ファンドマネージャーになるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

[ファンドマネージャー] ファンドマネージャーの仕事は、顧客から預かった資金を「ファンド(投資信託)」によって運用して収益を上げることである。
市場環境を分析して、そこから独自の投資信託商品を企画する。
そして、銀行や証券会社などでその商品を販売することで投資家から資金を集め、株・債券・為替などに投資することで収益を上げる。
そうして得た利益を、商品を購入した投資家たちに分配していく。
投資信託を管理するということは、どこにどれくらい投資するのか、いつ購入し、いつ売却するのかを判断することだ。
投資先を選ぶには、様々な情報をを得る必要がある。
まずは投資しようとする企業などの業界の状況など。
さらには投資しようとする会社を実際に訪問して話を聞くことで、本当に出資しても良いものかどうかを判断する材料になる。
その他にも世界的な情勢やニュースなどを常に確認し、今後どのような分野が伸びていくのかを見極め見抜くことが必要となる。
今後伸びる分野に早めに投資することができれば、それだけ大きな収益を上げることができるからだ。
日本では、ファンドマネージャーのほとんどが投資信託委託会社、投資顧問会社、生命保険会社、損害保険会社などに所属する会社員だが、ファンドマネージャーと一口にいっても、様々な形態がある。
投資信託会社で経験を積んだ後に、自分で投資信託委託会社を設立し、個人で顧客を集めて投資信託の商品を売り出して自らオーナーファンドマネージャーとして活躍する人もいる。
大学で経済と金融の基礎を学ぶとともに、現在の株式や経済の仕組み、情勢について常に熟知しておくことが必要。
投資顧問会社や投資信託委託会社に入社して、資産運用や投資信託のキャリアを積みながら、多くの利益を上げることによって顧客から信頼されることが成功のポイント。
中途採用で入社するには、それまでの経験と実績が問われる。
また、証券アナリストの資格があると有利とされている。

お金に関する仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました