【適職5選】ESTP(起業家)に向いてる仕事とその理由を徹底解説!

本記事ではMBTIの理論を基に作成された無料性格診断テスト「無料性格診断テスト | 16Personalities」の診断結果である「ESTP(起業家)」の適職について、MBTI・キャリア関連の書籍を参考に筆者の見解も交えて考察・解説していきます。

▼未経験からIT業界への転職を考えてる方へ

IT業界は将来性が高く平均年収476万円が見込める人気職です。
ただし、IT業界へ未経験から転職するのは難しくスキルや専門知識が必要となります。
もし、読者がIT業界への転職に興味があるのであれば、まずは「ウズウズカレッジ」のご活用をオススメします。
ウズウズカレッジでは「プログラミング(Java)」「CCNA」の2コースから選べ、自分の経歴や生活スタイルに合わせて、最短一ヶ月でのスキル習得が可能です。
ウズウズカレッジは無料相談も受け付けているので、スキルを身につけてIT業界へ転職したいと悩んでいる方は、この機会にぜひご利用を検討してみてください。

→ウズウズカレッジに無料相談してみる

ESTPに向いてる仕事は?

ESTPは、活力にあふれ、周囲の困難な状況に創意工夫で対処していきながら、精力的に問題解決に取り組める仕事に適性があります。また、周囲に柔軟に適応し臨機応変に物事を進められ、協調性もあるため組織適性も高めです。

MBTIのいざない」ではESTPが惹かれやすい職業として「営業マン」が紹介されており、逆に惹かれない職業として「司書」が紹介されています。仕事に関するモチベーションとしては「活動しながら利益を生むことを好む」とされています。

その他、ESTPに向いてる仕事は、以下の通り。

  • 受付・案内事務員
  • 不動産営業員
  • 広告代理店スタッフ
  • 海外営業マン
  • 商社営業部門

それぞれ、詳しく解説していきます。

向いてる仕事【MBTI】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました