【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

ハタラクティブは利用するべき?運営実態から使うべき理由まで徹底解説!【登録後に有利に転職を進めるためのコツあり】

「仕事を辞めたいけどどうすればいいかわからない…」
「新しい仕事に就きたいけど向いてる仕事がわからない…」
「転職は興味があるけど今の経歴で通用するか不安…」

このようにお悩みの方に紹介したいのが、ハタラクティブという20代向けの人材サービス(就職支援サービス/転職エージェント)です。

ハタラクティブ公式サイトを見てみる
【完全無料/登録1分】

ハタラクティブの特徴は
以下のようなものがあります

▼ハタラクティブ独自の強み

  • 20代であれば経歴不問でサポート対象(既卒・第二新卒からフリーター・ニートまでOK)
  • 正社員経験がない人向けのサポートも充実
  • 取り扱い求人の業種/職種の幅が広く選択肢が豊富
  • 向いてる仕事がわからない人向けに適職診断あり
  • 面倒な手間なく効率的な転職活動が可能(書類作成なしで応募できるなど)

また、とくにハタラクティブを使っておくべき人は、以下のような悩みや要望を抱えている人だと言えます。

▼ハタラクティブを使うべき人

  • 学歴・経歴に自信がない20代の方:経歴不問でのサポートに特化しているため
  • 未経験から他の職種や業種への転職を考えている方:まったくに未経験職への転職支援実績も多数、取り扱い求人の幅も広いため
  • 自分に合った仕事がわからないで悩んでいる方:初回面談後に適職診断を受けられるため
  • 成長産業への就職/転職に興味がある方:運営会社自体が成長中の企業で、紹介先も成長企業が中心となるため
  • 職務経歴書作成や面接対策が面倒な方:最短2週間の転職支援実績もあり、スピーディーなサポート体制が整っているため

この条件に1つでも当てはまるなら
ハタラクティブを
試しに使ってみる価値は大きいです

ハタラクティブを始めとした人材サービスの多くは、登録から相談、内定が決まって入社するまで、すべて無料で利用できるのも特徴です。

「無料なので何か裏がある…」と不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、無料である理由は、採用費用を企業側が負担するビジネスモデルで成り立っているからです。

以上のような、ハタラクティブの特徴や使うべき理由について、その背景となる根拠に加え、ハタラクティブの運営スタンスや取り扱い求人に対する情報まで、この記事でまとめてお伝えしていきます。

また、登録後により有利なサポートを受けるためのコツも記事後半にまとめてありますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

登録して終わりでなく
登録後に上手く活用するコツも
解説していきます

ハタラクティブの信頼性は?運営会社の実態から徹底調査!

「ハタラクティブって本当に信用できるの?」
「聞いたことないサービス名だけど大丈夫?」

このようにご不安な方も多いかと思います。

人生の重要な選択となる就職/転職先を
サポートしてもらう相手を選ぶのに
信用できるかどうかはとても大切ですからね…

そこでまず初めに、ハタラクティブの運営会社などの客観情報をもとに、本当に信頼できるサービスかどうかを検証していきます。

ハタラクティブの運営元は勢いのある人材事業を手がける
「レバレジーズ(Leverages)株式会社」

ハタラクティブを運営する会社は、2005年の創業から18年間で年商1000億円の規模を誇り、勢いのある「レバレジーズ株式会社」となります。※以降、記事内では「レバレジーズ」と表記統一します。

画像出典:レバレジーズ株式会社 公式サイトより

近年、レバレジーズは企業CMがTVのようなマス媒体やYoutube広告で流れており、社名の由来である「レバレッジ=てこの作用」であることをアピールしています。

また、同社のサービスである「レバテック」は、電車内広告で頻繁に目にする機会もあるため「ハタラクティブは知らなくてもレバレジーズの名前は見たことある!」という方も少なくないことかと存じます。

レバレッジは知名度上昇中の
勢いある人材会社です!

ハタラクティブの解説に入る前に、運営会社となるレバレジーズの運営実態や客観的な信用情報について確認していきます。

まずはレバレジーズの会社概要から、企業としての実態や信用性を調査していきます。

会社概要

会社名:レバレジーズ株式会社
設立:2005年4月6日
資本金:5000万円

事業内容:
自社メディア事業
人材関連事業
システムエンジニアリング事業

認定:
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-302698
労働者派遣事業許可番号
派13-302333

出典元:https://leverages.jp/company/profile
※2023年9月時点

上記の会社概要の情報と、第三者機関の情報を照らし合わせていきましょう。

以下は、国税庁が運営する法人番号公表サイトで「レバレジーズ」と検索し、法人として実在している会社かどうかを調べた結果です。

 

レバレジーズは国内に数カ所オフィスがあるため、本社の住所が一致するか確認しました。

次に、会社概要にある「有料職業紹介事業許可番号」について、厚生労働省管轄の職業紹介事業所検索にて調べてみました。

有料職業紹介事業許可番号は、厚生労働大臣から有料職業紹介事業を営む許可を受けないと発行してもらない番号です。

厚生労働大臣の許可を受けて有料職業紹介事業を営むためには、以下の要件を満たす必要があります。

  • 事業所の設置
  • 職業紹介責任者の選任(労働関係法令に関する知識及び職業紹介事業に関連する経験を有する者)
  • 財産的基礎の確保(一定上の財源が確保できていること など)
  • 欠格事由に該当しない(手数料表を有すること、プライバシー保護ができていること など)

参考元:有料職業紹介事業の許可 | 大阪労働局

以上の情報から、レバレジーズは会社全体で有料職業紹介事業として、厚生労働省より正式に許認可が降りていることがわかります。

また、有料職業紹介事とは、営利を目的とするか否かに関わらず、職業紹介に関し、紹介先企業から手数料や報酬等の対価を受けて行う職業紹介事業をいいます。

これらの第三機関の客観情報により、最低限、レバレジーズが人材会社としての信頼はあることがわかります。

レバレジーズの人材会社としての実績や経営方針

一方で、上記のような信用情報は、あくまで国に対して所定の事務手続きを行うだけで取得できる情報です。

なので、必ずしも会社の方針やサービス内容について保証するわけではない点に注意が必要です。

そこで他の公開情報を精査していくことで、さらにレバレジーズの人材会社としての実績や信頼性について、検証していきます。

レバレジーズは高い成長速度を誇る勢いある会社

レバレジーズの特徴として、ここ10年以内で高い成長速度を誇り、勢いがあるベンチャー企業だという点にあります。

以下の、レバレジーズ公式サイト内の「企業情報」からもわかる通り、2017年以降の成長速度が凄まじく、2023年以降も大幅な成長が予測されています。

画像出典:https://leverages.jp/company

成長企業であることはわかったけど

求職者にどういうメリットがあるの?

通常、成長企業には以下のような傾向があります。

  • 優秀な人材が集まりやすいのでサービスの質が高くなりやすい
  • 新しい働き方や仕事観も広く受け入れられていることが多い
  • 営業力があるので多彩な求人を集めやすい
  • サービス利用者の転職を安定して成功させるノウハウが確立している

成長企業は会社全体に勢いがあるので、サービス利用時の担当者のサポートレベルが高かったり、紹介求人の鮮度や質が高くなりやすいなどのメリットに期待できます。

似たような人材会社としては、レバレジーズ同様非上場企業でありながら、ベンチャー気質が強く独自の営業力や勢いがある「マイナビ」が挙げられます。

また、「ベンチャー」と言うと勢い任せのイメージもありますが、運営実績は18年以上と長いことで安定した運営基盤を持つことも、レバレジーズ社のここ数年の大幅な急成長要因となっていると言えます。

成長市場全体に力を入れていることが成長の秘訣

人材サービスの傾向として「自社と似たような考え方の企業(経営理念/定着する人材の傾向)や、自社が所属している業界の求人が多めになりやすい」というものがあります。

たとえば、製造系の企業が運営する人材サービスなら製造系の求人が大半になったり、営業力の強い企業なら営業を含めた文系職の求人が強めなど、といった形です。

表向き「全職種対応」と広く求人を取り扱っているように見えても、実際にサービス利用してみないと見えてこない差(求人傾向や在籍キャリアアドバイザーの知識の偏りなど)があるわけです。

確かに人材サービスの違いって
外から見たらよくわかりませんもんね…

ハタラクティブも20代の若手人材を対象としている以外は、取り扱い求人が特定の業種/職種に特化しているわけではありませんが、レバレジーズが会社全体で取り組んでいる領域から、求人傾向を予想することができます。

注目したいのは、レバレジーズの事業ポートフォリオ(会社全体の計画のようなもの)です。

画像出典:https://leverages.jp/company

明確に「長期的に市場の成長性が見込まれること」という指針を掲げており、自社および取引先の事業領域として、成長性の高い市場を選んでいることが見えてきます。

レバレジーズがサービス展開している事業内容で見ても、主力事業となり「IT」に関するサービスである「レバテック」、慢性的な人手不足が続きく医療・介護領域では「レバウェル看護」「レバウェル介護」など、成長市場向けの専門サービスが運営されています。

また「新規参入市場」には、

  • 食料
  • 旅行
  • 教育
  • インフラ
  • 不動産
  • 中古車

が位置づけられており、いずれも「隠れた成長産業」と見ることができます。

これらの職種・業種は、一見すると成長事業に見えないかもしれません。

しかし、円安により需要の高まる「インバウンド(外国人が訪れる旅行のこと)」や、近年、SDGsにより注目されている「食料」、AI化しにくく人手不足の問題が深刻になりつつある「インフラ」などは、今後、人材需要が高くなる領域であり、さらに社会に必要不可欠な事業領域でもあります。

これらの業種・職種も、レバレジーズが事業ポートフォリオとして掲げる「社会や人の負を解決すること」を行うことで、高い成長性の見込める事業となるわけです。

ハタラクティブも、業種・職種を幅広く取り扱っている人材サービスとなるため、一見すると求人傾向がないように見えますが、実は「成長性の高い業種や企業が多め」という隠された傾向があるとも読み取れます。

この後に紹介する
ハタラクティブで取り扱う求人の広さも
レバレジーズ社全体の方針により
実現できてると言えますね!

このように、運営会社自体に方針があるかどうかでも、紹介してもらえる求人傾向や紹介企業側の人材採用意図も傾向が出るため、その点、ハタラクティブの運営元となるレバレジーズの企業分析を行うだけでも、見えてくる情報は多いものなのです。

ハタラクティブの運営スタンスは「個々に合わせた働き方の追求」にあり!

ここまではあくまでハタラクティブを運営するレバレジーズ株式会社全体の事業領域について見てきました。

ハタラクティブはレバレジーズ社の提供するサービスの一部となりますが、運営する部署やサービスコンセプトが異なるため、必ずしもレバレジーズ社全体の方針と合致するわけではなく、独自の方針を持ちます。

レバレジーズ株式会社全体の特徴を踏まえた上で、同社が運営するハタラクティブについてさらに掘り下げていきます。

ハタラクティブのセールスポイントとして「あなたに合う仕事がわかる!」「あなたの強みが活かせるように一人ひとりに合わせた面接対策を実施」というものがあります。

働き方の価値観が変わり多様性が重視されるこの時代において、自分に合った働き方を実現したいと望んでいる方は多いと思いますが、ハタラクティブの運営指針としても近年の動向を踏まえて「利用者に合った仕事選び」を強調する傾向が強くなっています。

この背景には、レバレジーズ社の文化である「個々のやりたいことを尊重し、失敗は次の糧と捉える」の反映があると考えられます。

画像出典:https://leverages.jp/company

でも会社の文化がサービス利用者の
個々の働き方の追求にどう結びつくの?

その答えは、ハタラクティブ利用後に、キャリアアドバイザー(担当者)のキャリア観や対応力として直に反映されやすいからです。

たとえば、大手人材サービスのように社員の個性を重視しない事務的な社風の会社であれば、事務的な対応でまともに利用者の悩みや要望も聞かず、経歴書のカタログスペックから判断した事務的なサポート体制になりやすい…といった形です。

仕事やキャリアに対する価値観は人それぞれで、所属する会社によっても異なります。

その点、運営会社の文化として「個々のやりたいことを尊重」というスタンスを実践しているレバレジーズ社運営のハタラクティブなら、他の人材サービスよりは「自分に合った働き方」に対する理解度は高いと言えるでしょう。

さらにその根拠として、ハタラクティブは過去に「グッドアクション賞」を受賞していることも挙げられます。

画像出典:https://next.rikunabi.com/goodaction/archive/2016/02/

「グッド・アクション」とは働き方の多様化が求められる現代において、一人ひとりがイキイキと働くための、職場の取り組みに光をあてるプロジェクト。

出典:グッド・アクション 2016|リクナビNEXT

自分に合った働き方が見つかるかどうかは、

  • 自分自身のポテンシャルや考え方
  • 人材サービス担当者との相性
  • その時に出ている求人や紹介先企業の面接官との相性

など、様々な要因が絡み合うことで「運」となりやすいものです。

しかし、一見すると運要素の強いものであっても、事前に情報を集めたり行動量を増やすことで、より自分に合った「天職」とも呼べる仕事に出会いやすくなるようにすることはできます。

その点、ハタラクティブはより自分に合った仕事を紹介してもらえる確率が高くなると言えるため、気になった方はこの機会に登録してみて、キャリア相談や求人紹介を受けておいて損はないでしょう。

自分に合った仕事を見つけるために
ハタラクティブに相談してみよう!

ハタラクティブ公式サイトを見てみる
【完全無料/登録1分】

ハタラクティブの特徴とメリット

どんな経歴でもサポートしてもらえる!

ハタラクティブの強みはなんと言っても、どんな経歴でもサポートしてもらえるところ。

ハタラクティブ公式サイトを見てみればわかりますが、都内近郊で働きたいけど経歴にネックがあって採用してもらえない人向けのサービスです。

ハタラクティブでサポートしてもらえる「経歴にネックがある人」の対象は以下の通り。

  • 既卒(就職が決まらないで卒業しまった人)
  • 第二新卒(就職後に早々に辞めてしまった人)
  • フリーター
  • ニート(※厳密には就職サービスを使った時点でニートではない)
  • 中卒
  • 大学中退

一般的にこれらのような「経歴に傷がある人」は、企業側から採用を避けられやすい傾向があります。

…が、それは一昔前までの話です。

今の日本は若手不足が慢性的に続いていますので、経歴にネックのある人でもしっかりとサポートしてもらえれば、正社員になれるチャンスは大きいと言えるんです。

「既卒・第二新卒」という新しい区分が生まれた経緯にしてみても、国から要請があって積極的に雇う企業が増えたという経緯があります。

ですので、経歴にネックがある人材でも、積極的にサポートしてくれる人材サービスが増えてきいるわけです。

アドバイザーがサポートしてくれる

ハタラクティブでは、就職アドバイザーが親身に相談に乗ってくれ、就職について具体的なアドバイスをくれます。

国内ではほとんどの人材サービス会社が「エージェント制」と呼ばれる、キャリアアドバイザーを仲介して仕事を紹介してもらう形式に移行しており、求人サイトは減少傾向です。

ですので、これはとくにハタラクティブだけの強みではありません。

…が、ハタラクティブはとくにカウンセリングに力を入れていることが公式サイトから伝わってきており「とにかく面談に来て話して欲しい」という思いが強く感じるので、かなり好印象です。

たとえば、ハタラクティブ公式サイト内の「よくある質問」では、カウンセリングについて以下のような回答もあります。

Q.カウンセリングで怒られることはありますか?

A.カウンセリングで怒られるということはありません。向いている仕事やキャリアプランについて一緒に考えていくことや求人の紹介をします。
ただし、カウンセリングの中で、社会人としてのマナーや仕事へのスタンスに対するアドバイスをする中で人によっては厳しく聞こえる側面はあるかもしれません。ただ、前向きにこれから正社員として、社会人として頑張っていこうと思っているあなたの応援をします。

経歴にネックがある人は、他人との面談に恐怖心を抱きやすい方も多いのですが、それに応えての回答だと言えますね。

やりたい仕事が見つかりやすい!

ハタラクティブは選べる職種が非常に多い傾向があります。

ハタラクティブ公式サイト内で公開されている業界だけで見ても「IT」「流通」「人材・教育」「広告・マスコミ」「メーカー」「建設・不動産」、職種は「営業職」「事務職」「Webデザイナー」「CADオペレーター」「施工管理」「倉庫内軽作業」と、かなり広い範囲をカバーしています。

仕事の選び方や紹介先も「やりたいこと重視」「向いている仕事重視」という傾向が強く、就職内定までのサポート期間も平均1ヶ月間と公表されているため、就業満足度もかなり高いと言えるでしょう。

このハタラクティブの方針と真逆になるのが、営業職特化の「JAIC」ですが、どちらも一長一短あるのでよく検討しておくといいでしょう。

また、東京近郊であればリクルートグループの運営する「就職Shop」がハタラクティブ同様、職種の選択肢が広いのでどちらも合わせて使っておくと選択肢が広がりますよ。

公式サイトの情報が非常に充実している

ハタラクティブの強みは、なんと言っても公式サイトの就職情報が非常に充実しているところです。

各経歴の就職のポイントや具体例まで詳細に書かれているので、利用する前にイメージが湧きやすくなりますね。

他の就職・転職サイトは自分の会社の都合のいい情報しか公開していないところも多いですが、ハタラクティブはしっかりと詳細に情報が公開されているので、これもまた好印象です。

ハタラクティブを使うべき人の特徴とは?

「ハタラクティブは自分でも十分なサポートは受けられる?」
「経歴やスキルに自信がないので使うべきか迷う…」

ここまで読んで、こうお悩みの読者も少なくないかと思います。

軽い気持ちで利用してみて
厳しい現実を知るだけだったら
どうしよう…

ハタラクティブを始めとした人材系サービスは、登録後に面談を行いながら転職サポートを受ける流れが一般的になります。

そのため、本来使うべきでない人やサポート対象外の人が使うと、無駄な時間を費やしてしまうこともあります。

そうならないためにも、この項目ではハタラクティブを使うべき人の特徴とその理由について、解説していきます。

20代で学歴・経歴に自信がない人

前述の通り、ハタラクティブは20代であれば学歴・経歴不問でサポート対象となります。

その理由は、若い人材は多くの企業が求めており、それだけで転職に有利となるからです。

他にも、ハタラクティブでは多くの未経験者可能求人を取り扱っているため、以下のような悩みを持つ20代の方全般におすすめできます。

  • 経験に自信がないので未経験者OKな求人の紹介を受けたい
  • 学歴や経歴に自信がないので経歴不問の求人を紹介してほしい
  • 手間や費用のかかるスキルアップや資格取得をせずに転職したい
  • 厳しい研修や模擬面接なしで転職を決めたい

20代向けの就職/転職系サービスはハタラクティブ以外にも多くありますが、

  • 面談回数や研修が必要(他の20代向け就職支援サービス)
  • スキルアップや資格取得が必要(スクール系の転職支援サービス)
  • 経歴がなければ登録できてもサポートに期待できない(大手転職エージェント)

などのデメリットがあるため、効率面で言えばハタラクティブに劣ることが多いです。

今までの経歴よりも
これからのポテンシャルを重視したいなら
ぜひハタラクティブを使ってみてください

未経験から他の職種や業種への転職を考えている人

未経験からの転職を成功させることで、今までの学歴や経歴に縛られない新たなキャリアの一歩を踏み出すことができます。

ハタラクティブでは、未経験からでも様々な職種・業種の求人に応募できるため、思いがけない新しい自分のキャリアの可能性に出会えるかもしれません。

他の転職サービスでは、経歴で判断されることが多いため、未経験から異業種・職種への転職が難しい傾向にあります。また、仮にできたとしても、研修やスキルアップ講座が必要など、転職に際して勉強する手間がかかりやすいです。

その点、ハタラクティブは安定して未経験人材を異業種・職種への転職を成功させた実績があるため、安心して利用できると言えます。

変わりたい、挑戦したい…
その気持ちを大切に実現するために
ハタラクティブで一歩踏み出しましょう!

自分に合った仕事がわからないで悩んでいる人

働き方が多様化する現代において、多くの方が「より自分に合った仕事で活躍したい」「自分の適性を活かせる仕事に就きたい」と考えていることかと思います。

自分に合った仕事を見つけて活躍することは、より良い人生を歩む上で、非常に重要な要素の一つだと言えます。

ハタラクティブでは、そういった現代の仕事観に合わせ、登録後に適職診断を行った上で、利用者も希望をしっかりと把握し、自分に合った最適な求人を紹介してくれます。

以下のような状況や考えを持つ方に、特にハタラクティブのサービスをおすすめします。

  • これまでの経験やスキルを活かせる仕事を探している
  • 新しい職種や業種に興味があるが、自分に合っているものがわからない
  • 多くの選択肢の中から、自分にピッタリの仕事を選びたい

他の転職エージェントでは、登録した経歴から機械的に求人が送られてくるため、今の仕事と似たような求人ばかりが届くことが大半だったり、そもそもの自分に合った仕事を見つけ出すために必要な業界分析や自己分析が利用者側が行わないといけないなど、自分に合った適性のある仕事を探すのは難しめです。

その点、ハタラクティブは豊富な求人と適職診断から、自分に合った求人を探すためのサポートをマンツーマンで行ってくれるため、本気で新しい職種や業種に転職したい人にもオススメできる人材サービスだと言えるでしょう。

適性や強みを発見して
自分らしいキャリアを
ハタラクティブと共に見つけましょう!

成長産業への就職/転職に興味がある人

ハタラクティブの運営会社となるレバレジーズ株式会社全体で、成長産業に力を入れていることは先に説明した通りです。

未経験からでも採用してもらえる求人や、自分に合った適性のある仕事であっても、将来性が低い仕事では高い年収が期待できなかったり、さらのその先のキャリアで通用するスキルが身につかないリスクが大きくなります。

その点、成長産業に就くことができれば、この先の人生でも不自由しない市場価値の高いスキルや経歴が身についたり、会社の成長とともに学歴・経歴に縛られない高年収を実現できる可能性を秘めていると言えます。

以下のような考えや希望を持つ方に、ハタラクティブをとくにオススメします。

  • 未来の成長を先取りし、自らのキャリアを豊かにしたい
  • 新しい技術やサービスを身近に感じながら働きたい
  • 成長産業特有の文化や環境に触れてみたい

未経験からでも採用される多くの求人は、単に人手が足りていない場合や若手不足の古めの中堅企業などが多いため、必ずしも成長産業や成長企業に就けるわけではありません。

そもそもで言えば、成長産業がどうか見極めるためには業界分析や企業研究が必要で、企業の決算書や経営方針を読み解く能力も求められるので、素人が行うのは難しいのが現状です。

その点、ハタラクティブは運営会社自体が成長産業に精力的に力を入れている企業で、自社自体も成長企業として勢いがあり最新の働き方にも理解があるため、成長産業に転職できる可能性がグッと高くなると言えます。

ハタラクティブを使って
成長中の企業へ転職すれば

将来性の高いキャリアを歩めるぞ!

職務経歴書作成や面接対策が面倒な人

転職活動は多くの手間や時間を必要とします。

転職には興味があるけど
転職活動に費やす時間が無駄で
結局何もしないまま…

このような方もに、転職しようと思っても最初の一歩が踏み出せないまま、時間だけが過ぎてしまっている方も少なくないはず。

ハタラクティブでは、面倒な履歴書・職務経歴書の作成なしで応募できる求人を多数取り扱っていたり、面接対策などもすべて担当者となるキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

そのため、大幅に転職活動に費やす手間を削減し、効率良く転職活動を進められます。

多くの転職サービスでは、職務経歴書の作成や添削が必要となり、求職者自身の努力に依存することが多いです。しかし、ハタラクティブでは書類作成なしで効率良く面接まで進められるため、時間がない人や転職活動の手間が面倒な人にとってもオススメできるサービスだと言えます。

ハタラクティブを利用して
ストレスフリーな転職活動を
効率良く進めましょう!

ハタラクティブ公式サイトを見てみる
【完全無料/登録1分】

ハタラクティブの登録方法~登録後の使い方からコツまで解説

ここまで読んで、

「ハタラクティブを使ってみようかな…」
「登録後の流れがわからないと不安…」
「自分の経歴でもいい求人を紹介してもらえる?」

とご不安な方もいらっしゃるはず。

そんな方に向けて、最後にハタラクティブの登録後の流れを解説していきます。

登録後に何をすればいいかわからない人も
これを読めば使い方のコツがわかります!

また、最後までお読みいただいてる方には、特別にあらかじめ知っておくと少しだけ有利になるコツもあわせてご紹介しますため、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブの登録は最低限の個人情報を記入するだけでOK

ハタラクティブの登録は煩わしい手続きは一切不要、シンプルで迅速に完了します。

まず、ハタラクティブ登録用サイトにアクセスすると、下記のようなページが表示されます。

ここでは、現在の就業状況として自分に当てはまるものを選択しましょう。

  • 正社員経験なし:正社員としての経歴がなく、フリーターや非正規雇用の場合もここを選択
  • 在職中:正社員として勤務中、またはフリーターや非正規雇用者として在職中でまだ退職が決定してない場合はここを選択
  • 離職中:現在仕事を辞めていて、離職中の場合に選択

なお、登録時の記入項目は、後の初回面談で再度確認が行われるため、正確な情報は面談時に伝えればOKです。

なので、登録段階では自分の状況に一番当てはまるものを選びましょう。

「次へすすむ」をタップすると、いくつかの質問に選択式で回答していくこととなります。

次の質問は「ご希望の就職時期」となりますが、ここでのコツはすぐに転職したいなら「できるだけ早く」と回答しておくことを推奨します。

理由は、WEB登録時に入力された情報が担当部署に渡され、転職希望時期で意欲の高さが判断されやすいからです。

登録後、自分の担当者になる人のサポートや求人情報の提供もかなり優遇されやすくなるので、良い求人さえあれば転職したいと考えているなら「できるだけ早く」を選択しておくといいでしょう。

一方で、適職診断を受けてみたいだけであったり、求人情報を見てから判断したいのであれば「3ヶ月以上先」「まだわからない」を選択しておきましょう。

そうすることで、初回面談以降は定期的に求人情報やメール連絡があるだけなので、急かされずに自分のペースで転職活動が進められます。

選択式の質問に回答するだけなので
登録は約60秒で完了します!

登録後は本人確認の処理をスムーズに行っておくと有利

安心してサービスを利用するためには、登録後、本人確認の手続きを行う必要があります。

一般的には、登録後に届くメールの手順に従って確認作業を済ませればOKですが、人材サービスでは初回面談終了時点で本人確認扱いになることが多めです。

初回面談による本人確認終了後は、

  • 適職診断を受けられる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • その他、相談したりサポートも受けられる

などのサービスも無料で受けられるため、初回面談をできるかぎり受けておくといいでしょう。

幸い、ハタラクティブではスマホのみでもオンライン面談が手軽に行えるので、確実に対応できるスケジュールを確保しておきましょう。

万が一、オンライン面談のスケジュールに対応できない場合は、登録後に届いた担当者名義からの連絡に返信するなどして、柔軟な調整をしておきましょう。

初回面談に参加することで
様々なサポートを受けられるようになるぞ!

メール受信を可能な状態にしておく

登録の前に確認しておきたいのですが、メールアドレスの受信設定です。

初回登録後、ハタラクティブ側の登録完了メールを受け取るため、下記の点に気をつけておきましょう。

  • 毎日チェックするメールアドレスで登録しておく
  • 求人案内を受け取る頻度が高くなるので、転職用のメールアドレスを用意しておくとベター
  • メール受信のドメイン指定をしている人は「@leverrages」からのメールを受け取れるようにしておく
  • 社内メールアドレスではなく、必ず個人で使用しているアドレスで登録する(在職中の場合、転職バレ防止)

普段から、自分のPC/スマでメール受信ができているなら問題ありませんが、日頃よりメールアドレスを使う機会がない場合は、登録しても処理できていない場合があるので、念のための確認となります。

万が一は電話連絡が来ることを想定しておく

ハタラクティブでは、原則的にはオンライン面談やメールでの連絡が主となりますが、万が一の場合や緊急の用件の場合のみ、電話番号が使用されることがあります。

その際の連絡番号は「0120-979-185」となりますので、あらかじめ知っておくといいでしょう。

ただし、最近のオンライン連絡手段の普及に伴い、基本的にはメール連絡やオンライン面談で進むことが大半なので、登録後の手続きに従っておけば、電話がかかってくることはほとんどないです。

初回オンライン面談に備えて考えておくべきこと

オンライン面談は、人材サービスの初めてのステップとして非常に重要です。

そのため、最初の面談に臨む際は、事前に以下の項目をしっかりと準備しておくことがオススメです。

  • 自己紹介:今までの経歴やスキル、職務内容など、簡潔にまとめておく
  • 転職の理由:なぜ現在の職場を離れたいのか、なぜ転職を考えているのか、その動機や背景を明確にしておく
  • 希望する条件:登録時に回答した、勤務地や年収などの条件を再度聞かれることがあるため、ある程度決めておく
  • 面談の進行に関する事前確認:オンライン面談の際の接続方法や必要なツール、時間の確認など、直前にトラブルにならないように準備しておく
  • 質問事項:面談終了時に疑問や不明点があれば質問しておきたいことをあらかじめ想定しておく

これらは必須ではありませんが、しっかりと整理・準備しておくことで、面談時に自分の意志や考えを的確に伝えやすくなることでしょう。

また、自分の意志をしっかりと固めておくことで、面談担当者からの信頼も得られやすくなります。

オンライン面談時に、必ずしも担当者が自分の要望をすべて引き出してくれるとは限らないため、気になる点や不明な点は自発的に質問しておくことも、後々のトラブルを防ぐ上で大切なこととなります。

初回面談でスマートに対応できれば
後々の転職活動も有利に進められます!

ハタラクティブに相談してみる
【完全無料・登録60秒】

初回面談後もしっかりとした連絡対応により転職活動がより有利に!

初回の面談が終わったからといって、そこで安心してしまっては、転職活動が進まずに終わってしまいます。

むしろ、その後の連絡対応や行動量が、転職成功の鍵を握っています。

具体的には、以下のような行動を意識して行ってみましょう。

  • 適職診断を受けた上で、気になる業種や職種を指定して、求人紹介を受けてみる
  • 気になる求人があったら、とりあえず応募してみて面接の場数を踏む
  • その他、転職活動を進める上で必要な連絡が来たら、こまめに返信しておく
  • 余裕があれば、担当者や面接先企業に挨拶や感謝の連絡も行っておき、より良い関係性を築いておく

もちろん、初回面談時点でサービス内容が合わないと感じたり、紹介される求人に魅力を感じなかった場合は、途中で利用をやめても問題ありません。

逆に、少しでも有利に転職を進めたかったり、優良求人情報を得たい場合は、上記のようなことを意識してサービス利用するだけでも、担当者からの心象が良くなりサポートの質が上がりやすくなります。

ぜひここで紹介した情報をもとに
ハタラクティブを有効活用してみてください!

就職・転職サービス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました