フリーターから事務職を目指さないほうがいい理由5つ

「フリーターから事務職を目指したい…」

そう、考えていませんか?

もしそうでしたら、少し待ってください。

フリーターから未経験で事務職へ就職(転職)するのは、以下の理由からオススメできません。

フリーターから事務職になるのがオススメ出来ない理由

  • 人気の仕事すぎて、採用されにくい
  • 事務職は派遣社員制に移行しているため、正社員としては採用されにくくなってきている
  • IT・AIにより仕事の価値が低くなりやすい職種
  • 狭い職場が多く人間関係がギスギスしやすい
  • 「与えられた仕事をこなすだけ」なので自発性が身につかない

詳しくはこちらの記事で→事務職をやめたほうがいい理由。転職で未経験から事務職を目指すデメリットとは?

仮にあなたが「事務職ってなんか楽そう…」「人付き合いが少ないので事務職がいい」という考えで事務職を目指しているのであれば、まずやめておいた方がいいです。

その理由をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

フリーターが事務職を目指さないほうがいい理由は?

フリーターが事務職を目指さないほうがいい理由は、以下の通り。

  • 事務職はフリーターが思っているほど楽な仕事ではない
  • 事務職は人付き合いがドロドロしやすい
  • 事務職はスキルが身につきにくい
  • 事務職は将来性に不安が残る仕事
  • 事務職は人気が高いので採用されにくい

それぞれ、詳しく解説していきます。

事務職は決して楽な仕事ではない

フリーターが事務職を目指さない方がいい理由は「フリーターの人が思っているほど、楽な仕事ではない」からです。

事務職が決して楽でない理由

  • 細かい仕事が多く、しかもミスが許されない
  • パソコンが使えることは大前提、しかも効率や早さが要求される
  • マルチタスクなので、要領が良くないと務まらない
  • 女性が多く閉鎖的な職場も多く殺伐としやすい
  • 会社の規模によっては、客人対応・電話対応も任される

このように「細かい作業が必要でミスも許されずに効率も求められる。しかも、職場の人間関係が狭いので殺伐としやすい」というのが、事務職の実情です。

少なからず「のんびり自分のペースで誰にも邪魔されずにデスクで作業が出来る仕事ではない」ことは、知っておきたいものです。

当サイトのスポンサーである「ウズキャリ」の社員も、Twitterで以下のようにつぶやいております。

ウズキャリの紹介記事→ウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

事務職では人付き合いがドロドロしやすい

事務職と言えば、見知らぬ他人との付き合いが少ない一方で、同じ職場の人間と毎日顔を合わせて、一緒に仕事しなければいけません。

これはつまり、職場に嫌な上司がいたり、職場の雰囲気が悪いと、毎日ずっと同じ環境で仕事しなければならないことを意味します。

事務職は、先ほど紹介した通り「決して楽でない仕事」のため、職場の雰囲気が殺伐とすることもあります。

また、事務職は「女性の仕事」と思われているところもあり、女性が集まりやすい職種です。

そのため、学生時代の女子同士の付き合いのように「同僚の悪口」から「他人の恋愛事情のウワサ話」など、女性特有の対人関係のストレスに悩まされる心配もあります。

とくに女性が多く集まる職場ですと「結婚しているか?しないか?」「若いか?若くないか?」で、職場の人間関係がギスギスしやすくなります。

仮にあなたが若くて彼氏持ちの男性であれば、独身のお局上司に標的にされて、職場いじめの対象になる可能性もあります。

一方で、これが営業職・販売職のような人と関わることの多い仕事であれば、嫌な同僚や上司、あるいは取引先がいたとしても、毎日8時間以上同じ空間で仕事する必要はありません。

「人と関わらないで済む仕事」と思われがちな事務職ですが、そういったリスクがあることはあらかじめ知っておきたいものです。

事務職はスキルが身につきにくい

事務職はスキルが身につきにくい上に、他の職種では活かしにくいため、転職しようと思ってもなかなか次が見つかりにくいと言えます。

たとえば、事務職の必須スキルである「MicrosoftOffice(Word,Excel)」などは、別に事務職でなくても社会人経験があれば、使える人は多いです。

その理由はカンタンで、誰でも手軽に操作できるように設計されているソフトだからです。

ですので、事務職で磨いたスキルを強みにして転職しようにしても、他の経験やスキルが身につかないため、事務職以外に転職しにくいのです。

事務職は将来性に不安が残る仕事

事務職は以下のような理由や社会情勢もあり、将来性に不安が残る仕事だと言えます。

  • 事務職はITの普及によって仕事の効率が上がり、事務職の人のスキルの価値は大幅に下がった
  • 事務職を派遣社員で採用する企業が多く、正社員として雇う必要はないと思われている
  • 将来AIに奪われる仕事として、事務職がよく挙げられている

また、事務職自体、結婚と同時に辞めてしまう女性が多いためか、会社側からあまり大事にされていない職種だとも言えます。

これは教育コストが悪いからで、企業側の本音としては「女性は結婚と同時に辞める人が多いので、教育に時間や費用をかけたくない」と思われているのです。

そういった男尊女卑的な考えからは、時代が進むに連れだいぶ変わってきていますが、古風な会社はまだまだそういう考え方で経営されているのが実情です。

ですので、仮に事務職として勤めるにしても、自己学習・スキルアップ・キャリアアップはすべて自主的に行う必要があります。

間違っても「受け身で会社側から教えてもらえる」などとは、思ってはいけません。

事務職は人気が高いので採用されにくい

フリーターから事務職を目指すのがオススメできない最大の理由は「人気が高くて採用されにくい」からです。

仮にあなたが「事務職は楽そう…」と思っているのでしたら、他の人も同じように考えて、同じように事務職を目指していることを、忘れてはいけません。

事務職は売り手市場の2018年時点でも、有効求人倍率0.3ほどと、非常に競争倍率が高くなっております。

これは「10人に大して、3人にしか紹介出来る求人がない」という計算になり、さらに応募しても絶対に受かるわけではないので、採用される確率はさらに低くなります。

また、事務職を採用する企業側も「事務職を楽な仕事だと思って応募してきている人材」はすぐに見抜くので、正社員としての経験やスキルがなければ、まず書類選考すら通りません。

そこまで知った上で「それでも事務職を目指したい!」と思っており、今の時点でスキルアップしていたり資格を取る努力をしているのであれば止めはしません。

しかし、そうでなければ会社側から「この人は考えが甘いな…」「楽するために事務職を選んでいるな…」と書類選考段階でバレます。

フリーターから事務職を目指す前にしっかりと将来設計を考えておこう

以上のような「事務職は決して楽な仕事ではない」という実態を知らず、ふわふわした考えで「楽そうだから事務職がいい…」と考えている人が、あまりに多く感じます。

別に「楽な仕事を選ぶな」「厳しい仕事を選べ」と言っているのではありません。

「事務職は楽そう…」というイメージだけで、ロクに調べもせずに応募してしまっている人が多く、そういう人は書類選考で落ちるのが目に見えているので、履歴書を書く時間さえ無駄です。

出来れば読者の方も、履歴書・職務経歴書を書く無駄な時間や採用で落とされるショックは、経験したくないですよね?

ですので、フリーターから事務職を目指そうと思っている方は一度しっかりと考え直して「本当に事務職を目指すべきか?」を見極めておきましょう。

フリーターから事務職を目指したい人は、転職エージェントを活用しておこう

とはいっても「本当に事務職に就けるのかわからない…」「事務職以外にどんな仕事が向いているからわからない…」と思われているフリーターの方も多いと思います。

そういった方は「転職エージェント」で、一度プロのキャリアアドバイザーに相談しておくことをオススメしますよ。

転職エージェントは無料で利用できる人材サービスのことで、自分に向いた転職先を紹介してくれます。

転職エージェントと聞くと「なんだか難しい話を聞かされそう…」「経歴がないと利用できないんじゃないの?」と思われがちですが、実際はフリーターの方でも登録可能で、相談対応もしてもらえます。

場合によっては、未経験から事務職に就くチャンスも得られますし、逆に事務職以外に自分に向いている理想の仕事と出会える可能性もあります。

逆に転職エージェントを使わないで自分だけで転職活動してしまうと、今回紹介したような「事務職は決して楽な仕事ではないし、将来性も不安」ということに気づけません。

その結果、何社も書類選考で落とされてしまって転職活動が嫌になってしまったり、仮に採用されても思ってたのと違ってすぐ辞めてしまうなど、悪い結果になりやすいのです。

そういった嫌な思いや、転職の失敗をしたくないのであれば、早めに転職エージェントを使ってプロに相談しておくといいですよ。

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

フリーター
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました