【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

ESFP(エンターテイナー)に向いてる/向いてない仕事を厳選紹介!ESFPが適性を発揮できる職業の条件とは?

本記事ではMBTIの理論を基に作成された無料性格診断テスト「無料性格診断テスト | 16Personalities」の診断結果である「ESFP(エンターテイナー)」の性格傾向について、MBTI・キャリア関連の書籍を参考に筆者の見解も交えて考察・解説していきます。

オススメの転職サイト【超本格診断ツール多数】

自分に向いてる仕事が見つかる転職サイト「ミイダス」をご存知ですか?
全147種の職種から適性がわかるコンピテンシー診断」は使ってみる価値大です。
適性年収」「上司との相性」「仕事でストレスになる要素」も診断可能。
転職サイトとして企業からスカウトも届く。
登録に個人情報は一切不要完全無料ですべての機能が利用可
診断ツールを駆使して自分に合った天職を見つけたい人なら登録必須!

→ミイダスで診断してみる

ESFPに向いてる仕事は?

ESFPは、活力にあふれ、何よりも生活を愛し、人との出会い、おいしい食べ物、おしゃれ、動物、自然、様々な活動を通して、今この瞬間を生き、楽しみを見つけ出します。人と協力しながら進めることに力を発揮でき、やらなければならないことを楽しむ苦痛を減らすため、仕事ではムードメーカーとしての役割を果たせることでしょう。「MBTIのいざない」ではESFPが惹かれやすい職業として「小売店の管理職」が紹介されており、逆に惹かれない職業として「実験助手」が紹介されています。仕事に関するモチベーションとしては「パーソナルに関わることやすぐに解決することを好む」とされています。

上記のようなESFPの性質を踏まえた上で、向いてると言える仕事は以下の通りです。

  • 服飾バイヤー
  • 輸入家具バイヤー
  • アンティーク家具店オーナー
  • 雑貨ショップスタッフ
  • フラワーショップ店員
  • 百貨店販売員
  • 水族館飼育員
  • 福祉レクリエーション・ワーカー
  • ネイリスト
  • テレビレポーター
  • ネイチャーゲームリーダー
  • インスタグラマー
  • YouTuber

生活に根ざした販売員・店長職全般に高い適性があると言え、その他にも自然や動物と接する仕事、活動的なレポーター、オシャレに興味関心が必要なファッション・美容関連の職業などにも高い適性があるといえるでしょう。
それぞれ、詳しく解説していきます。

接客・販売業→店長・流通・バイヤー

MBTI公式著書「MBTIのいざない」ではESFPが惹かれやすい職業として「小売店の管理職」が紹介されています。

小売店の管理職が所属する業種である「接客/販売」および、そこからキャリアアップしていく先の「店長・流通・バイヤー」といった販売・店舗運営に関する仕事全般が情報豊かで臨機応変さも持ち合わせるESFPにとっては天職だと言えます。ムードメーカーとしての資質も持ち合わせるESFPにとって、アルバイト人材や不特定多数のお客と接する必要のある接客業はあまり苦と感じない意味でも向いてると言えるはずです。

接客/販売業は現場仕事から始まり「店舗管理者(店長)」「エリアマネージャー/スーパーバイザー(地区長)」と昇進していくのが一般的ですが、転職を経由することで「小売店舗に流通させる商品を選ぶバイヤー」「店舗レイアウトを企画するマーチャンダイザー」など、別の道が開けることもあります。

また、独立して個人経営でショップ開設する人もいますし、最近では「Shopify」「BASE」などのネット通販で販売を始める人もいます。

いずれにしても、自分が好きな物や気に入った物を入荷して販売する仕事全般にESFPは高い適性を持つと言えるので、以下に紹介する職業例から自分の興味がそそられる仕事を見つけ出してみましょう。

雑貨ショップスタッフ

衣食住に関するグッズを、海外も含めて様々な地域から仕入れ、店頭で販売するのが雑貨ショップスタッフの仕事です。有名店舗を挙げるなら「ヴィレッジヴァンガード」「ダイソー」などが良い例でしょう。

大手の雑貨店以外は少人数で切り盛りしていることが多いため、スタッフは商品の仕入れから在庫管理、接客、商品ディスプレイのチェックなど、ショップ経営に近い多くの仕事を手がけることができます。

雑貨ショップスタッフになるためには、特に資格は必要なくアルバイトからでも採用されますが、 雑貨コーディネーターに関連する講座のある専門学校で学ぶと販売や店舗経営に必要な知識が習得できます。

自分の工夫や努力がすぐに反映されることを好むESFPにとっては、仕入れから店舗ディスプレイを考えた陳列、そして実際にお客さんに売れるまでを現場で経験できる雑貨店スタッフは向いてると感じられる仕事のひとつです。

百貨店販売員

美容商品・食品・アパレル商品など、比較的高めの商品を扱うことになるのが百貨店販売員の特徴です。扱う商品に詳しくなることや百貨店の顧客層相手に満足してもらえる接客スキルを求められるため、他の小売店舗よりは販売員として身につくスキルも高めです。

百貨店販売員として働くには、百貨店企業に採用されるか、百貨店に出店しているテナントを持つ企業にされる必要がありますが、派遣会社と契約して販売員として各百貨店のテナントに派遣されることもあります。

臨機応変さと自由さを持つESFPにとっては、自分に合った働き方を選べて、好きな商品に対してよりプロフェッショナルな販売ができる百貨店販売員も向いてる仕事の一つだと言えるでしょう。

フラワーショップ店員(フラワーデザイナー)

フラワーショップ店員は仕入れた花の販売はもちろん、花束や花かご、ブーケの制作、会場装飾や店頭ディスプレイなどのフラワーアレンジメントなどを手がけることもあります。ですので、販売員だけでなく「フラワーデザイナー」として、花をアレンジした制作物を作れることで活躍の幅も広がります。

フラワーデザイナーとして活躍するためには、国家資格である「フラワー装飾技能士」や民間資格である「フラワーデザイナー」「園芸装飾技能士」などを取得しておくと有利です。

生活を愛し、人の要望に応えるために創意工夫ができるESFPにとっては、フラワーショップ店員やフラワーデザイナーも天職になり得ることでしょう。

服飾バイヤー

服飾バイヤーは、デザイナーやメーカーが主催するファッションショーなどに足を運び、自店(社)のコンセプトや販売方針に合った服を選び、価格を交渉して仕入れる仕事です。流行を逃さず、良い商品をいかに安く仕入れられるかが腕の見せ所で、未発表のブランドを発掘して新たに販路を広げるのもバイヤーの大切な役割です。

服飾バイヤーになるには、ショップやメーカーで販売実績を積んだ後、仕入れ担当の部署に 配属されるのが一般的なキャリアです。近年では、企業に所属するバイヤーとは別に、個人が通販サイトやSNSなどを通じて商品を紹介することも可能になっており、たとえば、通販サイト「BUYMA」にはそうしたパーソナルショッパー(バイヤー)が世界中に9万人以上もいると言われており、服飾バイヤーとしての活躍の仕方も変化してきています。

服飾マーチャンダイザー

前述の服飾バイヤーは「仕入れ(流通)」が役割となりますが、服飾マーチャンダイザーは、トレンドや市場の動きを観察・調査しながら「次のシーズンはどのようなアイテムが売れるのか?」を予測し、売れ筋の商品をつくり出すことが役割となります。

仕事の内容は市場調査、企画立案、仕入れ、サンプル制作、生産、流通の計画、販売指導など、企画から販売まで多岐にわたり、言わば「販売店全体の設計やデザインを作り出す」ことがその役割です。専門知識や実務経験はもちろん、統率力や語学力、売り上げを管理するための計算力も必要なので求められるスキルは高めだと言えます。

服飾マーチャンダイザーになるには、アパレルメーカーに就職し、ショップで販売員としての実績を重ねた後、服飾マーチャンダイザーになるというキャリアが一般的です。また、日本商工会議所が実施する「販売士検定(1~3級)」が知識面の習得で役に立ちます。

本来、ESFPは学術的なことや理論を用いることは苦手な傾向にありますが、自分と関係性が高い分野や人と直接ふれあいながら高められる分野であれば力を発揮できるため、これまでの経験を活かした上で再学習し、マーチャンダイザーにもなり得る可能性があると言えます。

アンティーク家具店オーナー

アンティーク家具店オーナーとは、時代や文化の枠を越え、国内外からアンティーク家具や美術工芸品などを仕入れ、販売する仕事です。 ヨーロッパでは、新品のものより100 年以上前のアンティーク家 具のほうが価値は高いといわれており、日本でもその価値を認める人は多い。また、客が要望すれば家具の修復をする場合もあり、 その際は家具の修復を専門に行なう職人に問い合わせる役割を担うこともあります。

アンティーク家具店オーナーになるには、職業訓練学校で木材の加工法などについての知識と技術を学んだあと、和家具、西洋家具などのアンティーク家具店に就職し、そこで経験を積み、独立を目指すのが一般的です。家具にも美術工芸品にも、それぞれに時代の様式があるので、ど のような時代の家具でも扱える知識を身に付けることが大切になります。

なお、アンティーク家具ショップをオープンする場合は、各都道府県の公安委員会に「古物商」の許可申請をしなければなりません。

輸入家具バイヤー

世界各国から、家具を安く買い付け、日本国内で販売するのが輸 入家具バイヤーの仕事です。仕入れた家具は、国内の家具店に卸したり、 自らのショップで売ったりします。売れ筋を見極める目と、インテリ アに関する知識が不可欠な職業です。

輸入家具バイヤーになるには、建築やインテリア関係の大学・専門学校を卒業後、卸売り業者に 勤務するケースが多めです。独立して自分のショップを構える場合も、 卸売り業者で輸入販売のノウハウを学んだ方が成功する確率は高まります。また、質のいい輸入家具を安く仕入れるには、英語力が必要不可欠です。日常会話レベルではなく、専門用語や契約に関してのビジネス用語も使いこなせるレベルですと業務でも活きることでしょう。

水族館飼育員

水族館飼育員は、水族館で飼育している魚、アシカやイルカなどの哺乳類、カニやエビなどの甲殻類など、ありとあらゆる海の生物の世話をするのが仕事です。
これらの生物が病気にかかっていないかなどをチェックしたり、餌の世話や水質管理、生命維持装置の管理と点検作業を行ったり、繁殖の管理を行ったりします。
生き物相手の仕事ですので、交代で早朝や深夜市休館日の勤務を日常茶飯時となります。
また、会議や研究会に出席したり、海洋生物についての学術的レポートを発表したり、生物の採集のために出張に出かけたり、珍しい水生生物を買い付けに行くことも仕事のうちです。

福祉レクリエーション・ワーカー

福祉レクリエーション・ワーカーは、福祉施設などにおいて生活 プログラムとして実施されるレクリエーションタイムを楽しく提供 できるように企画や準備・運営などを担当する。レクリエーション を通じ、自己実現や健康づくり、生きがい探しなどを支援していく。
日本レクリエーション協会が公認する福祉レクリエーショ ン・ワーカーの資格を取得しよう。
日本レクリエーション協会が公認する福祉レクリエーション・ワ ーカーの資格を取得するには、同協会の養成講座を受け、修

ネイリスト

ネイリストは、爪の手入れから、アートなどの装飾までを行なう 爪専門の技術者。ネイルアーティストともいう。客の好みやファッ ションに合わせて、爪をデザインするほか、指や手のマッサージも 行なう。ネイルサロンや美容院、エステサロンが主な活躍の場とな る。それぞれの職場で経験を積み、高い技術力を身に付けよう。客 から指名されて仕事を獲得できるようになれば、将来は独立開業へ の道も開ける。
ネイリストの専門学校などで基礎を学ぼう。ネイリスト技 ^能検定試験を取得しておくといい。
ネイリストを養成する専門学校などで基礎を学ぼう。資格は特に 必要ないが、日本ネイリスト検定試験センターが主催するネイリス ト技能検定を取得しておくと就職に有利とされる

テレビレポーター

テレビ局や番組制作プロダクションからの依頼に応じて、ニュー スやワイドショーで現場の状況を伝えるのがテレビレポーターの仕 事だ。例えば、事故現場に足を運び、事故の状況を視聴者に伝えた り、芸能人の記者会見を取材したりもする。さまざまな場所や話題 の人物のもとへ駆けつけ、現地の様子をリアルに伝えるのがレポー ターの役割だ。
フリーで働くかプロダクションに所属しよう。放送局に就 職するには、大卒以上の学歴が必要。
レポーターは、フリーランスとして働く人と放送局やプロダクシ ョンに所属する人とに大きく分けられるが、ワイドショー番組で活 躍するレポーターは、プロダクション所属、もしくはフリーで活躍 している人がほとんどである。また、プロダクションに所属しなが ら、各テレビ局のオーディションに合格するというケースもある。 放送局に就職するには一般に大卒以上の学歴が必要とされる。

ネイチャーゲームリーダー

ネイチャーゲームとは、1979年、米国のナチュラリストであ るジョセフ・コーネルによって発表された自然体験型のプログラム だ。いろいろな遊びを通して、自然の神秘性や仕組みなどを学ぶ。 自然と自分が一体であることに気づくことを目的とした活動を行な っている。
例えば、森の中で木の実や鳥の羽などを探索したり、木の葉を識 別したり、生き物と環境の相互依存について体験的に学んだりする。 森や林の中だけでなく、町中の公園や学校の校庭でも行なえるよう なプログラムも組まれている。
このようにネイチャーゲーム活動を通して身近な子どもや大人に 自然を案内する人をネイチャーゲームリーダーと呼んでいる。
ネイチャーゲームリーダーの主な活動の場は、小学生の子ども会 やボーイスカウト・ガールスカウト、あるいは保育園・幼稚園、小 学校、中学校、児童館、保育士・教員養成の大学や専門学校などの 教育の現場が主である。
自然や環境、教育に興味のある人に向いている職業で、ボランテ ィアで活動している人も多い。
日本シェアリングネイチャー協会が実施する養成講座を受 講し、検定に合格しよう。
日本シェアリングネイチャー協会が実施する養成講座で基本的な 理念と指導方法を学び、同協会の公認するネイチャーゲームリーダ ーになる。養成講座では、ネイチャーゲームを実際に体験するとと もに、その基本的な理念と手法、自然体験活動における安全対策な どを学習する。室内講義と実習の全日程を修了し、検定に合格する と、公認ネイチャーゲームリーダーとして指導員登録ができる。
また、森林インストラクターが行なっている養成講座に、ネイチ ヤーゲームを主とした野外活動について学ぶ科目がある。そのため、 森林インストラクター資格を取得してネイチャーゲームを指導して いる人もいる。

インスタグラマー

インスタグラマーとは、無料の画像共有アプリケーションである インスタグラム(Instagram)に投稿することによって収入を得 ている人たちのことである。インスタグラムには直接収入を得る方 法はないが、インスタグラムに投稿した画像を販売したり、画像を 見た人から画像制作の依頼を受けたりして収入を得る。また、特定 メーカーのファッションアイテムを身に着けた画像を投稿し、その メーカーから報酬を得るといったケースもある。
魅力的な画像がつくれるのならスマートフォンだけでも勝 負できる。
まずはインスタグラムに投稿して自分の作品をアピールしよう。 多くのフォロワーが獲得できるようになれば収入を得る機会も増え るだろう。閲覧者に気に入られる作品ができるのであれば、資格や 本格的機材なども必要なく、手持ちのスマートフォンだけでやって いくのも夢ではない。

YouTuber

「PPAP」のピコ太郎がユーチューブ (YouTube)で一挙に世界 の人気者になったことは記憶に新しいが、ユーチューブでは動画の 閲覧数に応じて広告収入を得られるシステムがあり、それを使って 収入を得ている人をユーチューバーと呼ぶ。海外に比べて日本のユ ーチューバーは少ないが、それでも数十人がユーチューバーとして生 計を立てているといわれ、中には年収が数千万円を超える人もいる。
世界中の人々を惹きつける動画を制作して、閲覧者数を増 やそう。
ユーチューブへの動画投稿は誰でも可能で、その動画の画面の隣 に広告を掲載することで広告収入が得られるようになる。広告収入 は動画の閲覧数によって増えるため、多くの広告収入を得るにはよ り多くの人に自分の動画を見てもらう必要がある。いかに魅力的な 動画を配信できるかがカギだが、技術やセンスに優れているからと いって閲覧数が伸びるとは限らないのが難しいところだ。

向いてる仕事が見つかる転職サービス

向いてる仕事に就くためには何から始めればいい?
適職を調べてもその仕事に就く方法がわからない…
適職診断をしても行動できずに終わる…

そう悩んでいる人にオススメしたいのが転職サービスでプロに相談するという方法です。

わざわざプロに相談しなくても
転職サイトで求人検索したり
診断ツールを使えばいいのでは?

このように考えている人も多いでしょうが、まずは「プロに相談した方が間違いのない転職ができる理由」について説明させてください。

多くの転職サービスでは、紹介される求人は「診断ツールに入力した回答」「登録時に記入した情報やアップロードした職務経歴」で決まる仕組みになっています。

そのため、職務経歴書を作り込まないと今の職場と似たような待遇や年収の求人紹介ばかりされがちという問題があります。

ですので「今の職場環境と違う待遇や条件で働きたい」「本当に向いてる仕事を見つけたい」と思っても、似たような魅力のない求人ばかり紹介されて、結局転職できず…という方も少なくないです。

とくにこのページを熱心に読んでいる「向いてる仕事を見つけたい」という人にとっては、今での職歴から選ばれた求人情報しか得られないということは、自分の選択肢を無意識のうちに狭めてしまう結果となります。

そうでなくても、転職活動を行うにあたり、下記のような「面倒事」が発生します。

▼転職活動で生じる負担の例

  • 求人探しから応募までの手続き
  • 応募求人が受かるかどうか悩む負担
  • 履歴書や職務経歴書の作成
  • 応募企業に合わせた職務経歴書の添削
  • 応募企業に受かるための企業研究や面接対策
  • 面接~内定後のスケジュール調整などの細かな連絡
  • 受からない場合のスキルアップや資格取得
  • 今の会社の退職手続き

こういった面倒事を、在職中のまま行うのは負担がかなり大きいです。

また、忙しくて考えがまとまらないうちや、しっかりとしたキャリアに関する情報収集を行わないうちに、無理に転職してしまうと、失敗してしまうリスクも上がります。

そうでなくても「とにかく仕事に就ければいい」という動機だけでなく「自分の適性を発揮できる職業に就きたい」という願望を満たすためには、自己分析を徹底的にやらないといけません。

自己分析は、診断ツールを使うだけでは「自分一人の思考」にとらわれがちなので、より精度の高い診断にはプロのアドバイスを受ける必要があります。

幸い、ほとんどの転職サービスは無料で相談できる上に、サポートに満足できなかったらいつでも利用を停止できるので、少しでも転職に興味があるなら気軽に相談してみるだけ得です。

転職してキャリアアップしてる人は

プロのサポートを得ながら

転職を成功させてるんですね…

もし、この記事をきっかけに「本当に向いてる仕事に就いて活躍したい」「もっと自分に向いてる仕事を知りたい」と思った方は、ぜひ転職サービスを利用してプロに相談してみてください。

以下に、当サイトで厳選した「本当にオススメできる転職サービス」を紹介していきます。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

自己分析を進めるにあたって、適職診断や読書だけに頼ると問題となるのが「他者からの評価やフィードバックが得られない」という問題です。また、転職エージェント系のサービスでは、簡単なヒアリングや求人紹介は行ってくれる反面で、自己分析に関するサポートは求職者側で行わないといけないのが現状です。

ですので、本格的に自己分析を行ってより適性を深く理解して、今後のキャリアをより良いものにしたいなら「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスの利用を推奨します。

キャリアコーチング系のサービスでは、

  • 心理学などの専門知識をもとにより深い自己分析を行ってくれる
  • 長期的な視野で将来を見据えたキャリアプランを練ってくれる
  • 適職の見つけ方や企業選びの知見が身につく

など、総じて言えば「自分自身が自分の力で最適なキャリアを選べるようになる状態」を目指すサービスだと考えてもらえばイメージしやすいでしょう。

キャリコーチングを受けることで
数ある転職情報や求人に惑わされず

自分の軸でキャリア選択ができる

基礎的な能力が身につきます

文中でも何度も強調している通り、本当に向いてる仕事を見つけ出すのは至難の業です。

一方で、転職が当たり前となりつつ現代社会においては、自分自身で適職を見つけ出して転職を成功させる能力を身につけておくことは「一生物のスキル」ともなるとも言えます。

なお、キャリアコーチング系サービスは転職エージェント系サービスと異なり、本格的に利用する際は有料であることが大半ですが、初回の相談は無料で受けられることも多いため、適職選びで悩んでいるなら試しに活用してみる価値はあるでしょう。

弊サイトでオススメしているキャリアコーチング系サービスは「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、心理学などの専門知識をベースにした体系的なアプローチによって、利用者個人個人に合わせたサポートを行い、本当に自分に向いてる仕事を見つけ出したり、先行きの不透明なこの時代において「迷わないキャリアの軸」「将来性の高いキャリア計画」を設定するサポートを行ってくれます。

それってやる意味や価値は

本当にあるんですか?

このように疑問を抱かれている方も多いかも知れませんが、前述の通り、転職活動を始める前に自己分析を深く行い仕事選びの基準を固めれば固めるほど、その後のキャリアで失敗する確率を下げられ適職に出会いやすくなります。

一方で、自己分析不十分のまま転職活動を始めると、向いてない仕事や合わない会社に入社してしまうリスクが高まったり、転職エージェントに提案されるがままに応募するだけになり自分の意志や本音を見失う結果にもなりかねません。

ですので、とくに自分の適性を発揮できる仕事や本当にやりたい仕事に就きたいと感じているなら、転職エージェントや転職サイトで求人探しを行う前に、キャリアコーチングにて徹底して自己分析を行う…という順序で転職活動を進めることを推奨します。

なお、ポジウィルキャリアは初回の相談(カウンセリング)は無料で、LINE登録からの相談も受け付けています。

キャリアコーチングというサービス形態自体がまだまだ広く浸透していないため馴染みのない読者の方も多いかもしれませんが、今後、主流となる転職方法の1つとなるポテンシャルのあるサービスですので、適職探しで悩んでいる方はこの機会にぜひお試しください。

20代なら経歴問わずに就職可能
「UZUZ(ウズウズ)」

向いてる仕事を見つけてる方の中でも「職歴が浅い」「スキルがない」などの理由で、良い求人が見つからないと感じてる方にオススメなのが「UZUZ(ウズウズ)」です。

UZUZは20代向けの就職~転職を専門にサポートしており、相談相手となるキャリアアドバイザーの多くも既卒・第二新卒経験者を経験済みなので、親身な対応に期待できます。

UZUZは以下のような方に

最もオススメできます

▼ウズウズはこんな人にオススメ

  • 20代で未経験職に就きたい
  • 就職しないまま卒業してしまった「既卒
  • 新卒3年以内に辞めたい「第二新卒
  • 経歴に自信がない(中退、大卒未満、早期退職経験あり、正社員歴なし)
  • 向いてる仕事以前に、仕事に就くための基礎経験が浅い
  • 転職サイトやエージェントに登録しても良い求人を紹介してもらえない
  • フリーター期間やニート期間が長く職歴に空白期間がある
  • ブラック企業を避けて長く働ける会社に就きたい
  • 同年代の似たような境遇を持つプロにしたい

逆に以下のような人は

UZUZよりも
他のサービスの方がオススメです

▼こんな人はUZUZ以外がオススメ

  • 30代以上で職歴がある
  • 今までの経歴を活かしたい
  • 年収を上げたい
  • スキルアップして転職の幅を広げたい
  • 時間をかけてでも向いてる仕事を見つけたい

20代で「そもそも就職方法がわからない…」「求人情報から企業がブラックかどうか判断できない…」といったことに悩んでいるなら、UZUZに相談してみた方がスムーズに自分に合った仕事が見つけられます。

UZUZに相談してみる
【無料・登録1分】

スキルアップしてIT/WEB系へ転職
「WorX(ワークス)」

自分に向いてる仕事が見つかったとしても、スキルや経験がなければ適職に就けないことも多々あります。

ですので「これだ!」と思える職業を見つけたら、その仕事に就くために必要なスキルや資格などを把握しておきましょう。

興味のある仕事は見つけたけど
何から学べばいいかすら

わからないかも…

もし、読者がこのようにお悩みなら、適職診断を行った上でその仕事に就くための道筋を示したりスキルアップ支援も行ってくれる「Worx(ワークス)」を紹介します。

Worx(ワークス)は、異業種転職を実現する次世代型転職エージェントで、初回相談後に適職診断を受けた上で、自分に向いてる仕事に就くためのスキルアップ支援講座も用意してもらえるため、業界分析やスキルアップを行った上で無理のない異業種転職が可能となります。

また、Worx(ワークス)で紹介する職業には、IT/WEB系など将来性が高く、需要の高いIT系スキルと知識も身につくため、今のキャリアから抜け出したい人には大きな可能性があると言えます。

WorXなら半年~1年ほどの

余裕を持った転職計画となるため

適職探しをしている人にピッタリです

Worx(ワークス)では、スキルアップから転職支援まで無料で受けられるため、とくにIT/WEB系の職種に興味がある人はこの機会に相談してみるといいでしょう。

Worx(ワークス)の登録はこちら
【相談無料/登録1分】

向いてる仕事【MBTI】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました