レベルの低い職場の特徴と原因。程度が低い会社に共通する特徴とは?

Lv.MAX
人間レベルMAXの
一通法師です

「有名企業なのに、職場のレベル低すぎ…」
「周りのレベルが低すぎて張り合いがない…」
「周りが仕事しない人ばかりで割を食っている…」

そう、悩んでいませんか?

転職活動では密かに「今の環境がレベルが低すぎて、成長できない」という理由で行動する人も多いです。

たとえば、上司がレベルが低くて頭も悪いと、一生大きな仕事は振られません。

あるいは、同僚が他人の揚げ足取ったり、悪い噂を流すことような人間なら、仕事の邪魔をされることにもなりやすい。

レベルの低い職場で働くと自分のレベルが下がるばかりか、仕事のパフォーマンスも下がっていいことは何一つありません。

今回はそんな「レベルの低い職場」の特徴について説明していきます。

レベルの低い職場の特徴

レベルの低い人が多い

レベルの低い会社は単純にレベルの低い人が多いです。

レベルの低い人とは、ざっと以下のような感じ。

  • 知識や教養がなく、話のレベルが低い
  • 仕事に対する意識がなく、向上心がない
  • ルールやマナーが守れず、社内の風紀を乱す

他にも様々なレベルの低さはありますが、挙げればキリがないので以下の記事をご参考に。

幼稚な上司や同僚が多い

レベルの低い職場として、真っ先に思い浮かぶのが「幼稚」「未熟」「子供っぽい」などの”精神年齢が低い人”が多いことでしょう。

何歳になっても、精神年齢中学生レベルの大人っているんですよ。

そういう人と仕事で関わると、マジで最悪です。

これは多くの転職者が対人関係に疲れた場合の理由として挙げる理由でもあり、とくに上司の幼稚なハラスメント行為に悩まされているケースが多いですね。

部下をサンドバッグ代わりに、言葉の暴力で殴るレベルの低い上司はどこの職場にでもいるものです。

一方で世の中には絵に描いたような「聖人君子」のような、理想の上司も存在します。

精神レベルの低い人を相手にしても疲れるだけなので、耐えられなくなったら転職しましょう。

民度が低い

レベルの低い職場は、とにかく民度が低い。

民度とは特定の地域に住む人々の平均的な知的水準、教育水準、文化水準、行動様式などの成熟度の程度を指す

出典:民度 – Wikipedia

マナーやルールが守れないので「親の顔が見てみたい」「どう育ったらこんな人間になるんだ?」みたいに感じてしまう人も少なくない。

しかも「仕事が出来ない+民度が低い」となると、もう言葉にならないほど最悪です。

頭の悪い人間が多い

レベルの低い職場には頭の悪い人間が多い。

学歴がないだけならともかく、大学卒なのに驚くほどバカな人も結構います。

そして、頭の悪い人間とは会話が噛み合わないからストレスマッハ。

やっぱり社会人足るもの、スマートに仕事のやりとりも進めたいものですね。

感情的な人間が多い

レベルの低い職場って、感情的な人間が多いんですよ。

「なんとかしろ!!!」
「勝手なことをするな!!!」
「もう、お前帰っていいよ」
「そんなんじゃどこ行っても続かねえぞ!!!」

…など、その時の気分で言動がコロコロ変わる。

上司が感情的だと、仕事にまで支障が出てマジ最悪。

大人ならスマートかつ論理的に、感情を抑えて仕事してほしいですよね。

能力の低い人が多い

レベルの低い職場は、純粋に能力の低い社員が多いです。

ですので、誤って優秀な社員が入社してしまうと、周りから余計な仕事を振られまくるハメになります。

その上、周りの能力の低い社員よりも給料が低いとかざらにあるので、こんなに理不尽なことはありません。

しかもひどい場合には、上司や同僚に目をつけられ、なぜか足を引っ張られるハメに。

無能な人ほど、嫉妬心がつよいものなんですよね。

関連:優秀な人はなぜ嫌われる?会社で嫉妬されやすい・恨みを買いやすい人の特徴とは?

そういう職場は転職すれば年収が上がる確率高めなので、辞めることを強くオススメしますよ。

仕事のパフォーマンスを下げるレベルの低い奴ら、働き方改革的にも邪魔な存在ですから。

関連:仕事の腹黒い人間関係と人間心理。「出世争い」「競争社会」の因縁に巻き込まれた場合の対処法とは?

会社自体のレベルが低い

会社自体のレベルが低いことも多いですね。

とくに中小企業・ベンチャー企業は玉石混交なので、信じられないぐらいレベルの低い職場も多い。

関連:中小企業や零細企業はレベルが低い?ブラックばかり?中小から大手へ転職は無理なのか?

中には「一族経営」「社員全員コネ入社ばかり」「勢いだけのベンチャー企業」など、会社自体が社長の趣味・遊びレベルの会社もあるのです、信じられないことに…。

また、中小企業クラスであれば職場の人間関係も狭くなってしまうため、職場いじめの陰湿さがマジでやばい。

関連:職場でいじめられるタイプの特徴。職場いじめの標的にされないために知っておきたい処世術とは?

小さい会社の離職率が高い事実を示すのが、厚生労働省が発表している新卒3年以内の離職データですね。

【新規学卒就職者の事業所規模別就職後3年以内離職率】

[ 事業所規模 ]

■大学 ■高校

1,000 人以上

24.3 %

25.3 %

500 ~999人

29.8 %

32.9 %

100 ~499人

31.9 %

37.9 %

30 ~99人

38.8 %

47.1 %

5~29人

50.2 %

56.4 %

5人未満

59.1 %

64.0 %

出典:新規学卒就職者の離職状況(平成26年3月卒業者の状況)を公表します

このデータによると組織規模が小さい閉鎖的な職場になればなるほど、離職率が高い事実が見えてきます。

中小企業はレベルの低い職場と当たるリスクが高いので、下手に正社員として中小企業にこだわるぐらいなら、派遣社員で大企業勤めとしてレベルの高い環境で仕事するのもありですよ。

関連:正社員から派遣社員はもったいない?働き方をしっかり考えれば派遣は必ずしも負け組ではないと知っておこう

職場の人間関係が悪い

レベルの低い職場は、人間関係がもう最悪。

私が転職アドバイザーをしてた時も「職場の人間関係が最悪!」「上司が性格悪い」「お局にいじめられて…」など、それはもう信じられないレベルの話も聞きましたよ。

やっぱり、日本人って表ではいい顔してても、性格悪い人が多いんですよ。

そういう人は職場のストレスを、周りの誰かにぶつけるからタチが悪い。

いい大人であれば、仕事に私情を持ち込むべきではありませんよね。

職場の人間関係に疲れたら、キャリアカウンセラーに相談して心を落ち着かせ、それでも無理なら転職しましょう。

関連:人間関係の悪い職場と良い職場の特徴と違い。人付き合いで疲れるギスギスした職場の原因は?

意識の低い人が多い

レベルの低い職場って、意識の低い人が多いんですよ。

  • 仕事中にぺちゃくちゃ喋ってばっかり
  • 手を抜いてわざと残業する給料泥棒
  • 目的意識ゼロ、毎日同じ仕事ばっかりで刺激なし

こういう意識の低い会社にいると、学ぶべきことも刺激もなくて、働くモチベーションダダ下がりです。

関連:意識の低い人と職場の特徴5つ。意識の低い職場で働くデメリットとは?

関連:職場の士気が下がる原因。会社の士気を上げるための方法とは?

派遣社員はとくに意識が低い人多め

派遣社員の多い職場も意識が低い人が集まりやすいです。

派遣社員は「やる気のある人」と「やる気なく働く人」で分かれがちですが、後者の多い職場は大して責任ある仕事してないのに、文句だけいっちょ前の派遣社員が多めです。

関連:非正規社員の末路は悲惨?派遣社員や契約社員がレベルの低い理由を徹底解説!

ただし、派遣社員自体は制度をよく理解して選べば、下手な正社員以上に稼げる仕事なので「派遣社員だからダメ!」という差別的な見方は禁物です。

関連:正社員から派遣社員はもったいない?働き方をしっかり考えれば派遣は必ずしも負け組ではないと知っておこう

自分で考えて動けない人が多い

レベルの低い職場って、自分の頭で考えて自発的に動けない人材が多いんですよ。

いわゆる「指示待ち人間」「学生感覚で仕事している」ってやつですね。

誰かの指示をそのまま実行するなんてロボットでも出来るので、俗にいう「将来、AIに奪われる仕事」の筆頭格です。

とくに部下を持つようになると「自分で考えない指示待ち人間」のクソっぷりが身にしみてわかります。

マジで指示したことしかやらないし、その上指示したことですら全く出来ていない!

「わからないことを聞きに来ない」「人のアドバイス聞かない」など当たり前のことすらしない、マジで地雷みたいな人材もいますね。

…まあ、管理職クラスになると、そういうレベルの低い人材は切り捨てることも可能なので、そこは上司・先輩として腕の見せ所でしょう。

マネジメントのレベルが低い

職場のレベルが低いと感じている場合は、会社のマネジメント不足を疑ってみるといいでしょう。

マネジメントとは「経営・組織を管理する」こと全般を指すビジネス用語のことです。

・マネジメント不足で職場のレベルが下がる原因

  • 部下の教育がしっかり行われていない
  • 業務の目標や課題の設定が適性でない
  • 取引先・他部署との交渉や調整が適性でない
  • 人材採用が適性でない

とくに経営者との距離が近い中小企業などは、マネジメントがしっかりと行われていないことも多くなります。

ひどい場合には「マネジメント?なにそれ?」みたいな上司もいるので、気をつけておきましょう。

「協調性」を押しつけてくるのでレベルの低い人間に合わせないといけない

日本の悪しき慣習と言えば「協調性」と言う名の「同調圧力」「連帯責任」「足の引っ張り合い」の類です。

関連:仕事に「協調性」って本当に必要?「チームワーク」を言い訳にするのはいい加減やめたほうがいい

ハッキリ言って、仕事に過度な協調性は不要ですからね。

なぜかと言うと、周りと合わせて仕事すると無能には足を引っ張られることが多くなり、有能な人間は手を抜いたほうが得をするから。

しかも仕事の出来ない人間と給料も一緒だから、こんなに理不尽なことはありませんよね。

日本は「協調性という名の搾取」が横行していますので、明らかに自分の能力が高くて周りに足を引っ張られている方は、早めに転職してもっとレベルの高い集団に属しましょう。

関連:組織において「優秀すぎる人は潰される」のは当たり前。有能すぎる人が会社で生き残るための秘策とは?

部下のレベルが低い(採用のレベルが低い)

レベルの低い会社は、そもそも採用基準が適当だったり、学校のコネやハローワーク依存の求人などを行っており、人材採用のレベルが低いです。

関連:コネ入社が無能で使えない!仕事が出来ない!縁故採用が使えない理由。仕事は友達ごっこじゃねえ!

その結果、レベルの低いミスマッチ人材が集まり、レベルの低い人間だらけになります。

とくに最悪なのが、そういうレベルの低い職場で中間管理職を任せられるケース。

理不尽な上司と使えない部下の板挟みなんて、もはや地獄としか言う他ありません。

幸い、今の日本では、中間管理職の転職もかなり前向きに受け入れられるようになってきているので、部下のレベルの低さに悩んでいる管理職の方は、転職活動を始めておくといいでしょう。

関連:中間管理職辞めたい…。つらい…。管理職からの退職・転職は許されるのか?

採用基準が低い

レベルの低い職場は、そもそも採用基準が低いため、レベルの低い人材が入ってきやすいという事情もあります。

とくに、無料求人サイトやハローワークなどの「誰でも閲覧・応募可能」な求人から入社した場合はこのパターンが多いですね。

適当にレベルの低い人材を集めている会社なので、人が辞めていくことも多く、人材が育たないという事情もあります。

逆に「非公開求人」で適性のある人にしか紹介してもらえない求人なら、一定以上のレベルは保たれます。

レベルの低い職場に就いてしまう人は、そもそも就職・転職の手段が間違っている可能性も高いのです。

関連:人がどんどん辞めていく会社の特徴と原因。離職率の高い会社に見られる傾向とは?

関連:仕事ができる優秀な人ほど会社を早く辞めていくのはなぜか?出来る人ほどバカを見る組織のジレンマ

関連:まともな人から辞めていくのはなぜか?いい人ほど会社を辞めやすい理由とは?

日本の企業自体がレベル低め

そもそもこれを言っちゃなんですが、日本の企業全体の平均レベルが低いです。

未だに残業の減らない非効率的な職場も多いですし、働き方改革で意識が変わらない高齢世代が会社の経営権を握っているので、古風な会社はいくら大企業でもレベルが低い。

逆に働き方改革を取り入れたり、欧米化して効率化している職場は、採用も仕事内容も合理的でレベル高め。

ついでに、外資系企業は比較的レベルの高い企業ばかりで、働き方も合理的。

優秀な人材ほど外資系思考が強いですが、それだけ日系企業はレベルが低いということです。

関連:外資系に転職したい人必見!未経験からTOEICハイスコア保有者まで利用できる転職エージェント一覧!

職場が呪われていることも…

レベルの低い職場は呪われていることもあるそうです。

呪われている職場は、信じられない不幸な出来事が次々起こり、働くだけで体を壊したり精神を病むリスクがあるそうなので、身の危険を感じたら転職を考えておきましょう。

レベルの低い職場からは転職を考えておこう

悪いことは言いません。

レベルの低い職場にうんざりしている人は、素直に転職を考えておくべきですよ。

レベルの高い人は自分より上の人と仕事することで、毎日レベルを高めています。

その一方で、レベルの低い職場にいると、自分のレベルまでドンドン下がっていきます

今は国内の労働環境が二極化しており、レベルの低い側にいると老後に泣きを見ること間違いなしなので、余裕のあるうちにレベルの高い職場に転職しておきましょう。

転職エージェントを有効活用しておこう

レベルが低いと感じている職場からの転職を考えている方は、転職エージェントで効率よくスマートに転職することをオススメしますよ。

転職エージェントはレベルの高い人やレベルの高い企業が使っているので、転職エージェントを知らない人は情報レベルが低いという証拠です。

しかも転職エージェントは無料で相談できるので、今はまだ転職する気がない人でも使っておくだけ人生の可能性が広がる。

転職活動で「今の職場はレベルが低かったんだ…」と知って、より高い環境で仕事の出来る転職先を見つけ出す人も、近年ではかなり増えています。

今の日本は働き方も二極化しており、転職を考えていないといつまで経ってもレベルの低い環境から抜け出せません。

自分の人生を変えてレベルを上げるためにも、ぜひ転職エージェントを使って自分のレベルを上げてくださいね。

タグ:仕事辞めたい

とくにオススメの転職エージェントは以下の3つ。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業が多め
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが、すべて無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録の際のポイントですが、以下の点に気をつけておけば、面談で優遇される可能性が上がります。

  • 電話連絡に備えて、事前に都合のいい時間を伝えておく(自由記入欄などを活用)
  • 経歴に合わせて求人が届くので、職務経歴は正確に詳しく記入しておく
  • 面談参加に希望しておく

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、担当者によって対応が変わってきますので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「面談に参加したい」と意欲を見せておく
  • 登録後も、職務経歴書・レジュメを定期的に更新しておく
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたり、メールの求人をクリックして閲覧するだけでも、転職エージェント側に履歴が残り、意欲の高い登録者として扱われる

転職エージェントでは、利用者のログイン履歴や求人閲覧履歴がエージェント側に残るため、行動意欲が高い人ほど優良求人の案内や面談参加される可能性が高くなります。

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

ぜひ、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ