レベルの低い職場の特徴と原因。程度が低い会社に共通する特徴とは?

「職場のレベル低すぎ…」
「周りのレベルが低すぎて張り合いがない…」
「周りが仕事しない人ばかりで割を食っている…」

そう、悩んでいませんか?

日本では「差別はいけない」「人類、皆平等」などのキレイゴトがもてはやされてますが、実際問題として、レベルの低い階層同士ではレベルの低い人間ばかりが集まるということは、みなさま実体験でなんとなくご理解されているかとは思います。

たとえば、高校進学ともなると、偏差値の低いヤンキーの集まる学校とそうでない進学校であれば、明らかに生徒・教師の質が変わってきて、レベルが違ってきます。

それは会社や職場ともなると、さらにレベルの差が開くこととなります。

たとえば、安い賃金で誰でも出来るアルバイトであれば、知識も教養レベルも低い人が集まりやすいですし、採用方法が適当な企業はそれだけ適当な人材が集まります。

逆に、人材会社を通してヘッドハンティングしているような企業は、それだけ優秀な人材が集まりやすいと言えます。

私自身、フリーターとしてレベルの低い環境で甘んじてた時期もありましたが、今思えば機会損失だったとも反省しております。

単純に「周りのレベルが低い…」と感じているのであれば、本人はその集団の中で抜きん出た「優秀な人材」「仕事のできる人」になるわけですから、色々と割を食うことになるのです。

その状況になると、考えられる今後の方針・立ち回り方としては、

  • 部下や後輩の指導・教育を行い、マネージャークラスを目指す
  • キャリアアップのため転職活動を行っておく
  • 周りに合わせて手を抜く

…という方向性に別れてきます。

組織的には「周りのレベルを上げてくれる=教育・指導を行う」が理想ですが、本人としては「周りの人間より仕事しているのに給料は同じ」「出世や昇給の保証もないのに周りよりももっと仕事するのは割に合わない」など、あまり気が進まないかもしれません。

以上の事情や心情を踏まえながら「レベルの低い職場の特徴」を踏まえた上で、今後の立ち回り方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

レベルの低い職場の特徴

レベルの低い職場にはどのような特徴があるのでしょうか?

筆者がこれまで見てきたレベルの低い企業の特徴をまとめ、お伝えして参ります。

レベルの低い職場には頭の悪い人間が多く集まる

レベルの低い職場には、頭の悪い人間が多く集まります。

  • 低学歴の人
  • 一般教養・知識に欠けている人
  • 地頭が悪い人
  • 自分の頭で考えて動かない人
  • 感情的に動き、周りの迷惑を考えない人

世の中、学歴や頭の良さがすべてではありませんが、頭の悪い人間でも働ける職場ほどレベルの低い集団が形成され、お互いの足を引っ張りがちです。

また、頭の悪い人間ほど指示なども理性的ではなくなり、暴力・暴言などの感情的手段を使う傾向があります。

筆者も頭の悪い人間と関わるとストレスを感じやすい性格ですので、レベルの低い職場や集団と出くわしたら、自分が毒されないうちに早期に離れるように心がけております。

経験則上、頭の悪い人間と深く関わり過ぎると精神的に消耗する機会が多く、非常に割を食うので、無理に関わらないことも自衛策のひとつです。

レベルの低い職場には幼稚な人間が多い

レベルの低い職場には、幼稚な人間が多く集まります。

社会に出るとわかりますが、実年齢と精神年齢は必ずしも比例しないため、一定数の幼稚な思考をした大人も混じるものです。

職場にいて困る幼稚な人は、具体的には以下の通り。

  • 自分の思い通りにならないとすぐに機嫌を悪くする
  • 感情を処理できず、すぐに部下に当たり散らす
  • 仕事中の私語が多く、他人の邪魔をする
  • 周りの目を気にせずに社内恋愛やゴシップ話を持ち込む

年齢相応に経験を積んでいる社会人は「他人にどう見られるか?どう思われるか?」を意識するため、自然に立ち振る舞い方や人との付き合い方が年相応になりますが、レベルの低い職場ではそのような意識がないためか幼稚な大人が集まりやすい傾向にあります。

そのような職場にいると、周りから学ぶことなど何一つなく、挙句に周りに足を引っ張られ、自分自身まで精神が侵食されていくので、距離を置いておくことが大事でしょう。

レベルの低い職場は民度が低くモラルや規律に欠ける

レベルの低い職場は、民度が低くモラルや規律に欠けております。

これは例えば、以下のような職場が当てはまります。

  • 仕事をサボることが当たり前になっており、真面目な人ほどバカを見る
  • 利益を出すために倫理的に問題のある方法を使っている
  • サービス残業の強要やハラスメント行為が蔓延している
  • 法律違反や不正がはびこっている
  • 職場内で浮気・不倫などがはびこっている

職場のモラルが下がる原因としては、以下の要因が考えられます。

  • 職場環境が悪くなっても改善される気配がない(自浄作用が働かない)
  • 上司・経営者がだらしないので秩序が保たれない
  • 集まる社員の質が低く、規律意識が低い
  • 社風や企業風土が外から見て異常過ぎる
  • 収入源がグレーな手段の会社である

学校でも、一部の不良が混ざるだけで学級崩壊したり、あるいは偏差値の低い高校では規律が保たれない現象がありましたが、これは大人になって企業で働く際にも、十分に起こり得ることです。

企業のコンプライアンスが低ければ低いほど、モラルが低下して民度も下がるので、身に覚えがあるなら、今の会社の組織運営に対する意識を再確認しておくといいでしょう。

レベルの低い職場には意識の低い人が集まりモチベーションが低い

レベルの低い職場には、仕事に対する意識の低い人が集まるため、全体のモチベーションが低下しがちです。

具体的には、以下のような職場が当てはまります。

  • 仕事に対する目的意識や課題意識がないため、自発的に動かない人材が多い
  • 昇給制度や出世の指針が示されていないため、向上心を維持出来ない
  • 手を抜いてわざと残業する給料泥棒が得をする社内制度になっている
  • 社内での情報共有や外部との交流会がないため、刺激が少ない
  • スキル向上や勉強意識がなく、社員全体で向上心が希薄
  • 非正規雇用者ばかりの職場で人材の質が悪い

変化の激しい現代のキャリアにおいて、意識の低い職場で働き続けることは、デメリットが非常に多いと言えます。

また、社員全体のモチベーションが高い会社は、社内制度に資格手当などの社員の向上心を刺激する内容が含まれていたり、昇給制度が明文化されておいるなど、組織全体で社員の意識を高める取り組みを行っています。

もし、周りのモチベーションが低いことで悩んでいるのであれば、それはキャリアを見直す頃合いかもしれないので、社内制度を確認したり、転職活動を初めてキャリアアップを意識するなどして、まずは自分自身のモチベーションを高めていくといいでしょう。

レベルの低い職場には自分で考えて動けない人が多い

レベルの低い職場は、自分の頭で考えて自発的に動けない人材が多い傾向があります。

そもそもが、レベルの低い仕事では「自分の頭で考えなくても、上から言われたことを行っておけば良い」という傾向があるので、必然的に自分で考えない人材ばかりが集まります。

これは「大企業」「公務員」と言った安定した仕事でもありえる特徴です。

どちらの仕事も大きな組織で安定している分、得られる経験は実は少ないのです。

上記のツイート通り、自分の頭で考えて動ける人材は若いうちにベンチャー企業などで経験を積む選択肢も考えられるのです。

また「ルーチンワーク」「マックジョブ」などと呼ばれる定型作業が主な仕事は、誰でも出来る仕事である分、

  • 給料が上がりにくい
  • スキルが身につかないのでキャリアで評価されにくい
  • 考える必要がないので上の仕事に関われない

…など、将来に不安が残りやすいのは間違いありません。

レベルの低い職場は人間関係が悪くなりやすい

レベルの低い職場では、人間関係が悪くなりやすい傾向があります。

対人関係には悩みやストレスが付き物ですが、しっかりした人の多い人物であればそれをわざわざ態度に出すことは少なめです。

ですが、レベルの低い職場では周りに与える影響を考えていない人が多いため、自分の不満や感情を職場で剝き出しにして、職場の雰囲気や人間関係を悪くしてしまいます。

また、そのような職場では対人折衝能力や調整能力のある人間が割を食いやすいため、人間関係を良好に保つことが出来る的な人ほど損します。

そのため、レベルの低い職場からはまともな人から愛想を尽かして辞めていき、人間関係を悪くする原因を作っている人だけが残り続けるのです。

レベルの低い職場では採用基準が低く人事が機能していない

採用基準が低かったり、学校経由のコネやハローワークでの募集などを中心に行っている会社は、結果として集まる人材のレベルが低くなりがちです。

逆に、人事や採用に関して人材会社に業務委託している会社や、しっかりと採用する人材を選んでいる企業は、結果として集まる人材のレベルが高くなります。

とくに以下のような採用方法を中心に行っている会社は、注意が必要です。

  • 学校・ハローワークなどの公的施設経由の人材採用が中心
  • コネ入社・縁故採用などが中心の会社
  • 広告求人で大量に応募者を募って採用している会社

学校の就職支援やハローワーク経由の就業支援の場合、驚くほど現代のキャリア観とズレた採用を行っていることも多いので、ミスマッチ採用が目立つばかりか、閉鎖的なブラック企業を紹介されることにもなりかねません。

また、無料求人サイトや求人誌などで大量採用を行っている会社も、注意が必要です。

なぜなら、誰でも応募できる会社は採用見込みのない人材が大量に応募してくるため、人材の質を重視する企業はまず使わないからです。

採用力のある企業は「非公開求人」として、まず公に求人情報を公開しない傾向にあります。

さらに言えば、人事が機能せずに採用力のない会社は、人材を育てる意識が低いため、企業に人材が定着しません。

社内環境も悪いと、せっかく育った人材や集めた優秀な人材も辞めていき、レベルの低い人材ばかりが残る悪循環に陥るのです。

ですので、人が辞めていくペースの早い会社も、注意しておく必要があると言えます。

レベルの低い会社は辞めた方がいい?続けるべきか?

以上のようにレベルの低い会社の特徴と原因をお伝えしてきましたが、我慢して続けるべきなのでしょうか?

結論から言えば、若いうちなら前向きに辞めて転職することを考えた方がいいです。

それには、以下のような理由があるからです。

  • 単純に周りと仕事のレベルが合わないからストレスが多くなりやすい
  • 周りに足を引っ張られるばかりなので自分のスキルにつながらない
  • 自分よりも能力の高い人から刺激を受ける機会がないので成長できない
  • 上司や経営者が無能だと昇給や出世にもつながりにくい上、仕事が増やされるだけの結果になりやすい

もちろん、すぐに辞めるわけではなく、転職活動を行いながら今より良い職場から内定をもらった上での話ですが、その過程でキャリアを見直すことで、必ず自分のためになる情報や気づきが得られるはずです。

終身雇用制が崩れ、転職が盛んになった現代では、若い時期にレベルの低い会社に居座り続けることはデメリットの方が多いので、この機会に転職を検討してみましょう。

レベルの低い会社からの転職ならエージェントを有効活用しておくこと

レベルの低い職場から転職を考えている方は「転職エージェント」の利用がオススメです。

前述の通り、レベルの低い会社は採用力がないことで質の低い人材が集まりがちですが、人材会社の運営する転職エージェントでは、採用力のある企業が集まるため、結果としてレベルの高い企業に就ける確率が高まります。

また、転職する・しないに関わらず、転職エージェントからキャリアに関する情報を得ておくだけで、今後の仕事に対する考え方や人生設計も変わってくるはずです。

逆にレベルの低い会社に留まり続けては、周りに流されダラダラ働くだけの日々が続くだけですので、この機会にぜひとも転職エージェントを利用してみてください。

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

仕事の不満や愚痴
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました