【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

サウンドクリエイターがつらいと感じる原因とは?キャリアパスはどうするべき?

「サウンドクリエイター目指してるけど評価されなくて辛い…」
「サウンドクリエイターになったけど辞めたい…」
「サウンドクリエイターの仕事が全然見つからない…」

このようにお悩みでありませんか?

音楽制作の世界では、サウンドクリエイターを諦めざるを得ない困難な現実が存在しています。

創造性を発揮し独自の音楽性を高めることは、誰もが簡単に始められるものではありません。

問題や苦悩は多岐にわたり、その中には時折、辞めたいという思いが湧き上がってくることもあります。

サウンドクリエイターは、音の世界で自己表現を試み、聴衆の感情に響く作品を目指しています。

音楽業界は才能あるクリエイターが集まる場であり、他の才能あるアーティストたちとの競争の中で生き残り自分の存在感を示すことは容易ではありません。

さらに、サウンドクリエイターにとってリスナーの評価や批評は大きなプレッシャーとなります。

作品を公開すると、様々な意見や評価が寄せられます。

一部からの批判や否定的な意見は、彼らの自信を揺るがします。

このような状況下で、サウンドクリエイターは自分自身と戦いを強いられ、時には辞めたくなる衝動に駆られることもあるのです。

また、創造力の枯渇もサウンドクリエイターが任される課題です。

音楽制作は無限の可能性を秘めていますが、アイデアやインスピレーションが枯フし、クリエイティブなフローに入れない時期もあります。な状態に耐えると、音楽創造への情熱が薄れ、辞めたいという思いが頭をもたげることもあるのです。

サウンドクリエイターにとって、辞めたいという感情は一時珍しいものではありません。

厳しい現実との闘い、評価や批評によるプレッシャー、そして創造力の停滞は、彼らの心を勝ち取り、進む道に疑問を覚悟します。 、多くのサウンドクリエイターは、この苦悩を乗り越え、自身の音楽に続きを刻みます。

彼らが辞めることを選ばない理由には、音楽への情熱と信念が深く根付いているのです。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

サウンドクリエイターがつらいと感じる理由とは?

極端に仕事の案件や求人がない

サウンドクリエイターを仕事にすると考えた場合、極端に仕事の案件や求人が少ない点が辛い理由の一つです。

音楽専門学校や音楽大学の数に反して、音楽だけでで食べていける専門職がの割合はかなり少ないため、現実的には音楽と関係ない仕事に就いたり、音楽は趣味や副収入で行う人が大半です。

また、サウンドクリエイターの就職先となる音楽業界が、慣習的に求人応募ではなく「弟子入り」「作品持ち込みからの採用(オーディション含む)」といった方法で人材採用をしていることも、生計を立てることの難しさの理由となっています。

さらに、求人市場に出回っているサウンドクリエイター関連職としても「カラオケ音源のMIDI制作」など、サウンドクリエイターとしてキャリアアップにつながりにくいものが多いなど、門戸の狭さがサウンドクリエイターとして続けていくことが困難である要因です。

評価されない苦しみ

クリエイターとして最も精神的にきついのが、制作した作品や発表した作品がまったく評価されないという苦しみです。

長い時間をかけて完成させた作品が批判されたり、ネット公開しても反応が得られないとなると「自分には才能がないのかな…」「どうせ時間をかけて作っても誰も聞いてすらくれない…」と心折られてモチベーションが低下することがあります。

また、売れている楽曲や人気楽曲を聞くことで「なんでこんなのが評価されてるんだ…自分のほうが技術や作曲センスもあるはずなのに…」と、他人と比べて腐った気持ちになることもあるかもしれません。

音楽ビジネスはタレント業的な側面やエンタメとしての側面もあります。

ですので、楽器演奏のテクニックがあることや作曲能力が高いこと、いい曲を作るだけでは評価されないという点も、サウンドクリエイターとして続けていくことに辛さを感じさせる要因となるかもしれません。

どれだけ技術を磨いても時間をかけてクオリティの高い楽曲を作っても、そもそもの「評価される機会」にすら恵まれないことが、サウンドクリエイターとして続けていく辛さに拍車をかけます。

機材コストの割に期待できる収入が見合わない

サウンドクリエイターとして十分な楽曲を作り出すためには、高品質な機材やソフトウェアが必要で、お金がかかります。

DTMソフトウェアはもちろん、音質をより良くするためのプラグイン音源やエフェクターの購入費用、また生音源を用いる場合は楽器代にメンテナンス費用、収録機器からスタジオ費用など、作品クオリティを上げるためにかかる費用にこだわり出すとキリがありません。

しかし、どれだけ機材や音源にお金をかけても、それが作品の評価や仕事につながるわけでもないので、投資として考えてもリターンが返ってこないことが多いという点も、サウンドクリエイターを仕事にしようと志す人にとって挫折感を与える要因です。

DTMの高性能化やAIの登場により高い技術が求められる

サウンドクリエイターとして生計を立てるためには、作曲センスや表現力、DTMツールを扱うスキルがあることは最低条件となります。

しかし、それも「DTMソフトの普及」「AIによる音源作成ソフトの普及」といった要因により、純粋に「技術」として見た場合、年々価値が下がっています。

これは、アナログレコード時代にテープ録音していたミキサーや音楽エンジニアが、DAWやDTMの登場で価値が低くなり、生計を立てるのが難しくなっていたのと同様の時代の変化だと言えます。

また、昨今では「そもそも、並のサウンドクリエイターに技術やクオリティがさほど求められていない」という風潮も、ますますサウンドクリエイターの存在を脅かすこととなっています。

たとえば、音楽の流行りが打ち込み中心の「EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)」に偏っていたり、音楽視聴のトレンドが配信アプリ「Tiktok」などに移行したことにより、大量に音楽が「消費」されていく時代になっています。

よって、サウンドクリエイターに求められる要素が「制作スピード>クオリティ」となり、しかも音楽制作が簡単になることで誰でも簡単にできるようになり、仕事としての報酬も低くなってしまいます。

そうでなくても、サウンドクリエイターとして生計を立てようとしたら、

  • 流行音楽を追う探究心
  • どんな作曲要望にも応えられるオールマイティさ
  • 楽曲クオリティを高めるための機材環境
  • 音楽以外の動画・画像に合わせるためのマルチなクリエイティブ知識

など、求められる専門知識や能力は異常に高くなっているのが、サウンドクリエイターの現状だと言えます。

DAWやDTMが普及する前の時代は、作曲からレコーディング、ミキシングから作品の流通・販売までレコード会社がチームで行っていたことを考えると、ほぼこれらの過程を個人で行えるようになったからこそ、サウンドクリエイターに求められるスキルが異常に高くなっていると言えます。

そうして磨き上げた技術も、ヒットする作品や良い仕事にありつくための「運」さえなければチャンスすら得られないという点も、サウンドクリエイターとして挫折を感じる原因です。

主な採用先の一つである音楽業界が衰退傾向

サウンドクリエイターを続けていく自信を消失する要因として、就職先の一つとなる音楽業界自体が年々衰退傾向にあるという点も無視できません。

CDの売上が低下し、音楽の主な消費スタイルがストリーミングサービスやサブスクリプション契約に移行したことで、音楽業界全体や作曲家・アーティストの収益が減少しています。

ただその反面で、ゲーム業界ではソーシャルゲームの流行でサウンドクリエイターの需要が生まれたり、アニメ業界の盛り上がりでアニメ関係の音楽もメインストリームとして広く受け入れられるなど、需要の変化も生まれています。

サウンドクリエイターや作曲家、音楽コンポーザーとしても長く活動している著名なミュージシャンは、こういった時代の変化にも柔軟に適応し、日々、変化についていくことを欠かしていません。

しかし、こういった時代の変化についていけないと、サウンドクリエイターとして続けていくことに辛さを感じるかもしれません。

サウンドクリエイターとして将来性あるキャリアを歩むには?

ここまで解説したとおり、サウンドクリエイターが厳しい理由に、

  • 仕事の求人や案件が少ない→採用倍率が高い
  • 機材費用や求められる技術に対してリターンが少ない
  • 求められる専門性や技術が年々上昇傾向
  • 就職先の一つである音楽業界が衰退傾向

といったものがあります。

ですので、一般職と同じような就職先探しや働き方をしていたら「音楽一本だけで食べていく」というのは非常に厳しいです。

ただ、ここで紹介する方法を参考にしていけば、サウンドクリエイターとしても安定して活動できたりキャリアを歩むことができる可能性が高くなるはずなので、参考にしてみるといいでしょう。

大手企業や音楽制作会社にインハウスで働く(制作実績や経歴がある場合)

ポートフォリオを作れるほど制作実績があったり、サウンドクリエイターやコンポーザーとして実務経験がある場合、最も安定するキャリアとなるのが「大手企業で働く」、または大手企業から制作を請け負っている「音楽制作会社で働く」のいずれかになるでしょう。

インハウスとういうのは「企業の中で」「内製」という意味で、ここでは正社員・契約社員・アルバイトなどの形態で会社から直接雇用される状態を指します。

大手企業は、ゲームメーカーで言えば「任天堂」「スクエアエニックス」などが該当します。大手なら社内に音楽制作チームがあるので、そこに所属するのが理想です。

一方、大手企業と言っても、音楽業界で言えば「エイベックス」「ポニーキャニオン」などのレコード会社、アニメ業界で言えば「サンライズ」「東映」などは、著作権管理やプロジェクト管理などのビジネス面を担当し、音楽制作は専門の制作会社やクリエイターチーム、フリーランス人材に依頼することが大半です。

なので、大手有名企業より直接制作依頼を請けているような音楽制作会社やクリエイター企業に就職するのが、サウンドクリエイターとしての安定性や将来性は高いと言えるでしょう。

具体的には、ゲームやアニメのエンディング画面でクレジット表記で出てくるような制作会社や、有名楽曲のレコーディングやプロデュースを担当しているような音楽会社が、大手企業から直接音楽制作を任されている企業である可能性が高いです。

こういった制作会社は、経験者向けであれば求人が出ていますが、未経験者向けはほとんど出ていないため、自分で音楽制作会社を見つけて音源を持ち込むアルバイトとして雑用からでもいいので制作会社と関わるなど、工夫や熱意が求められるでしょう。

サウンドクリエイターとして、その道一本だけで食べていくのであれば、技術やセンスがあることは大前提で、こういった業界事業も知った上で仕事探しを行う努力が求められます。

パラレルワーカーとして音楽以外の収入源やキャリアも確保しておく

サウンドクリエイターの中でも、趣味で制作や活動を継続しているレベルなら「パラレルワーカー」として音楽以外の収入源やキャリアも考えておく方が現実的でしょう。

パラレルワーカーとは「複数の仕事を同時に行う人」を指すビジネス用語ですが、ここでは「一般職として働きながら趣味や副業で音楽制作を行う」状態をイメージしてもらえれば間違いないかと思います。

しかし、パラレルワーカーという言葉が生まれているように、現代では「複数の仕事を行う、または複数の収入源がある」という働き方やキャリアプランは、広く受け入れられてる点に注目です。

具体的には、

  • YouTubeやニコニコ動画でボーカロイド曲を上げながらヒットを狙う
  • 同人音楽を制作してコミケなどのイベントで販売
  • 自作曲をライブやDJとして披露、会場費用で収入を得る
  • YouTuberやVTuberとして歌ってみた動画を上げながら活動する
  • YouTuberやVTuber相手に作曲したり編曲・ミキシングする副業を行う

など、収入源としては生活するほどの安定性はないものの、趣味や副業で行う分には小銭稼ぎにはなるといったレベル感なら、働きながら並行して音楽活動を継続しやすいです。

なお、今でこそYouTubeなどで副収入を得ながら音楽活動を行う方法は広まっていますが、有名ミュージシャンの「米津玄師」氏や、一昔前なら初音ミク楽曲でも数々の殿堂入り曲を残している「supercell」は、当時収入を得る方法のなかったニコニコ動画でボーカロイド曲を制作して発表する「ボカロP」として活動する中で有名になってメジャーデビューした経歴があります。

その時代と比べると、副業として音楽制作を請けれられるサービスが多数登場していることや、Youtubeなどの動画サービスで収入を得る手段が増えたことから、音楽を仕事にしたい人にとっては気軽に挑戦しやすい時代になっていると言えます。

一般職としても働くパラレルワーカーとして、自主制作作品を発表しながら知名度を高めて実績を作っておきながら、ヒットする機会を待つのもいいですし、ポートフォリオ代わりに作品投稿を行いながら有名企業やクリエイターと共に仕事する機会を狙うのも、現実的に行いやすくなった時代だと言えます。

音楽制作と関連のある会社で職種問わずに働く

サウンドクリエイターとしてのキャリアを築くためには、音楽業界以外の関連業界や会社でも働くことが有益です。音響や音楽制作に関連する企業やメディア、映像制作会社などで働くことで、音楽に関する知識やネットワーク的な広がりができます。限定にこだわらず様々な経験を積み重ねることが、将来のキャリアの幅を広げる一助となります。

音楽制作と相性の良いスキルを身につける(プログラミング・動画制作スキルなど)

音楽制作にスキルを身につけるクリエイターは、サウンドとしての将来性を高める上で有益です。例えば、プログラミングや動画制作など、音楽制作と相性の良いスキルを身につけることで、より堅実な活動これによって、自身の音楽制作におけるクオリティ向上や他の分野とのコラボレーションなど、新たな可能性が広がるでしょう。

サウンドクリエイターを目指すなら使っておきたい転職サービス

以上のように、サウンドクリエイターとして安定したキャリアを歩むのは非常に難しいと言えます。

一方で、クリエイター需要は年々高まる傾向にあり、経験が少ないと感じている方でも転職サービスを有効活用しておけば、自分に合った求人からサウンドクリエイターになるチャンスが得られやすくなっています。

また、サウンドクリエイター以外の「音楽制作と関係のある仕事」を紹介してくれる転職サービスや、未経験からでも正社員として就職支援してくれるサービスを使って、パラレルワーカーとして音楽活動を続けるなど、選択肢は数多くあります。

以降、読者のスキルレベルや経歴・年齢に合わせて、とくに向いてると思われる転職サービスを紹介していきますので、サウンドクリエイターとしての限界を感じているなら、試しに登録してみるといいでしょう。

クリエイター求人多めの業界特化型転職エージェント

サウンドクリエイターとしての就職や転職を考えているなら、クリエイター向けの求人が多い業界特化型の転職エージェントを真っ先に使っておくべきでしょう。

転職エージェントは通常の転職サイトのように求人情報を閲覧できるだけでなく、自分の経歴に合わせて非公開求人を優先して紹介してもらえたり、業界に詳しいプロのアドバイザーに相談してアドバイスやサポートを受けることができます。

とくに以下の条件に合致するなら、大手企業と関われる求人紹介を受けられたり、求人紹介だけでなく転職サポートを受けられるチャンスが得やすいです。

  • 既にサウンドクリエイターとして働いていて転職を考えている
  • ポートフォリオ制作を行えるほどの楽曲制作経験はある
  • 基礎的な作曲スキルやDAW・DTM操作スキルがあり依頼があれば応えられる

サウンドクリエイターにオススメの転職エージェントは「マイナビクリエイター」で、とくにWEB・ゲーム業界の求人に強めです。大手企業所属のクリエイターのセミナーなども定期的に開催されており、ポートフォリオ作成支援も行っています。

次に、サウンドクリエイターの中でもゲーム業界に興味があったり、BGM作成やサウンドエフェクト作成も対応可能なら、大手ゲームメーカーや有名タイトルに関われる求人を数多く扱っている「シリコンスタジオエージェント」がオススメです。

サウンドクリエイターのように、音楽制作に関する求人はあまり出回ることもなく全体的にも少なめです・

なので、クリエイター向けの転職エージェントに登録しておきて、日頃から自分に合った求人が出ていないかチェックしたり、優先的に紹介してもらえるようにポートフォリオや職務経歴書の更新を行っておくことが有効です。

大手総合転職エージェントも併用しておく

サウンドクリエイターかそれ以外の一般職でも経歴があるなら、大手人材会社の運営する総合型転職エージェントも併用しておくと万全です。

総合型転職エージェントは「登録者の業種・職種、年齢や経歴は問わない」ため専門性は弱めになりますが、

  • 求人数が圧倒的に多い
  • 専用アプリがあるなど利便性に優れる
  • 応募から選考までがスムーズ
  • 担当者個人の専門性が高い場合がある

などのメリットがあります。

本記事で紹介しているような「直接的な制作はしないが、サウンドクリエイターと一緒に仕事を行う一般職」「サウンドクリエイターと関連のある業界や企業での一般職」といった求人は総合型転職エージェントの方が多数保有しているため、クリエイター以外の選択肢も考えているならこちらも併用しておきましょう。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

仕事辞めたい【業種・職種】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました