レベルの低い職場の特徴と原因。程度が低い会社に共通する特徴とは?

「職場のレベル低すぎ…」
「周りのレベルが低すぎて張り合いがない…」
「周りが仕事しない人ばかりで割を食っている…」

そう悩んでいませんか?

教育課程から企業での組織編成までレベルの低い階層同士ではレベルの低い人間ばかりが集まることは、実体験で多くの方がご理解されている事実だとは思います。

たとえば、高校進学ともなると、偏差値の低いヤンキーの集まる学校とそうでない進学校であれば、明らかに生徒・教師の質が変わってきて、レベルが違ってきます。

それは会社や職場ともなると、さらにレベルの差が開くこととなります。

ただ、企業は学歴と違ってレベルを明確にする指標が存在しないため、入社後に職場の程度の低さに気づくこともままあるかもしれません。

そこで当記事では、レベルの低い会社の特徴をご紹介した上で、レベルの低い会社から抜け出すための方法まで合わせてご紹介していきます。

スポンサーリンク

レベルの低い職場/会社の特徴は?

レベルの低い職場にはどのような特徴があるのでしょうか?

レベルの低い会社の特徴3つ

会社のレベルが下がる原因としては上記の3つが大きな要素として考えられます。

それぞれ、具体的に現場単位でどのような悪影響を及ぼすかを見ていきましょう。

レベルの低い職場にはレベルの低い社員が集まりやすい

レベルの低い会社には、単純にレベルの低い社員が多く集まるため、職場全体のレベルも低下します。

▼レベルの低い人の例

  • 学歴が低めで一般教養や知識に欠けている
  • 仕事に対する目的意識が低い(→意識の低い会社)
  • 地頭が悪い/理解力が低い(→頭の悪い人の特徴)
  • 愚痴/ゴシップ話で他人の足を引っ張る
  • 勤務中の私語が多く仕事の邪魔をする
  • 機転が利かない/察しの悪い人
  • 自分の頭で考えて動かない/指示待ち人間
  • 感情的に動く/周りの迷惑を考えない(→感情的な人の特徴)

仕事では学歴や頭の良さがすべてではありませんが、レベルの低い人間でも就職可能な職場ほどレベルの低い集団が形成され互いの足を引っ張りがちになります。

また、レベルの低い人間ほど仕事での指示/伝達も理性的ではなくなり、ひどい場合は暴力/暴言などの感情的手段を使う傾向があります。

どれだけ有名な会社であっても
集まる「人」の質が低いと会社のレベルは下がっていく…

学校のクラスに愚痴や噂話が好きな人間がいると
優等生がいても学級崩壊していくのを思い出しますね…

組織/集団というものは、集まる人の中でも平均レベルの人間に合わせなければならないため、飛び抜けて優秀な人材が1人だけいても、足を引っ張られるだけの結果になりがちです。

ですので、自分の会社のレベルが低いと感じているのであれば、まずは周りの「人」を観察してみるといいでしょう。

レベルの低い人の特徴
以下の記事で確認してみましょう

レベルの低い会社は上司(経営者/管理職)のレベルも低い

レベルの低い会社では、経営者/管理職といった上の立場の人間のレベルも低いのかもしれません。

▼レベルの低い経営者/管理職の特徴

  • コネ採用/出世で上に上がった人物ばかり(→コネ採用が使えない)
  • 過去の成功体験にとらわれている(→若者活躍を拒む老害)
  • 仕事の指示の振り方が下手
  • 最新の技術や業界動向に鈍感
  • 機嫌が悪いと部下に当たり散らす
  • 現場の待遇/年収が悪くても改善に消極的
  • 法令違反のブラック企業のまま経営し続ける(→ブラック企業の見分け方)

保守的で挑戦に否定的であったり、会社が大きな問題を抱えていても放置し続けるような職場、あるいは経営者/管理職が過去の経験にとらわれたり感情的であると、レベルが低いと感じやすいはずです。

レベルの低い経営者/管理職が生まれる要因としては、

「縁故主義(ワンマン経営)」
「能力関係なく勤務年数が評価されるエスカレーター式の出世」
「現場と管理職の距離が遠い、もしくは現場の声が無視される」

…などが、とくに会社全体のレベルを低下させていきます。

どうして組織の上の人間のレベルが低いんですかね?

決して出世の条件は「能力だけではない」ので
無能な上司や経営者でも上で権限を持てるもんなんだよ…

経営陣(役員)や管理職全体のレベルが低い場合、それは会社の評価制度がおかしい可能性があるので、人だけでなく社内の風土や出世の条件、役員/管理職の経歴など、多角的な視点で会社のレベルが下がる原因を考えておく必要があります。

レベルの低い会社は規則/規律がしっかりしていない

レベルの低い会社は、規則/規律がしっかりしていない、あるいは機能していないため、職場の民度/モラルが低下していくこともあります。

規則/規律といったものは、明文化されているものとそうでないものがあります。

明文化された規則:法律、条令、社内規則、職場のルールなど
明文化されてない規律:企業理念、社内風土、暗黙の了解、ビジネスマナーなど

これらの規則/規律を定期的に確認し、現場に落としこむのも管理職/マネージャーの役目です。

もし、職場のレベルが低いのであれば、規則/規律が機能していない可能性があります。

▼規則/規律が守られないレベルの低い会社はどうなる?

  • ルールが守られないので待遇/社内環境が悪化していく(→待遇の悪い会社)
  • 社内環境が閉鎖的で人間関係が悪くなりがち(→人間関係の悪い職場)
  • 社内不正が黙認されるなどの問題が発生する
  • 手を抜く社員/怠ける社員が得をするような職場になる
  • サービス残業の強要などが当たり前となる

明文化されてない規律が守られないことは、ノリや雰囲気で仕事をするということになるため、会社全体が怠けてしまうと、サービス残業や休日出勤の強要など、待遇/労働条件の悪化につながりやすいです。

また、明文化された規則も破るような職場はコンプライアンス意識の低い会社だと言えます。

コンプライアンスとは英語でcomplianceと表記し、単語そのものの意味は命令や要求に従うことを指します。
日本語では法令遵守と訳されることが多く、企業においては定められた法律や規則を守って経営を行うことを指します。

コンプライアンスと聞くと、法律を守ることだけを想定した方がいらっしゃるかもしれません。ですが現在は、法律を守ることだけではなく、倫理観や道徳観、社内規範といったより広範囲の意味として使われることが一般的になっています。

出典:https://ferret-plus.com/7939

規則/規律を守る意識の低い会社は、社内で起こる問題をそのまま放置し続けた結果、ブラック企業となってしまうことも少なくなく、社会問題となって外部の指導が入ったり、従業員に訴えられるなどしない限り、改善が見込めないケースが非常に多いです。

規則/規律が守られていないで
自分の会社がおかしいと感じていたら
以下の記事も参考にチェックしてみてくださいね

会社のレベルが低い原因は人事(採用方法/社員教育)に問題がある

会社のレベルが低い原因としては「採用方法」「社員教育」など、社内の人事に問題があると考えられます。

▼レベルの低い会社の人事にありがちなこと

集まる社員のレベルが低いということは、人事がレベルの低い人材を振り落とせてない、あるいはレベルの低い人材でも受け入れなければならない事情があると考えられます。

つまり、採用方法に問題があるということです。

たとえば、地方の企業や古風な会社、一族経営されていてる零細企業では、コネ採用/縁故採用が多めで、贔屓にしている学校や業者(ハローワーク/派遣会社など)を経由しての採用を重視する傾向があります。

その場合、入社する人材の経歴/能力を問わず「その人の紹介だから~」という理由だけで選考されるため、レベルの低い人材が入社しやすくなるわけです。

中小企業/零細企業のレベルが低い原因
以下の記事でも紹介しています

また、採用に関して忘れてはならないのは、人材会社を通して求人広告を出すのに費用がかかるため、人件費をケチっている会社ほど無料求人サイトやハローワーク経由での採用に頼りがちです。

逆に、人件費のある会社はリクルートなどの人材会社に採用/人事を委託するため、レベルの高い人材が集まりやすい傾向にあると言えます。

会社側もレベルの高い人材が欲しいと考えているので
レベルの低い人材を弾くための方法をしっかり考えているわけだ

ですので、もし今の会社のレベルが低いと感じているのであれば、自分が入社した経緯は当然のこと、同僚や上司の入社経路を聞き出してみて、採用方法に問題がないかを確認しておくといいでしょう。

次に考えないとならないのが社員が育たないため従業員が戦力として育たないという問題です。

▼社員が育たない原因は?

主な原因は「人がすぐに辞めていく」「優秀な人材が辞めていく」など、会社側に重要な人物を辞めさせてしまう構造があることだと言えるでしょう。

レベルの低い会社は
全体を引っ張るリーダーも辞めていくので
レベルが低いままなわけだな…

このように、レベルの低い会社は組織に「採用方法が悪い」「人が育たない」などの問題があると考えられます。これらの問題は複雑に様々な事情が絡み合っているので、根本的な原因を特定し、経営階級が改善する動きを見せなければ、中々解消できないのが実情です。

レベルの低い職場で働き続けるとどうなる?

読者の中には「レベルの低い職場で働き続けると自分のためにならない…」と危機感を抱いている方もいらっしゃるかと思います。

周りのレベルが低い職場で働き続けたり、会社自体のレベルが自分に合ってないと、以下のような理由でキャリアではマイナスになる可能性があります。

▼レベルの低い職場で働き続けるデメリット

  • 人間関係が悪くなりがちなのでまともな人ほど損する
  • 能力があり実績を出しても正統評価されにくい
  • 仕事の出来る人に過剰に仕事を振られることになりがち
  • 会社側に改善の意志がなければ現場で消耗するだけ
  • 出来ない人に合わせるのがストレスと感じやすい

レベルの低い職場でまず考えておきたいのは、周りがレベルが低いと人間関係が悪くなりがちで、仕事/プライベートともに悪影響を与えがちだということです。自分の不満や他人の愚痴を言うばかりの職場であれば、私情を押し殺して仲介/調整などの対人折衝を行える人間ほど割を食いやすくなります。

また、縁故主義/年功序列の組織では、どれだけ能力があって実績を出している社員であっても、上の価値基準に沿わなければ、不当評価されて出世/昇給されないなどの不遇な目にあうこともあります。

さらに言えば、社員が育たない/全体のレベルが低いと、仕事に積極的に取り組む人材に集中して仕事を振られるため、職場での不公平感も強くなることでしょう。

会社のレベルが低いと感じている人が優秀だと
どっちにしろ不幸になっちゃうんですね…

優秀過ぎるのも考えもの…というヤツさ

組織においては、優秀過ぎると逆に潰されやすくなるという事情もあるので、思い当たることがあれば以下の記事も確認しておくといいでしょう。

レベルの低い会社は早めに辞める準備をして転職活動しておく方がいい

ここまでお読みの読者の中には、レベルの低い会社に不満を抱えたり、あるいはすでに愛想尽きて辞めたいと考えている方もいらっしゃるかと思います。

もしそうであれば、早いうちに転職活動を行っておき、キャリアを見直しておくべきでしょう。

幸い、現代の日本では転職が盛んになってキャリアアップに関しても理解が広がっているため、周りのレベルが低いと感じた場合は、転職することでより自分の能力に合った職場に挑戦することは難しくありません。

とくに周りのレベルが低いと感じていて、実際に実務面で優秀な人材であれば、転職するだけで年収が上がりやすく、なおかつより自分が成長できる会社で働けるので、転職しないリスクの方が高いです。

ただ、退職理由・転職理由として「周りのレベルが低い」というだけでは転職動機としては弱いので、以下のようなことは考えておきたいです。

▼周りのレベルが低いと感じて転職するなら考えておくべきこと

  • 自分の経歴/実績/能力/スキルは他の職種/業種でも通用するか?
  • 社内の問題を踏まえた上で、より自分に合った企業を選べるか?
  • 中途採用枠からの入社で転職先に馴染むことはできるか?

とくに「周りのレベルが低い」という理由で転職を志すような人は、実務遂行能力は高い反面、協調性に関しては警戒されることが多いので、面接対策はしておいた方がいいはずです。

また、転職エージェントなどの仲介業者を活用することで、面接対策から事前の根回し、内定後の年収交渉までスムーズに進められるので、周りのレベルが低いと感じて転職を考えているなら必ず使っておくべきでしょう。

転職エージェントとは、転職のプロが相談/仲介/転職サポートを行ってくれるサービスで、内定から入社まで完全無料で利用できます。

転職エージェントの詳しい解説
以下の記事を読んでみてくれ!

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

仕事の不満
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました