【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

フリーターのままだと人生終了?フリーターのままでもなんとかなるのは何歳まで?

「自分の人生を変えるも変えないも、自分の気持ちと選択次第」

フリーターになったら人生終了だ…
フリーターの自分に生きる価値なんかない…
夢に破れて何かを頑張る気力すらない…

読者のあなたは
このように悩んでいるはずです

残念ながら、フリーターになったからと言って人生は終わりません。

 

世界に終わりなんて来ない。
フリーターになろうがニートになろうが息をしている。
正社員になろうが社長になろうが苦しみは消えない。
定年退職後も健康や生活の不安は消えない。

就活に失敗しても、
大企業や公務員に就職して辞めてフリーターになってしまっても、
とくに夢も目標も見つからないままフリーターになっても、

残念ながら、人は生き続ける限りは「終われない」んです。

この記事では、人生の敗北者が運営する敗北者のための敗北者のブログ目線から、フリーターから立ち直るための考え方をご紹介していきます。

【20代向け】オススメの就職支援サービス

経歴に自信がない人でも利用可能な「いい就職ドットコム」の紹介です。
20代なら既卒・第二新卒・フリーター・ニートでも学歴・経歴不問で利用可能。
正社員求人限定」「ブラック企業徹底排除」「経歴より人柄重視」と優良企業の求人多数!
創業者が既卒経験者なので利用者目線の親身な対応に期待できる。
安定した会社に就職して正社員として長く働きたい人にオススメ!

→詳細はこちら

なぜ、フリーターは「人生終了」と考えてしまうのか?

なぜ、フリーターは「人生終了」と考えてしまうのか?

これには様々な原因や心理的な問題があります。

ですので、まずは客観的かつ冷静に、自分の心理状態から把握しておきましょう。

たった一度の失敗から立ち直れないから

フリーターが人生終了と考えてしまうのは「たった一度の失敗から立ち直れないから」でしょう。

学校では失敗の仕方を教えてくれずに「途中で辞めたら負け」「いい大学に行っていい企業に就いた奴が勝ち組」という感じです。

そのため、多くの人は「途中で辞めることは恥ずかしいことだ」「進学や就職で失敗したらいけないんだ」と思い込みがちです。

しかし、実社会では失敗しない方がありえないぐらい、失敗することが当たり前です。

「正社員(大企業勤め・公務員)が勝ち組」「それ以外は負け組」だと思っているから

フリーターが人生終了と感じてしまうのは「正社員が勝ち組、その他は負け組」という、狭い視野で物事を考えているからでしょう。

とくに今の日本では非正規と正規の格差が広がっているため、何がなんでも正社員にならなければ、勝ち組になれないと考えがちです。

しかし、実際は「大企業でもブラック・過労死」「公務員でもブラック」ということもあり、辞める人だっています。

本来、仕事も職業も「勝ち組・負け組」という基準で選ぶものではないのです。

フリーターでもしっかりとした目標があって働いている人であれば立派ですし、正社員だろうがとくに理由もなくダラダラ働いていてはただの給料泥棒です。

「夢」「やりたいこと」「あこがれ」にこだわりすぎているから

フリーターが人生終了と感じてしまうのは「夢・やりたいこと・あこがれ」にこだわり過ぎているからでしょう。

大人は若者に「夢を持て」「やりたいことをやれ」などと言いますが、誰もが夢を叶えられるわけでもありませんし、仕事としてやりたいことがそう簡単に見つかるものでもありません。

むしろ、夢を叶えられない人や、やりたいことがない「何者にもなれない人」の方が大多数なのです。

マスコミやネットの影響で「プロとして大活躍している人」「名前の知れた成功者」が目立つ時代になりましたが、そういう人はごく少数。

しかも、そういう人はすべからく「演出」が入っていますので、実際の仕事とはかけ離れていることも珍しくないです。

フリーターからはい上がる方法を知らない・思いつかないから

フリーターで人生終わったと感じるのは、フリーターからはい上がる方法を知らないからでしょう。

学校では就職までの方法はサポートしてくれますが、その後の「仕事の辞め方」「転職」に関してまでは面倒を見てくれません。

そういった知恵や知識は、人と関わる中で教えてもらったり、自分で実践して失敗しながら覚えていくしかありません。

「負け方」「失敗の仕方」を知らないから

フリーターで人生終わったと感じるのは「負け方」「失敗の仕方」を知らないからでしょう。

どういうことか言うと、

「計画通りに行かなかった場合のことを考えてなかった」
「就活に失敗してしまった場合の将来設計を考えていなかった」
「自分が負けたり失敗して、どん底に落ちることを想定していなかった」

…という日本人が非常に多いのです。

他人の意見をしっかり聞かないから

フリーターが人生終了したと感じるのは、他人の意見をしっかり聞かないからでしょう。

世の中には、フリーター期間を経て正社員になった人などたくさんいますし、ニートから経営者になった人もたくさんいるものです。

ですが、その多くはわざわざ自分の苦労話を他人にペラペラ喋ったりはしません

そういう貴重な話を聞けるかどうかは、しっかり人と関わって、見込みのある人間だけです。

少なからず、ネットで「フリーターは人生終了」なんて書き込んだり、そう思い込んでいる人はそういう貴重な情報には出会えないものです。

フリーターが終わっていない理由とは?

非正規雇用が増えているのでフリーターでも問題ない

今の日本では、非正規雇用が増えているのフリーターでも問題ない…という考え方もできます。

実際、日本は社会保障が充実していますし、ハローワークなどの職業斡旋もあるので、憲法で保障されている「最低限度の生活」は、フリーターでも得られます。

ただし、フリーターのまま一生過ごすかどうかは、それぞれの考え方次第です。

…が、フリーターは正社員と比べて、身につくスキルも経験も、得られるコネや人脈も少ないものとなるのは間違いないです。

フリーター経験のある私からひとつだけ言えるのは「自分に自信がなかったり、ネガティブになって正社員採用の可能性を諦めているだけなら、とりあえず正社員を目指してみた方がいい」ということです。

やるべきことやった結果、フリーターになったのであれば、誰も文句は言わないし、世間体も気にならないはずですから。

逆にそうでなければ、フリーターなんてぬるま湯に浸かっている余裕はないということです。

「20代フリーターで人生終わった…」は思い込み

20代のフリーターの方で「人生終わった…」と思っている方は、それはただの思いこみです。

その証拠に、最近は20代の若者対応の就職支援サービスが多数登場しており、フリーターから正社員になりやすい環境が整ってきております。

具体的には、卒業後3年以内の「既卒・第二新卒」は正社員採用を積極的に行っている会社も増えていますし、それ以外の20代でもサポート対象として受け入れられております。

また、若者の非正規・フリーターが増えている影響で、最近は経歴としても評価される業種・職種もあります。

その場合、転職エージェントでも多数の求人を紹介してもらえますので、使っておくだけ損はないでしょう。

「30代フリーターで人生終わった…」も思い込み

上記のようなサービスは、20代までを対象としていることが多いため、30代以降のフリーターは人生終わっていると感じるかもしれません。

人材ビジネス的には30代フリーターはあまり利益にならない人材層ですので、割を食いやすいのは確かです。

ですが、別に「無理」「終わっている」というわけでもありません。

具体的には、以下のような方法が考えられます。

  • 派遣社員として働き、正社員を目指す(紹介予定派遣などを活用)
  • 職安で職業訓練などを受けて、正社員を目指す
  • 人材不足の業種・職種の中で、正社員として雇ってもらえる仕事を見つけ出す

ひとつだけ言っておくと、どれも確実に正社員になれる保証のない方法ばかりですので、確実性や安定性を重視している30代フリーターであれば「自分は終わっている…」と感じるかもしれません。

「フリーターのままじゃ終われない」と思えるかどうか

以上のように冷静に考えれば「別にフリーターは人生終わっていない」ということは、誰でもおわかりいただけるかと思います。

ですが、日本の教育や正社員の一般的な考え方しか出来ない人は「就活採用されなかったら終わりだ…」と考えがちです。

しかし、それも最近は非正規雇用の増加や、若年層の採用に積極的な企業が増えたおかげで、変わりつつあります。

あらゆる物事は、終わり続けるから始まり続けるものです。

自分の人生を終わらせるも始めるも、読者のあなた次第…ということです。

フリーター対応の就職支援サービスを使っておこう

ここまで解説したように「フリーターで人生終了…」と考えている人は、単に「人生のレールから外れて”普通”になれなかった失敗」を背負いすぎているだけのことが大半です。

目に見えないだけで、多くの人がレールから外れた人生から這い上がっていますし、逆に就職に成功した大企業勤めでも仕事で上手く行かず辞める人もいます。そういった多くの人の裏側も知らないまま、自分だけの浅い経験や判断で「人生終了だ」と決めつけることは、自分の未来の多くのチャンスを自ら奪う自傷行為だと言えます。

そんなことはわかってるけど

じゃあ、どうすればいいの?

このようにお悩みの方は、まず20代向けの就職支援サービスにプロに相談してみることをオススメします。

20代向けの就職支援サービス?
怪しくない?ブラックばかりじゃない?

このように思われる方も多いでしょうから、20代向けの就職支援サービスが成り立つ理由について少しだけ解説させてください。

20代の人は、フリーターであれニートであれ、人を雇う企業からすれば「若いという理由だけで価値がある」と思われてます。そのため、学歴やスキルを問わず、未経験の職業に就くための様々なサポートをしてくれる業者がたくさんあるのです。

これは企業目線で考えた際にも、若手向けの人材紹介サービス経由で採用するメリットが大きいからです。

「企業は完璧な採用ができる!」と思いがちですが、実際にはそうではありません。

企業からすれば、若手の採用の際に判断ポイントとなるのが「すぐに辞めないかどうか?」「社内で問題を起こさないか?」といった点です。「職歴なしかどうか?」「経歴が足りない」「能力がない」といった要素は、実はさほど見られてません。

「採用ノウハウがなく求人を出しても人がこない」
「応募が来ても自社に合うかどうか見抜けない」
「誰でもOKな無料求人で募集したら変な人まで来て面接の負担が増える」
「すぐ辞める社員やモンスター社員の採用だけは避けたい」

こういった悩みを抱える企業の代わりに、就職支援サービスを運営する会社が採用や面接の負担を背負っている…という構図になるわけです。

ここまで説明すれば勘の良い方はお気づきかもしれませんが、就職支援サービスを利用することで「他よりやる気のある人」と評価され、利用するだけで就職に有利になります。なぜなら「大半の人は就職支援サービスすら使わない=やる気がない」からです。

自分一人で就職活動する場合に、ゼロから「求人探し→履歴書作成→面接対策」しなければならない負担を、就職支援サービスが代わりにしてくれるというわけです。その証拠に、ほとんどの就職支援サービスでは「履歴書なしで面接可能」となっています。

自分一人で就職活動しなきゃ…」と思ってたけど
そんなことしない方が実は効率的だった…!?

企業目線で見た場合も、無料求人で「誰でも応募できる」状態にするよりは、実績のある就職支援サービスを経由して人を雇った方が「すぐ辞める人材や問題社員を採用するリスクを減らせる」というメリットがあります。

ですので、採用に慎重で「いい人ほどを雇いたい」という優良企業ほど、実は表に求人を出さず、就職支援サービスを経由して人を雇おうとするわけです。

今までハローワークや無料求人サイトで
条件の良くない求人ばかり見ていた時間が
無駄だったかも…

この記事に訪れた就職支援サービスでは「なんとなく正社員にならなくちゃダメだと思っている…」という考えでの利用者も歓迎しているので、正社員になることに少しでも興味を持った方は、ぜひ一度利用してみてください。

安定した正社員になりたいなら
「JAIC就職カレッジ」

「就職に失敗したくない…」
「ブラック企業に入社したくない…」
「正社員として安心して働ける会社がいい…」

このように悩まれている方に、ご紹介したいのが「JAIC(ジェイック)就職カレッジ」です。

JAIC就職カレッジは1991年から運営されている老舗で長い実績を持ちます。

20代向け(既卒・第二新卒向け)の就職支援サービスは数多くあります。その中でもJAIC就職カレッジは高い内定率高い入社後定着率を誇ります。

「内定率」と「定着率」って
どういう意味ですか?

内定率は、その支援サービスを使った場合、最終的に内定をもらえる割合を指します。

JAIC就職カレッジの内定率は「81.1% *1」なので、約8割の人が最終的に内定をもらえる計算となります。*1:2005/5/1~2022/4/30の弊社主催の面接会参加人数

定着率は、その支援サービスを使って就職した後、その会社を辞めずに長く働き続けられるかを表す指標です。

JAIC就職カレッジ入社後定着率は「91.5% *2」なので、約9割以上の人が就職後に入った会社に満足して辞めないで続けている計算となります。*2:2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

「内定率が高い=面接通過率が高い」
「定着率が高い=従業員が辞めない優良企業」
…だと言えるな!

高い内定率・定着率となるのは、時代に合わせてブラック企業排除の方針を徹底してきた歴史があったり、紹介先企業の実態調査もしっかり行っているからです。

入社してもすぐ辞めたくなる
ブラック企業を紹介される
不安はなさそうですね!

さらに、他の若手向けの就職支援でサポート対象となりにくい35歳までの人なら経歴問わずにサポート対象となる点も強みで、長い運営実績に裏打ちされた安定的な正社員就職を実現しているのが、JAIC就職カレッジだと言えます。

JAIC就職カレッジは
下のボタンから
公式サイトで登録できます

未経験からでもITエンジニアになれる
「Next Career(ネクストキャリア)」

次に未経験からのIT人材を目指せる「Next Career(ネクストキャリア)」の紹介です。

IT人材は需要が高く経験を積めば自由な働き方や高年収も実現可能です。

一方、ブラックな働き方の現場が多かったり、スキルを身につけるのに高額のスクールに通う必要があるなど、未経験からIT人材になるには多くの問題もあります。

その点で、NextCareerでは20代であれば未経験から無料でプログラミング学習も提供してもらえ、就職先選びや就職後のサポートも1年間してくれるため、確実にIT人材になりたい20代の人向けだと言えます。

優良中堅企業の紹介多めの
「いい就職ドットコム」

最後に「いい就職ドットコム」ですが、2001年からの運営実績がある老舗サービスです。

面談前提の就職支援サービスと違い、あらかじめ求人情報も閲覧できたり、定期的なセミナー開催があるなど、無理なく自分のペースで就職活動を進めたい20代向けです。

これらのサービスはすべて無料で使え、似たような20代向けサービスと比べて長い運営実績があるので他と比べても内定率は高めの傾向です。

また、高い内定率の理由として研修制度親身なキャリア相談などのサポート面も充実しているため、経歴に自信のない方でも安定して利用しやすいと思います。

さらに、就職後も長く働けるための保証ブラック企業排除の取り組みも徹底しているので、正社員として安定して長く働ける会社をお探しの方は、ぜひ、活用してみてください。

フリーター
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました