2月の転職はやめておくべき?転職活動を2月に始めるべき理由とは?

ども!転職マニアのイツキです!現在、転職活動中です!

「2月に転職しようかな…」
「でも、この時期雪降るし…」
「決算期近いし、4月まで待とうかな…」

こういう風に考えている方も多いかと思います。

…まあ、雪降って寒くて、動く気が出ない時期ですからね。

その気持ち、よくわかります。

ですが、逆に考えてみましょう。

寒くてみんな動かない時期だからこそ、2月にこそ転職を始めるべきなんです。

スポンサーリンク

転職活動は2月に始めるべき!

転職活動を2月に始めるメリットは意外と大きいです。

というのも、単純に転職希望者の少ない時期だから

転職コンサルタントの面談予約などの日程も組みやすく、業界次第ではスムーズに面接が進みますね。

また、穴の出やすい新卒枠は「2月まで続けたんだから、年度末まで待つか…」と思っているので、意外とこの時期の離職は少ないそうです。

2月に転職求人を出している企業は中途採用向けが多い

3月には新卒向けの就職市場が解禁となる時期です。

そのため、新卒採用に精力的な企業は、慌ただしい時期で余裕がありません。

しかし逆を言えば、2月の時期に求人を出している企業は、中途採用に力を入れているところが多く、就職活動に流されない対応をしてくれるため、腰を据えて転職に臨めます。

何度か私が経験した話ですが、3月以降になると「中途採用よりもフレッシュな新卒の方が欲しい!」と言って、断ってくる会社もありました。何がフレッシュやねん…。

転職先企業の事情によっては、中途と就活生が競合し合うこともありえます。

とくに既卒・第二新卒(新卒後3年以内)の方であれば、就活生の採用枠との争いになることも多いので、2月が最後のボーナスタイムだと言えますね。

転職活動の目安期間は3ヶ月間と知っておこう

最近の転職活動の期間の目安は、早くても3ヶ月間はかかります。

現職の離職届けから退職の一ヶ月間を差し引いたとしても、残りの2ヶ月で転職先から内定をもらう必要があるわけです。

そうした場合、2月から転職活動を始めてみても、実際の勤務時期は5月…つまりゴールデンウィークが過ぎた後…と考えておくべきですね。

4月の忙しい時期が過ぎ、ゴールデンウィーク明けに転職するのは、タイミングとしてはかなり理想的だと言えます。

3月〜5月に始めるとチャンスを逃しやすい!

3月から5月にかけては、転職業界は繁忙期です。

単純に転職相談者が増えるので、転職エージェントでの面談対応が、遅れがちになります。

また、学生向けの就活が始まるので、中途採用よりも新卒採用に力を入れる企業も多めになりますね。

ですので、余裕のある2月のうちに、転職エージェントなどでキャリアアドバイザーとの面談だけでも済ませておくと、後々の転職活動がスムーズに進みますよ。

なるべく早めに、行動しておきましょう。

2月の転職なら、早めにエージェント制で面談を済ませておこう!

2月に転職するのであれば、転職エージェントに登録して、早めに面談を済ませておくことをオススメします。

転職エージェントとは、担当のキャリアアドバイザーとの面談を経て、自分に合った転職先を紹介してくれるサービスです。

関連:転職エージェントの仕組み・特徴・メリット・デメリットを徹底解説!転職サイトとの違いは?

自分で転職先を見つけたり、書類作成をする手間が省けるので、効率よく転職活動を進められます。

何度も言いますが、2月は繁忙期前の最後の転職チャンスです。

このタイミングを逃すと、繁忙期過ぎた6月あたりからの転職活動開始になる恐れもあるので、早めに動いておくに越したことはありません。

2月のうちに転職エージェントに相談しておけば、優先的に対応してもらえ、じっくり相談ができるので、今すぐ登録しておきましょう。

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました