レベルの低い職場の特徴|程度や民度が低い職場、周りのレベルが低い、職場が馬鹿ばかりと感じる時はどうする?

「職場のレベル低すぎ…」
「周りのレベルが低すぎて張り合いがない…」
「周りが仕事しない人ばかりで割を食っている…」

そう悩んでいませんか?

教育課程から企業での組織編成までレベルの低い階層同士ではレベルの低い人間ばかりが集まることは、実体験で多くの方がご理解されている事実だとは思います。
たとえば、高校進学ともなると、偏差値の低いヤンキーの集まる学校とそうでない進学校であれば、明らかに生徒・教師の質が変わってきて、レベルが違ってきます。
それは会社や職場ともなると、さらにレベルの差が開くこととなります。
ただ、企業は学歴と違ってレベルを明確にする指標が存在しないため、入社後に職場の程度の低さに気づくこともままあるかもしれません。
そこで当記事では、レベルの低い会社の特徴をご紹介した上で、レベルの低い会社から抜け出すための方法まで合わせてご紹介していきます。

スポンサーリンク

レベルの低い職場の特徴は?

レベルの低い職場にはどのような特徴があるのでしょうか?
これまで筆者が見てきた、あるいは他者から聞いてきたレベルの低い職場の特徴をご紹介していきます。

真面目に仕事をしない人が多い

レベルの低い職場の代表として、真面目に仕事をしない人が多い職場が挙げられます。
たとえば、これは以下の通りです。

  • 勤務中に私語ばかりの人がいる
  • 他人の仕事の邪魔をする人がいる
  • 勤務中に平然と遊んだり怠けて他人のやる気を削ぐ人がいる
  • 上司が口だけで自分で率先して動かない

日本の雇用制度の問題として、怠けたところですぐに給料が下がるわけではないので、この性質を利用して恥ずかしげもなく怠けている社員がいる会社も世の中には存在します。
後ほどご紹介しますが、仕事をしない人が多い職場では真面目に仕事をこなす人ほど損をしてバカを見やすくなるので注意が必要です。

感情的に動く人が多い

レベルの低い職場では感情的に動く人が多いです。
具体的には以下の通り。

  • 好き・嫌いと言った私情を人間関係に持ち込む
  • 機嫌を損ねると他人の話を素直に聞かないで怠ける
  • 自分の思い通りにならないとすぐに機嫌を悪くする
  • 感情を処理できずすぐ他人に当たり散らす
  • 周りの目を気にせずに社内恋愛やゴシップ話を持ち込む
  • その場の感情で発言するので仕事の指示がコロコロ変わる

人間である以上は感情で動くこと自体は悪いことではありませんが、一社会人として感情で動くことで仕事に悪影響をもたらすのはあるまじき行為です。

大人になっても仕事で感情的に動く人は、

  • 幼稚な人
  • 仕事に私情を持ち込む人
  • 感情を制御できない人
  • EQ(心の知能指数)が低い人
  • 自分の言動が他人に与える影響を考えられない人

とも言い換えられます。
仕事では辛いことや思い通りに行かないことがたくさんありますが、まともな大人であればいちいちそれを表に出すことはしないでグッとこらえるのですが、感情的に動く人はそんなことにも気づかず、自分勝手に感情を喚き散らすのです。

仕事に対しての目的意識が低い

レベルの低い職場には目的意識の低い人が多く集まりがちです。
具体的には、

  • 向上心や学習意欲がないため新しい仕事を覚えない
  • 他人や仕事に興味がなく言われた事しかやらない
  • 「お金さえ稼げればなんでもいい」という態度で働いている

など、目的意識が希薄なので仕事に対する意欲が低くなるばかりか、ひどい場合には愚痴や不満を吐いて他人の足を引っ張ることに目的を見い出す救いようのない人もいます。
学校のクラスや部活動でも、目的意識がない集団ほどいじめや恋愛などに労力を割く人が増えがちでしたが、これは社会人になっても変わらない人間の習性だと言えるでしょう。

自発的に動けない指示待ち人間ばかり

レベルの低い職場では、自分の頭で考えて自発的に動けない人が多くいます。
レベルの低い仕事は「自分の頭で考えなくても上から言われたことを行っておけば良い」という傾向があり、必然的に自分で考えない人ばかりが集まります。
これは「大企業」「公務員」と言った安定したイメージのある仕事でもありえることです。
そのような社風の職場で育った人材は、自分の頭で考えられない人が上司や経営者になっていくため、見当違いの指示や経営が当たり前となり、組織全体が腐っていきます。

愚痴やゴシップ話が大好きな人がいる

何度かご紹介している通り、レベルの低い職場では他人の愚痴やゴシップ話しか能がない人間が多く集まります。

どこの職場にも、口を開けば他人の愚痴や会社に対する不満ばかりの人がいますが、このような人物の多い職場には注意が必要です。
愚痴や不満というのは自分自身の力で現状をどうにかする力がない人が行うものであり、仕事ができる人は愚痴や不満を吐く暇があれば自分でどうにか現状を変えようと行動するものです。
ですので、愚痴や不満を吐いてばかりの人が多い職場はそれだけ自分で状況を変えようとしない人が多い証拠であり、期待するだけ無駄です。

また、職場にプライベートや恋愛などのゴシップ話ばかり持ち込む人も、公私の切り分けができておらず、職場の風紀を乱す要因になるので注意が必要です。

人事制度が杜撰(コネ採用重視など)

実務上の能力や適性ではなく、人間関係や出身校などを重視してコネ採用が当たり前になっている会社も注意が必要です。

小さめの会社や地方密着型の企業では、コネ採用が当たり前になっていることも多く、人事制度の評価基準として実務能力や仕事の成果が軽視される傾向が強めです。
また、ひどい会社だと自分の身内や親族を社内で優遇して従業員のやる気を削ぐなどといった事例も珍しくありません。
このような会社では、社内評価としても実務面での成果や会社への貢献度ではなく、社内での権力者との人間関係や出自だけで評価が決まってしまい、不遇感が強くなることも予想されます。
その結果、本当に仕事ができる人ほど辞めていってしまい、社内政治や所属派閥で優遇されているだけで実際の仕事ができない人は残っていき、組織が腐って会社全体のレベルが低くなってしまうのです。

規律やモラルに欠けている

レベルの低い職場はモラルや規律に欠けていることが多いです。
たとえば以下のような職場が当てはまります。

  • 仕事をサボることが当たり前になっており真面目な人ほど損する
  • 利益を出すために倫理的に問題のある方法を使っている
  • サービス残業の強要やハラスメント行為が蔓延している
  • 法律違反や不正がはびこっている
  • 職場内で浮気・不倫などがはびこっている

仕事をサボっている人がいるだけならともかく、法律的に問題のある経営がなされていたり、職場内恋愛が職場の人間関係に悪影響を与えるなど、職場を学校のクラスの延長線上としか考えていない人もいます。
学校でも、一部の不良が混ざるだけで学級崩壊したり偏差値の低い高校では規律が保たれない現象がありますが、大人になって企業で働く際にも同様の現象が十分に起こりえるのです。

非正規雇用者が多い職場

非正規雇用者の多い職場も、会社全体のレベルが下がりがちなので注意が必要です。
決して、非正規雇用者全体のレベルが低いというわけではありませんが、契約面で会社のために様々な仕事をこなさないとならない正規雇用者と比べ、非正規雇用者は責任範囲や目的意識が低くなりがちなので、結果として質の低い人材が集まりやすいものです。

とくに派遣社員が多い職場の場合、雇用契約の責任範囲に仲介業者である派遣会社が挟まるため、会社内の社員と派遣社員とで確執が生まれやすくなります。
派遣社員自体が悪いわけではないのですが、派遣社員制度を真面目に働かないために利用している質の低い労働者も混ざりやすいため、今の職場のレベルが低いと感じている場合は非正規雇用者と正規雇用者の責任範囲や仕事に対する意識に差がありすぎないかどうかも確認しておきたいところです。

会社のレベルが下がる原因はどこにある?

ここからは、会社のレベルが下がる原因について解説していきます。
上司などのマネジメントを行う立場であれば自社の環境を良くするために、部下の立場であれば自社の環境に改善見込みがあるかどうかを判断するために、参考にしてみてください。

模倣となる上司や経営者がいないので規律が乱れている

職場のレベルが低くなるわかりやすい要因が「上司」「経営者」といった、組織をまとめる人物の人間性や仕事に対する態度です。
直属の上司の人格に問題があったり、仕事を真面目にこなさないような勤務態度であれば、必然的に下の部下にまでそれが浸透してしまい職場全体の規律が乱れてしまうものです。
また、社内の規律を保つため、

  • 企業理念を明確にしする
  • 雇用契約を明文化する
  • 勤務時間や仕事の管理を徹底する
  • 上記を定期的に点検・確認する

などといった取り組みが行われていない場合も、職場の規律や風紀が乱れがちなので注意しておきたいところです。
いずれにしても、社内の規律や風紀を保つための取り組みが行われていなければ、人間は怠けてしまい、どれだけ質の高い人材の集まった職場でも知らず知らずのうちにレベルが下がってしまうものなのです。

人事制度やマネジメントがしっかり機能していない

何度も文中でお伝えしていますが「人事制度」といった、組織を運営するための「仕組み」が機能しているかどうかもチェックしておきたい要素です。
職場の上司や経営者の人格に問題がある場合、その人自身の問題というよりは、以下のような社内環境に根本的な原因があると考えられます。
具体的には以下の要因が考えられます。

  • コネ採用/出世で上に立った人物ばかりで上司としての適性が低い
  • 過去の成功体験にとらわれている上司が見当違いの指示ばかりを行う
  • 上司の仕事の指示の振り方が下手
  • 社員全体の待遇/年収が悪くても改善に消極的
  • 法令違反のまま経営し続けるブラック企業

上記のような経営に関する業務範囲を「マネジメント」と呼びます。
日本の古い企業はマネジメントに対しての理解が低く、上司や管理職という立場であるにも関わらず、マネジメント意識が低い、あるいは教育が施されていないこともよくある話です。
また、ブラック企業のような外から見て異常な組織運営が為されている企業は、その会社で何年も働いている社員ほど自社の常識が当たり前だと感じているため、上の立場である人ほど自分たちのおかしさに気づけない、あるいは認めないなどの問題が目立ちます。
いずれにしても、上司一人の人格がおかしいだけでなく、上の立場の人間全体におかしいところが目立ち、職場全体のレベルが低下していると感じているなら、組織体質や人事制度に問題があると考えておくといいでしょう。

人材採用がしっかりしておらず問題児ばかり集まる

人事制度の一環として「採用」に関する問題も考えられます。
前述の通り、コネ採用が当たり前となっている会社は、能力や適性よりも社員との人間関係や出自を重視するため、能力がないばかりか社内で身勝手な行動を行う人物が紛れ込む可能性が高くなりやすいです。
他にも人材採用に問題がある会社の例としては、

  • 中途採用者を受け入れないで古参社員しかいないため外部からの力が働かない
  • 無料求人経由での採用が主でミスマッチ採用が目立つ
  • 離職率が高く人が辞めていくので社員が育たない
  • 待遇/年収の面で社員を大事にしないので優秀な社員ほど辞めていきやすい
  • 上記のような状態であるにも関わらず、面接方法や採用方法の改善を行っていない

など、採用制度の改善に取り組んでいない可能性も高いです。
また、非正規雇用者で職場を回している場合、正社員との意識の差も生まれやすく、正社員と非正規雇用者に対しての扱いの違いや人材配置にも問題があるかもしれません。
いずれにしても、集まる人材の質が低い=職場のレベルが下がるということにもなるので、会社の主な採用方法や自分自身が採用された経緯を思い返すなどして、問題がないかどうかも確認しておきたいです。

仕事や会社自体に魅力がない

仕事内容や会社自体に魅力がないことも、職場全体のレベルが低下する原因だと言えます。
というのも、魅力のない企業や仕事ほど自分たちの仕事に誇りを持てない人が集まりやすく、会社・仕事・社員全体に対して否定的な態度が目立つようになるからです。
仕事や会社の魅力は様々ですが、主に以下のような要因がとくに比重として大きいと言えるでしょう。

  • 仕事にやりがいは感じやすいか?
  • 企業の待遇が安定しているか?
  • 働く人に魅力的な人物は多いか?
  • 企業の知名度は高いか?
  • 会社の将来性に期待できるか?

上記の条件が欠けている企業ほど、待遇が悪い割に仕事自体にもやりがいが感じられないなど、仕事に対して意義や希望を見い出しづらくなり、働く社員のやる気を削がれていくものです。

レベルの低い職場で働き続けるとどうなる?

ここまでお読みの読者の中には「レベルの低い職場で働き続けるとどうなるの…?」と不安に思われている方もいらっしゃるかと思います。
レベルの低い職場で働き続けるデメリットとしては、具体的に以下のようなものが考えられます。

  • 人間関係が悪くなりがちなので真面目な人ほど損する
  • 周りにモチベーションが低い人が多いので自分のやる気も下がっていく
  • 人事制度がしっかり機能してないなら昇進や昇給に期待できない

それぞれ、詳しく解説していきます。

人間関係が悪くなりやすいので真面目な人ほど気苦労が増える

レベルの低い職場では人間関係が悪くなりがちなのは、すでにお伝えしている通りです。
とくに愚痴や不満を漏らしてばかりで真面目に仕事をしない社員が多かったり、ゴシップ話などのプライベートを持ち込む人が多いと、真面目に仕事をこなす人ほど割を食って損しやすくなります。
また、上司の人格に問題があって、個人的な私情で部下をえこひいきしたり仕事の割り振りに差があるなど、実務面での弊害が生じることも考えられます。
あるいは、職場内の人間関係の好き・嫌いで必要なコミュニケーションを怠る人がいる場合、私情を持ち込まない自制心がある人ほど対人関係の折衝を任されるハメになりやすく気苦労が耐えません。

モチベーションが低い人が多いので仕事に対する意欲が削がれる

仕事では周りのモチベーションの高低も、自分に影響を与えます。
少なからず、周りが仕事に対するモチベーションが低いばかりか、会社への不満や愚痴ばかりでネガティブな職場であれば、自分自身がどれだけポジティブでやる気があっても、徐々にバカらしくなってしまうものです。
転職を経験したことのある人ならわかるかと思いますが、モチベーションが高い人が多い職場では自分も触発されて仕事で向上心を保て、自然と意欲が湧くものです。
読者自身が仕事に対してネガティブな考え方で働き続けたいならレベルが低いと感じる職場で働き続けるべきでしょうが、モチベーションが低いネガティブな職場環境で長く働き続けることは損失だと考えておきべきでしょう。

人事制度がしっかりしていない会社なら昇給や昇進に期待できない

仕事で最大のモチベーションとなりやすいのが昇給・昇進といった目に見えた評価制度です。
ですが、レベルが低い職場では人事制度が機能していないことも多いため、レベルの低い環境で真面目に仕事をこなしても正統評価されないばかりか、レベルの低い人材の方がなぜか評価されてバカらしく感じることも増えがちです。
また、人事制度がしっかり機能していないにも関わらず放置しているような環境は、自社の環境が異常であることも自覚できていない可能性があるため、社内環境の改善にも期待できません。
少なからず、数年間働いているにも関わらず、昇進や昇給が為されておらず、行っている仕事内容にも大して変化がないのであれば、レベルが低いと感じている職場に身を置き続ける必要がなくなっていると言えるでしょう。

レベルの低い職場は若いうちに見切りをつけておくべき

ここまでお読みの読者の中には、レベルの低い会社に不満を抱えたり、すでに愛想尽きて辞めたいと考えている方もいらっしゃるかと思います。
もしそうであれば、早いうちに転職活動を行っておき、キャリアについてしっかり考えておくべきでしょう。
幸い、現代の日本では転職が盛んになってキャリアアップに関しても理解が広がっているため、転職することでより今の自分のに見合った職場に挑戦することは難しくありません。
ただ、無策で転職活動に望んでも失敗してしまう可能性もあるので、以下の3点には気をつけておくといいでしょう。

  • 社内環境がどれだけ自分のストレスになるかを冷静に見極める
  • キャリア的に自分のプラスになるかどうかを判断する
  • 在職中に転職活動を行っておき慎重に事を進めておく

それぞれ、詳しく解説していきます。

今の社内環境がどれだけ自分のストレスになるかを冷静に見極める

まずは、レベルが低いと感じている今の職場がどれだけ自分のストレスになっているかどうか、何が自分のストレス要因として大きいかを冷静に見極めるべきでしょう。
というのも、仕事を辞めてレベルの低い環境から抜け出したり、転職してレベルの高い環境に身を置いても、根本的なストレス要因が消えるわけではないからです。
今回ご紹介したような会社のレベルの低さの中でも、とくにストレスと感じやすい要素は以下のように分類できます。

  • 周りのモチベーションの低さが自分に悪影響をもたらしている
  • 上司や経営者との考え方が合わずに実務面で阻害になっている
  • 対人関係面のストレスに疲れる

仕事で何がストレスと感じやすいかは人それぞれで、自分で思っている原因とは別のところに根本的な原因がある場合もあります。
たとえば、周りのモチベーションが低いことが理由ではなく、周りが自分の仕事の邪魔をしてくることがストレス原因であった場合、職場でのコミュニケーションを減らすだけでストレスが減る場合もあります。
このように、自分がストレスだと思っている原因が実は根本的な原因でなかった事もあるので、まずは自分の精神状態を冷静に見極めるといいでしょう。

…と言っても、自分の精神状態を見極めるのは難しいことなので、参考に転職サイト「ミイダス」の診断ツールを活用してみることをオススメします。
ミイダスでは、職場環境や上司と部下の相性、自分の性格傾向などの様々な指標から、自分の仕事の適性を診断してくれるツールが無料で利用できます。

関連記事ミイダス「コンピテンシー診断・ストレス要因」から分析する仕事でストレスと感じやすい要素

診断ツール以外にも、企業から直接面接オファーが届くなど転職サイトとしても非常に便利ですので、登録しておくだけ損はないでしょう。

ミイダス公式サイトへ【登録無料】

キャリア的に自分のプラスになるかどうかを判断する

レベルの低い職場で働いている場合、その会社で働き続けることが自分のキャリアのプラスになるかどうかも考えておきたいことです。
具体的に以下のことは自分に対して問うべきでしょう。

  • 将来的な昇給や昇進は見込めるか?
  • その職場の人間関係の中でずっと働き続けたいか?
  • そもそも、その会社で定年退職まで働き続けたいと思えるか?

少なからず、レベルが低いと感じている会社で定年退職まで働き続けたいと思っているのでもなければ、早めに転職活動を始めておいてキャリアについて見つめておくだけ自身の為になるはずです。
逆に言えば、職場のレベルが低いと感じているにも関わらず、自分自身が行動せずにただ批判的に思っているだけであれば、何かを変えるために動かない周りの社員と同等の存在です。
できる人は水面下で様々な物事を進めているものですが、周りのレベルが低いと感じて危機感を覚えているなら、自分自身も何かしらの行動に移しておき、いつでも転職できる体制を整えておくといいでしょう、

在職中に転職活動を行っておき慎重に事を進めておく

転職で避けたい自体が、見切り発車で辞めてしまって、後から「やっぱり辞めなきゃよかった…」と後悔してしまうことです。

とくに「職場のレベルが低いから…」という理由で衝動的に辞めてしまうことは、転職時の志望動機としては企業側に警戒されてしまうので注意が必要です。
このような事態にならないためにも、できる限り在職中に転職活動を進めておき、内定をもらってから今の仕事を辞める方が間違いなく済むはずです。
在職中に転職活動を進めておくことで、他の求人情報から今の自分の置かれている職場環境を冷静に判断したり、転職の現実的な可能性も知ることができるので、より正確な決断ができるようになります。
とは言っても、在職中に転職サイトに登録して求人情報を調べるのには時間がかかりますし、面接対策などを含めると多大な労力が必要となります。

そこでオススメしたいのが「転職エージェント」と呼ばれるサービスを活用し、転職活動の負担を減らすという方法です。

転職エージェントは無料で利用でき、プロのアドバイザーが自分に合った転職先の紹介やスケジュール調整など、あらゆるサポートを行ってくれます。
とくに「職場のレベルが低い」という理由で辞める場合はネガティブな印象を与えがちなので、志望動機などの面接対策は必須になりますが、その際に仲介である転職エージェントを挟むことで、言いにくい本音なども気軽に相談しやすくなるメリットもあります。
ですので、レベルの低い職場に悩まされており転職を考えているなら、この機会にぜひ転職エージェントに登録してみて、新しい一歩を踏み出してみてください。

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

仕事の不満
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました