2月の転職はやめておくべき?転職活動を2月に始めるべき理由とは?

ども!転職マニアのイツキです!現在、転職活動中です!

「2月に転職しようかな…」
「でも、この時期雪降るし…」
「決算期近いし、4月まで待とうかな…」

こういう風に考えている方も多いかと思います。

…まあ、雪降って寒くて、動く気が出ない時期ですからね。

その気持ち、よくわかります。

ですが、逆に考えてみましょう。

寒くてみんな動かない時期だからこそ、2月にこそ転職を始めるべきなんです。

▼仕事を辞めようか悩んでる方へ

仕事をやめようか悩んでいても転職に踏み切れない人は多いと思います。
そうお悩みでしたら国内No.1の転職エージェントである「リクルートエージェント」の利用がオススメです。

リクルートエージェントは非公開求人だけでも20万件以上の取り扱いの業界最大手の転職エージェントです。初回登録さえ済ませれば自分の経歴や希望条件に合った優良求人を無料で紹介してくれるため、自分に向いてる仕事や年収アップに期待できる仕事を見つけ出すチャンスです。また、内定率を上げるためのサポートも充実しているため、今の仕事や転職活動に自信が持てない人でも無理なく転職活動を進めることができます。

リクルートエージェントは「まだ辞める気はないけど自分に本当に転職先があるのか知りたい…」という場合もスマホで気軽に利用可能なので、登録がまだお済みでない方は早めに登録しておきましょう。

→リクルートエージェントの登録はこちら

転職活動は2月に始めるべき!

転職活動を2月に始めるメリットは意外と大きいです。

というのも、単純に転職希望者の少ない時期だから

転職コンサルタントの面談予約などの日程も組みやすく、業界次第ではスムーズに面接が進みますね。

また、穴の出やすい新卒枠は「2月まで続けたんだから、年度末まで待つか…」と思っているので、意外とこの時期の離職は少ないそうです。

2月に転職求人を出している企業は中途採用向けが多い

3月には新卒向けの就職市場が解禁となる時期です。

そのため、新卒採用に精力的な企業は、慌ただしい時期で余裕がありません。

しかし逆を言えば、2月の時期に求人を出している企業は、中途採用に力を入れているところが多く、就職活動に流されない対応をしてくれるため、腰を据えて転職に臨めます。

何度か私が経験した話ですが、3月以降になると「中途採用よりもフレッシュな新卒の方が欲しい!」と言って、断ってくる会社もありました。何がフレッシュやねん…。

転職先企業の事情によっては、中途と就活生が競合し合うこともありえます。

とくに既卒・第二新卒(新卒後3年以内)の方であれば、就活生の採用枠との争いになることも多いので、2月が最後のボーナスタイムだと言えますね。

転職活動の目安期間は3ヶ月間と知っておこう

最近の転職活動の期間の目安は、早くても3ヶ月間はかかります。

現職の離職届けから退職の一ヶ月間を差し引いたとしても、残りの2ヶ月で転職先から内定をもらう必要があるわけです。

そうした場合、2月から転職活動を始めてみても、実際の勤務時期は5月…つまりゴールデンウィークが過ぎた後…と考えておくべきですね。

4月の忙しい時期が過ぎ、ゴールデンウィーク明けに転職するのは、タイミングとしてはかなり理想的だと言えます。

3月〜5月に始めるとチャンスを逃しやすい!

3月から5月にかけては、転職業界は繁忙期です。

単純に転職相談者が増えるので、転職エージェントでの面談対応が、遅れがちになります。

また、学生向けの就活が始まるので、中途採用よりも新卒採用に力を入れる企業も多めになりますね。

ですので、余裕のある2月のうちに、転職エージェントなどでキャリアアドバイザーとの面談だけでも済ませておくと、後々の転職活動がスムーズに進みますよ。

なるべく早めに、行動しておきましょう。

2月の転職なら、早めにエージェント制で面談を済ませておこう!

2月に転職するのであれば、転職エージェントに登録して、早めに面談を済ませておくことをオススメします。

転職エージェントとは、担当のキャリアアドバイザーとの面談を経て、自分に合った転職先を紹介してくれるサービスです。

関連:転職エージェントの仕組み・特徴・メリット・デメリットを徹底解説!転職サイトとの違いは?

自分で転職先を見つけたり、書類作成をする手間が省けるので、効率よく転職活動を進められます。

何度も言いますが、2月は繁忙期前の最後の転職チャンスです。

このタイミングを逃すと、繁忙期過ぎた6月あたりからの転職活動開始になる恐れもあるので、早めに動いておくに越したことはありません。

2月のうちに転職エージェントに相談しておけば、優先的に対応してもらえ、じっくり相談ができるので、今すぐ登録しておきましょう。

当サイトでとくにオススメしている転職エージェントは以下の3つです。
(全サービス完全無料、途中で利用停止OK)

転職実績No.1、国内最大手のリクルートが手がけるエージェント。
20万件以上の求人を保有、転職支援実績40万人以上と、大手としての信頼性はピカイチ。
また、登録から面談までの手続きも必要最低限で非常にスピーディー、面談後はスマホアプリのみでメール管理から求人閲覧まで進められ余計なことに気をとられずに済むため、利便性・効率性もバツグン。
オンライン面談体制も整っているため、自宅からでも自分のペースで転職活動を進めやすい。
紹介求人は有名企業や大手企業の案件も多いので、情報収集のためにも登録しておく価値あり。
全年齢層・全職種業種に対応しているため、誰でも登録可能
これから転職活動を始めたい初心者向けとしても自信を持ってオススメできる。
登録から内定がもらえるまで完全無料

いい就職.com

いい就職ドットコムは、20代の「第二新卒」「既卒」「フリーター」「ニート(無職)」など、経歴に自信のない人向けの就職応援サイト。
※公式サイトでは「就職応援サイト」「既卒」「第二新卒」という名称が使われてるが、実際のサービス内容は転職エージェントとほぼ同等。20代であれば学歴・職歴問わず求人紹介からキャリア相談まで利用可能
他の20代向けの就職支援サービスと違い正社員求人のみを取り扱っており、ブラック企業徹底排除の方針も明確なので安心して利用できる。
一般職やメーカー求人の取り扱いが多め。求人情報はサイト内で閲覧可能
内定がもらえるまで完全無料で利用できてキャリア相談も気軽にできるので、20代で就職・転職活動に自信がない人は利用しておきたい。

製造業特化の人材派遣業として40年以上の実績を持つメイテックが手がけるエージェント。
エンジニア・製造業・メーカー・開発/研究職の転職サポートに強く、担当エージェントの専門知識や業界内での情報も豊富。
学生時代の履修科目や研究内容も評価材料となるため、理系卒・技術系専門学校卒の学歴があるなら利用しておく価値あり未経験の職種・業界への転職実績も多数
面談は土日祝日、22時まで対応しているため、忙しい社会人でも働きながら転職活動が可能。また、電話・メールでの相談にも対応可登録から内定まで完全無料で利用できる。
現在、該当する業種・職種(※)で働いている方や理系・技術系専門卒の学歴があるなら、より専門的な転職サポートに期待できるので利用しておく価値あり。
※該当業種・職種:電気・電子・半導体分野/機械メカトロ分野/化学・素材分野/組込みソフト/ITなど(詳細ページに解説あり)

それぞれ、求人傾向やサポート体制が微妙に異なるため、自分のキャリアや性格に合ったものを選んで使い分けてみてください。

また、ここで紹介した転職エージェント以外にも多数のエージェントがありますので、広く使い分けたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

転職エージェントはどこがいい?全11社の転職エージェントを徹底比較!
現在、国内では転職エージェントが多数登場しており、どこを選べばいいかわからない状況になっております。

「転職エージェントはどこがいいの?」

そうお悩みの方は結構いらっしゃるかと思います。

結論から言っておきますと、転職エー…

転職エージェント登録後の流れ

転職エージェントは登録後、メールでの連絡が来ますので、指定された方法に沿って対応していくだけで面談まで案内してくれます。

ですので、利用者側から特別なことをする必要がありませんが、初回のメール対応から面談のスケジュール調整までは早めにしておくと有利になりやすいです。

とくに求人の紹介は面談後に提示されることがほとんどなので、初回対応は早ければ早いほど有利です。

その他、転職エージェントに関する疑問点は以下の記事にまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント初心者向けのよくある質問!読んで登録前の心配を解消しておこう!
「転職エージェントって何?」
「本当に信用できるの?」
「流れがわからないので使っていいか不安…」

このようにお悩みの方も少なくないことかと思います。

転職エージェントはビジネスであり、守秘義務もある以上、詳細な情報はあまり…

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました