ハタラクティブをオススメする理由|20代の未経験職へ転職したい人必見!

20代の方で転職を考えている方にオススメしたいのが「ハタラクティブ」という、現在急成長中の転職エージェント。

とくに、以下の方は要チェック。

ハタラクティブが向いている人

  • 20代の若手全般
  • 未経験職に就きたい人
  • 経歴に傷があって自信のない人(中退、早期退職など)

現在、20代の若手向け・既卒・第二新卒向けの転職支援サービスは激戦区なので、当サイトでも読者にどのサービスをオススメするか非常に悩んでおります。

ですがこの度、ハタラクティブは全国への事業展開が開始し、大手転職エージェントにも負けないレベルでの使いやすさになってきたと感じております。

というわけで、ハタラクティブをオススメする理由をカンタンにまとめましたので、使おうかどうか悩んでいる方は、ぜひ判断材料にしてみてください!

 

ハタラクティブ
 

スポンサーリンク

ハタラクティブをオススメする理由とは?

当サイトでは、数多くの転職サ―ビスを徹底調査しておりますが、中でもハタラクティブが自信を持ってオススメできると感じた部分は以下の通り。

  • 20代の未経験者に対しての圧倒的サポート力に期待できる
  • 既卒・第二新卒(20代)向けで全国展開している
  • 担当者が融通が利きやすい
  • 面談通過率・内定率が高い

それぞれ、詳しく解説してまいります。

20代の未経験者に対しての圧倒的サポート力に期待できる

ハタラクティブの圧倒的な強みとしては、20代の未経験者に対しての圧倒的なサポート力に期待できる点でしょう。

ハタラクティブの公式サイト内を見るとわかりますが「中卒、高卒、既卒、第二新卒、大学中退、ニート、フリーター」など、一般的な就職コースから外れた人材全般に対応しております。

他の20代・既卒・第二新卒向けのの転職支援サービスも幅広く対応してはいるのですが、ここまで明確に「どんな経歴でもOK」と公式で明記しているのは、ハタラクティブぐらいです。

最大手の「リクルートエージェント」「doda(デューダ)」なども、建前上は「経歴不問・誰でも登録できる」のですが、以下の不安点が残ります。

20代の未経験者が大手転職エージェントを使う場合の不安点

  • 全キャリア対応なので、経歴がない人は対応が後回しになりがち(紹介できる求人がない場合も)
  • 大手は効率重視・ビジネスライクなので、担当者の対応力に不安が残る
  • 紹介企業が「広く浅く」の傾向にあるので、人柄・人間性重視の企業とは出会いにくい(リクルートの場合、小さめの企業は「就職Shop」と分けている)
  • 経歴から機械的に紹介求人を紹介する仕組みのため、経歴がない人は不利になりやすい

関連:職歴なしでも転職エージェントは利用できるのか?20代の元フリーター・現役ニートが試して見た結果…

ですので、経歴に自信がなかったり、今までの経歴とはまったく違う未経験職に就きたい場合は、まずはハタラクティブを利用してみるといいでしょう。

既卒・第二新卒向けで全国展開

ハタラクティブの圧倒的強みといえば、20代・既卒・第二新卒向けのサービスとしては、全国展開しているというところでしょう。

2018年までは東京都内の拠点のみだったのですが、その後徐々に事業展開していき、今では全国展開の大手の人材サービスレベルになってきております。

以下の表に競合サービスの面談拠点をまとめておりますが、既卒・第二新卒・20代向けのサービスは拠点展開数が少なめだということがわかると思います。

サービス名面談拠点
ハタラクティブ渋谷、立川、池袋、秋葉原、横浜、大阪、名古屋、福岡
就職Shop銀座、新宿、立川、横浜、千葉、大宮、大阪、三宮、鳥丸
DYM就職東京、大阪、福岡、札幌、名古屋、仙台
ウズキャリ東京、大阪

現状、全国展開は「ハタクティブ」と「DYM就職」の2社のみです。※2019年2月現在

リクルート社の運営する「就職Shop」も実質的には関東・関西限定、ウズキャリも東京と大阪のみです。

担当者が電話・メール・チャットツール対応可能で融通が利く

ハタラクティブの強みといえば、担当者(カウンセラー・アドバイザー)の融通が利きやすい点にあります。

ハタラクティブを運営するレバレジーズ株式会社がIT・ベンチャー寄りなところもあり、電話相談・メール相談から、チャットツール(Skype・LINE)での相談も可能です。

ですので、忙しくて面談参加できそうにない人や、まずは電話・メールで話を進めたい方にとっても、ハタラクティブはオススメできます。

逆に大手のリクルート・マイナビ・パーソルクラスですと、一方的に求人メールを送ってくる仕組みになっているので、融通はあまり利かないです。

※ただし、面談参加後に担当者個人とやりとりする場合は別。

面談通過率・内定率が高くて効率よく転職できる

ハタラクティブのオススメ出来る点は、なんと言っても高い内定率です。

面談通過率は90%以上、内定通過率は80%以上と、非常に高い数字になっております。

また、最短2週間での内定成功の実績もあり、非常に効率よく転職活動を進められます。

これが下手な転職エージェントですと、

「受かる見込みもない企業に無理やり応募させられる…」
「面談の時間が長すぎて、ちっとも転職活動が進まない…」
「そもそも面談に呼ばれない…」

…ということもあるので、20代の方で効率を重視したいなら、ハタラクティブは最もオススメできます。

ただ、その分、面談にかける時間が短くなってフォローが弱くなりやすい点は、あらかじめ知っておきたいです。

面談の対応の丁寧さを重視する場合は、以下のサービスと使い分けておくといいでしょう。

ハタラクティブと逆の対応重視のエージェント

既卒・第二新卒向けウズキャリ

キャリア層向けパソナキャリアメイテックネクスト(理系向け)、など

また、登録の際に「まだ本当に活動するか決めていない」「3ヶ月以上先」などにチェックを入れておけば、急かされる心配もなくなります。

もちろん、すぐにでも転職先を決めたいなら「できるだけ早く」でOKです。

ハタラクティブの登録の流れ

以上のオススメポイントを見て、

「ハタラクティブを使ってみようかな…」
「でも本当に転職出来るか不安…」
「登録後の流れがわからない…」

…とお悩みの読者もいることでしょう。

ですので、最後までお読みいただいている方に「ハタラクティブ登録後もチャンスを逃さずに使いこなす方法」まで、ご紹介していきます。

ステップ1:現在の状況とご希望条件

ハタラクティブ公式サイトにアクセスすると、上の画像のような入力フォームが出てきます。

現在、離職中(既卒・無職・ニート)・フリーター・契約社員・派遣社員の方は一番左の「離職中・フリーター」にチェック、正社員の方は「正社員」に入力しておけばOKです。

また、専門学校・大学に在学中の方は該当項目にチェックしておき、一番下の卒業見込み年度も記入しておきましょう。

気をつけておきたいのが「就職開始可能時期」という項目で、業者側が利用者の転職意欲を測る用途でチェックしますので、素直に自分の方針通りに記入しておくと、担当者との食い違いも起こらずに済むはずです。

※離職中・フリーターの方でも、急ぐ気がないのであれば「まだ本当に活動するか決めていない」にチェックを入れておくと、急かされにくいです。

ステップ2.基本情報の入力

次へ進みますと、基本的な個人情報の入力画面となります。

このステップで気をつけておきたいことは「勤務希望地」の項目です。

チェックリストの該当地に希望の方であれば、そのまま入力すればOKなのですが、逆に「勤務地がまだ決まっていない」「地方住まいだけど上京しようと思っている」という方であれば「東京都」にチェックしておくといいでしょう。

登録段階では希望勤務地はあくまで目安でしかないので、詳細は面談で詰めていくことになりますので、考えすぎずに入力しておいても問題ありません。

ステップ3.連絡先の入力

最後に連絡先の入力が必要になるのですが、この項目ではいくつか注意点があります。

まず当たり前のことではありますが、携帯番号・メールアドレスは間違いがないかしっかりチェックした上で、登録ボタンを押すようにしましょう。

また、日中の電話対応が厳しい方は「ご要望欄」に、必ず都合のいい連絡時間を入れておくといいです。

電話対応が苦手でメール連絡を中心にして欲しいという場合は、その旨も予め記入しておくと、スムーズに話が進められます。

ただし、ハタラクティブ側では電話対応で本人確認がとれ次第、正式な登録が完了する仕組みになっていますので、初動は必ず電話対応をする必要があることは覚えておきましょう。

メール受信を可能な状態にしておこう

登録の際に確認しておきたいのですが、必ずメールアドレスはハタラクティブ側から受信可能な状態にしておきましょう。

  • 毎日チェックするメールアドレスで登録しておく
  • 通知がしっかり確認できるメールアドレスで登録しておく
  • 求人案内などを受け取ることもあるので、出来れば転職用のメールアドレスを用意しておくとベター
  • メール受信のドメイン指定をしている人は「@leverrages」からのメールを受け取れるようにしておく

メールもしくはお電話にてやり取りを行わせていただいております。ドメイン指定を行われている方は、「@leverages」からのドメイン解除をお願いいたします。

ただし、初期対応は電話対応が基本になり、その後はLINEでの連絡対応などもしてくれますので、柔軟に相談しておくといいでしょう。

ハタラクティブの連絡先を追加して受信できるようにしておこう

ハタラクティブの登録後、数日以内に連絡があります。

その際の連絡番号ですが「0120-979-185」となりますので、

  • 知らない電話番号は受けない
  • サービスに登録したことを忘れがち
  • 連絡を逃してしまわないか心配

…という方は「事前に連絡先に追加しておく」「メモしておく」などして、しっかり対応できるようにしておきましょう。

なお、私が広告代理店経由でよく聞くお話としては「電話を10回かけても出ない」「不在着信が続く人はブラックリストに入れる(=今後再登録する際に不利になる)」などの例もあります。

何度も説明していますが、ハタラクティブ側では電話対応確認=本人確認終了という処理が行われているので、必ず初動の電話対応だけはしっかり済ませられる体制を整えておいてください。

正式な登録が終わりますと、自分に合わせた求人情報の提供や、担当者により具体的な相談が出来るようになりますが、正式な登録が済まないとまったく話が進まないので、チャンスを逃す結果となります。

また、仮に電話対応が出来なかった場合は早めに折り返し連絡をしておくなどの、対応もしておくと間違いありません。

社会人としての常識ではありますが、割と出来ていない方も多いですので、他の利用者と差をつけたいのであれば、まずは最初の基本的な対応だけでもしっかりしておきたいものです。

以下の記事にも、転職エージェントの登録後の対応方法について詳しくまとめていますので、ぜひご確認ください。

ハタラクティブのまとめ

以上、ハタラクティブのオススメポイントまとめでしたが、いかがでしたでしょうか?

転職活動はタイミングが勝負ですので、登録するなら早めにしておいて損はありません。

以下に当記事の要点をまとめましたので、転職しようか悩んでいる方は、この機会にハタラクティブを活用してみてください。

ハタラクティブのオススメポイント

  • 20代の未経験者に対しての圧倒的サポート力に期待できる
  • 既卒・第二新卒(20代)向けで全国展開している
  • 担当者が融通が利きやすい
  • 面談通過率・内定率が高い

ハタラクティブの利用の流れ

  1. ハタラクティブ公式サイトにアクセス
  2. 手順に従って必要項目を記入
  3. 登録完了後、正式登録確認のメールが届く
  4. 後日、電話やメールにて日程調整の連絡が来るので対応していけばOK

ハタラクティブ登録の際のコツ

  • すぐに転職先を決めたいなら「できるだけ早く」にチェック
  • ゆっくり転職を進めたいなら「まだ本当に活動するか決めていない」をチェック
  • 電話通知を必ず受けられるようにしておく←電話番号「0120-979-185」から通知が来る
  • メールアドレスも普段からチェックしやすいもので登録する
  • 万が一、不在着信をした場合は折り返し連絡すればOK

ハタラクティブについてより詳しい情報が気になる方や、不安の残る方は、以下の記事にデメリットなどもまとめておりますので、こちらもご参考に。

今は景気が上向きで、20代の未経験者でもかなり楽に就職・転職先が決まりやすい状況が続いていますので、早めに行動しておきましょう。

 

ハタラクティブ
 

タイトルとURLをコピーしました