動物園飼育員になるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

 

▼仕事を辞めたいと悩んでる方へ

10月は年末年始に向けて転職活動を始める人が増える時期です。
仕事を辞めようかどうか悩んでいる方にとって、10月は転職を始めるのに最適なタイミングです。

読者の中には「仕事を辞めてもいいかわからない…」「辞めたいけど次が見つかるか不安…」と転職するかどうか迷っている方も少なくないかと思います。

そこでオススメしたいのが、転職エージェントと呼ばれるサービスを利用して、仕事を辞めるべきかどうか相談してみることです。転職エージェントは無料で利用でき、オススメの求人紹介から転職手続きのサポートまで、すべて代わりに行ってくれます。

初めに利用しておきたいオススメの転職エージェントは国内No.1の「リクルートエージェント」です。リクルートエージェントは国内最大の求人数を誇り、電話やオンラインでの相談も可能、総合的な転職支援を無料で行ってくれます。登録のために必要な経歴や年齢の制限はありません。

「まだ辞める気はないけど、どんな転職先があるのか知りたい…」という場合でもスマホ一つで手軽に利用可能なので、登録がまだお済みでない方はこの機会にぜひ活用してみてください。

→リクルートエージェントに無料相談してみる

動物飼育員ってどんな仕事?

動物飼育員とは全国で160ほど存在する動物園で働く仕事です。主な仕事内容は動物の世話や施設の維持管理、来園者へのサービス、飼育動物の繁殖の研究などになります。
動物の世話は1日たりとも欠かすことができないため、休日はシフトによって交代で仕事することになります。また、担当している動物に傷病が発生したり、人工保育が必要な時は、夜間や早朝の勤務となる場合や、休日を返上して働かなければならないこともあります。

動物飼育員になるには?

動物飼育員として働くためには民間の動物園で働くか公立の動物園で働くかによって就職方法が少し変わってきます。
民間の動物園の場合通常の企業と同じように採用を試験を受け合格することが条件となります。
公立の動物園で働く場合は公務員として採用された上で動物園の飼育係に配属されるか、指定管理者制度を利用していくつかの動物園の一括採用で採用される必要があります。
指定者管理制度とは従来地方自治体が直接行っていた公的施設の管理運営を企業財団法人 NPO 法人などに対抗させる制度のことです
この指定者管理制度で採用試験に受かったとしてもどこで働くかを選ぶことはできず、雇用形態も公務員ではなく協会職員という扱いになります
何のケースの定期的に募集しないことがほとんどで多くは欠員募集のみとなるため採用の間口は狭い職業だと言えるでしょう

動物飼育員に必要な資格やスキル

動物園飼育員になるために必須な資格やスキルはありませんが、生物学や動物学を専門学校や大学で学んでいる人は、採用でやや有利かもしれません
公立の動物園で働く場合は前述の通り公務員試験で合格する必要があるケースも存在します

動物飼育員に向いてる人は?

動物飼育員に向いている人は以下のような性格の人だと言えるでしょう。

人と関わるのが苦手でも動物と接することが好きなのであれば適性は高いと言えますが、場合によっては来園者への接客対応も必要な点には注意です。
動物のために尽くす献身性も大事になるため、利益や打算を重視するビジネスマン向きの性格やものづくりに適性のある職人気質の性格よりは、動物や自然と接することが好きな人にとっては天職かもしれません。
ペット飼育の経験があり、動物の世話にやりがいを感じたことがあるのであれば、目指してみる価値は高いと言えるでしょう。

動物飼育員と関連性の高い仕事は?

動物園飼育員の採用間口の狭さを踏まえると、動物の世話や管理を行う仕事全般は選択肢として抑えておきたいところです。
また、自然と関わるフィールドワーク全般とも相性がよいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました