【適職11選】ENFP(広報運動家)に向いてる仕事とその理由を徹底解説!

本記事ではMBTIの理論を基に作成された無料性格診断テスト「無料性格診断テスト | 16Personalities」の診断結果である「ENFP(広報運動家)」の性格傾向について、MBTI・キャリア関連の書籍を参考に筆者の見解も交えて考察・解説していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

ENFP(広報運動家)に向いてる仕事は?

ENFPは、自分の周囲の人々に対する感受性が鋭く、現在や先々のことを洞察によってとらえます。人々や集団がどのように動こうとしているのか瞬時に察知し、熱意を持って彼らにとって大切なことを達成するための思いを語るため、説得力があり人を惹きつけます。

そのため、広報運動家の名の通り熱意で人を魅了して周りを動かす仕事に高い適性があると言えるでしょう。

MBTIのいざない」ではENFPが惹かれやすい職業として「研修講師などの研修のスペシャリスト」が紹介されており、逆に惹かれない職業として「小学校教諭」が紹介されています。仕事に関するモチベーションとしては「他者と関わったり、アイデアを引き出すことを好む」とされています。

上記のようなENFPの特徴を踏まえた上で、向いてると言える仕事は以下の通りです。

  • コーチング・インストラクター
  • 社会起業家
  • 自己啓発セミナーの講師
  • 生涯学習インストラクター
  • アートディレクター
  • 広告ディレクター
  • ゲームプロデューサー
  • 映画監督
  • スポーツコーチ
  • スポーツインストラクター
  • 芸能人

他人が求めてるものを察する能力が高いため、コーチ・インストラクター全般には高い適性があると言え、その他にも影響力を駆使して人を動かす芸能業やディレクター・プロデューサー職にも適性があるはずです。
ENFPに向いてる代表的な職業について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

コーチング・インストラクター

個人の持っている能力や可能性を引き出し、それぞれの目標達成を実現させるのがコーチングインストラクターの仕事です。

漠然とした個人の悩みから、企業研修のフォローアップまで、依頼されるテーマは非常に幅広いです。たとえば、管理職に就いたばかりの人に対しては、その職務に見合った仕事ができるようになるためには、現在の自分に何が足りないのかを一緒に考えたりします。また、成果が上がらない原因が人間関係にあれば、改善策を考え、克服に向けて一緒に取り組んでいくこともあります。

人間関係や人の感情に対する洞察力、人を動かす指導力が必要とされるため、ENFPにとっては天職となり得る仕事だと言えるでしょう。

個人の情緒的なサポートから企業管理職のコーチまで、他人の目標達成をサポートする仕事!

社会起業家

福祉、医療、金融など社会に存在する様々な課題にビジネスという手法を使って取り組む。低金利無担保融資により貧困層の自立を促すという手法で2006年にノーベル平和賞を受賞したバングラデシュのグラミン銀行総裁、ムハマド・ユヌス氏などが有名。

社会を変える情熱や他人を巻き込む熱意で協力を得ながら社会に貢献する事業を作り出す仕事!

自己啓発セミナーの講師

現状維持に満足しない人や、キャリアアップを目指したい人に、業務研修とは異なる内容で自分を高めるための講義などをする。色々な形のセミナーがあるので、就業者数は不明。生涯学習と称する場合も多い。カルチャーセンター等で教えたり、企業に一定期間講師として招かれたりする。

生涯学習インストラクター

生活・趣味の多様化や高齢社会を背景とする余暇時間の増大など、生涯学習の需要は高い。様々な生涯学習を推進・指導するために創設された。全国に56の生涯学習インストラクターの会がある。生涯学習センターや公民館で学習活動の指導者として活躍。都道府県や市町村教育委員会が主催する公開講座などの講師依頼もある。

アートディレクター

広告企画、特にグラフィック系の広告の監督兼チームリーダーと して制作過程における視覚的表現の責任を負うのがアートディレク ターだ。クライアント(顧客)やプロデューサーなどと広告の方向 性を考え、撮影現場に立ち会い、CM プランナーやデザイナー、ス タイリスト、カメラマンなどに指示を与え、作品を完成させていく。
広告代理店やデザイン事務所に就職し、グラフィックデザ イナーとして経験を積もう。
まずは、広告代理店やデザイン事務所に就職し、グラフィックデ ザイナーとして経験を積んでから、アートディレクターになるのが 一般的である。ちなみに、このアートディレクターの仕事は、紙媒 体はもとより、映像やグッズなどさまざまな分野にまたがっている

広告ディレクター

広告制作にあたり広告主との折衝を行い、広告主の意思に沿った広告を制作するよう制作部門等を指揮・監督する。広告会社に勤務する場合が多い。マルチメディアなど新しい広告媒体への対応が望まれている。広告ディレクターとなるために特に必要な学歴、資格はないが、通常広告会社に入社後、実務経験を積んで広告ディレクターとなる。

ゲームプロデューサー

ゲーム業界は日本の産業を代表するまでに成長している。家庭用 ゲームソフトをはじめ、アーケードゲームや携帯型ゲーム、さらに は交流サイト (SNS)内で遊べるソーシャルゲームなど、さまざ まなゲームを制作するスタッフを統括し、速やかに商品を市場に送 り出すのが、ゲームディレクターやプロデューサーの役割だ。
1本のゲームがユーザーの手元に届くまでには、ゲームプランナ ーやゲームグラフィックデザイナー、プログラマー、サウンドクリ エーターなど、それぞれの専門分野を持ったスタッフが大勢関わっ ている。ゲームディレクターは、この開発チームの監督役として、 ゲーム制作の指揮をとり、それぞれの担当に指示を出しながら、消 費者にウケるゲームに仕上げていく。
一方、ゲームプロデューサーは、ディレクターよりもさらに広い 視野で制作の流れを管理する。具体的には、ゲームの企画決定から スタッフの招集、制作にかかる予算と日程の管理、さらには広告戦 略まで、ゲーム制作のすべてを統括する。ただし、小規模のゲーム ソフトの制作プロダクションでは、ゲームディレクターとプロデュ ーサーを明確に区別せず、兼任している場合も多い。
コンピューターやデザインが学べる学校で基礎を身に付け、 ゲーム会社に就職しよう。
ゲームに対する好奇心と専門知識、スタッフをまとめるコミュニ ケーション能力、リーダーシップが求められる仕事だ。ゲームディ レクター・プロデューサーの仕事はゲーム会社ごとに大きく異なる。 自社ですべて開発を行なう会社もあれば、下請けの会社に開発を発 注することもある。会社によってゲームディレクター・プロデュー サーの中にはゲームプランナーとしての仕事をする人もいる。
特に必要とする資格はない。まずは、ゲームのプログラミングや デザインを学べる専門学校や大学などで基礎や知識を身に付け、そ の後、ゲーム会社や制作会社に就職する。そこでプログラマーやプ ランナーとして経験を積みながら、ディレクターやプロデューサー を目指そう。

映画監督

映画制作において、現場作業のすべての指揮をとるのが映画監督 の仕事である。題材・脚本・セット・大道具・小道具・衣装・ロケ ーション・役者の演技にいたるまですべての決定権を持つ。
映画の企画や資金集め、あるいはキャスティングなどはプロデュ ーサーが行なう場合が多いが、新人監督の場合はそれさえも自ら行 なう人がいる。映画制作におけるすべての決定権を持つため、自分 の思うとおりの映画制作ができる半面、資金集めには苦労すること が多く、また、公開されてからも映画の評価が芳しくなければ、そ の批判の矢面に立たされる立場でもある。
魅力的な映像をつくり出す芸術的才能が必要であるとともに、数 多くのスタッフを取りまとめる統率力、さらには俳優やスタッフに 自分の意図を正確に伝えるコミュニケーション能力が不可欠だ。
最近では、こうした能力を持った著名作家や脚本家、俳優、コメ ディアン、タレントなどが映画監督としてデビューするケースが増 えており、大きな注目を集めることがある。
映画会社に就職して修業を積むか、独自に小さな映画を撮 ってコンテストに応募してチャンスをつかもう。
映画監督になるには、さまざまなケースがあり、一般的なルート は存在しない。しいていえば、映画会社や映像制作会社に入社し、 テレビや映画の撮影の現場でアシスタントとして仕事をすることか ら始めるか、自分で小さな映画を撮ってコンテストに応募し、入選 するなどして名声を高めていく方法の2つが考えられる。
どちらの場合でも、映像系の大学や専門学校で映像制作の基本を 学んだ人が多い。ただし、学校で学んだからといって映画監督にな れるわけではなく、才能のあるごく一握りの人しか映画監督になる ことはできない。ほとんどの人はなりたくてもなれないのが現実だ。
とはいえ、最近は CG クリエーターとして活躍する延長で、映 画作品をつくる人が出てくるなど、映画に対する強い情熱があるな らば自分の得意な分野を生かして映画監督になれる可能性も出てき ている。

スポーツコーチ

ちなみに、スポーツ医学に関する職業として、最近注目されているのが、ストレングスコーチやメンタルトレーナーだ。
ストレングスとは「力」「体力」などを意味する英単語で、ストレングスコーチは、選手の筋力・パワー・筋持久力のみならず、スピード、バランス、コーディネーションなどの筋機能が関わるすべての体力要素に不可欠な能力を高める手助けをするのが主な役割だ。
一方、メンタルトレーナーは、心理学をベースにして選手の精神力(メンタル面)を向上させ、目的達成へと導くのが主な仕事となる。
また、スポーツ選手をはじめ、緊張や不安を抱えながらも目標を達成したいと考えている人を、心身両面からサポートする役割を担っている。

スポーツインストラクター

フィットネスクラブなどで、会員それぞれに合ったトレーニング プログラムを作成し、指導やアドバイスを行なうのがスポーツイン ストラクターの仕事。フィットネスクラブのようなスポーツ施設に 所属するのが一般的。
体育系の学校で指導法を学び、各商業スポーツ施設の採用 試験を受けよう。
商業スポーツ施設で働くには、体育系大学や専門学校を卒業して おくのが近道。また、日本体育協会が実施するスポーツプログラマ ーやフィットネストレーナーなどの資格を取得しておくと有利だろ う。スポーツクラブなどでフィットネスの維持や向上のための指導 や助言を行なったり、実際にトレーニングを指導するための資格だ。

芸能人(タレント)

タレントとは、一般によくテレビやラジオに出演して収入を得て いる人のことで、歌手、俳優、芸人などという特定の枠でくくりに くい場合に、タレントと呼ぶことが多い。またコメンテーターとし て活躍している医師や弁護士、評論家なども含む。
「社交的で、仕事で得た知識をうまく人に伝える能力があれ ば、コメンテーターとしての道が開けるチャンスがある!
俳優、歌手、芸人などのいわゆる芸能人からタレント業へと幅を 広げるケースが多いが、芸能人以外にも、スポーツ選手、アナウン サー、あるいは医師や弁護士、作家などからタレント業に進出する 人も多い。社交的で、仕事で得た知識をうまく人に伝える能力があ れば、コメンテーターとしての道が開けるチャンスがある。

ENFP(広報運動家)に向いてない仕事は?

ENFPはストレスの強い環境下にあると「注意が散漫になり集中できなくなる」「最後までやり通せなくなる」「決定に反発的になる」「締め切りや手順を無視する」といった傾向が出やすくなると言われています。

また、性格的な強みとして「人当たりの良さ」「制約にとらわれない」「他者に支持的で協力が得られやすい」といったものもあるので、一人で黙々と作業に打ち込む仕事や裏方仕事、また融通の利かない組織でアイデアが尊重されずに決まり切った指導を行う仕事は向いてないと言えるでしょう。

上記の特性を踏まえた上で、ENFPにとって適性が低いと思われる仕事をいくつかご紹介していきます。

小学校教諭

MBTIのいざない」ではENFPが惹かれない職業として「小学校教諭」が紹介されています。

地方公務員

上述の小学校教諭も含まれることとなる「地方公務員」もENFPには向いていないと言えます。

地方公務員の仕事は一見、住民に寄り添う仕事かのように見えて、実際はクレーム対応や事務処理を行うことが大半なので、ENFPにとっては非常にストレスの多い仕事だと感じるはずです。

また、地方公務員全体が組織構造上、職員全体に熱意がなくなりがちで、なおかつ、ENFPが苦手とする「スケジュール通りに決まり切った仕事を行う」ことが評価基準となりやすいので、ENFPにとっては苦痛と感じやすい仕事だと言えるでしょう。

事務職

エンジニア

典型的な「一人で黙々と作業を行う仕事」の代表格であるエンジニアもENFPには不向きでしょう。

ただし、現職でエンジニアやプログラマーとして活躍しているENFPであれば、今までの経験やスキルを活かして「ITコンサルタント」「IT営業」など、人を動かすスキルと技術力・専門知識を活かしたポジションでの仕事でさらなる適性を発揮できる可能性は十分に考えられます。

元々、エンジニアであっても技術力だけではなくクライアントや社内の人間と良好な関係を築き上げる能力も必要な仕事なので、エンジニアとしてのキャリアを歩んでいるならENFP本来の強みを活かせる働き方を見つけ出してみましょう。

職人

ENFP(広報運動家)が理想の転職先を見つけ出すコツ

専門性を重視するよりは熱意で人を動かすことを意識する

専門性を重視する必要のある「研究/開発/技術職」と言った仕事よりは、熱意で人を動かす必要のある「営業/マネージャー/ディレクター/インストラクター/コーチ/コンサルタント」などの仕事に就くことを意識しましょう。

他のタイプと比べると、黙々と作業に打ち込むことが好きな「I(内向型)」、分析能力に優れている「T(思考)」よりは、ENFPは他者と関わることに強みを持ちます。自身に足りない専門性や技術は、他人を動かすことでカバーしましょう。

組織での仕事にとらわれないでボランティアや副業で実績を作っておく

ENFPは型の決まり切った組織で卒なく仕事をこなすよりは、アイデアを出したり創造的な仕事が得意です。ですが、その個性を活かせる会社は現実的にはそう多くありませんし、何より意見を通す実績が必要になってきます。

ですので、今の職場で適性が発揮できていないと感じているのであれば、本職にとらわれないで副業/趣味/ボランティアで仕事につながる実績を出しておくという考えも重要になってきます。

元々、ENFPは他者に情熱的に接して巻き込む力を持っているので、直接的な転職活動を行わなくても仕事以外の活動で築き上げた人脈から、何かしらの仕事に巡り会えるかもしれません。

ENFP(広報運動家)に向いてる仕事が見つかる転職サービス

最後にENFPの方に向いている仕事が見つかるかもしれない厳選転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは無料で使える上に、登録しておくと一般検索では見つからない非公開求人もしてもらえるため、向いてる仕事を見つける上では使っておく価値大です。

それぞれのオススメ転職サービスの特徴から利用するべき人の紹介までしているので、自分に合ったものを選んでみてください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【MBTI】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました