【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

レベルの低い職場の特徴。周りのレベルが低いと感じたら「成長するタイミング」

「うちの職場はレベルが低い…」
「周りのレベルが低いと感じる…」

「会社の人間の程度や民度が低い…」
「レベルの低い職場でイライラする事が増えた…」

このように感じたら
それは成長のタイミングかも…

ユダヤの教えには「馬とロバ、牛とロバ、牛と馬など、異なる種類の家畜を同じくびきにかけて働かせてはいけない」という教訓があります。

これは異なる動物同士では力や歩幅が異なるため、一緒に荷物を運ばせると片方が苦しむという教えです。

人間社会で考えれば「レベルが違う者同士で仕事をすると片方が苦しむ」ということになります。

もし、あなたが

「周りのレベルが低い…」
「周りに足を引っ張られる…」
「うちの職場はレベルが低いかも…」

と感じるようになったら、それはさらに成長するタイミングが訪れているのかもしれません。。

人は「置かれている環境」「一緒に仕事する人物」によって大きく影響を受けるもです。

大して能力がない上司の下で働けばどんなに才能もある人も腐ってしまいますし、職場内の仕事内容がショボければ成長する機会にも巡り会えません。

逆にレベルの高い環境では、周りに引っ張られて、自分も成長していくことができます。

ですので、本当に能力のある人がレベルの低い環境で働き続けることは、もはや”社会的な損失”とも言えるでしょう。

そこで当記事では「なぜ、レベルの低い職場だと思うのか?」というメカニズムを様々な視点から解き明かし、具体的にどうするべきか、数々のヒントをお届けしていきます。

▼3人に2人が年収アップ転職を実現
LHH転職エージェント」の紹介

外資系企業ならではのレベルの高いプロに相談できる転職エージェント。
登録から転職が決まるまで完全無料で徹底サポート。
全職種・業種対応、5万件以上の求人保有。
経歴のある方はもちろん、卒業後3年以内の早期離職を考える「第二新卒」にも対応。
不満の多い現状の職場から抜け出し、理想の転職を成功させたいなら一見の価値あり。

→詳細はこちら

レベルの低い職場の特徴

社会に出ると、学校のように「偏差値」「成績」「学歴」といった人のレベルを測るわかりやすい基準はありません。

レベルの高低を測るにしても「役職があるのに大して仕事ができない人」もいれば「年収が低く非正規雇用なのに仕事ができる人」もいるなど、必ずしも社会的なステータスがレベルを決めるわけではありません。

しかし、教養の有無や生まれ育ち、仕事に対する価値観や意識から、レベル差は生まれるものです。

たとえば、学歴のある人は資料や文書を理解できるまでしっかり読みますが、そうでない人は文章を読む習慣がないので難しいことを理解できない…といった例です。

そのため「自分のレベルと合わない人が集まる職場」を「レベルの低い職場と感じる」ことがあります。

そういった「レベルが低い職場」の特徴について、紹介していきます。

足を引っ張る人が多い職場

筆者の思う、ダントツでレベルの低い職場1位の特徴が「足を引っ張る人が多い職場」です。

ある調査では「能力の低い人ほど他人を下げることで自分を優秀に見せたがる」という結果が出ています。

理由は「努力して自分を向上させるよりも、他者を貶めて自分の立場を守った方が楽」だからです。

たとえば、以下のような人物に身に覚えはありませんか?

  • 他者の愚痴をばら撒いて印象操作する
    例:「あいつは〇〇だから仕事ができない」「あいつは陰で上司の悪口をばら撒いてるので信用できない」など
  • 会社の批判をして周りのモチベーションを下げる
    例:「うちはこういう会社だから頑張っても無駄だよ」「うちでは挑戦的なことはできないよ」など
  • 細かなミスや過去の経歴を攻撃材料にする
    例:「誤字脱字が多い」「君はアルバイトだからこの仕事はできない」など
  • 挑戦や努力を否定する
    例:「そのやり方はうちでは通用しない」「抜け駆けしようとしてるつもりか?」など

これらの厄介なところはやってる側も無自覚でやって行っていることが大半ということです。

そのため、上司や管理職のような人物であっても、平然と部下の足を引っ張る言動を行うこともあります。

むしろ、ベテラン社員ほど「自分の立場を守るため」「自分の無能さを隠すため」に、他者を貶めることが多いぐらいです。

たとえば、部下が自発性を持って取り組もうとした業務も「ここが違う」「お前はダメだ」と否定的な指摘しかせず、代案を出したり実例を示さない…といった具合です。

こうすることで、ポテンシャルの高い部下が成長する可能性を奪って自分の威厳を守ったり、他の社員が自分よりも能力があるとバレないようにできるわけです。

「お気持ち」「雰囲気」で仕事している人が多い

レベルの高い人…より具体的に言えば「成熟した大人」「立場のある人物」ほど、自らの感情を制御し、役割に見合った言動ができます。

一方で、そうでないレベルの低い人ほど、公私を切り分けられない感情的な言動をしがちです。

感情的な人の言動の例としては、

  • 忖度要求
    「察しろ」という雰囲気を醸し出したり「言わなくてもできるだろ」など、必要な情報や指示を伝達しない。上司や役員など上の立場に多い。
  • かまってちゃん
    愚痴や不満などのワガママをぶつけて誰かを動かそうとする。今まで周りに可愛がられてきたような人物に多い。

など。

人間は「言葉によって説明し、言葉によって理解する」という知性を持つ生き物です。

にも関わらず、無言の圧や罵声で他人を支配しようとするのは、極めて動物的な幼稚な考えの証拠だと言えるでしょう。

泣いて親の気を引こうとする

赤ちゃんみたいですね…

自分勝手な感情的な社員が有利にならないように「ルール」が存在します。

ここでいう「ルール」とは「憲法」「法律」「契約」といった社会単位のものから、「企業理念」「就業規則」「社内規則」「社内マニュアル」などの組織・職場単位のもの、学校なら「校則」など、実に様々です。

もし、こうしたルールがなければ、感情を優先して「あいつが悪い!自分が正しい」と声だけ大きい人物が有利になることでしょう。

このルールを守る意識が社内に浸透しているかどうかで「法令遵守意識(コンプライアンス)」「規律」「風紀」が統制され、会社のレベルが高くなります。

上場企業はこのような「ちゃんとルールを守っているか?」の厳しい審査があるため、結果的にまともな社員が多くなります。

しかし、レベルの低い職場では「上がルールを守っていない」「ルールを破る人物を注意しない」など、感情的な人物が甘やかされやすいことが多いです。

たとえば、ワンマン社長が「俺がルールだ!」とその場の雰囲気でルールが決まるような職場や、「ルールそのものが精神論ばかりで機能してない会社」では、上司の気分や雰囲気が優先されがちです。

働く立場からすれば
「お前の気持ちなんかどうでもいいから
さっさとやること決めろ!」という感じです

公私の線引きが曖昧

仕事や会社に求めることは人それぞれです。

レベルの高い・低いも「価値観の違い」で終わる話なこともあります。

仕事に対し「自分の能力を発揮したい」「仕事で成果を出して評価を得たい」という向上心があるわけでなく、単に「学校感覚で出社しているだけ」「暇つぶしで駄弁りにきているだけ」な人もいます。

そういった人ほど「何も考えずに仕事している」ことが多いので、自分の言動が他者に与える影響を意識しないことが多いです。

また、仕事で重視される要素も「能力や成果」ではなく「人付き合いの良さ」や「会社への帰属意識」が求められやすくなります。

その結果、以下のような、公私の切り分けができない職場環境が生まれやすくなります。

  • プライベートの恋愛や結婚について詮索してきてゴシップネタとして愉しもうとしてくる
  • 仕事に関係ないプライベートや趣味に関する話題についていけないことでグループから外される
  • ギャンブルや風俗の趣味を嗜むことを「大人の証拠」などと言って価値観を押し付けてくる
  • 飲み会の参加や地域イベントの参加が社内評価に影響する
  • 社長の愛人や親族が権力を握っているような会社

こういった価値観の職場は、仕事で能力や成果を重視する人にとって「レベルが低い」と感じやすいかもしれません。

近年では「ライフワークバランス(プライベートと仕事の両立のこと)」が重視されたり、プライベートに関して詮索すると「ハラスメント行為」に該当するリスクが高いため、まともな企業や上司ほど公私混同しない意識が高いです。

古い価値観の人が多く「会社にプライベートを捧げるのは当たり前」「プライベートに関する話題はコミュニケーションの一環」だと勘違いしており、本来、仕事に関係ない領域にまで無神経に踏み入られるリスクが高くなるからです。

よって、最新の組織運営や人事意識がないという意味でも、公私行動が当たり前となっている職場はレベルが低いと言えるでしょう。

レベルの低い会社が抱える問題

ここからは、会社のレベルが下がる原因について解説していきます。

上司などのマネジメントを行う立場であれば自社の環境を良くするために、部下の立場であれば自社の環境に改善見込みがあるかどうかを判断するために、参考にしてみてください。

上の立場の人間のリーダーシップ不足

上の立場の人間のリーダーシップがあるかどうか、模倣となり尊敬できる人物かどうかも、職場のレベルを決める要因です。

ここでいうリーダーシップとは「能力」だけでなく「人格」「モラル(倫理観や道徳)」も含みます。

たとえば、上司や社長が

  • 自分のお気に入りの若い女性社員に手を出す
  • 自分の責任を部下に押し付ける
  • 公衆の面前で部下の人格非難や差別的言動を行う
  • 「自分だけは特別」と社内のルールを守らない

といった人として尊敬できない態度を取っていたら、どれだけ仕事ができても許され難いでしょう。

働く部下の心境としては「真面目に仕事するだけバカらしい」とモチベーションの低下を招きます。

ひどい場合には「上がやっているんだから自分たちがやっても悪くない」と、会社全体の倫理観が欠如していきます。

真面目な人や頑張る人ほど損する構造

単に周りのレベルが低いだけなら気にしなければいいだけの話です。

しかし、ストレスを感じるということは「真面目な人や頑張る人ほど損する構造」になっている可能性があります。

たとえば、以下のような事例に思い当たりはありませんか?

  • 愚痴や不満を言う人ばかり注目されて、我慢している人が優遇されない
  • 自発的に提案や意見した人にすべて押し付けられ、失敗したらそいつの責任、成功したら上司の手柄
  • どれだけ頑張って会社に貢献しても昇給や出世に結びつかない
  • スキルアップや資格取得しても給料に反映されない
  • 非正規雇用(派遣社員・契約社員)なのに、正社員並の仕事を振られる
  • 逆に正社員になって責任と仕事量が増えたのに、非正規雇用時と給料が大して変わらない

このような「やる気を失う構造」があればあるほど、どれだけ熱意がある人や優秀な人でも、そのうち頑張るのがアホくさくなって、やる気のない社員となってしまいます。

人は自分の頑張りが認められないと、ついつい下の人間を「あいつは仕事ができない」と見下したり、逆に上の立場の人間を「あいつはずるい!」と批判しがちです。

しかし、実際にはイライラの原因は「真面目にやってる自分が評価されない会社の構造」にあることが大半です。

採用力が低く社内教育が為されていない

社員のレベルを決める要因に「その会社の採用力」があります。

たとえば

  • 未経験者OKで誰でも採用しているような職場
  • 非正規雇用者が多い職場(アルバイト・パート、契約社員・派遣社員など)
  • 求人がハローワークや無料求人誌など誰でも応募できる媒体
  • コネ入社などの身内びいきや地域密着型の採用ルートが多い

といった「人を選んでない=人を選ぶ余裕やノウハウがない会社」は、人材の質が低下しがちです。

とくに、現場をアルバイト人材で回さないといけない「小売業・飲食業」「工場・製造業」、派遣社員の多い「コールセンター」「販売員」などは、未経験から特別なスキルなしでも就けることあり、人材のレベルが低いと感じることが多いかもしれません。

また、採用は「採って終わり」ではなく「採った人材を使えるようにするまでの研修や教育」も重要です。

まともな人が集まる優良企業ほど、社内教育や研修制度が充実しています。

そのため、どんな人物でも「最低限、仕事ができるようになる」ように会社運営がなされています。

逆に採用力が低い企業は「従業員にしっかりとした研修や教育をしない」「教わらずとも勝手に育った人材だけ重宝する」といった、社員教育に対する意識も低いです。

そのため、仕事を続ける中で能力の上がった人ほど「周りのレベルが低いのでは?」と気づいて転職していき、そうでない「レベルの低い社員が居座り続ける状態」となるのです。

周りのレベルが低いと感じる心理

周りのレベルが低いと感じる背景には、会社側の問題もありますが、自分自身の心理的な問題や欲求の現れであるとも考えられます。

人は誰しも心の底で成長を望んでおり、自分の力を発揮できる職場環境であったり、互いに良い刺激を与え合える同僚の存在、自分を引っ張ってくれるリーダーを求めています。

一方で、周りに足を引っ張られることが多かったり、知識・教養レベルに差がありすぎると、自分の成長が阻害されていると感じて不満やストレスが蓄積していくものです。

いくつもの出会いや対人関係
困難や逆境を通して
人は変わっていくものです

ですので「周りのレベルが低い…」と感じることは一概に悪いこととも言えず、むしろ「自分の内面に確かにある感情だ」と向き合うことで大きな人生の転機となるかもしれません。

ここでは、読者自身が自分と向き合うためのヒントとして、周りのレベルが低いと感じる心理にはどういった背景が考えられるのか、解説していきます。

自分を高めることへの潜在的な成長欲求

人は誰しも、自分を高めてより成長したいという向上心を秘めているものです。

ある著書では「なんの共通目的もなく、ただ人間関係がだけがあるクラスという奇妙な集団の中ですることと言えば、恋愛ゴッコかイジメぐらいしかない」と紹介されていました。

お互いの足を引っ張り合ったり、ゴシップ話で盛り上がるしかない集団は、何の目的もなく「ただ面倒な仕事と人間関係だけがある停滞した職場環境」に成り下がり、まるで中学校のクラスのような「学校みたいな職場」だと感じ、レベルが低いと感じるかもしれません。

人間には本能的に

「より成長できる環境や対人関係の中に身を置きたい」
「自分より優れた人物に引っ張ってもらいたい」
「経験豊富な師に導いてもらいたい」

という欲求を持っています。

しかし、すべての企業がそういった欲求を満たしてくれるとは限りません。

とくに以下のような職場環境の場合、レベルが低いと感じて大きな不満を感じることでしょう。

  • 上司や先輩が人格的に尊敬できない、能力的にも目指したい姿でないと感じる
  • 成長のための教育や研修の機会が少ない職場である
  • 上下関係や組織の伝統に縛られ、新しい挑戦ができない停滞した会社である
  • 同じ仕事の繰り返し(ルーチンワーク)ばかりで業務改善や工夫の余地がない
  • 向上心の高い人物を批判したり嘲笑するような冷めた職場環境

成長を求める心は、現状の環境に満足しない原動力となり、困難に立ち向かう勇気をもたらします。

一方で、成長したい欲求に会社環境が応えてくれていないと感じると、停滞をもたらし、成長を求める人にとっては大きなストレスとなります。

スピリチュアルな表現をするなら
魂が成長を求めているのに、
成長できる環境ではない
といったところですね…

自己評価が低いがためにレベルの合わない職場環境に居続けている

「目上に腹が立つのは自分を卑下しすぎた時」という格言があります。

これは「自分自身の能力を低く見積もるあまり、自分より実力や能力が下の者で働いている」という状況において、不満が蓄積することを端的に表している格言だと言えるでしょう。

自分自身の評価を低く見積もるあまり、本来の自分よりもレベルが低い環境に居座り続けていると、周りにイライラする機会が増えるかもしれません。

とくに、目上の相手となる歳上や上司のレベルが低いと感じるなら、注意が必要です。

目上が尊敬できないで
自分の方が優秀」と感じるなら
本当にそうかもしれません

表立って口にするのはNGですけど

部下の方が優秀な職場って

結構ありますもんね…

この特徴に身に覚えがあるなら、以下のような状態に当てはまらないかチェックです。

  • 責任の軽い立場に居座り続けることで機会が得られない(非正規雇用、非管理職/マネージャーなど)
  • 年功序列型の組織で昇進機会が得られない(大手企業、公務員、古い体質の会社など)
  • 実績が可視化されにくく評価に結びつきにくい職種(技術職、研究職、事務職など)
  • 実績を自己申告しないと上に認知されないような組織風土の会社

ただし、この特徴に当てはまるからといって、自分自身が上の立場に立つことを避けていたり、より正当評価される環境に移る努力をしていないのであれば、周りのレベルがどうであれ、自分自身の行動の不足は内省すべきでしょう。

周りのレベルが低いからと言って

自分自身が変わる努力をしてないなら

他責的だと思われるからな…

レベルの低い職場では長期的なキャリアを見据えて立ち回り方を検討しておく

今回ご紹介したように、レベルの低い職場には「人」「組織」のいずれかに問題があると言えます。

そのようなレベルの職場で働き続けると、以下のようなリスクを抱え続けることとなります。

  • 真面目な人や能力のある人ほど仕事を押し付けられる
  • 対人関係面で余計なストレスや気苦労が増える
  • 上司や経営者が問題ある人物だと、模倣にならないためリーダーシップが身につかない
  • 人材教育や採用に対する意識が低いと長く勤めてもスキルが上がらない
  • 正当評価が得られにくく不相応な人物が出世して不公平感が募りやすい

総じて言えば、レベルが低い職場環境に居続けることで自分のレベルまで下がることになり、将来的に転職市場で通じないキャリアになり、人材として腐ってしまう可能性が高いです。

そうなると、今のレベルの低い会社に縋りつくだけの人材と成り下がってしまい、将来的にも自分自身も尊敬されない上司やレベルの低い部下相手に仕事し続ける結果になりかねません。

そうならないためにも、今の職場環境がレベルが低いと感じているのであれば、早い段階でキャリアを意識して転職活動を始めておくに越したことはありません。

キャリアの早い段階で、人間的に尊敬できる先輩や上司のもとで働くことで身につく人間性やスキル、適切に経営されている組織で働くことで身につく経験や実績は、後々の人生において大きな糧になります。

一方でレベルの低い組織では、行き当たりばったりの仕事やその場しのぎの対応などばかり行うこととなり、本質的なスキルやキャリア経験は身につかない上で、仕事上のストレスも非常に多いものとなります。

そのためにも、転職エージェントなどの転職支援サービスに登録しておき、プロからキャリアに関するアドバイスをもらっておいたり、求人を紹介してもらって今の自分でも転職できる企業の条件を客観的に把握しておくことをオススメします。

とくに、20代のうちは未経験の職業にも転職しやすいし、30代でも2~3年以上の勤務経歴があればキャリアアップ転職しやすい時期なので、転職支援サービス側のサポートも充実している傾向にあります。

また、若いうちは思っている以上に人材会社や採用企業からの需要が高いため、数多く登場している様々な転職支援サービスの中から自分に合ったものを選びやすいという点で、早めに転職支援サービスを活用して使用感を確かめておく価値は高めです。

サービス登録後も、面談をしっかりと受けてアドバイスどおりに転職活動すれば思っている以上に簡単に内定がもらえるものですから、早いうちに利用しておいて損はないでしょう。

仮に、すぐに転職する気がない場合でも、

  • 転職すれば、本当に年収や待遇が良くなるのか知れる
  • 今の自分の職歴でどんな求人が送られてくるか実態を掴める
  • 自分が就きたい職種や会社に転職するためのスキルや経歴の条件を知れる
  • 情報を得ることで将来自分が目指したい人材像に合わせてキャリア計画を建てられる

というメリットもあり、自分のペースに合わせた使い方もできるため、今の仕事内容や職場環境に満足できていないのであれば、登録しておいてプロの話を聞いたり求人紹介を受けるだけでも、転職に対して一歩前進できます。

なお、転職支援サービスの大半は、採用企業側が費用負担していることから利用者側は完全無料で使えるため、今回、少しでも転職の可能性が気になった方は、この機会にぜひ登録だけでも済ませてみてください。

当サイトで独自に転職サービスの調査をした結果、オススメできる転職支援サービスを以下に解説付きでご紹介していきます。

※多くの転職サービスの情報や人材業界の動向を調査した上で、当サイトの読者層やその悩みを分析し、その上でもっとも転職成功率や利用満足度が期待できそうなサービスを選定しています。

厳選!オススメの転職支援サービス!

  • LHH転職エージェント ←満足度重視なら必見!
    外資系企業アデコの運営する転職エージェント。国内企業運営の転職エージェントと異なり、担当者となるコンサルタントが求職者-企業双方の調整や交渉を行うため、詳細な求人情報の提供やきめ細やかな転職サポートに期待できる。取り扱い求人は全業種・職種対応なので、国内大手エージェントに満足できない人は使ってみる価値あり。
  • ポジウィルキャリア人生設計レベルでキャリアサポート!
    転職エージェントではサポート範囲外となる「転職しないで現職で成功する方法」「自己分析」からフリーランス・起業など、人生設計レベルでキャリア形成の支援を行ってくれるキャリアコーチングサービス。本格的なキャリアアップ転職を志すなら利用価値大。
  • WorX(ワークス) ←未経験でも異業種転職できる!
    他の転職サービスと異なり、未経験者でも異業種転職のサポートを行っているのが最大の強み。また、登録後に適職診断も行っているため、どんな仕事が自分に向いているか悩んでいる人も利用してみる価値あり。

ここで紹介する転職支援サービスは、事務的な対応が目立つ大手転職サービスとは違い、

  • 利用者に合わせて求人提案や情報提供を行ってくれる
  • 必要に応じて研修やスキルアップ講座も提供
  • 他社にはない独自の転職ノウハウや求人情報を保有している
  • 大手転職サービスだと相手にされない経歴の人でもサポートに期待できる

など、多くの転職サービスがあふれている中、ここで紹介するサービスは「どこを選んでもいいかわからない…」「有名な転職サービスに登録してみてもサポートが不十分…」と悩んでいる人でも満足できる可能性が高いです。

以下に、各サービスの特徴や登録すべき人などの情報を紹介していきますので、気になった方はぜひ最後まで読んでみてください。また各サービスの紹介ページに登録後に他の利用者と差をつけて有利になるためのサービス利用方法も解説しているので、こちらも合わせて参考にしてみてください。

ぜひ、当サイトの情報を有効活用し、読者ご自身のより良いキャリアや働き方につなげるきっかけにしていただければ幸いです。

担当者個人の高い提案力に期待できる
「LHH転職エージェント」

次にご紹介したいのが、世界60カ国に展開している外資系の人材企業アデコが運営する「LHH転職エージェント」です。※2023年4月に名称を「Spring転職エージェント」より「LHH転職エージェント」に変更

LHH転職エージェントは、国内有名転職エージェントと同じで全職種・業種、幅広い年齢層が対象の総合型転職エージェントですが、国内エージェントと違い「360度式コンサルティング」と呼ばれる運営体制により、担当者個人が求職者と紹介先企業双方をつなぐため、密接なサポートやより精度の高い求人情報の提供に期待できる点が強みです。

国内の有名転職エージェントですと、分業型なので「担当者が紹介先企業を求人情報でしか判断していない」ということもあり、事務的な対応になりやすいという欠点があります。また、紹介先企業の情報について詳しく知りたいと質問しても、回答をはぐらかすといった事態にも出くわしやすいです。

加えて言えば、紹介される求人情報も登録時の希望条件や職務経歴書から機械的に選別されるため、本当に自分に合った求人情報が得られにくいという実情もあります。そればかりか、希望とズレた求人が一度に数十件も送られてくる…という事態も国内大手エージェント利用時にはよくある事態です。

その点、LHH転職エージェントでは、担当者が直接受け持っている紹介先企業の求人を精査して紹介してくれるため、求人情報の質も高く、本当に自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる可能性が高いため、良質な転職サポートを受けたい方にはオススメです。

また、国内有名エージェントですと、求人応募時や面接時のサポートも「とにかく応募して」と適当になりやすく仲介価値に疑問が残ることも多いですが、LHH転職エージェントは担当者個人が求職者-紹介先企業双方を受け持っていることもあり、細かな調整や交渉も行ってくれます。

たとえば、当サイトで得ているLHH転職エージェントを利用して転職を成功させた者の報告では「面接前に、面接官の事前情報を伝達してもらい、面接対策がスムーズに進んだ」といった声があります。

加えて、LHH転職エージェントでは、担当者となるコンサルタントとして業界・職種に詳しい専門知識の豊富な者が配置されているため、自分の経歴や希望と噛み合えば非常に頼もしいサポートが得られることもあります。

いずれにしても、機械的な求人紹介や事務的な対応になりやすい国内有名エージェントと異なり、外資系企業ならではの担当者個人の提案力や調整力に期待できるエージェントという点で、転職を検討しているなら一度は使っておくべき価値が高いのがLHH転職エージェントだと言えます。

登録後の案内・求人紹介段階から、国内エージェントとは違った色合いがすぐに実感できると思いますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

なお、LHH転職エージェントの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

本格キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

人生100年時代、転職が前提のキャリア意識が求められる現代では本質的な転職スキルやキャリア戦略が必要な時代になったと言えます。

そのため、

「ただ転職すればいい」
「年収さえ上がればいい」
「会社の知名度が高ければ安泰」
「職種の安定性があれば将来に不安はない」

という考えだけでは、キャリアに不安が残り、仕事に対する満足度も高くなりません。

一つの会社で働き続けるだけの
時代遅れの考え方じゃ
将来が不安かも…

「いつでも転職できるように備えたい」
「より自分が適性を発揮できる仕事に就きたい」
「キャリアを見直して年収アップや待遇向上を目指したい」
「スキルアップして未経験職にチャレンジしたい」
「将来のキャリアアップ計画を持って人生設計したい」

もし、このようにお考えなら根本的な転職の思考法人生設計レベルでのキャリア計画が必要となります。

なので、単に「転職サイトに登録して良い求人を見つけて応募するだけ」「転職エージェントの言う通りに転職活動するだけ」では、理想の転職を成功させにくいのが実情です。

転職したいけど
どのサービスを使えばいいか
どういう基準で
転職先を選べばいいか
わからないかも…

そうお悩みの方にオススメしたいのが「ポジウィルキャリア」に相談してみるという選択肢です。

ポジウィルキャリアは、これまでの転職エージェントと異なり「キャリア・コーチングサービス」「パーソナルトレーニング」と呼ばれるサービスです。

キャリア・コーチングサービスとは、キャリアに関する悩みや課題を抱える人を対象に、キャリアカウンセラーやキャリアコンサルタントなどの専門家が、一人ひとりの状況やニーズに合わせて、キャリアの方向性や目標設定、キャリアプランの策定、転職支援などをサポートするサービスです。

ポジウィルキャリアの最大の特徴は「今の仕事を辞めるべきか?続けるべきか?」といった転職しない選択肢にもサポートを行ってくれるところにあります。

転職することが前提の
エージェント系サービスと違い
より利用者個人に合わせた
本格的なキャリアサポートが受けられます

逆にエージェント系のサービスは
転職の方針が明確に定まってないと
良質なサポートを受けにくいという欠点があるぞ

ポジウィルキャリアは以下のような方にオススメできます。

●ポジウィルキャリアはこんな方にオススメ!

  • 今の仕事が向いているかどうか自信がない
  • 今の会社を辞めるべきか転職するべきか迷っている
  • 年収を上げたいけどスキルや経歴に自信がない
  • 人生計画やキャリア設計に悩んでいる
  • 転職の選択肢が多すぎて決め切れない
  • 転職サービスを利用しても良い求人が見つからない
  • 職務経歴書の書き方がわからないで通過率も低い
  • 転職エージェントのサポートが不十分と感じている

転職しようかどうか

漠然と悩んでいるなら

使ってみる価値ありです!

転職は人生の大きな決断となります。

しかし、流されるままに妥協して転職してしまったり、事前の準備が不十分で、転職して後悔する方も少なくありません。

そのため、現職を続けるべきかどうか、転職するべきかどうかから決めたい人にとっては、転職エージェント利用前にキャリアコーチングサービスを使うほうが間違いのないキャリアを歩めることでしょう。

うーん…
でもイマイチ使った後のイメージが
湧かないかも…

本当にキャリアコーチングで
相談する価値ってあるんですか?

キャリアコーチングはマンツーマンのサービスとなるため、一概にすべての人が同じ成果を得られるとは限りません。

しかし、適切に使いこなすことで、以下のような未来に期待できます。

●ポジウィルキャリアを使うとどうなる?

  • キャリアに関する悩みを話して自分を客観視できる
  • 未経験転職で年収アップを実現可能
  • 現状の課題や人生の目標が見えてきてキャリアが明確になる
  • 自己分析を通して自分の強み・弱み、スキルの価値が見えてくる
  • 企業分析から職務経歴書作成まで転職を有利にするスキルが身につく
  • 転職だけでなく今の仕事で成功する方法まで見つかる

他の転職エージェントとの最大の違いは、現職に留まったりフリーランスや起業などの選択も取り入れることで、根本的なキャリア設計や転職スキルが身につく点です。

そのため、転職という決断に対して正確な判断がしやすくなることでしょう。

自分自身が納得できるまで

キャリアについて
深く考えるサポートをしてもらえるぞ!

LINEで無料相談できるから
試しに使ってみようかな…

今の仕事や将来に悩みや不安があって、転職しようかどうか、キャリアに悩んでいるなら、ぜひ一度ポジウィルキャリアに相談してみて、新時代のキャリアサポートを体験してみてください。

ポジウィルキャリア公式サイトはこちら
【相談無料】

未経験からの異業種転職を成功に導く
「WorX(ワークス)」

最後にご紹介したいのが、未経験からの異業種転職を手厚くサポートする「WroX(ワークス)」です。

多くので転職サービスの弱点として、今までの経歴が転職市場で高いものでなければ中々良い求人を紹介してもらえないことや未経験の異業種への転職が成功しにくいというものがあります。

ですので、転職サービスを利用したとしても、現在地点で需要の高い経歴やスキルを持っているでもなければ、異業種への転職や年収アップを目指すには利用者側のスキルアップや業界・企業研究など求職者側の努力が必須なのが実情です。

また、昨今では大手転職エージェントは表面上は誰でも登録可能に見えても、実際には高年収人材でなければ手厚いサポートを受けられないことや、そもそものハイキャリア向けの転職サービス化が進んでいるため、経歴が足りない人や現在地点の年収が低い職種の人は不遇な扱いをされやすいという課題があります。

その点、WorXはスキルアップ支援やキャリア支援を通して、未経験からの異業種転職を成功に導く点に最大の強みが理由で、厳選して紹介している転職サービスです。

登録後には適職診断が実施されているため「転職したいけど就きたい職業がわからない…」「転職先にどういった企業を選ぶべきか判断できない…」と悩んでいる方でも、自分に向いている仕事が見つけられる点で安心です。

なお、登録対象者としては20代~30代の若手が中心となります。また、他転職サービスでは中々サポートしてもらえない年収200~300万円台の層の転職支援実績が多数な点でも、多くの読者の方に理想の転職を実現してもらえる可能性が高いと考えています。

また、転職先の業種・職種傾向としては、需要が高く高年収・在宅ワークが実現しやすいIT/WEB系の仕事が多めです。とくにブラックな労働環境が多いことで知られる、ブライダルや保険業界などの個人(toC)営業、アパレルや飲食業界などの販売・接客業から、IT/WEB系の仕事への転職実績が豊富という点で、将来性の高い業界に転職したいなら、使ってみる価値は高いと言えます。

こちらも他転職支援サービス同様、登録や相談は無料となるので、気になった方はぜひこの機会に確認してみてください。

なお、WorXの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

会社環境
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました