だまされた!ハローワークの求人はウソばっかり!就職に失敗した私の体験談

みなさん、だまされないでください。

ハローワークの求人内容はウソばっかりです。

適当に書いて、適当に募集している会社がとても多いです。

なぜ、そんなことが許されるのでしょうか。

今回は私の体験談も交え、ハローワークがウソだらけの求人票になる理由と、対処法をお伝えします。

ハローワークの求人内容がなぜウソばっかりになるのか?

まずは、なぜハローワークの求人内容ばかりになるのか、説明していきます。

ハローワークの求人がウソばっかりなのは、もうだいぶ前から言われていますが、改善の兆しが見られません。

多分、今後も改善しないと思いますね。

参考外部サイト:手当あり→実はなし 求人票の「ウソ」に苦情多発 |日本日経新聞

この記事を見ればわかりますが、

ハローワークで求人する企業は、厚労省が定めた申込書に賃金や就業時間、休日数などを記入する仕組み。同省の担当者は「求職者に誤解が生じないよう記載の仕方を指導している」と話す。ただ、記載内容が実態と違っても法的な罰則はなく、企業のモラルに任されている面が強い

と、企業のモラルなんていう、信用もクソもないものが基準で、求人票が受理されちゃうわけですね。

また、決して企業の人事に法律の知識があるわけでもないので、労働法を破った勤務実態を強要することに、罪悪感がない人もたくさんいます。

まあ、これは仕方ないと思います。

企業側の求人内容と実態を、いちいち調査していたら、税金を使って職員を多数採用しないといけないわけですからね。

そして、求人内容と実態が違っても罰則がないので、もはや企業側のやりたい放題になるわけですね。

これの何が悪いかというと、ほとんどの場合「採用担当や経営者にも悪意があるわけでない」というところですね。

どういうことかという「ウチでは当たり前だからお前もそうしろ」という、無自覚な悪が許されてしまうわけです。

そういった企業は、もちろん法知識や、求人サービスにお金を払うという発想がないので、平然とウソだらけの求人票を出し続けます。

そして、知識のない求職者を理不尽に使い潰すわけですね。

ハローワークは、情弱専用の、ブラックな求人サービスなんです。

なるべくして、そういう仕組みになっているわけですね。

お役所仕事なんて、所詮その程度です。

ハローワークの仕組みがなぜ変わらないのか?

ネットの普及により、より精度の高いマッチングが、あらゆる分野で可能になりました。

求人サービスは言うまでもなく、恋活・婚活で恋愛する人も増えましたし、法人向けサービスにしても、ネットで探すことなんて今どき珍しくないでしょう。

また、趣味のコミュニティなんかも、ネットで探したほうが、いい情報や自分に近しい人が見つかるわけです。

そんな情報化社会においても、ハローワークは一切形を変えることなく、古臭いシステムを使い続けています。

ハローワーク公式サイトを見てください。

参考リンク:ハローワークインターネットサービス

未だに2000年台のようなページレイアウトに、モバイルデザイン対応すらしていません。

時代遅れもいいところです。

しかも、検索システムも酷いです。

業種区分が非常にわかりにくく、これでは自分に適正のある仕事なんて見つかるはずがありません。

では、なぜそのシステムが変わらないからというと、お役所仕事って仕組みを変えるのにクソほど申請を通さないといけないからです。また、業界内部にそれだけの発想力・実行力もない人ばかりなのも理由でしょうね。政治家や公務員見ておけばわかりますが、公務員の優先事項は「問題の対処」が第一です。とりあえず問題なく職業斡旋できているハローワークの改革なんて、優先順位は低いわけです。

言ってしまえば、ハローワークを利用するのなんて、スマホも持っていない、IT知識もないような高齢者ぐらいなもんなんです。

若者はハローワークを利用するべきではありません。

ハローワークのウソ求人にだまされた体験談

そういったことを知らなかった私は、ハローワークのウソ求人にだまされ、半年間を無駄にしました。

月収20万以上、研修期間3ヶ月、交通費支給あり、ボーナスあり、土日休み、月残業30時間未満

私が就職したのは、上のような条件に惹かれてでした。

もちろん、面接の時にすべて確認しましたが、ハッキリと「求人票に書かれているとおりです」と答えていました。

しかし、実際に働いてみると、まるで実情は違いました。

出勤時刻は求人票の1時間前、退勤時刻も残業2時間以上は当たり前でした。土曜日も出勤は当たり前です。

そのことについての相手の言い分はこうです。

「君はまだ研修生だからね。戦力になるまでは我慢してね」

今思えば、まるで詐欺師の常套句のような言い分でしたね。

私はその言葉を信じて、3ヶ月間研修生として必死に働き続けました。

しかし、周りの先輩方を見ていても、私と同じような働き方でしたので「本当に求人票通りの仕事ができるの?」と不安になりました。

その不安は的中しました。

3ヶ月過ぎて研修生から正社員扱いされた時に、求人票の内容を問いただしました。

「君はまだそんなこと覚えてたの?求人票と仕事の内容が違うのなんてどこでもあるでしょ?そうじゃないと、仕事なんてやっていけないの。社会を舐めてるの?」

…なんて、悪びれることもなく、私を威圧してきました。

しかし、その時の私は、給料も残業手当もしっかり出ていたので、なんとか納得して仕事を続けることにしました。

しかし、半年経って、ボーナス支給タイミングになって、私はこの会社が詐欺同然の会社だと確信しました。

「君は新人だからボーナスなしね」

などと、平然と言ってきました。

そして、周りの従業員に聞いた所、ボーナスと言っても実は1万円までしか支給されなく、昇給もほとんどないそうです。

私は脱力すると、すぐに辞表を提出しました。

「はあ?もう辞めるの?最近の若者は根性ないなあ」

などと言っていましたが、気にせずに退職しました。

ハローワークに相談するも、塩対応

私は退職後、ハローワークに求人票の内容と実態がまるで違うことを報告しに行きました。

しかし、ハローワークの担当は

「それ証拠はあるの?証拠がないのにそんなこと言われてもなあ…」

と、対応されました。

これは後から知ったことなんですが、監査所を動かすには、決定的な証拠がなければいけないことが多いそうです。

それこそ、ネットの愚痴のようなレベルで監査所が動いていては、職員の仕事が追いつかなくなるからです。

なので、実際には泣き寝入りになることがほとんどなんです。

この国、とくに公務・法務に関しては、知識がない人間に対しては残酷なまでに厳しいです。

そういった「大人の世界」を学ぶには、この就職の失敗はいい経験だったと思います。

大人になったら、ハローワークを利用するのはやめましょう。

就職・転職サービスをしっかり使おう!

このように、ハローワークはクソ求人システムですので、本当に仕事に困った時だけの利用にするべきです。

スマホ代を払うぐらいの余裕がある人なら、もっといい求人サービスを使えるわけですからね。

また、企業が運営する求人サービスは、ブラック企業やウソ求人ばっかり出していては信用もなくなるため、しっかり実態の調査や利用者のクレームに対応してます。

なので、ハローワークのような地雷求人を踏むリスクは格段に減ります。

そして、すべて無料で利用できるので、ハローワークの見にくい求人情報とにらめっこするよりも、断然効率的ですね。

フリーター・ニートで大手求人サービスで仕事が見つからないような人は、まず「就職Shop」「JAIC(ジェイック)」「ハタラクティブ」あたりの就職支援サービスは登録しておきましょう。

ハローワークよりも断然こっちのほうが将来性のある企業が見つかります。面談に参加すれば、より具体的なアドバイスももらえ、自分に合ったいい就職先が見つかります。

転職エージェントもオススメです

その他の、学歴や経歴のある方は転職エージェントが断然オススメですね。

転職エージェントとは、キャリアアドバイザーなどが企業との仲介役になってくれるので、効率よく自分に合った転職先の見つけられるサービスです。

関連:転職エージェントのしくみとメリットを徹底解説!誰でも楽に転職成功できる合理的な理由とは?

「転職」とついているので勘違いされる方もいるのですが、現在無職の方でもしっかりサポートしてくれます。

とくに、現在職のない方は優先的に対応してもらえるので、スピード転職でいい勤め先が見つかる可能性が圧倒的に高いです。

一般職の方であれば、通常は土日に面談が殺到しますが、現在無職の方は平日にも活動できるので、転職エージェントからのサポートをフルに活かせます。

ハローワークを利用するぐらいなら、無料で良質なサポートの受けられる転職エージェントを使いましょう。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ