【適職11選】ESTJ(幹部)に向いてる仕事とその理由を徹底解説!

本記事ではMBTIの理論を基に作成された無料性格診断テスト「無料性格診断テスト | 16Personalities」の診断結果である「ESTJ(幹部)」の適職について、MBTI・キャリア関連の書籍を参考に筆者の見解も交えて考察・解説していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

ESTJに向いてる仕事は?

ESTJは、日々の生活や仕事において、方法や手順、人の体制を整えてから、実行に移すことを好みます。また、競争原理や能力、効率や結果を出すことを大切にし、締切を守ったり、任された課題を完遂することに責任を持つ限りは他者との強調も楽しめるため、組織適性が高い上にリーダーシップもあると言えます。

MBTIのいざない」ではESTJが惹かれやすい職業として「銀行員、ジェネラルプロジェクトマネージャー」が紹介されており、逆に惹かれない職業として「物理学など抽象科学の教員」が紹介されています。仕事に関するモチベーションとしては「プロジェクトをまとめたり、生産的な結果を見出すことを好む」とされています。

以上のようなESTJの特性を踏まえた上で、向いてると言える仕事は以下の通りです。

  • 会社員全般(一般職、総合職)
  • 管理職全般
  • 銀行員
  • 保険外交員
  • 国家公務員
  • 地方公務員
  • 国会議員
  • 地方議会議員
  • 芸能マネージャー
  • スポーツ選手マネジメント担当者
  • コンサートプロモーター

それぞれ、向いてると言える理由や仕事内容について、詳しく解説していきます。

会社員全般(一般職、総合職)

ESTJは16タイプ中もっとも会社員適性が高いと言ってもいいぐらい、組織で働くのに適しています。
組織内での一般職・総合職相当の仕事であれば、おおよそのことが卒なくこなせるはずです。
とくに日本の一般的な会社は未だにエスカレーター式に昇進していく人事制度であるため、リーダー適性の高いESTJはなるべくして出世していこともできるはずでしょう。
会社員として真面目に勤務することも一つの才能だと考えれば、ESTJの強みが理解できるはずです。

管理職全般

生まれながらのリーダーシップを備えているESTJは、管理職に高い適性があります。
管理職と言っても、組織によって「主任、係長、課長、次長、室長、部長、執行役員、取締役(社長、常務、専務)」と様々な階級があり、横文字では「リーダー(監督職)、マネージャー(管理職)、エグゼクティブ(経営職)、トップマネージメント(重役)」とされることもあります。
これらは組織規模によってまちまちで実際の仕事内容も異なります。
管理職になるには、前述の一般職・総合職から昇進していくケースが一般的なので、組織適性の高いESTJであれば、望まずとも管理職相当の仕事を担うことが増えてくることでしょう。

銀行員

窓口業務や出入金の処理といった預金業務、融資や、外国の通貨・債券などの売買などを行う為替・債券の売買業務などがある。給料は銀行の規模や状態によって異なるが、大手都市銀行では他業種より高水準。仕事はハードで、勤務時間も長い傾向にある。
責任感が強く、人から信用される人柄であることが必要。顧客とのやりとりも多いので、人当たり がよい人が向いている。大手ほど人気が高い。金融 商品の多様化、外資系企業の参入など、非常に流動 的な業界。日本の経済を支える業界であり、やりがいがある仕事である。

保険外交員

保険外交員とは、保険契約の募集・契約・集金・アフターサービスを仕事にしている人のこと。
保険に関する幅広い専門知識を持ち合わせ、個々の顧客に対してそれぞれに合った保険の設計販売ができるようにならなくてはならない。
大半の顧客が長期間にわたる契約をするため、契約書に様々な問題(保険料の支払いが困難になる、契約者や受取人の変更など)が生じることもある。
保険外交員の仕事は、保険契約を募集するだけでなく、そうした問題に対する適切なアドバイスや解決のお手伝いをするというアフターサービスも行う必要がある。
まずは就職を希望する会保険会社の対応状況を確認し、採用試験を受けるのが第一ステップ。
採用後に保険外交員として営業活動を行うには、生命保険協会が実施している一般課程試験に合格し、保険募集人として登録しなくてはならない。

国家公務員

公務員とは日本の国の機関に勤務する者で、人事院によると、国家公務員の総数は2016年現在、約58万人いるという。
国家公務員の仕事は総合職、一般職、専門職の3つに大別されているが、ここでは総合職と一般職について解説する。
総合職と一般職の試験区分は右表のようになっているが、総合職試験合格者は「キャリア」と呼ばれる将来の幹部候補生だ。入省後、間もない時期から高度な仕事を担当することも多く、3~4年で重要な政策の立案や実行などにも携わることになる。
それに対して、一般職(大卒程度試験)を突破した者は、各省庁の中堅幹部職員となって事務調査・技術的などに携わることになる。
また、一般職(高卒者試験・社会人試験)を突破した者は、各省庁で初級職員として各種一般事務・調査・技術的業務などを行なう。基本的に採用された地域で勤務することになる。
国家公務員は国を支える重責を担うということから待遇面で優遇されている。基本的に完全週休2日制で、休暇は年20日間の年次休暇のほか、夏季休暇など特別休暇、介護休暇などがあり、勤務時間は週40時間。また各種福利厚生を充実している。
ただし、上級職である国家総合職のキャリアともなると仕事の内容もハードで、規則通りに休暇が取れないことも多く、国のために働くという覚悟は必要だ。
受験資格は、総合職(院卒)が30歳未満、総合職(大卒)および一般職(大卒程度)が21歳以上30才未満、一般職(高卒)は17~20歳未満となっている。右表に挙げた試験のいずれも、誰でも受験することができるが、総合職(院卒者試験)では大学院卒業程度、総合職(大卒程度試験)および一般職(大卒程度試験)では大学卒業あるいは短大・高等専門学校卒業程度、一般職(高卒程度)では高校卒業程度の学力が求められる。
試験では筆記試験と面接試験があり、筆記試験で高得点を取ることはもちろん、面接試験でも高い評価を得ることが必要になる。筆記試験では広範囲な分野が出題されるため、出題数の多い科目や頻出度が高い問題などを過去問から絞り込んで勉強するとよい。また、面接試験対策などと合わせ、専門の予備校や大学の特別講座などで試験対策を学ぶことも有効だ。

地方公務員

地方自治体の公務員として働くのが地方公務員である。都道府県庁・市役所・町村役場といった行政サービスをはじめ、警察・消防署・保健所など、住民の生活に密着し施設が職場となる。
地方公務員には、窓口業務をはじめとした事務職だけでなく、機械・建設・電気・土木福祉など多種多様な職種があり、専門的な能力を求められる職種も多い。待遇や部分が安定してることから、国家公務員に並んで人気の高い職業となっている。
地方公務員の採用試験は自治体ごとに行われており、受験資格の年齢制限について多少の違いはあるが、おおむね3類(高校卒業程度)、2類(短大卒業程度)、1類(大学卒業程度)に分かれている。
特に技術系の職員は専門的な知識が問われるので、きちんと学んでおきたい。各地方自治体の人事委員会に問い合わせよう。

国会議員

国会議員は国権の最高機関である国会に国民代表として出席し、議会を通じて法律から経済政策までの施策に国民の声を反映させるべく働くのが仕事。具体的には、国会へ法律案を提出し立法化することで、国民の意思を国政へ反映させる。質疑や文書による質問なども行う。
どの仕事も国の運命を左右する重要なものばかりだ。
国会議員になる第一歩は、衆議院または参議院選挙に立候補すること。衆議院は満25歳以上、参議院は満30歳以上の日本国民でなくては被選挙権が得られず立候補できない。特に必要な資格や経験などはないが、当然のことながら選挙で立候補当選しなければ国会議員にはなれない。当選するには、有権者多数の支持が必要であり、そのための政治に関する知識はもちろん、人を惹きつける人間的な魅力も必要となる。

地方議会議員

都道府県あるいは市町村といった自治体において、地方自治の中核を担っているのが地方議会であり、その議会を構成しているのが地方議会議員(都道府県議会議員、市議会議員、特別区議会議員、町村議会議員)である。地方議会議員は選挙によって選出され、自治体の行政行財政運営の監視や政策の提言、条例の制定といった地方自治の重要な役割を担う。過疎化の進行など、地方自治の舵取りは困難さを増しており、地方議会議員の責務も重要度を増している。
地方議員になるには、まず選挙に立候補して当選しなければならない。当該自治体の選挙権を持っていて、年齢が満25歳以上であれば被選挙権が得られ、地方議会議員の選挙に立候補できる。
立候補するにあたって特に資格や経験は必要ないが、当選するためには住民の支持を得るだけの政治力や人柄などが必要になる。

芸能マネージャー

タレントや歌手、俳優などのマネジメントを行なうのが芸能マネ ージャーの仕事だ。具体的には自分の担当するタレントや歌手が、 テレビ番組やラジオ番組、映画、CM などに出演できるように、オ ーディションを受けさせたり、放送局のディレクターと会い、本人 を売り込んだりもする。仕事が決まったらスケジュールを管理し、 現場への送り迎えをすることもあるので、運転免許は必須だ。
まずは芸能プロダクションに就職しよう。芸能マネージャ ー養成コースのある専門学校で学ぶ方法もある。
専門知識が問われることはない。学歴や知識よりも意欲や熱意、 行動力が求められる。個性的な芸能人を管理するには、柔軟な対応 力も必要だ。
芸能プロダクションに入社してからすぐにタレントのマネジメン トができるわけではなく、最初は会社が手がけるイベントの雑用な ど管理の仕事から、芸能界の水に慣れることを求められることがあ る。経験を積み、人脈を広げたのちに独立を果たす人も少なくない。

関連ジョブ
放送プロデューサー・ディレクター
秘書

スポーツ選手マネジメント担当者

スポーツ選手の代わりにテレビ出演やCM契約などの交渉を行ない、場合によっては海外遠征のためのビザ取得なども行う。
スポーツ選手がトレーニングに集中できるように、触れ以外のあらゆる面でサポートするのが仕事だ。
スポーツ選手マネジメント担当者になるには、スポーツ選手のプロモーションなどを手がけているエージェント会社に就職するのが一般的なコースといえる。
日本の場合、スポーツ選手のマネジメントに関してはエージェント会社の社員が担当するケースが多いのが現状だ。
しかし、プロ野球やサッカー界には、米国などのようにチームとの年俸契約などの法的な交渉を行う専門的な知識を持ったスポーツエージェントもいる。
スポーツマネジメント学科やスポーツエージェント養成講座などのある専門学校でスポーツエージェントに関する基本的な知識を身につけよう。

コンサートプロモーター

歌手やバンドが所属している芸能プロダクションからライブやコ ンサートの開催依頼を受けて、企画・制作・運営を取り仕切り、そ の収支をマネジメントする。 具体的にはコンサート会場の予約、各地域での広報活動、各種許 可の申請、チケット販売、集計など、幅広い業務をこなす。コンサ ートの当日は観客の誘導や出演者の送迎などの手配も行なう。
プロモーション会社やイベント企画会社などに就職し、経 験を積もう。
プロモーション会社やイベント企画会社、芸能プロダクション、 音楽配給会社などに就職し、経験を積んでいく。プロモーターに欠 かせないのは、情報収集力と正確な分析能力。また、外国人アーテ ィストの来日公演の際には、英会話の能力も必要となる。

関連ジョブ
レコーディングプロデューサー
イベントプランナー

向いてる仕事【MBTI】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました