レベルの低い職場の特徴8つ。周りのレベルが低いと感じたら考えておきたいこと

「職場のレベルが低いと感じる…」
「周りのレベルが低いと感じる…」

このように悩んでいませんか?
学校に偏差値が用意されていて学力差によって住み分けされるように、会社にも集まる人材のレベル差は自然と生じるものです。
レベルの合わない職場に入ってしまうと、自身の能力が活かしきれなかったり、仕事ができるあまり過剰な負担を背負うことにもなりかねません。

ですので、もし読者が今の職場のレベルが低いと感じているのであれば、その感覚は大切にした方がいいかもしれません。

たとえば、高い能力や経験を持つ人材がアルバイトとして働いていたとします。
そのような人材はアルバイト採用であっても、ゆくゆくは正社員並の仕事を求められることになるはずでしょう。
ですが、アルバイトが正社員並の仕事を振られたとしても、賃金がアルバイトと同じままですと「周りのレベルが低い…」と不満を感じてしまうものです。

また、学歴や専門スキルなどの高い素養を持つにも関わらず、周りがレベルが低いばかりに正当に評価してもらえなければ活躍の機会さえ与えられません。
そういった環境に身を置くと、本来の高い資質や可能性を発揮できないまま何年も同じ職場で才能を持て余してしまうこともあるのです。

ですので、今の職場のレベルが低いと感じているのであれば、自分自身の能力と今の職場環境が合っているかどうかを見極めることが不可欠です。

しかし、「職場のレベル」と言っても、明確な基準があるわけでもなく、自分一人で判断するのはとても難しいです。
そこで本記事では、レベルの低いの職場の特徴やその原因を解説した上で、レベルが低いと感じる職場とどう向き合っていくかのヒントをご紹介していきます。

▼仕事を辞めようか悩んでる方へ

仕事をやめようか悩んでいても転職に踏み切れない人は多いと思います。
そうお悩みでしたら国内No.1の転職エージェントである「リクルートエージェント」の利用がオススメです。

リクルートエージェントは非公開求人だけでも20万件以上の取り扱いの業界最大手の転職エージェントです。初回登録さえ済ませれば自分の経歴や希望条件に合った優良求人を無料で紹介してくれるため、自分に向いてる仕事や年収アップに期待できる仕事を見つけ出すチャンスです。また、内定率を上げるためのサポートも充実しているため、今の仕事や転職活動に自信が持てない人でも無理なく転職活動を進めることができます。

リクルートエージェントは「まだ辞める気はないけど自分に本当に転職先があるのか知りたい…」という場合もスマホで気軽に利用可能なので、登録がまだお済みでない方は早めに登録しておきましょう。

→リクルートエージェントの登録はこちら

レベルの低い職場の特徴は?

まずはレベルの低い職場の特徴をいくつかお伝えしていきます。

レベルの低い職場で働き続けると、本来、能力の高い優秀な人や真面目でまともな人ほど損をするので、周りのレベルが低いと感じているなら、ぜひご自身の状況と照らし合わせて読んでみてください。

真面目に仕事をしない人が多い

真面目に仕事をしない人が多い職場はレベルが低いと言えるでしょう。

たとえば、以下の通りです。

  • 勤務中に私語ばかりの人がいる
  • 他人の仕事の邪魔をする人がいる
  • 勤務中に平然と遊んだり怠けて他人のやる気を削ぐ人がいる
  • 上司が口だけで自分で率先して動かない

日本の雇用制度の問題として、怠けたところですぐに給料が下がるわけではないので、この性質を利用して恥ずかしげもなく怠けている社員がいる会社も世の中には存在します。

後ほどご紹介しますが、仕事をしない人が多い職場では真面目に仕事をこなす人ほど損をしてバカを見やすくなるので注意が必要です。

▼この項目で悩む人にオススメの書籍

感情的に動く人が多い

レベルの低い職場では感情的に動く人が多いです。

具体的には以下の通り。

  • 好き・嫌いと言った私情を人間関係に持ち込む
  • 機嫌を損ねると他人の話を素直に聞かないで怠ける
  • 自分の思い通りにならないとすぐに機嫌を悪くする
  • 感情を処理できずすぐ他人に当たり散らす
  • 周りの目を気にせずに社内恋愛やゴシップ話を持ち込む
  • その場の感情で発言するので仕事の指示がコロコロ変わる

人間である以上は感情で動くこと自体は悪いことではありませんが、一社会人として感情で動くことで仕事に悪影響をもたらすのはあるまじき行為です。

大人になっても仕事で感情的に動く人は、

  • 幼稚な人
  • 仕事に私情を持ち込む人
  • 感情を制御できない人
  • EQ(心の知能指数)が低い人
  • 自分の言動が他人に与える影響を考えられない人

とも言い換えられます。

仕事では辛いことや思い通りに行かないことがたくさんありますが、まともな大人であればいちいちそれを表に出すことはしないでグッとこらえるのですが、感情的に動く人はそんなことにも気づかず、自分勝手に感情を喚き散らすのです。

▼この項目で悩む人にオススメの書籍

仕事に対しての目的意識が低く向上心がない

レベルの低い職場には目的意識の低い人が多く集まりがちです。
具体的には、

  • 向上心や学習意欲がないため新しい仕事を覚えない
  • 他人や仕事に興味がなく言われた事しかやらない
  • 「お金さえ稼げればなんでもいい」という態度で働いている

など、目的意識が希薄なので仕事に対する意欲が低くなるばかりか、ひどい場合には愚痴や不満を吐いて他人の足を引っ張ることに目的を見い出す救いようのない人もいます。

学校のクラスや部活動でも、目的意識がない集団ほどいじめや恋愛などに労力を割く人が増えがちでしたが、これは社会人になっても変わらない人間の習性だと言えるでしょう。

▼この項目で悩む人にオススメの書籍

日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?
日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?

自発的に動けない指示待ち人間が多い

レベルの低い職場では、自分の頭で考えて自発的に動けない人が多くいます。

レベルの低い仕事は「自分の頭で考えなくても上から言われたことを行っておけば良い」という傾向があり、必然的に自分で考えない人ばかりが集まります。

これは「大企業」「公務員」と言った安定したイメージのある仕事でもありえることです。

そのような社風の職場で育った人材は、自分の頭で考えられない人が上司や経営者になっていくため、見当違いの指示や経営が当たり前となり、組織全体が腐っていきます。

指示待ち人間ばかりの職場では、自発的に動ける人が割を食いやすいので注意!

愚痴やゴシップ話が大好きな人がいる

何度かご紹介している通り、レベルの低い職場では他人の愚痴やゴシップ話しか能がない人間が多く集まります。

どこの職場にも、口を開けば他人の愚痴や会社に対する不満ばかりの人がいますが、このような人物の多い職場には注意が必要です。

愚痴や不満というのは自分自身の力で現状をどうにかする力がない人が行うものであり、仕事ができる人は愚痴や不満を吐く暇があれば自分でどうにか現状を変えようと行動するものです。

ですので、愚痴や不満を吐いてばかりの人が多い職場はそれだけ自分で状況を変えようとしない人が多い証拠であり、期待するだけ無駄です。

また、職場にプライベートや恋愛などのゴシップ話ばかり持ち込む人も、公私の切り分けができておらず、職場の風紀を乱す要因になるので注意が必要です。

愚痴っぽい職場では、職場の人間関係が悪くなりやすく、プライベートにまで干渉してくる人がいるので注意!

勤務中の話が低俗で品がない

勤務中の話が低俗で品がない職場もレベルが低いと言えます。

  • 空気を読まずに猥談を行う(風俗やアダルト商品の話など)
  • 飲み会での武勇伝
  • 恋愛やゴシップ話が多い(社内の誰々と付き合いたいなど)

このような品のない話を、場所を弁えずに話したり、初対面の人間に話すような上司がいるようでは、あまりレベルが高い職場とは言えないでしょう。また、こういった人は、セクハラを行ったり、社内恋愛で社内の人間関係を壊すなどの危険性もあるのですが、そういったリスクにまで考えが及びません。

勤務中の話が低俗な人は、社内の人間関係を壊すなど風紀を乱す恐れがあるので注意!

人事制度が杜撰(コネ採用重視など)

実務上の能力や適性ではなく、人間関係や出身校などを重視してコネ採用が当たり前になっている会社も注意が必要です。

小さめの会社や地方密着型の企業では、コネ採用が当たり前になっていることも多く、人事制度の評価基準として実務能力や仕事の成果が軽視される傾向が強めです。また、ひどい会社だと自分の身内や親族を社内で優遇して従業員のやる気を削ぐなどといった事例も珍しくありません。

このような会社では、社内評価としても実務面での成果や会社への貢献度ではなく、社内での権力者との人間関係や出自だけで評価が決まってしまい、不遇感が強くなることも予想されます。

その結果、本当に仕事ができる人ほど辞めていってしまい、社内政治や所属派閥で優遇されているだけで実際の仕事ができない人は残っていき、組織が腐って会社全体のレベルが低くなってしまうのです。

採用力の低い職場では、その後もレベルの低い人材ばかりが集まりがちなので注意!

規律やモラルに欠けている

レベルの低い職場はモラルや規律に欠けていることが多いです。
たとえば以下のような職場が当てはまります。

  • 仕事をサボることが当たり前になっており真面目な人ほど損する
  • 利益を出すために倫理的に問題のある方法を使っている
  • サービス残業の強要やハラスメント行為が蔓延している
  • 法律違反や不正がはびこっている
  • 職場内で浮気・不倫などがはびこっている

仕事をサボっている人がいるだけならともかく、法律的に問題のある経営がなされていたり、職場内恋愛が職場の人間関係に悪影響を与えるなど、職場を学校のクラスの延長線上としか考えていない人もいます。
学校でも、一部の不良が混ざるだけで学級崩壊したり偏差値の低い高校では規律が保たれない現象がありますが、大人になって企業で働く際にも同様の現象が十分に起こりえるのです。

モラルの低い職場では、経営者や上司含め、モラルが低いままで居続けて自分も影響されていくので注意!

非正規雇用者が多い

非正規雇用者の多い職場も、会社全体のレベルが下がりがちなので注意が必要です。
決して、非正規雇用者全体のレベルが低いというわけではありませんが、契約面で会社のために様々な仕事をこなさないとならない正規雇用者と比べ、非正規雇用者は責任範囲や目的意識が低くなりがちなので、結果として質の低い人材が集まりやすいものです。

とくに派遣社員が多い職場の場合、雇用契約の責任範囲に仲介業者である派遣会社が挟まるため、会社内の社員と派遣社員とで確執が生まれやすくなります。
派遣社員自体が悪いわけではないのですが、派遣社員制度を真面目に働かないために利用している質の低い労働者も混ざりやすいため、今の職場のレベルが低いと感じている場合は非正規雇用者と正規雇用者の責任範囲や仕事に対する意識に差がありすぎないかどうかも確認しておきたいところです。

非正規雇用の多い職場では、正社員と非正規での確執が生まれやすいので注意!
仕事の悩みや不満

【必見】これから転職を考えている方へ

「転職には興味があるけど、何からすればいいかわからない…」
「転職したいけど、自分に合った仕事の見つけ方がわからない…」
「転職したいけど、経歴や能力に自信がない…」

そう悩んでいませんか?

当サイトでは、オススメの転職エージェントを厳選してご紹介しています。
同時に、自分に合った転職エージェントの選び方や、転職エージェントをかしこく活用する転職活動の進め方も解説しています。

▼転職エージェントとは?

転職エージェントとは、通常のサイトと同じような求人検索システムはもちろん、プロのキャリアアドバイザーがオススメの求人を厳選して紹介してくれたり、転職のサポートや企業との調整を代わりに行ってくれるサービスの総称です。

近年、日本国内ではこの「転職エージェント」と呼ばれるビジネスモデルが主流となっており、プロの力を借りて転職活動を行うことが当たり前になりつつあります。

転職エージェントは転職活動が終わるまで無料で利用できるのが特徴で、これは企業側が採用時に成果報酬を支払うことで求職者側は一切費用負担が発生しないからです。

→転職エージェントの詳しい解説はこちら

現在、国内では転職エージェントが主流のサービスとなっています。
そのため、多くの優良求人は非公開求人として転職エージェントに登録しないと閲覧さえできない状況となっています。
ですので、少しでも転職に興味があるなら転職エージェントへの登録は早めに済ませておくといいでしょう。

現在、転職エージェントは国内にも数多く存在しており、サービス名称に「エージェント」と含まれておらず、一見するとエージェントと見分けられない場合もあります。
また、各サービスごとの細かな違いも使ってみないとわからないことが多いため、エージェント選びに悩まれる方も多いのが実情です。

もし、どの転職エージェントを使うべきか悩んでいるのであれば、まずは以下のような「選ぶポイント」を抑えておくといいでしょう。

▼転職エージェントを選ぶ時のポイント

  • 対象としている年齢層
  • 取り扱っている求人数
  • 取り扱っている求人の年収帯
  • 取り扱っている業種/職種
  • サービスの質

転職エージェントには、20代未経験向けもあれば、20~30代全般向けもあり、年収が高めの求人が多いと40代以上も対応していることもあります。
また、業界専門型のサービスも存在します。特定の業界に所属しているなら専門型のエージェントを使う方がいい場合もあります。
重要なことは「自分の年齢や年収帯、所属している業種に合わせた転職エージェントを選ぶ」ということになるのです。

さらに知っておいて欲しいポイントは、経歴が優れているかどうかではなく転職エージェント側が求めている人材と自分の経歴が合っているかどうかで転職は決まるということです。

たとえば、20代の未経験者向けのサービスであれば、年収の高い優秀な人材よりも20代の未経験人材の方が転職に成功しやすくなります。逆に高年収求人を取り扱っているサービスであれば、平均年収以上の経歴があった方が成功しやすくなります。

このように「転職エージェント側が求めている人物像と登録した人の人物像が合っているか?」が転職の決め手になるため、自分に合った転職エージェント選びは転職を成功させる近道となります。

業界最大の求人数を誇る
「リクルートエージェント」

まず初めにご紹介したいのが、人材会社として国内No.1の業績を誇るリクルート社が手がける「リクルートエージェント」です。リクルートエージェントは転職エージェントの中でも最大の求人数を誇る点が最大の強みです。

求人数公開求人221,108件
/非公開求人266,458件
※2022年6月26日時点
対象年齢20~30代向けが中心
年収目安300~600万円
転職期間最短3ヶ月が目安

取り扱い求人の傾向としては、20代~30代向けが中心、年収も平均年収から平均よりやや上といった感じです。また、業界最大手ということもあり大手企業の求人の取り扱いも豊富です。

サービス傾向としては効率重視で、アプリから一括で求人情報からメール連絡まで管理可能、登録後の面談まで非常にスピーディーです。また、登録後のメール連絡頻度もそこまで高くないため、使い方次第では最短で転職先を見つけ出すことも、じっくり自分のペースで転職活動を進めることが可能です。

総評として言えば、20代~30代で年収300~400万円台の平均的な人材に位置する人は「リクルートエージェントで紹介される求人が、おおよ今の自分でも現実的に転職できる求人」と抑えておく意味でも、初めにリクルートエージェントを使って転職活動の目安にしてみるといいでしょう。

20代未経験からの転職に強い
「ハタラクティブ」

20代の未経験職への転職なら「ハタラクティブ」がオススメです。

ハタラクティブは20代向けの就職・転職支援サービスで、新卒後3年以内の第二新卒から、就職できずにフリーターや無職となった既卒など、職歴が転職活動のネックになってる方でもしっかりと対応してもらえます。

ハタラクティブの運営元は「レバレジーズ」という会社で、人材会社として積極的に事業拡大しており、拠点も全国区取り扱い求人も全国区となります。他の転職エージェント同様、オンライン面談で転職活動が進むため拠点に訪問する必要はなく、未経験者は職務経歴書の提出が必要ないため、効率も良いと言えます。

前述のリクルートエージェントが経歴のある人材の利用が前提となっているのに対し、ハタラクティブは20代向け・未経験者前提となっているため、当てはまる方はこちらも利用しておくといいでしょう。

また、20代・未経験者向けの転職エージェントは激戦地帯利用者側にとっては選択肢が非常に多くなります。ですので、転職活動に避ける時間に余裕がある人は、他の20代向けサービスも併用しながら本当に自分が就きたい仕事を見つけ出せるまで根気強く活動しておくと、長く続けられる仕事が見つけられるはずです。

もし、読者が20代で未経験職への転職に興味があるなら、以下の記事で他のサービスもご紹介しておりますため、ぜひ参考にしてみてください。

パートナーシップに期待できる
「Spring転職エージェント」

次にご紹介したいのが外資系人材企業アデコが運営する「Spring転職エージェント」です。

Spring転職エージェントは運営元が外資系企業なこともあり、良くも悪くも効率重視の事務的な対応の目立つ国内転職エージェントとは違った求人の提案やサポートに期待できます。担当者が企業と求職者双方の対応をこなしているため、より詳細な情報提供から企業との交渉で満足度の高い転職を実現してくれます。

もし、国内の転職エージェントに不満を感じており、エージェントにより高いパートナーシップを求めるのであれば、Spring転職エージェントの活用も検討しておくといいでしょう。

ハイクラス転職に特化、別次元の
「ビズリーチ」

他の転職エージェントと一線を画す、高年収転職の実現を目指したい方向けの転職サービスが「ビズリーチ(BIZREACH)」です。

ビズリーチは通常の転職エージェントと違い、ビズリーチ自体は企業/求職者/ヘッドハンターの三者をつなぐマッチングプラットフォームですが、ビズリーチを利用する企業や求職者が高年収見込者に絞られているため、お互いに納得の行く高年収での転職が成立しやすい点が最大の魅力です。

ビズリーチは他の転職エージェントと根本的にビジネスモデルが異なるため、詳しくは以下の記事でも解説しています。気になる方はぜひご確認ください。

ビズリーチが想定している年収600万円以上の転職ともなると、求職者も求める企業像が高くなる上に選択肢が広くなりやすく、企業側も高年収での採用となるため選別の目が厳しくなるため、お互いに時間をかけて納得の行く事前交渉が不可欠となります。

そういう意味でも、企業と直接交渉できたり優秀なヘッドハンターが仲介に入ってくれるビズリーチは、高年収の転職を実現したい人にとって根強い支持を集めるサービスと言えます。

ただし、他の転職エージェントと違いビズリーチは本格的なサービス利用は課金制な点には注意です(※登録自体は無料)。また、企業やヘッドハンターからスカウトを受けるためにレジュメ(職務経歴書)をしっかりと仕上げる必要があるため、他の無料転職エージェントを利用した後に満足できないと感じてからでも遅くはないでしょう。

ビズリーチは、人材業界やビズリーチ自体のビジネスモデルを理解した上で、企業との交渉の仕方やヘッドハンターとの関係の作り方を踏まえた上で活用すれば、課金制であることも納得の転職サービスですので、その価値がわかる段階になっている自信のある方はぜひ活用してみてください。

豊富な診断ツールで適性を探し出せる
「ミイダス」

最後にご紹介したいのが、年収査定や適職診断などの診断ツール満載の転職ツール「ミイダス」です。

ミイダスの魅力はなんと言っても、無料で転職に役立つ診断ツールの数々が使えるところにあり、とくに「コンピテンシー診断」では、全147種の職種の適性がスコア化されて紹介されたり、上司と部下の相性や仕事でストレスになりやすい要素の分析も提供しています。

ですので、通常の転職エージェントでも中々カバーしてもらえない自己分析を自力で進める上で、ミイダスは非常に心強いツールとなりますので、転職を考えるなら早いうちに登録しておく価値は大きいと言えるでしょう。

ミイダスは転職エージェントではなく転職サイト・アプリですので、担当者がつくことはありませんが、企業から直接届くスカウトやオファーに応えていく形での利用になります。そのため、診断ツールの利用ついでに転職活動を進めることもできますし、エージェントと併用して自己分析はミイダスを活用して進める使い方もできます。

転職エージェントが「プロに転職先候補を決めてもらうサービス」なのに対し、ミイダスは「自分で転職先をじっくり決めたい人向けのサービス」だと言えます。ですので、自分で納得行くまでじっくり転職先を決めたい方は、ミイダスの診断ツールを使うついでに登録してみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました