【適職5選】ESTP(起業家)に向いてる仕事とその理由を徹底解説!

本記事ではMBTIの理論を基に作成された無料性格診断テスト「無料性格診断テスト | 16Personalities」の診断結果である「ESTP(起業家)」の適職について、MBTI・キャリア関連の書籍を参考に筆者の見解も交えて考察・解説していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

ESTPに向いてる仕事は?

ESTPは、活力にあふれ、周囲の困難な状況に創意工夫で対処していきながら、精力的に問題解決に取り組める仕事に適性があります。また、周囲に柔軟に適応し臨機応変に物事を進められ、協調性もあるため組織適性も高めです。

MBTIのいざない」ではESTPが惹かれやすい職業として「営業マン」が紹介されており、逆に惹かれない職業として「司書」が紹介されています。仕事に関するモチベーションとしては「活動しながら利益を生むことを好む」とされています。

その他、ESTPに向いてる仕事は、以下の通り。

  • 受付・案内事務員
  • 不動産営業員
  • 広告代理店スタッフ
  • 海外営業マン
  • 商社営業部門

それぞれ、詳しく解説していきます。

向いてる仕事【MBTI】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました