繫忙期に辞めるのは迷惑?会社の都合で辞めにくい時はどうする?

「会社は繁忙期に辞めてはいけない」
「繁忙期に辞められると迷惑」
「繁忙期に辞めるのは常識知らず」

未だに、こういう根拠もない勝手なことを言っている社畜どもがいますね。

ですので、言っておきましょう。

こういった”常識”は会社や同僚どもの自分勝手な言い分です。

要するに「自分たちが困るから辞めないでくれ」と、自分たちの都合で言っているだけですからね。「勝手なのはお前たちじゃ!」という話です。

お前らの、事情なんか知るか。
こっちはこんなクソ会社早く辞めたいんじゃ、ボケ。

今回は、いかに「繁忙期に辞めてはいけない」と言っている人間が、自分勝手か紹介していきます。

▼仕事を辞めたいと悩んでる方へ

10月は年末年始に向けて転職活動を始める人が増える時期です。
仕事を辞めようかどうか悩んでいる方にとって、10月は転職を始めるのに最適なタイミングです。

読者の中には「仕事を辞めてもいいかわからない…」「辞めたいけど次が見つかるか不安…」と転職するかどうか迷っている方も少なくないかと思います。

そこでオススメしたいのが、転職エージェントと呼ばれるサービスを利用して、仕事を辞めるべきかどうか相談してみることです。転職エージェントは無料で利用でき、オススメの求人紹介から転職手続きのサポートまで、すべて代わりに行ってくれます。

初めに利用しておきたいオススメの転職エージェントは国内No.1の「リクルートエージェント」です。リクルートエージェントは国内最大の求人数を誇り、電話やオンラインでの相談も可能、総合的な転職支援を無料で行ってくれます。登録のために必要な経歴や年齢の制限はありません。

「まだ辞める気はないけど、どんな転職先があるのか知りたい…」という場合でもスマホ一つで手軽に利用可能なので、登録がまだお済みでない方はこの機会にぜひ活用してみてください。

→リクルートエージェントに無料相談してみる

「おねがい!繁忙期に辞めないで!」

 

人間とは、総じて自分勝手な生き物です。

その醜い本性を隠すために「これが常識だから!」「〇〇が言ってたから!」など、自分が嫌われないように、狡猾に責任を回避して主張を通すわけです。

「繁忙期に辞めるな」という主張も同様の理由で、一般論になっているわけです。

しかし突き詰めていくと「会社の仕事が増えるから」「退職に関する事務手続きが面倒だから」「職場の負担が増えるから」という、極めて会社側の利己的な理由でしかないわけです。

つまり、

「繁忙期に辞めるな」=「お願い!会社の仕事や同僚の負担が増えるからやめないで!」

…という、しょーもないガキの理屈なわけですね。

本当に大人ならば、黙って事務手続きと対応策考えろよ…ちゅう話です。

「繁忙期に辞めるやつは自分勝手な子供みたいな奴!」と主張するバカもいますが、これではどちらが子供かわかりませんね。

本当に辞めて欲しくないなら誠意見せろよ

そもそも「繁忙期に辞めるな!」と本気で思っているのであれば、どんな汚い手を使ってでも引き止めるべきなんです。

それをしないということは、結局のところ、会社や同僚から見れば「その程度の人材」としか思われていないことの証明です。

せいぜい「今、辞められると困るんだけど…」とかいう、しょーもないことしか言ってきませんからね。本当に辞められて困るのであれば、頭下げてでも、汚い手を使って騙してでも、引き止めます。

「繁忙期に辞めないで!」という主張は、口だけでまるで行動が伴っていない証拠ですね。

「繁忙期に辞める」と言い出した社員を、どんな手を使ってでも引き止めないということは、会社側からしてもその程度の関係でしかなかったということですからね。

会社側を試す意図でも、繁忙期に辞めてやるのが、かえって誠意ある辞め方と言えるでしょう。

人間関係とは冷淡である

私は数度転職したことがありますが、人間関係なんて一度切れてしまえばなんの役にも立たなくなるほど、冷淡なものです。

学生時代の友人と年々疎遠になっていくように、会社の人間関係も一度辞めてしまえば、もはや過去の関係となり、どうでもよくなっていきます。

葬式で身内が死んで悲しくなっても、一晩寝ればどうでもよくなっていくように、人間関係や感情などもどうでもよくなっていくのです。

良くも悪くも、人間は忘れるものですから。

仕事とは結局のところ”利害関係”である

たまに「社会人としての義理(責任)を果たして辞めるべき!」「辞めてもその後縁があるかもしれないから人間関係を大事に!」だの主張しているサイトもありますが、逆です。

誰の記憶にも残らないキレイな辞め方したら、それこそ「誰の記憶にも残らない、しょうもない人材」としか思われません。

社会人も大人もバカではありません。

あなたが繁忙期に辞めて会社を困らせたとしても、本当にあなたが優秀であったり、あなたのコネが必要だと感じたら、人間関係が途切れるわけありません。

むしろ、辞めたあとも仕事で関わるとして、舐められて安請け合いしないためにも、相手が一番困る辞め方で辞めるべきです。

他人の顔色を伺い、繁忙期を避けて大人しく辞めるような人材だから、いつまで経っても会社に大事に扱われないのです。

「会社は従業員を大事にしていない」という事実

そもそも、勝手に社畜どもは「会社は自分を大事にしている!」と思い込んでいますが、この前提からして大間違いです。

会社や経営者というのは非常にドライで冷徹な判断を下すものです。

非正規での若手人材使い捨ての実情を見ていればわかりますが、会社側からすれば「しょうがなくお前らを雇ってやってるんだ」という発想が当たり前なのです。

給料以上の働きをすれば出世させますし、そうしない無慈悲な経営者ももちろんいます。

本来、経営者と労働者の雇用関係とは、非常に冷徹でドライなものなのです。

勝手に義理人情だの、江戸時代感覚で仕事しているバカも多いだけですけどね。

関連:無駄な仕事や余計な仕事を増やす人の特徴や共通点を紹介!

自分都合の勝手な「恩」や「義理」は必ず裏切られます

”恩義”や”義理”など、学生レベルの感覚で仕事していると、いつか必ず裏切られます。

アイドルのファンは独りよがりの思いを募らせてストーカー化するように、想いや感情などは必ず裏切られるものなのです。

「会社のために尽くしている」「会社のために頑張った」という甘えた考えは、大人の世界では通用しません。恩や義理などではなく、明確に”成果”や”結果”で会社に還元するのが、ビジネスマンの務めなのですからね。

実際、くだらない義理や恩で繁忙期に尽くして辞めたところで、何の見返りもないですからね。繁忙期に辞めてはいけない理由も大義もないことは明白です。

会社の都合で人件費削減・リストラされても逆らえません^^

そもそも、会社は恩を仇で返すのが当たり前の存在です。

業績が下がればボーナスや給料が下がり、経営が傾けばリストラされます。

そうなった場合、涙ぐましく演技しながら、無慈悲に社員を解雇してくるのが会社や経営者の本性なのです。

会社都合で減給・解雇されたら従うしか選択肢はありません。つまり、会社には逆らえません。そして、せいぜい受けられるアフターフォローは失業保険などでしかなく、これも会社ではなく国側の負担ですからね。会社は恩を仇で返すのが当然の存在なのです。

そんな、ピンチになったら従業員を切り捨てるのが当たり前の会社に、わざわざ気をつかって辞める必要は皆無ですね。

社員・労働者側も「この会社、使えねえな」と思ったら、相手が一番困る形…つまり繁忙期に辞めるべきなのです。

まとめ:繁忙期に辞めることこそ、誠意のある辞め方

このように、会社側の勝手な都合に応えるためにも、社員は繁忙期にこそ辞めて然るべきなのです。どーせ、会社も上司も同僚も、自分勝手な理由で「繁忙期に辞めるな!」と言ってくるのですから、辞める側も自分勝手でいいんです。

むしろ、繁忙期に辞めてこそ、誠意ある対応と言えるわけです。

社会も会社も同僚も顧客も、余計な仕事増やされてムカついているだけのガキばっかりですからね。本当の大人は愚痴など言わずに、黙々と事務手続きして対応策を実行していくだけです。

自信を持って堂々と、繁忙期にこそ辞めましょう。

会社を自由に辞める権利は、誰にでもあるのですからね。

繁忙期に辞めるなら転職エージェントを使っておこう!

繁忙期に辞める予定、あるいは繁忙期に辞めた方は、転職エージェントに登録して相談しておくことをオススメします。

転職エージェントでは本当に自分に合った会社を紹介してくれるため、繁忙期に辞めたくなるようなクソ会社にまた務めてしまうリスクが格段に下がります。

すでに転職先さえ決めておけば、自信を持って繁忙期に辞めることが出来るため、まずは転職先を先に決めてしまうことを強くオススメしますね。

すでに繁忙期に辞めてしまった方も、良質な転職サポートが受けられるので、すぐに転職する気がない場合でも、登録して面談を済ませておくといいでしょう。

繁忙期に辞めるほどの不満があれば、それは転職先を志望する際の強い動機となります。

「会社の待遇に不満があった」
「現場の人員が足りなすぎて、自分に過剰なまでの負担があった」
「会社の業務が非効率で、改善案も通してくれなかった」

転職エージェントでは、こういった具体的な退職動機をカウンセリングしていき、自分に向いた職場を紹介してくれるので、繁忙期に辞めるほどの決断力があるのであれば、是非とも利用しておきましょう。

当サイトでとくにオススメしている転職エージェントは以下の3つです。
(全サービス完全無料、途中で利用停止OK)

転職実績No.1、国内最大手のリクルートが手がけるエージェント。
20万件以上の求人を保有、転職支援実績40万人以上と、大手としての信頼性はピカイチ。
また、登録から面談までの手続きも必要最低限で非常にスピーディー、面談後はスマホアプリのみでメール管理から求人閲覧まで進められ余計なことに気をとられずに済むため、利便性・効率性もバツグン。
オンライン面談体制も整っているため、自宅からでも自分のペースで転職活動を進めやすい。
紹介求人は有名企業や大手企業の案件も多いので、情報収集のためにも登録しておく価値あり。
全年齢層・全職種業種に対応しているため、誰でも登録可能
これから転職活動を始めたい初心者向けとしても自信を持ってオススメできる。
登録から内定がもらえるまで完全無料

いい就職.com

いい就職ドットコムは、20代の「第二新卒」「既卒」「フリーター」「ニート(無職)」など、経歴に自信のない人向けの就職応援サイト。
※公式サイトでは「就職応援サイト」「既卒」「第二新卒」という名称が使われてるが、実際のサービス内容は転職エージェントとほぼ同等。20代であれば学歴・職歴問わず求人紹介からキャリア相談まで利用可能
他の20代向けの就職支援サービスと違い正社員求人のみを取り扱っており、ブラック企業徹底排除の方針も明確なので安心して利用できる。
一般職やメーカー求人の取り扱いが多め。求人情報はサイト内で閲覧可能
内定がもらえるまで完全無料で利用できてキャリア相談も気軽にできるので、20代で就職・転職活動に自信がない人は利用しておきたい。

製造業特化の人材派遣業として40年以上の実績を持つメイテックが手がけるエージェント。
エンジニア・製造業・メーカー・開発/研究職の転職サポートに強く、担当エージェントの専門知識や業界内での情報も豊富。
学生時代の履修科目や研究内容も評価材料となるため、理系卒・技術系専門学校卒の学歴があるなら利用しておく価値あり未経験の職種・業界への転職実績も多数
面談は土日祝日、22時まで対応しているため、忙しい社会人でも働きながら転職活動が可能。また、電話・メールでの相談にも対応可登録から内定まで完全無料で利用できる。
現在、該当する業種・職種(※)で働いている方や理系・技術系専門卒の学歴があるなら、より専門的な転職サポートに期待できるので利用しておく価値あり。
※該当業種・職種:電気・電子・半導体分野/機械メカトロ分野/化学・素材分野/組込みソフト/ITなど(詳細ページに解説あり)

それぞれ、求人傾向やサポート体制が微妙に異なるため、自分のキャリアや性格に合ったものを選んで使い分けてみてください。

また、ここで紹介した転職エージェント以外にも多数のエージェントがありますので、広く使い分けたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

転職エージェントはどこがいい?全11社の転職エージェントを徹底比較!
現在、国内では転職エージェントが多数登場しており、どこを選べばいいかわからない状況になっております。

「転職エージェントはどこがいいの?」

そうお悩みの方は結構いらっしゃるかと思います。

結論から言っておきますと、転職エー…

転職エージェント登録後の流れ

転職エージェントは登録後、メールでの連絡が来ますので、指定された方法に沿って対応していくだけで面談まで案内してくれます。

ですので、利用者側から特別なことをする必要がありませんが、初回のメール対応から面談のスケジュール調整までは早めにしておくと有利になりやすいです。

とくに求人の紹介は面談後に提示されることがほとんどなので、初回対応は早ければ早いほど有利です。

その他、転職エージェントに関する疑問点は以下の記事にまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント初心者向けのよくある質問!読んで登録前の心配を解消しておこう!
「転職エージェントって何?」
「本当に信用できるの?」
「流れがわからないので使っていいか不安…」

このようにお悩みの方も少なくないことかと思います。

転職エージェントはビジネスであり、守秘義務もある以上、詳細な情報はあまり…

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました