引きこもりに向いてる仕事13選【在宅でできるWEBの仕事から農業まで徹底解説】

中途半端な人にとって、この世には会社に忠誠心を持って一途に仕事に励んだり、あるいは一つの道を極める高いプロ意識が求められる仕事が多く感じ、気楽にこなせる仕事がないと悩んでいるかもしれません。

ですが、世の中には中途半端な人でもこなせる仕事はたくさんあります。

というのも「中途半端」と言うと聞こえが悪いですが、それは裏を返せば「何でもそれなりにこなせるオールラウンダー」「どんな仕事もほどほどにこなせる」とも言い換えられ、そのような人物は企業にとってもなくてはならない存在だからです。

大切はことは、まず自分の性格をよく理解した上で、どんな仕事が自分に合っているのかをよく調べて、求人情報や面接を通して自分に合っているかどうかを見極めていくことです。

当記事では、中途半端な人に向いてる適職をいくつかご紹介した上で、実際に見つけ出すためのコツや方法まで、合わせてご紹介していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

引きこもりに向いてる仕事【解説付き】

引きこもりに向いてる仕事は、以下の通りです。

  • YouTuber
  • プログラマー
  • ゲームプログラマー
  • ブロガー
  • WEBライター
  • 動画編集者
  • WEBサイト制作者
  • マーケティングリサーチャー
  • イラストレーター
  • 写真家(カメラマン)
  • 電話受付スタッフ
  • ナレーター
  • 農業従事者

在宅でも可能なクリエイティブな仕事全般の適性が高く、引きこもり人材が活躍している事例も少なくはありません。また、引きこもり特有の課題を解消するために思い切って農業に挑戦してみたり、在宅勤務可能な電話受付スタッフやナレーターとして対人コミュニケーションを経験していく方法もあります。

コロナの影響で在宅ワークの必要性が見直されたこともあり、引きこもり人材が活躍できるチャンスは増加傾向です。ぜひ、自分が興味のある仕事を見つけ出してみてください。

YouTuber

ユーチューブ(YouTube)では動画の閲覧数に応じて広告収入を得られるシステムがあり、それを使って収入を得ている人をユーチューバーと呼んでいます。ユーチューバーとしてのみで生計を立てている人はまだ国内では少ないですが、なかには年収が数千万円を超える人もいます。

ユーチューブへの動画投稿は誰でも可能で、動画内に広告を掲載することで広告収入が得られるようになる。広告収入は動画の閲覧数によって増えるため、多くの広告収入を得るには、より多くの人に自分の動画を見てもらう必要があります。視聴者を引き付ける魅力的な動画を配信できるかどうかがユーチューバーとしての成功に繋がりますが、技術やセンスが優れているからといって動画の閲覧数が伸びるとは限らず、運も絡んでくる難しい職業といえるでしょう。

いかに人が見たくなる動画を作れる才能を持っているなら、引きこもりがちな性格の人にも目指せる職業でしょう。

プログラマー

プログラマーは、ソフトウェアや物流や金融システムなどの設計仕様書をもとに、プログラム言語を用いてコンピューターに行なわせたい情報処理の手順を指示するソースコードを作成するのが仕事です。プログラム言語とひとことで言ってもシステムやソフトウェアに合わせて、さまざまな言語を使うため、プログラム言語の習得は必須となります。また、プログラムを仕様書どおりにつくったとしても意図する動きにならない場合が多くあり。そういった不具合を見つけて、修正することもプログラマーの重要な仕事です。

プログラマーに必要な資質は

  • 論理的な思考
  • 根気と忍耐力
  • コミュニケーション能力

などになります。

プログラマーになるには、大学や専門学校でプログラミングに関する専門知識を身に付けた上で、IT企業やソフトウェアの開発会社に就職するのが一般的です。

単純な仕事を効率化していく必要のある仕事なので、引きこもりがちな性格の人にも向いている職業かもしれません。

ゲームプログラマー

テレビゲーム、携帯ゲーム機、スマホ、ウェブ系、オンライン系、SNS(交流サイト)系など、多様化しているゲームの形態に合わせたプログラム言語を用いて、ゲームが快適に動くようにプログラムをつくり上げていくのがゲームプログラマーの仕事です。

ゲームプログラマーになるには「C++」「Ruby」「Swift」「Unity」などのゲーム開発で用いられているプログラミング言語を習得した上で就職・転職活動に望むといいでしょう。

ゲーム制作のプログラミングに興味があるなら、引きこもりがちな性格の人にも向いている職業かもしれません。

ブロガー

インターネット上でブログを公開し、それによって収入を得ているのがブロガーです。収入はブログに掲載されたアフィリエイト広告などによるものがメインであり、生計を立てるまでの収入を得るには膨大な閲覧数が必要になります。また、企業とのスポンサー契約などで収入を得ることもできます。たとえば、人気の旅行ブログを持つブロガーと出版社が契約してプロのトラベラーとして活躍するケースもあります。

ブログをつくること自体はネット環境などが整っていれば誰でもできますが、ブロガーで収入を得るためには膨大な数の閲覧者が訪れる人気ブログをつくらなければなりません。そのためには、閲覧者が興味を持ち楽しめる記事を発信することはもちろん、常に新しい情報を発信するため、こまめな更新が必須になります。高い人気を誇るブログの中には1日に数度も更新するところがあるほどです。ブロガーに必要な資格などはとくにありませんが、文章や写真の技術を学んでおくと記事制作に役立ちます。

自宅のパソコンとネット環境が整っていれば、引きこもりがちな性格の人に向いている職業といえるでしょう。

WEBライター

ライターとはその名の通り、文章や原稿を書くことで収入を得ている人を指します。
元々は出版社や新聞社の編集から依頼を受けて原稿作成することが大半でしたが、近年ではインターネット上で公開する記事の原稿制作を行う「WEBライター」の仕事を指すことも増えています。
ライターになるには文章さえ書ければ特殊なスキルは必要ありませんが、何らかの専門的な知識や経験があった方が報酬単価の高い依頼を受けやすくなることは間違いありません。
専門ライターには、以下のような種類があります。

美容ライター美容に関する情報(スキンケアやメイクなど)を取材し執筆する。掲載の場は、女性雑誌をはじめ、化粧品会社のPR媒体、ウェブ媒体の美容コラムなど。
料理ライター行列のできるレストランや隠れた名店など、話題の店を訪ねて試食し、記事にまとめるのが料理ライターの仕事。料理研究家のつくったレシピを読者にわかりやすくリライトするという作業も行なう。
テクニカルライターコンピューターやOA機器をはじめとした各種電気製品につきものの精密なマニュアルや取扱説明書のほか、カタログや点検マニ ュアルなどを執筆するのがテクニカルライターの仕事。さまざまな製品の仕事をこなすためには、製品や技術に関する幅広い知識が必要になる。
トラベルライタートラベルライターは、旅をする人のためにその土地の情報を取材し、記事にまとめて提供する。観光スポットや宿泊施設、名所旧跡やグルメ情報など、紹介する記事はさまざま。
スポーツライター新聞、雑誌、本、ホームページ等にスポーツの記事を書く職業。スポーツが対象となるのでプロ・アマを問わずスポーツ経験があると取材に役立つ。
メディカルライター専門用語が理解できる医療従事者や製薬 業界向けに、薬事申請や研究推進、研究成果発表を目的とする文書を作成する。高い専門知識が必要で、規定の形式や表現、 論理構造を用いることも求められる。
健康ライター健康に関する情報を取材し執筆する。 掲載の場は、健康雑誌をはじめ、医薬品会社のPR媒体、ウェブ媒体の健康コラムなど、幅広い。
サイエンスライター難解な科学や技術の研究の成果を専門外の人にでも読めるように分かりやすく解説するライター。科学ジャーナリス トともいう。

ライターとして生計を立てたいなら、出版社などからフリーで仕事を請け負う手もありますが、最近では「クラウドワークス」などのクラウドソーシング(ネット上で仕事の受発注ができるサービス)を活用して、未経験からWEBライターの仕事に挑戦することも可能です。

動画編集者

アニメーション作成は絵を描いたり3Dポリゴンを作るだけではなく、それらを組み合わせ動画編集を行なうことも重要なことです。動画編集のみを仕事としている人を動画編集者と呼びます。

動画編集者になる場合、アニメだけに限らずにさまざまな実写映像などでもスキルを応用できるため、活躍の場が広い職種でしょう。近年ではYouTubeなどの動画市場の拡大に伴い、動画編集者の需要も急増しています。プロの動画編集現場では「Adobe Premire Pro」が使われていることが多く、使用経験があるほど動画編集者として即戦力として採用されやすいでしょう。

動画編集はフリーランスで自宅でも請け負えるため、引きこもりがちな性格の人にも向いている職業といえるでしょう。

WEBサイト制作者

マーケティングリサーチャー

マーケティングリサーチャーは、企業や団体の依頼を受けて、ある特定の商品の需要や消費者のニーズ、販売実績や購入者層の分布といった、ヒット商品を生み出すために必要なデータやマーケットの動きなどを調査・分析するのが仕事です。

初歩的な仕事はデータ入力や収集が主となるため、簡単なパソコン操作さえできれば誰でもできる簡単な仕事だと言えます。

また、広い意味では交通量調査を行う仕事や、調査で集めたデータをパソコンに入力する人もマーケティングリサーチャーに含まれます。

もし、マーケティングリサーチャーとしてデータ入力の仕事をしたいのであれば、まずは大手求人サイトで「リサーチャー」「調査」「データ入力」などの単語で調べてみるといいでしょう。

パソコンでデータを入力していくため、引きこもりがちな性格の人にも向いている職業だといえるでしょう。

イラストレーター

写真家(カメラマン)

コールセンタースタッフ(テレコミュニケーター)

多くの企業がコールセンターを設置し、顧客から寄せられた声を経営や商品、サービスの開発や改良のため、あるいは顧客満足度や企業イメージの向上のために役立てています。そのコールセンターで顧客に応対するのがコールセンタースタッフです。テレコミュニケーターとも呼ばれています。

コールセンタースタッフに必要なスキル

  • 正しい敬語でコミュニケーションできること
  • 電話やメールの素早く的確な対応能力
  • 英語や中国語などの語学力があるとなお良し

コールセンタースタッフになるには、求人広告を通じて採用されるのが一般的です、人材派遣会社から採用されるケースも多いです。特別な資格や学歴は必要ないため、未経験者でも入りやすい職業といえます。

丁寧な電話対応ができるのであれば、引きこもりがちな性格の人にも向いている職業かもしれません。

アナウンサー

アナウンサーの仕事は「テレビやラジオの報道番組で視聴者に二ュースを伝えること」「スポーツの実況中継やナレーション」「司会」など幅広くあります。映像に合わせて声を入れるナレーターは「俳優」「タレント」「声優」が行なうこともあります。

アナウンサーに求めれるスキルとしては「正確な日本語を扱う国語力」「正しい日本語を発声・発音で話す能力」はもちろん、報道番組では実際に現場に足を運んで取材することもあるので体力や気力も必要とされます。また、司会進行を務める場合は、台本を覚えておくだけでなくアドリブを入れて番組を盛り上げたりスムーズに進行させる「ファシリテーション能力(司会として会話を回す能力)」も求められます。

主要テレビ局のアナウンサーの入社試験は難関で、競争率が数千倍にもおよびます。大学在学中からアナウンサーの養成学校などへ通う人も少なくありません。局アナとしてある程度働いたのちにフリーとして独立する人も多くいます。

番組の看板となるような声や滑舌の良さを活かせるならば、引きこもりがちな性格の人にも目指せる職業かもしれません。

ラジオパーソナリティー

ラジオ放送局でリスナー(視聴取者)のために音楽やアーティストの情報を言葉で伝えるのがラジオパーソナリティの仕事です。また「ラジオDJ(ディスクジョッキー)」と呼ばれることもあります。

近年では、既存のラジオ局以外に「コミュニティFM局」も増えており、地域密着した市民参加型の番組や防災や災害に役立つ放送を行うこともあります。

ラジオパーソナリティやDJとして活躍するためには、幅広い知識をはじめ、生放送でアドリブや笑いのとれるセンスや話題の豊富さが必要とされます。

ラジオパーソナリティ(ラジオDJ) を目指すのなら、ラジオ局へ入社するのが現実的です。第一線で活躍するラジオパーソナリティのなかには、大学在学中にアナウンサーの養成学校に通い、専門知識と実践力を身に付ける人も多くいるようです。地方などのローカルFM局などでは、オーディションを行なってパーソナリティを誕生させているところもあります。

視聴者に愛される番組となるよう、豊富の知識をもとに多くの話題を提供できるのであれば、引きこもりがちな性格の人にも目指せる職業かもしれません。

農業従事者

農業分野で専門知識を学び、自然科学や社会科学の知識や技術を活用して、研究・技術開発・技術の普及などを行うのが、農業技術者の役割です。
たとえば、農業試験場では、よりおいしく、病気や害虫に強く、収穫量の多い品種をつくるために様々な改良・研究が日夜続けられていますが、それも農業技術者の典型的な仕事のひとつです。

農業技術者が活躍している分野は幅広く、国や都道府県の研究機関をはじめ、農協や種苗会社、農薬・肥料会社、食品会社などでの商品開発や品質管理、建設会社で農地土木にあたる、貿易商社で農産物の輸出入業務を行ったりもしています。

農作物に興味があるのであれば、引きこもりがちな性格の人にも目指せる職業かもしれません。

引きこもりに向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手の「リクルートエージェント」は20万件以上の求人を取り扱っており、自分の経歴や希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえるため、向いてる仕事を探してる人は必ず利用しておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントをオススメする理由|初心者でも使いこなすための全知識を徹底解説!

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで転職に関する情報を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を絞り込むには最適な転職エージェントだと言えます。今回、この記事で紹介したような仕事も非公開求人として多数紹介されているため、具体的な求人内容を知っておく意味でも登録しておくだけ損はありません。

転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけでも済ませておくといいでしょう。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました