【適職8選】ENTP(指揮官型)に向いてる仕事とその理由を徹底解説!

本記事ではMBTIの理論を基に作成された無料性格診断テスト「無料性格診断テスト | 16Personalities」の診断結果である「ENTP(指揮官型)」の適職について、MBTI・キャリア関連の書籍を参考に筆者の見解も交えて考察・解説していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

ENTP(指揮官型)に向いてる仕事は?

ENTPは、自分に対する絶対的な自信、高い競争心や達成意欲があるため、リーダーシップを発揮する仕事全般に適性があると言えます。

MBTIのいざない」ではENTPが惹かれやすい職業として「アナリスト、ブローカー」が紹介されており、逆に惹かれない職業として「人事部長」が紹介されています。

その他、ENTPに向いてそうな仕事は、以下のとおりです。

  • 金融ディーラー
  • 証券アナリスト
  • トレーダー
  • データアナリスト
  • ITコンサルタント
  • IT起業家
  • バイヤー
  • インターネットショップ経営者

金融ディーラー

金融ディーラーとは、証券会社や銀行、保険会社などに所属して、顧客から預かった債権・株・外貨などを売買し、その差益から利益を生み出す金融の専門家のこと。
刻々と変化する世界の相場の動きを見ながら、その時々の瞬時の判断で数億から数十億円以上の莫大な金額を動かすこともある。
世界の金融情勢や社会情勢の情報を幅広く収集できるテクニックと、それを的確に分析できる能力、微妙な変化にも敏感に対応できるセンスが求められる。
かなり強靭な精神を持っていることも重要なポイントだろう。
大学で経済と金融の基礎を学ぶとともに、現在の株式は経済の仕組み、情勢について常に熟知しておくことが必要不可欠。
銀行・証券会社・保険会社などの企業に入社し、ディーリング(金融機関が為替や債券の売買、証券取引を行うこと)を業務を希望しよう。

証券アナリスト

証券アナリストは、経済や金融に関する様々なデータを集め、その動向を調査・分析し、有望視される株や債券の情報を個人投資家や機関投資家に提供したり、売買のタイミングをアドバイスしたりするのが仕事だ。
しかし、入手した情報を一部の顧客だけに流すという不祥事が起きたことから、2016年7月には日本証券業協会によってアナリストによる取材や情報伝達についての「ガイドライン」が作られ、その役割を見直す動きもある。
証券会社の調査部門に所属して株式・証券などの調査や分析を行うリサーチアナリスト、投資信託・投資顧問・信託銀行などに所属して色々な条件を組み合わせて効率よく運用するポートフォリオ・マネージャーとに大別される。
活躍の場は、証券会社・銀行などの金融界にとどまらず、一般企業の財務・IR(企業の投資家向け広報活動)部門などにも広がっている。
主な資格に日本証券アナリスト協会が認定する証券アナリストがあり、受験者には学生や女性が多いことも特徴のひとつといえる。
証券会社や証券を扱う金融機関に就職して証券投資実務経験を積んでから、産業・企業調査をもとに個別証券の分析・評価を行う調査部門などに所属し、その後、アナリストになるケースが多い。
証券アナリストの講座ならびに資格試験を受けておくと、関係部門への転属に有利。
これは証券アナリストとして必要な専門知識や分析技術の習得を目的としており、1次と2次とがある。
受験や受講に特に制限はないが、ある程度の経験や知識が必要となっているため、まず学生のうちに日本証券アナリスト協会が開講している初心者向けの「証券アナリスト基礎講座」「証券分析のための数学入門講座」などを利用するとよい。
この職業で分析するデータや扱う資料はとにかく膨大な量になる。
政府の経済、金融の担当者や企業の経営者に直接インタビューすることもあるので、情報分析力、情報収集力、取材力、さらに法を守る姿勢が求められる仕事だ。

トレーダー

銀行や証券会社、保険会社などのトレーディング部門に所属し、顧客(投資家)のために使用権を売買するのがトレーダーの仕事である。
金融ディーラーが主に所属会社の資金で投資するのに対して、トレーダーは顧客の注文を受けて投資を仲介する。
常に株価や債権の動きを把握しながら、売り時や買い時の情報を顧客に提供するとともに、顧客から注文を受けて売買を行ったりする。
彼らの中には巨額の資産を動かして、顧客に多くの利益を与えている人もいる。
高収入が期待できる一方、競争の激しい職業で強靭な精神力が求められる。
大学で経済と金融の基礎を学ぶとともに、株式や経済の仕組み、政治・経済情勢について常に熟しておかなくてはならない。
証券会社などに入社し、トレーディング業務の基礎を習い、その後は努力と行動力で結果を出しながら経験を積んでいく。
中途採用などでトレーダーを希望する場合は、過去の実績などが重視される。

データアナリスト

企業の依頼に基づいて、市場動向などに表われる統計や各種デー タの数字を読み解き、マーケティングや経営アドバイスを行なうの がデータアナリストの仕事だ。各種データの相関関係やパターンか ら有益な情報を発見するコンサルタントとしての思考が求められる。
企画の立案から実施に向けた調整まで幅広くこなせる人物 が望まれる。
ぼうだい
学歴や性別などは問わないが、データマイニング(膨大な量のデ ータから、経営やマーケティングに必要な傾向や相関関係、パター ンなどを導き出す分析方法)やテキストマイニング(文字列を対象 にさまざまな手法で有用なデータのみを抽出する分析方法)といっ た、データ処理の際に使われる専用ソフトの使用経験者が望ましい。 データマイニングの分析結果をもとにした販売戦略やブランド構築 にも参加することがあるので、企画の立案から実施に向けた調整ま で幅広くこなせるとよい。今後ますます必要とされる職業の1つ。

ITコンサルタント

システムコンサルタントは、「IT 化を進めたいと思っているが、 どのようにすればいいかわからない」「IT 投資を効率よく進めたい が、やり方を知らない」といった企業経営者の要望に応え、経営に 役立つ IT の導入をアドバイスし、支援するのが仕事だ。クライア ント(顧客)の経営状態を分析し、クライアントの要望に合わせた 情報システムを企画し、設計を行なう仕事だけに経営者の視点で考 えるビジネスセンスが求められる。
システムエンジニアが技術的な分野を担当するのに対し、どちら かといえばビジネスや経営戦略に関する支援をする立場だ。IT コ ーディネーターとも呼ばれる。
IT に特化した経営戦略の立案や、システム化による経営の効率 化を提案し、必要なシステムを設計し、その設計図をもとに、自ら IT プロジェクトマネージャーとなり、システムエンジニアやプロ グラマーなどで編成されるプロジェクトチームを発足させてシステ ムを構築していくこともある。クライアントのビジネス環境や問題 点を分析し、論理的に整理・構築する能力が問われる。また、企業 の経営者と接することも多いので、経済や法律などの知識・情報も 必要だ。
技術が急速に進歩していく中で、マネジメントやコーディネート の重要性はむしろ増している。AI(人工知能)にはできない調整能 力が求められる仕事ともいえる。

IT起業家

日本を代表する IT 起業家といえば、ソフトバンクグループの孫 正義だ。高校を中退してアメリカに渡り、カリフォルニア大学バー クレー校で学んでいたときに音声機能付き自動翻訳機を開発。それ をシャープに1億円で売って起業資金にあてたという。またそのほ かにも、楽天グループの三木谷浩史、ミクシィを創業した笠原健治、 LINE を立ち上げた森川亮、クックパッドの佐野陽光、サイバー工 ージェントの藤田晋、グリーの田中良和など、数々の IT 起業家が 新たなビジネスを創造している。
IT を起業するのに資格はいらない。着眼点の新しさと夢を 実現するための熱意と勇気、そして戦略があればいい。
IT の進化とともにビジネスも大きく変化しつつある。大手企業 も安穏としてはいられない。その変化はあまりにも早く、波及効果 が大きいからだ。今や IT を抜きにしてビジネスは語れないほどで、 どんなに歴史のある大企業でも、IT 時代にいかに適応していくか が大きな課題となっている。
一方、IT で大きなチャンスをつかむ起業家がどんどん出てきて いる。最たる人物はいうまでもなく、アップル創業者のスティーブ・ ジョブズだ。彼の出発点が、友人のスティーブ・ウォズニアックと ともにガレージでつくり上げたパソコンだった話はあまりにも有名 である。 IT ビジネスはそうした成功者たちを見てもわかるように、少な いスタッフと少ない資金でスタートできると同時に、当たれば世界 規模のビジネスに育っていく可能性を秘めている。それだけに起業 する者は多い。しかし、実際に成功するのはごく一部の人間だ。新 しいモデルをつくった者が独り勝ちする世界だからだ。そういう意 味では、成功したビジネスモデルの後を追いかけても成功は覚束な いだろう。
IT を起業し、成功するのに資格はいらない。着眼点の新しさと 夢を実現するための熱意と勇気、そして明確な戦略があればいい

バイヤー

バイヤーは、売れ筋商品を見極める力や、商品についての深い知識と先見性、市場感覚とセンスが必要とされる職業です。
そのためには、常に幅広い分野に興味を持ち、情報収集能力を高め、柔軟な発想を養う必要があります。
上記のような能力や高い興味関心を持つENTPにとっては天職となる可能性もあることでしょう。

インターネットショップ経営者

ホームページ上に商品の画像を並べ、そこからユーザーが欲しい 商品を注文することができる通販ショップを、インターネットショ ップという。それを経営しているのがインターネットショップ経営 者である。
インターネットショップを開業し、経営者となるには、ホームペ ージを作成し、商品の生産体制や仕入れ先を確保し、受注できる体 制を整えなければならない。また、開業するにあたり、関連する法 律を勉強したり、アクセス数を増やすための見せ方も考えたりしな ければいけない。
販売したい商品を揃え、できれば自分でホームページを制 作しよう。
実店舗を持たずに済むため、開店資金は節約できるが、ホームペ ージ制作を業者に頼めばそれなりの資金が必要。できれば自分でホ ームページを制作し、管理・運営できるのが望ましい。

ENTP(指揮官型)がキャリアで成功するためには?

「思考機能」を強化し成果につなげる経験を積む

ENTPは思考機能が発達していないと、自分の洞察を評価したり、実行計画を立てる方法がわからないため、興味のあることを転々とし、ほとんど成果を残せない結果に陥ることとなります。

思考機能を強化し成果につなげるためには、以下のような方法が有効です。

  • 議論が必要な仕事に就く(マーケティング、コンサルタントなど)
  • 興味のある分野で議論が盛んなコミュニティに所属する(SNSを活用するなど)
  • 実践的なビジネス書を読んで仕事に取り入れる(フレームワーク、MBAなど)

ENTPの思考機能が強化されると「分析的」「論理的」「理性的」「客観的」で的確な指示を出せる素質を秘めているため、活躍の幅が広げられます。

そのためにも、ディスカッションが盛んな会社で実戦の中で思考を鍛えたり、アイデアを取り入れてもらえる職場で成功体験を積みながら、自身の特性の活かし方を身につけていくといいでしょう。

「直観機能」を強化しアイデアの精度を高める

ENTPは「直観機能」が発達していないと、適切な情報を取り入れられず、現実からかけ離れた「洞察」、すなわち「思いつき」に終始してしまうため、若いうちはアイデアを取り入れてもらえなかったり、思いつきのアイデアで失敗して信用を失う経験をしてしまうかもしれません。

「直観機能」は言わば「勘」のようなものですから、経験を積んだり、自己分析を重ねることで強化されます。また、自分自身の直観を他者に伝えるためには、思考機能により鍛えられた他者へ伝えるスキルや他人を動かすスキルが合わさって、初めて活かせるものでもあります。

弁舌を活かし人を動かす立場になる

ENTPに向いてる仕事で紹介した多くは「他人を動かすことで初めて利益につながる、参謀や指揮官としての性質の強い仕事」です。ですので、社会で活躍するためにはENTPが持つ「高い弁舌力」を活かし、他者を動かすスキルを習得する必要があります。

そのためには、仕事相手を説得するためのプレゼンスキル、他者の意図を理解する洞察力、相手から話を引き出す能力、多人数での会議を円滑に進めるためのファシリテーション能力など、ビジネスコミュニケーションスキルの習得も必要になってきます。

思考機能の訓練と同様、上記スキルもビジネス書からの吸収と実践によって鍛えられる能力ですので、意識して取り入れてみるといいでしょう。

高い目標や目的をいくつか掲げて行動に移す

ENTPは達成意欲が高い性質を秘めているため、高い目標や目的を持った方がキャリアで成功する確率は高まるはずでしょう。ただ、計画通りに動くことが得意ではないので、漠然とした目標をいくつか掲げて、それに向かって意欲や熱意が高いうちに集中して取り組むといいでしょう。

ENTPは興味を持った分野はほとんどすべてのことができる独立心や自主性を秘めているので、一つの分野だけに固執せず、本業・副業・趣味・ボランティアなど、いずれも高い目標を持って分散して注力することでより成功できる確率が高まるはずです。

ENTP(指揮官型)に向いてる仕事が見つかる転職サービス

最後にENTPの方に向いている仕事が見つかるかもしれない厳選転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは無料で使える上に、登録しておくと一般検索では見つからない非公開求人もしてもらえるため、向いてる仕事を見つける上では使っておく価値大です。

それぞれのオススメ転職サービスの特徴から利用するべき人の紹介までしているので、自分に合ったものを選んでみてください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【MBTI】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました