仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

仕事を繁忙期に辞めるのはあり?なし?転職で「自分勝手」と思われるのは仕方がないことと知っておこう

「会社は繁忙期に辞めてはいけない」
「繁忙期に辞められると迷惑」
「繁忙期に辞めるのは常識知らず」

未だに、こういう根拠もない勝手なことを言っている社畜どもがいますね。

ですので、言っておきましょう。

こういった”常識”は会社や同僚どもの自分勝手な言い分です。

要するに「自分たちが困るから辞めないでくれ」と、自分たちの都合で言っているだけですからね。「勝手なのはお前たちじゃ!」という話です。

お前らの、事情なんか知るか。
こっちはこんなクソ会社早く辞めたいんじゃ、ボケ。

今回は、いかに「繁忙期に辞めてはいけない」と言っている人間が、自分勝手か紹介していきます。

「おねがい!繁忙期に辞めないで!」

人間とは、総じて自分勝手な生き物です。

その醜い本性を隠すために「これが常識だから!」「〇〇が言ってたから!」など、自分が嫌われないように、狡猾に責任を回避して主張を通すわけです。

「繁忙期に辞めるな」という主張も同様の理由で、一般論になっているわけです。

しかし突き詰めていくと「会社の仕事が増えるから」「退職に関する事務手続きが面倒だから」「職場の負担が増えるから」という、極めて会社側の利己的な理由でしかないわけです。

つまり、

「繁忙期に辞めるな」=「お願い!会社の仕事や同僚の負担が増えるからやめないで!」

…という、しょーもないガキの理屈なわけですね。

本当に大人ならば、黙って事務手続きと対応策考えろよ…ちゅう話です。

「繁忙期に辞めるやつは自分勝手な子供みたいな奴!」と主張するバカもいますが、これではどちらが子供かわかりませんね。

本当に辞めて欲しくないなら誠意見せろよ

そもそも「繁忙期に辞めるな!」と本気で思っているのであれば、どんな汚い手を使ってでも引き止めるべきなんです。

それをしないということは、結局のところ、会社や同僚から見れば「その程度の人材」としか思われていないことの証明です。

せいぜい「今、辞められると困るんだけど…」とかいう、しょーもないことしか言ってきませんからね。本当に辞められて困るのであれば、頭下げてでも、汚い手を使って騙してでも、引き止めます。

「繁忙期に辞めないで!」という主張は、口だけでまるで行動が伴っていない証拠ですね。

「繁忙期に辞める」と言い出した社員を、どんな手を使ってでも引き止めないということは、会社側からしてもその程度の関係でしかなかったということですからね。

会社側を試す意図でも、繁忙期に辞めてやるのが、かえって誠意ある辞め方と言えるでしょう。

人間関係とは冷淡である

私は数度転職したことがありますが、人間関係なんて一度切れてしまえばなんの役にも立たなくなるほど、冷淡なものです。

学生時代の友人と年々疎遠になっていくように、会社の人間関係も一度辞めてしまえば、もはや過去の関係となり、どうでもよくなっていきます。

葬式で身内が死んで悲しくなっても、一晩寝ればどうでもよくなっていくように、人間関係や感情などもどうでもよくなっていくのです。

良くも悪くも、人間は忘れるものですから。

仕事とは結局のところ”利害関係”である

たまに「社会人としての義理(責任)を果たして辞めるべき!」「辞めてもその後縁があるかもしれないから人間関係を大事に!」だの主張しているサイトもありますが、逆です。

誰の記憶にも残らないキレイな辞め方したら、それこそ「誰の記憶にも残らない、しょうもない人材」としか思われません。

社会人も大人もバカではありません。

あなたが繁忙期に辞めて会社を困らせたとしても、本当にあなたが優秀であったり、あなたのコネが必要だと感じたら、人間関係が途切れるわけありません。

むしろ、辞めたあとも仕事で関わるとして、舐められて安請け合いしないためにも、相手が一番困る辞め方で辞めるべきです。

他人の顔色を伺い、繁忙期を避けて大人しく辞めるような人材だから、いつまで経っても会社に大事に扱われないのです。

「会社は従業員を大事にしていない」という事実

そもそも、勝手に社畜どもは「会社は自分を大事にしている!」と思い込んでいますが、この前提からして大間違いです。

会社や経営者というのは非常にドライで冷徹な判断を下すものです。

非正規での若手人材使い捨ての実情を見ていればわかりますが、会社側からすれば「しょうがなくお前らを雇ってやってるんだ」という発想が当たり前なのです。

給料以上の働きをすれば出世させますし、そうしない無慈悲な経営者ももちろんいます。

本来、経営者と労働者の雇用関係とは、非常に冷徹でドライなものなのです。

勝手に義理人情だの、江戸時代感覚で仕事しているバカも多いだけですけどね。

関連:余計な仕事を増やす人の特徴。無駄な仕事を増やす人に見られる特徴とは?

自分都合の勝手な「恩」や「義理」は必ず裏切られます

”恩義”や”義理”など、学生レベルの感覚で仕事していると、いつか必ず裏切られます。

アイドルのファンは独りよがりの思いを募らせてストーカー化するように、想いや感情などは必ず裏切られるものなのです。

「会社のために尽くしている」「会社のために頑張った」という甘えた考えは、大人の世界では通用しません。恩や義理などではなく、明確に”成果”や”結果”で会社に還元するのが、ビジネスマンの務めなのですからね。

実際、くだらない義理や恩で繁忙期に尽くして辞めたところで、何の見返りもないですからね。繁忙期に辞めてはいけない理由も大義もないことは明白です。

会社の都合で人件費削減・リストラされても逆らえません^^

そもそも、会社は恩を仇で返すのが当たり前の存在です。

業績が下がればボーナスや給料が下がり、経営が傾けばリストラされます。

そうなった場合、涙ぐましく演技しながら、無慈悲に社員を解雇してくるのが会社や経営者の本性なのです。

会社都合で減給・解雇されたら従うしか選択肢はありません。つまり、会社には逆らえません。そして、せいぜい受けられるアフターフォローは失業保険などでしかなく、これも会社ではなく国側の負担ですからね。会社は恩を仇で返すのが当然の存在なのです。

そんな、ピンチになったら従業員を切り捨てるのが当たり前の会社に、わざわざ気をつかって辞める必要は皆無ですね。

社員・労働者側も「この会社、使えねえな」と思ったら、相手が一番困る形…つまり繁忙期に辞めるべきなのです。

まとめ:繁忙期に辞めることこそ、誠意のある辞め方

このように、会社側の勝手な都合に応えるためにも、社員は繁忙期にこそ辞めて然るべきなのです。どーせ、会社も上司も同僚も、自分勝手な理由で「繁忙期に辞めるな!」と言ってくるのですから、辞める側も自分勝手でいいんです。

むしろ、繁忙期に辞めてこそ、誠意ある対応と言えるわけです。

社会も会社も同僚も顧客も、余計な仕事増やされてムカついているだけのガキばっかりですからね。本当の大人は愚痴など言わずに、黙々と事務手続きして対応策を実行していくだけです。

自信を持って堂々と、繁忙期にこそ辞めましょう。

会社を自由に辞める権利は、誰にでもあるのですからね。

繁忙期に辞めるなら転職エージェントを使っておこう!

繁忙期に辞める予定、あるいは繁忙期に辞めた方は、転職エージェントに登録して相談しておくことをオススメします。

転職エージェントでは本当に自分に合った会社を紹介してくれるため、繁忙期に辞めたくなるようなクソ会社にまた務めてしまうリスクが格段に下がります。

すでに転職先さえ決めておけば、自信を持って繁忙期に辞めることが出来るため、まずは転職先を先に決めてしまうことを強くオススメしますね。

すでに繁忙期に辞めてしまった方も、良質な転職サポートが受けられるので、すぐに転職する気がない場合でも、登録して面談を済ませておくといいでしょう。

繁忙期に辞めるほどの不満があれば、それは転職先を志望する際の強い動機となります。

「会社の待遇に不満があった」
「現場の人員が足りなすぎて、自分に過剰なまでの負担があった」
「会社の業務が非効率で、改善案も通してくれなかった」

転職エージェントでは、こういった具体的な退職動機をカウンセリングしていき、自分に向いた職場を紹介してくれるので、繁忙期に辞めるほどの決断力があるのであれば、是非とも利用しておきましょう。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。