女性フリーターは早いうちに絶対就職しておいた方がいい理由。20代のうちならまだ間に合う可能性大!

「フリーター女性だけど将来が不安…」
「フリーター女性だけど正社員になりたい!」
「フリーター女性だけどもう少し収入を上げたい!」

このように、お悩みではありませんか?

もしそうでしたら、あなたは現実の見えているかしこい女性です。

…というのも、日本は二極化が進んでいる上に男尊女卑の考え方が未だに根強く、女性はキャリアをしっかり意識しておかないといけない時代になっているからですね。

現代日本での女性フリーターの冷酷な現実

  • フリーターは経歴として評価されにくく、若いうちにキャリアを意識しないと将来性がない
  • 結婚しても共働き世帯でないと、とても生活できない状況(女性も働き方や収入について強く意識しないといけない)
  • 若い男性でも平均月収20万~30万代で、女性を養う余裕はない
  • 以上のような社会状況から「働く意欲のない女性とは結婚したくない」と考える男性はかなり多い
  • 結婚できない場合、男性よりも低い収入で生活しないといけない(30年後の50歳女性は、2人に1人が独身という試算)

「このままじゃいけない…なんとかしないと!」

そう思って、熱心にフリーターから抜け出す方法を考えているのだと思います。

しかし、日本人は非情なので「頑張ってるやつでもフリーターはフリーター」という、差別意識もまだまだ強くあります。

ですが、そんな差別意識に負けてはいけません。

日本は弱者に厳しい半面、努力する人にはチャンスを与えてくれる国でもあります。

そしてあなたも、この記事を読んで努力しようと考えている人です。

…であれば、その気持ちをないがしろにするわけにはいきませんよね。

この記事では女性フリーターとして今後の生き方に悩む方に、厳しい日本社会を生き抜くためのヒントをご紹介していきます。

「そのうち結婚できる」という甘えは捨てよう

20代女性フリーターで多いのが「そのうち結婚して養ってもらおう!」という、超甘い考え方です。

1980年代ならその考え方でOKだったでしょうが、2020年代も近づいている日本では通用しません

ただ、願望や欲求として「専業主婦として旦那に養ってもらおう!」という考えが根強く残っているのも、否定できない事実です。

たとえば2016年に放送された「逃げるは恥だが役に立つ」ですね。

あれも「金持ちの草食男子捕まえて、専業主婦になりたい!」という女性視点のドラマでしただ、IT業界勤めであんな金持ちで女にとって都合のいい男性は少数派です。

実際、IT業界は残業漬けで低収入、しかもオタクで恋愛には疎い冴えないダサい男の多い業界です。

仮に星野源みたいなIT勤めの高収入男性がいたとして、ガッキーが可愛かったからオールOKなのであって、あーいう屁理屈女と結婚したいモノ好きな男性はそうそういません。

関連:「仕事辞めたいから結婚したい」と言う考えは逃げ。「永久就職」「専業主婦」は今や夢の時代と知っておこう!

「女の武器」は30代以降では通用しなくなる

女性は10代~20代の若いうちは、完全にボーナスタイムです。

というのも、20代の若い女性は、

「女だから」
「泣かせたら可哀想だから」
「若くて可愛いから」

…という理由で、仕事でも男性陣に甘く対応してもらえることがよくあります。

しかし、30代以降ともなると「使えないババア」「愛嬌も可愛げもない」と思われることとなり、そうなると”仕事の実力勝負”の世界になってきます。

そうした時に、大した経歴も資格もスキルもない、その上で”若さという武器”もない30代フリーター独身女性が、社会で通用するでしょうか?

普通の社会人なら「こいつは20代の貴重な時期に努力してこなかった人材だ」と判断し、よっぽど見どころがなければ、まず採用されません。

高齢女性が「低所得」である事実を知っておこう

また、女性は社会的にはまだまだ不遇の立場にあり、現実問題として「男性よりも圧倒的に低収入」です。

以下は、厚生労働省発表の男女の収入差についてです。

男女別に賃金カーブをみると、男性では、年齢階級が高くなるとともに賃金も上昇し、50~54 歳で 424.0 千円(20~24 歳の賃金を 100 とすると 201.4)と賃金がピークとなり、その後下降している。女性も 50~54 歳の 270.0 千円(同 133.3)がピークとなっているが、男性に比べ、賃金カーブは緩やかとなっている。

出典:平成29年賃金構造基本統計調査 結果の概況|厚生労働省

こうしてみると、いかに女性が社会的に恵まれていない立場かはわかるかと思います。

しかも、上のデータは結婚している共働き世帯の収入も混ざっており、意図して扶養控除内で年収100万付近でとどめている女性が混ざっている点にも注意です。

つまり、独身女性であればこの平均の上を目指さないと、将来が真っ暗なんです。

そして、それを実現するには、フリーター女性ではまず無理。

フリーター女性なら、賃金の高い都内でどれだけ働いても、せいぜい年収200万に届くか届かないか。

独身のまま30代になって、その上でフリーターのままで収入が上がらなければ、いつまでも今みたいな生活が続くんです。

実家暮らしのフリーターであっても、今は年金支給65歳以上なので確実に親の収入も将来減ります。

結婚願望があろうがなかろうが、何にせよ「結婚できない場合にも、女性1人で生きていく力」がなければ、やっていけないのが今の日本の現実なんです。

20代フリーター女性の生存戦略とは?

ここまでは、あくまで若いフリーター女性が、どれだけ将来的な問題とリスクを抱えているかを指摘してきました。

中には「私はもうダメかも…」と暗い気持ちになっている方もいるかもしれませんが、安心してください。

大事なのはこれから紹介する「女性フリーターの生存戦略」を実行することです。

20代女性フリーターが将来絶望的な人生を送らないためにすべきことは、以下の3つ。

・女性フリーターのしたたかすぎる生存戦略

  • 若いうちに正社員として経歴を積んでおく
  • 派遣社員として今後の働き方改革に柔軟に対応した生き方をする
  • 高収入~中流男性と結婚できるように、仕事をしながら出会いを求める

現実的に考えるのであれば、すべての選択肢を確保しておくことが重要です

というのも、女性は正社員として働いても差別意識のある企業では出世しにくい現実があるので、下手に正社員になるぐらいなら派遣社員で柔軟に生きた方がマシだからです。

逆に、女性の働き方に理解のある企業であれば、正社員として安定した収入を得ることも可能なので、どちらの働き方も考えておいた方がいいです。

そして、20代女性が意識しておきたいのは「結婚という最強の生存戦略」ですよね。

女性の平均年収が低い以上、結婚も視野に入れて働くほうが現実的です。

そして、正社員・派遣社員として働いておけば、フリーターで働くよりも高収入男性と出会えるチャンスは格段に上がります。

一方で、フリーターであれば安い客・安い賃金で働く同僚・先輩ばかりで、結婚して楽に暮らせる可能性はかなり低いです。

つまり、仕事と同時に結婚の選択肢も考慮しておくことが、現代女子の現実的な選択肢だと言えるのです。

フリーター女性が正社員になるメリットは?

フリーター女性で正社員経験がない人は、素直に正社員経歴を作っておいたほうがいいです。

というのも、経歴に「正社員勤務歴あり」とつくだけでも、その後の転職・キャリアプランも大きく変わってきます。

また、正社員として勤めておけば、最悪結婚できない場合も出世することで、最低限の収入と社会的地位は保障されます。

一方でフリーター経歴だけですと、どうしても企業側から低く見られがちで、30代以降に挽回するのはかなり難しくなります。

また、新卒後3年以内に辞めてしまった方は「既卒・第二新卒」層として、再チャレンジの機会もあるので、ガンガン挑戦して理想の職場を見つけるのもありですよ。

関連:既卒・第二新卒は就職・転職に有利って本当?既卒・第二新卒が企業に求められる理由を解説!

あるいは現在転職活動中のフリーター女性であれば、以下の記事で「正しい転職の仕方」を知っておくと、いい会社に出会えるチャンスが上がるでしょう。

フリーター女性が派遣社員になるには?

女性フリーターであれば、派遣社員を選ぶのも最近ではかなり現実的になってきています。

派遣社員には、以下のようなメリットがあります。

・派遣社員のメリット

  • 残業がほとんどなく、自分の合った働き方を選べる
  • 未経験からでも出来る仕事多数、資格取得の支援あり
  • 万が一、派遣切りにあっても、派遣会社にサポートしてもらえるので安心
  • 雇用保険・福利厚生があるので待遇も悪くない
  • 都市部なら月収25万~30万ほど稼げる

派遣社員は簡単に言えば「アルバイトと正社員の中間」ぐらいの立ち位置になり、フリーターでいるよりは派遣社員の方がよっぽどマシです。

正社員のようにフルタイムでガッツリ働くことも出来れば、フリーターみたいに好きな時だけ働くことも可能。

また、派遣社員と言うと「派遣切り」「搾取」という印象もありますが、2015年の労働者派遣法・働き方改革・同一労働同一賃金などで、大幅に状況が変わってきている点にも注目です。

大手の「JOBNET(マンパワーグループ運営、世界第3位)」「テンプスタッフ(パーソルグループ運営、国内第2位)」あたりは、会社の規模も大きく実績も長いので、まず安心して利用できます。

また、地方住みの20代女性フリーターであれば「TokyoDive」で初期費用無料で上京して、一発逆転を狙うこともできます。

関連:「TokyoDive」を使って上京就職してみた私の体験談。東京で働くと人生が変わります

関連:地方暮らしのニートやフリーターが正社員として働ける会社を見つけるコツ。地方にこだわるのはやめたほうがいい

派遣社員であれば、フリーターの経歴では中途採用されにくい、大企業・有名企業・外資系企業でも働けるチャンスがあるので、正社員にこだわらず派遣社員を選ぶのも十分ありだと言えます。

「結婚」を前提での働き方を考える

ぶっちゃけた話、女性は「結婚相手を見つけるために働く」という考え方もしておいた方がいいです。

男は仕事であっても、多くの女性を「見た目や愛嬌」で判断します。

同じ職場や取引先であれば自分の内面や性格を知ってもらえるチャンスも生まれます。

フリーターのまま婚活や合コンに参加したところで、見た目のいい女性やコミュニケーション能力の高い女性ばかりが人気で、平均以下の女性にはチャンスゼロです。

であれば、若さを武器にできるうちに、職場恋愛目当てで計算高く企業に潜り込んじゃうのが一番ですよね。

派遣社員なら高収入男性と出会いやすい、大企業・外資系企業で働くチャンスもあるので、これはもう利用しない手はありません。

そういった計算高さも身につけた上で、今後のキャリアについて考えてみるのも女性の生存戦略だと言えるでしょう。

正社員としてキャリアプランを意識して最悪独身でもやっていけるようにするのもよし。
あるいは派遣社員として、高収入男性のいそうな大企業・外資系企業に潜入するもよし。

20代フリーター女性なら、大人としての計算高さを持った上で、将来設計を考えておきましょう。

女性ならしたたかに生きるべし!

以上、女性フリーターの今後の生存戦略について紹介してきましたが、ぶっちゃけ「結婚という逃げ道を確保しつつ、キャリアプランも練っておく」というのが一番現実的だと言えます。

日本では男女差別もまだまだ残っているので、若いうちに女の武器を使いつつも、独身女性のまま生き残れるキャリアコースを考えておくことも重要です。

逆に一番ダメなのが、何も行動を起こさずに「フリーターのままでも結婚して専業主婦になろう!」という考え方ですね。

めちゃくちゃ美人で学生時代に告られまくったレベルの女性であったり、現在高収入の彼氏持ちの女性ならそれもありでしょうが、そうでなければ現実的に考えないとヤバイです。

マジで、30年後に独身女性の50代として悲惨な人生を歩むリスクが大きいですから。

そういったことも踏まえた上で、貴重な人生の時間を効果的に過ごしてみてください!

フリーター・ニート(既卒・第二新卒)

本気で就職・転職したい方必見!

最近では若手不足に伴い、フリーター・既卒・第二新卒・大学中退者向けの就職支援サービスが充実してきています。

ハローワークと違い、民間企業がビジネスでやっているサービスなのでサポートの質や内定率が高く、就職・転職後のアフターフォローもバッチリです。

就職支援サービスで受けられるサポート内容の例

  • 面談の指導や模擬練習
  • ビジネスマナー・身だしなみなどの基本講座
  • 履歴書・職務経歴書なしで直接応募可能
  • 事前に推薦状を書いてもらえるので面談に自信がなくてもOK
  • 内定後のアフターフォローもしっかりしてくれるので安心
  • 無料なので納得できる求人がなければいつでも利用をやめてOK

これらのサービスは最初から最後まで無料で受けられるので、就職や転職でお悩みの方は登録して使っておくといいでしょう。

「なぜ?無料なの?」と不安な方もいるかもしれませんが、それは紹介先企業が費用を負担しているからで、それだけ人材採用の経費をかけている優良企業が多いということです。

また、よく「就職や転職を急かされそうで怖い」「強引に勧誘されたらどうしよう…」「説教されたら嫌だなあ…」と不安の方もいるでしょうが、そういった人材を無理に企業に紹介してもすぐ辞められては困るため、事前の面談やカウンセリング、さらに企業との面接もじっくり時間をかけてくれる業者がほとんどです。

なぜかと言うと、既卒・第二新卒層向けの就職支援はビジネスとしてはあまり効率がよくない一方で「長く働ける人材が欲しい」「ポテンシャルのある人をじっくり育てたい」という会社からは需要があり、時間をかけた方が結果として利益や満足度につながるからです。

ですので、まずは気軽に相談するつもりで、利用してみてください。

とくに、当サイトでオススメしたい優良な就職支援サービスは以下の3つです。

就職ShopオススメNo.1…大手リクルートグループ運営のため信頼性バツグン。求人数が圧倒的に多い。人柄・人間性重視の会社の紹介が多い。→「就職Shop」の解説はこちら

ウズキャリオススメNo.2…第二新卒の経歴を持つ社長が運営する、ベンチャー系人材サービス。面談に平均20時間をかけるほど、対応の丁寧さに力を入れている。→「ウズキャリ」の解説はこちら

DYM就職オススメNo.3…全国展開している就職支援サービス。最短1週間で就職先が決まることもあるので、早く正社員になりたい方にはオススメ。→「DYM就職」の解説はこちら

就職・転職支援サービスの登録方法と使い方のコツ

紹介した就職支援サービスは、職務経歴書の記入が不要なので登録1分で終わります

ただし、登録するだけで終わっては、優良企業を紹介してもらえない可能性も大きいです。

なぜなら、登録後にまったく返信をしない人が多いため、業者側も登録者のモチベーションを試しているからです。

ですので、既に登録段階で選考が始まっているぐらいに考えておくといいでしょう。

具体的には、以下のポイントに気をつけておけば、しっかりとサポートしてもらいやすくなりますよ。

  • 登録後の返信メール・電話対応をしっかりしておく
  • 担当者から直接連絡が届くので、すぐに返信をしておく(平日中に返答すると相手も対応してくれやすい)
  • 面談や説明会の紹介があったら積極的に参加しておく(服装指定がなければ私服でも可)
  • どうしても面談に参加できない場合は、代わりに参加できそうな日を伝えておく
  • わからないことがあったら、メールの担当者や公式サイトの問い合わせから聞いてみることも大事

以上のことはビジネスでは当たり前のことですが、意外と出来ていない方も多いです。

しかし、上のような”基本”が出来るだけで一歩リード出来ますので、就職・転職に意欲がある方はしっかりとしておきましょう。

このサイトの情報を参考に、一人でも多くの読者が就職・転職のきっかけにしていただければ、うれしい限りです。

その他の人材サービス

その他にも、20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに向けた人材サービスが、多数登場しています。

JAIC(ジェイック)…既卒・第二新卒向けの、営業職特化の就職支援サービス。研修が厳しいことで有名だが、その分、社会人としての心構えやビジネスマナーが身につく。→「JAIC」の解説記事はこちら

ハタラクティブ…都内近郊の求人に強みを持つ、既卒・第二新卒向けの人材サービス。中卒者など、対応してくれる範囲が広いところが強み。→「ハタラクティブ」の解説記事はこちら

TokyoDive無料で東京都内の住まいを無償提供してくれる上に仕事を紹介してくれるサービス。20代の若者から30代前半までがサポート対象。→「TokyoDive」の解説記事はこちら

東京みらいクルー東京都内の求人と都内の不動産物件を紹介してくれるサービス。TokyoDiveと違い、住まいは自費負担。→「東京みらいクルー」の解説記事はこちら

テンプスタッフ…全国展開の国内最大手の人材派遣会社。派遣社員に興味があるなら、使っておこう。→「テンプスタッフ」の解説記事はこちら

JOBNET(マンパワーグループ)…アメリカ発の派遣会社。こちらも全国展開。英語系のキャリア支援に強みを持つ。→「JOBNET(マンパワーグループ)」の解説記事はこちら

色んな方の悩みや需要に応えられるサービスも多いので、気になるものがあったら解説記事を参考にしてみて、ぜひ利用を検討してみてください。

関連コンテンツ