リクルートエージェント」です。リクルートエージェントは国内最大の求人数を誇り、電話やオンラインでの相談も可能、総合的な転職支援を無料で行ってくれます。登録のために必要な経歴や年齢の制限はありません。

「まだ辞める気はないけど、どんな転職先があるのか知りたい…」という場合でもスマホ一つで手軽に利用可能なので、登録がまだお済みでない方はこの機会にぜひ活用してみてください。

→リクルートエージェントに無料相談してみる

動物看護師ってどんな仕事?

動物看護師は、動物病院などにおいて、獣医師の下で動物の看護や関連業務を行う仕事です。
対象となる動物は犬や猫を始め、小動物から家畜まで幅広いです。

動物看護師になるには?

資格を取得した後に学校の就職課などからの紹介で就職するパターンが多いです。
動物病院へ就職して勤めながら動物看護を学ぶ人います 。

動物看護師に必要な資格やスキル

動物看護師統一認定機構により指定された大学や専門学校のカリキュラムを収めたものが、同機構による試験に合格すると認定動物看護師の資格が取得できます。
活躍の場は、動物病院、ペットショップ、ペットホテルや繁殖・流通会社、動物医薬品メーカー、ペットフード会社など、様々です。

動物看護師に向いてる人は?

  • 献身的な性格である
  • 勉強熱心である
  • 計画性がある
  • 動物を飼った経験がある

人間相手の看護師にも言えますが、尽くすことが好きな献身的な性格であることは性格的な適性だと言えるでしょう。

取得しておきたい資格もある上に、様々な動物を相手にする必要があるため勉強熱心である必要もあります。資格取得の必要がある医療業界に属することにもなるため、長期的にキャリア形成をしていく計画性も大事です。

また、実際の仕事では動物を飼っている人の対応をしなければならないため、動物を飼った経験がある方が、寄り添った対応ができるはずでしょう。

動物看護師と関連性の高い仕事は?

公認資格を取っておけばキャリアで有利になるという意味では「愛玩動物飼養管理士」も近しい性質を持つと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました