雛(ひな)鑑別師になるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

▼未経験からIT業界への転職を考えてる方へ

IT業界は将来性が高く平均年収476万円が見込める人気職です。
ただし、IT業界へ未経験から転職するのは難しくスキルや専門知識が必要となります。
もし、読者がIT業界への転職に興味があるのであれば、まずは「ウズウズカレッジ」のご活用をオススメします。
ウズウズカレッジでは「プログラミング(Java)」「CCNA」の2コースから選べ、自分の経歴や生活スタイルに合わせて、最短一ヶ月でのスキル習得が可能です。
ウズウズカレッジは無料相談も受け付けているので、スキルを身につけてIT業界へ転職したいと悩んでいる方は、この機会にぜひご利用を検討してみてください。

→ウズウズカレッジに無料相談してみる

雛鑑別師ってどんな仕事?

雛鑑別師とは、卵からかえったばかりのひよこのオス・メスを見分ける仕事です。

一見、簡単な仕事に見えますが実は奥が深く 、日本には約100人しかひな鑑別師がいません。

その理由として、ひよこを鑑別するためには人間の目は判断が必要で、機械ではできない職人技の必要な仕事だからです。

プロのひな鑑別師の鑑別率は99.5%を誇り、その実力の高さから欧州を中心に世界各国へ派遣されております。

後継者不足や後述するプロになるための条件の厳しさから、ひな鑑別師は仕事内容の単純さの割に極めて採用ハードルの高い、希少性の高い職業なのです。

以下は「公益社団法人 畜産技術協会」のホームページで紹介されている、雛鑑別師の紹介動画です。

初生雛鑑別師 3分

雛鑑別師になるには?必要な資格やスキルは?

ひな鑑別師になるためには初生雛鑑別師養成所へ入所しなければいけません。
この入所資格が厳しく、高卒以上で年齢が25歳以下視力が1.0以上(メガネ可)で体が健康でなければいけません。
逆に言えば年齢が26歳以上であったり、健康面に問題があるとプロのひな鑑別師になるのは条件的にほぼ無理になってしまうということです。
養成所で5ヶ月の技術講習を受け、1から3年間研修生として不過剰で働きながら実習を行い、その後、高等鑑別師講座を受験する必要があります。
この考査に合格し、畜産技術協会に登録することで、正式にひな鑑別師となることができるのです。
以上のように、25歳以下と言う年齢制限に加え、技術講習や実習を行う期間の1年以上の時間拘束を踏まえると、単純な仕事であってもプロの雛鑑別師になるハードルはかなり高いことがわかるはずです。

雛鑑別師に向いてる人は?

・単純作業が好き
・長時間の作業が苦痛ではない
・精密作業が苦にならない
・上記の環境の勤務経験がある(工場勤務など)
・ひなの選別を仕事だとして割り切れる
・ひとつのスキルを極める覚悟がある

ひな鑑別師の能力的な適性として「単純作業が苦にならない」というものが挙げられるでしょう。
デスクワークと違い複雑な仕事で頭を悩ませない分、単純作業での瞬間的な判断力を鍛えていく必要があります。
そのため、単純作業に飽きてしまいがちな人や、頭を使う複雑な仕事、クリエイティブな仕事に強い興味・関心がある人は、不向きだと言えるはずです。
また、ひな鑑別には精密にヒヨコを見分ける能力も必要になるため、細かいことに気づく能力や集中力も大事になってきます。

ひな鑑別師を目指すとして、仕事が長く続くかどうかの判断基準で言えば「単純作業である工場勤務(ライン工など)を長く続けたことがあるかどうか?」をひとつの基準として考えてみるのもいいかもしれません。
もし、勤務経験がなければ、学生時代の実習などで数時間精密作業に没頭できたかどうかで考えてみるといいでしょう。

そして、ヒヨコを仕訳する以上は、ヒヨコに感情移入し過ぎない割り切りも大事になってきます。そのため、動物に愛着を持ち過ぎる人には作業としての側面の強いひな鑑別の仕事は向いてないかもしれません。

最後に必要なのは「ひとつのスキルを極める覚悟」でしょう。
現代において、若いうちにひとつのスキルだけを極めるのはリスクが高いと言えますし、養成所に通ってから正式に雛鑑別師になるには時間がかかりすぎます。
途中で向いてないと気づいて辞めてしまう可能性も考えられますし、向いていても嫌になってしまうことだってあります。
そう考えた時に大事になってくるのは「ひな鑑別のスキルを最後まで極められるかどうか?」にかかってきます。
プロになるハードルが高い分、競争倍率が高い職業ではないので、覚悟さえ決めて臨めば道は開けるはずでしょう。

雛鑑別師と関連性の高い仕事は?

雛鑑別師を「仕事内容」で判断すればスキル的には製造業や職人職、「業種」で判断するのであれば「畜産」「動物」が関連性の高い仕事になってきます。

タイトルとURLをコピーしました