ファイナンシャル・プランナーになるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

ファイナンシャル・プランナーとは、個人の資産運用の相談に応じて、総合的な資産運用や管理方法をアドバイスする専門家のことで、「FP」と略されることもある。
主な仕事は、相談者の資産状況を分析し、投資計画や貯蓄計画、保険や遺産相続対策などの資産設計や運用法について総合的な視点でアドバイスすること。
幅広く最新の金融知識を持つことはもちろん、不動産や法律ついての広い知識が求められる。
さらに顧客の希望を丹念に聞き、正確に理解する力が不可欠で、顧客が不快感や抵抗感を持たずに相談できるような信頼を得る必要がある。
また、法律の変更や社会状況の変化によって資産運用の方針が変わることもあるため、あらゆる情報を多方面から習得し、常に社会情勢に敏感であることが求められる。
この仕事につくのに特別な資格は必要ないが、一般的には日本ファイナンシャル・プランナーズ協会のファイナンシャル・プランナー資格(AFP資格・CFP資格)などを取得しておく方が有利とされる。
まずはAFP(Affiliated Financial Planner)の研修受講および認定試験(2級FP技能検定)に合格し、さらにその上級資格であるCFP(Certified Financial Planner)のライセンスを取得すると仕事をする上で有利になる。
このCFP資格は北米、アジア、ヨーロッパオ、セアニアを中心に、世界の24の国と地域で導入されている。
資格取得者は、銀行・証券・生保・損保などの金融機関をはじめ、不動産会社、税理士事務所、会計事務所でも積極的に採用されている。
その他、独立して貯蓄や投資に関するアドバイザーとして活躍している人も多い。

お金に関する仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました