フラワーショップ店員になるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

フラワーショップ店員は、若い女性に人気の職業だが、仕入れや配達などで体力が必要な業務もあるので、男性の就業者も十分受け入れられる
店に来た客の要望を聞き、目的に合った花束を予算内でつくるため、単に花が好きというだけでなく、人と接するのが好きで、手先の器用さとフラワーアレンジメントのセンスも問われる
花の仕入れや保管・販売などのほか、ブーケをつくったりフラワーアレンジを手がけたり、依頼を受けてレストランやイベント会場のディスプレイをつくったりすることもある
これらの作業は、花という生物を扱う仕事であることから、その状態を把握する観察眼が必要不可欠である
水の入ったバケツを運んだりする体力も必要とされ、手が荒れるなどのデメリットも考慮しておいたほうがよい
まずはフラワーショップに就職して花の知識を得ることになるが、学生時代からアルバイトをして花に触れる機会を多くしておくと、収束する際に有利となるだろう
特に資格は必要ないが、最近は扱う花の種類が増え、基本的な植物の知識を駆使して手入れや管理をすることが多くなってきたため、生け花の免許や、前ページのグリーンコーディネーターの項で挙げたフラワー装飾技能士(都道府県ごとに試験を実施。1~3級がある)などの資格を取得しておくとよい
資格を習得するには、スクールに通って短期養成講座などを受講するといいだろう
また、仕入れ、配達の仕事をするためにも普通自動車の運転免許を取得しておきたいところだ
フラワーショップ店員を続けて知識と経験を増やしていけば、独立することも可能だ

タイトルとURLをコピーしました