人がどんどん辞めていく会社の特徴と原因。離職率の高い会社に見られる傾向とは?

「人がどんどん辞めていく…」
「新卒採用された若者がすぐに辞めていく…」
「中堅社員・ベテランがなんの予兆もなく辞めていく…」

こういった現象に心当たりはありませんか?

私が当サイトを運営する中で「長く働きやすい職場=ホワイト・優良企業」「人がすぐに辞めていく職場=ブラックになりやすい企業」の情報、どちらも大量に見てきました。

その中で見えてきた「人が辞めていく会社の特徴」について、お伝えしていきます。

人が辞めていく会社の特徴や傾向は?

当サイトを運営する中で、様々な人が辞めていく会社のモデルケースを見てきましたが、大きく分けると以下の3通りになります。

  • 会社の待遇・雇用条件自体に問題がある
  • 業種・職種の仕組み・構造自体が辞めやすい性質である
  • 社内の人間関係に問題が生じやすい

具体例も交えてご紹介していきます。

離職率の高い会社

人が辞めていく割合を「離職率」と言いますが、この数字が高いほど人が辞めていく頻度の高い会社だと言えます。

この離職率が高ければ高いほど「人がどんどん辞めていく会社」であることがわかります。

離職率(りしょくりつ)は、ある時点で仕事に就いていた労働者のうち、一定の期間(たとえば、ひと月、ないし、1年なり)のうちに、どれくらいがその仕事を離れたかを比率として表わす指標。この値が極端に高ければ、労働者がその仕事に定着しにくく、入れ替わっていくことが常態化していることが含意され、逆に極端に低ければ、労働者がその仕事に定着し、転職や産業間の労働力移動が行なわれにくくなっていることが示唆される。

参考:離職率|Wikipedia

離職率の高い業界や企業の傾向を見てみると、以下のような特徴があります。

  • 従業員数が少なくなるほど、離職率が上がる傾向
  • 小売・接客・販売・不動産業など離職率の高い業界(人材使い捨て前提)
  • 求人広告・ハローワークが中心の人材採用方法をとっている

ちなみにこの「離職率」ですが、実は事前にある程度調べておくことができます

就活時に業界分析や企業研究をしっかりしている学生であれば、離職率を念入りに調べて入社しています。

逆にそうでない人は、離職率を気にせずに就職・転職先を選んでしまうため、人が辞めていくブラックな企業に入社してしまいがちになります。

中堅社員・ベテランが辞めていく会社

人が辞めていく会社で、とくに経営・マネジメントの見直しが必要なのが、中堅社員・ベテランが辞めていくケースです。

単に、新卒・中途採用者・非正規社員が辞めていくだけであれば、まだ「根性が足りなかった」「会社が合ってなかった」だけで済ますことが出来ます。

ですが、長く勤めている中堅社員・ベテランクラスが辞めていくということは、何か致命的な問題があるということです。

中堅社員・ベテランが辞めていく会社に考えられる原因とは?

  • 経営方針が変わり、ついていけなくなった社員が増えた
  • 給料引き下げ・ボーナスカットなどによる待遇悪化
  • 新入社員・非正規雇用者の指導・管理の負担が重すぎる
  • 上司・経営者の人格に問題あり
  • 社員内で同時に辞めるように暗躍している

原因の方向性としては、

「会社の経営・待遇に関しての問題」
「社内の人間関係、上司の人格の問題」

…の2種類に分類されます。

上司や同僚に曲者や変な人が多い

多くの人が会社を辞める理由に「上司との相性」「職場の人間関係」をあげています。

なぜかというと、仕事が上手くいくかどうかは職場の人間関係が大きく関わってくるからです。

正直言って、どんなに優秀な人材であっても、上司が細かいことにガミガミ文句を言って邪魔するタイプであれば、1割も能力が活かせませんよね。

あのリクルートの調査でも「転職の決め手は上司や経営者」という結果が出ているほど、上司選びは大事なので、職場の上司や経営者に不満があるなら転職を考えておきましょう。

派遣社員・アルバイトとの確執の強い会社

派遣社員やアルバイトなどの「非正規雇用者」と、正社員の確執の強い会社も人が辞めていく頻度が高めです。

というのも、非正規雇用側は不平不満が溜まりやすいからです。

働き方改革でも「同一労働同一賃金」による、正規・非正規差別が争点になっていますが、待遇や賃金面の差だけでなく、仕事の責任範囲でも確執が強いのが実情です。

現場仕事がメインになる派遣社員と、管理・指示がメインになる正社員とでは、仕事に対する意識や考え方が違ってくるもの。

また、派遣社員・アルバイトは「使い捨て可能な人材」として使っている企業もかなり多く、モチベーションの低い人材が多いのも、確執の原因の一つです。

社員のノリや仕事の仕方が異常

基本的に、人がどんどん辞めていく会社は社員のノリが異常です。

  • サービス残業当たり前
  • 徹夜残業がほぼ毎日
  • 「仕事に愛を持て!」「会社のために尽くせ!」など精神論ばっかり
  • 「ここはまだマシ」と、ブラックな環境を肯定するブラック社員
  • プライベートの時間を拘束する上司や社長

こんな感じで「仕事のために命を捧げるのが当たり前」という感覚で働いている社員が多いですね。

ひどい場合は、仕事を宗教かなにかと勘違いしている会社もあるので「ヤバイ」と感じたら、辞めることを考えておかないと、精神・肉体ともに破壊されますよ。

「仕事のために生きている」のではなく「生きるために仕事している」ということを、思い出しましょう。

労働時間が長過ぎる会社

人がどんどん辞める会社というのは、とにかく労働時間が長いです。

そのくせして、賃金は安い。

さらにひどい場合は、タイムカードを改ざんして平然とサービス残業させてきます。

そもそも、サービス残業の強要は立派な犯罪ですので、すぐに逃げる準備をしましょう。

あなたが死んでも、会社は一切責任をとってくれません。

仕事にやり甲斐がなさすぎる会社

人がどんどん辞める会社というのは、とにかくやり甲斐がないですね。

誰でも出来るような単調な作業や、効率もクソもない時間だけかけておけばOKみたいな、レベルの低い仕事ばかりです。

どんどん人が辞めていくというのは、それだけやり甲斐の見いだせない仕事である証拠です。

もし、あなたが仕事にやり甲斐も愛着も感じないのであれば、辞めることを考えておきましょう。

どうせ続けても、やり甲斐よりも苦しさばかりしか感じませんからね。

当サイトでは「自分らしい生き方を見つける一環の”転職”」として、やり甲斐のある仕事を見つけ出す転職方法をご紹介しています。興味のある方は、以下の記事を参考にしてみてください。

頭のおかしい上司や経営者がいる会社

人がどんどん辞めていく会社というのは、だいたい頭のおかしい上司や社長がいます。

会社の権限を握る人物の頭がおかしいと、そいつ1人に合わせて会社全体が動かなければなりません。

また、現場のリーダーである上司がパワハラ上等で愚痴・文句ばかりの上司ですと、全体がやる気が失せていき、どんどん人が辞めていきます。

どの職場にも言えますが、頭のおかしい人間が権限を握るだけで、組織というものは簡単に崩壊していくものです

戦国時代でもボンクラ息子が家督を継いで家が潰れた例などもよくありますが、バカが上司や経営者になると、組織はなるべくして崩壊していきますからね。

「人がどんどん辞めていく」というのは、単純に現在進行系で組織が崩れていってるだけなのです。

そんな会社に勤め続けたところで、報われることなんてありません。

早めに見切りをつけておきましょう。

人間関係が最悪な会社

人が辞めていくような会社は、人間関係が最悪な傾向があります。

もともと、仕事のストレスが多く、会社自体に余裕がないので、ドンドン社内の人間の性格も悪くなっていくのです。

結婚して主婦が性格が悪くなっていくのと同じで、人間余裕がないと、ドンドン性格が悪くなっていくものです。

そして、人間関係の悪い職場ではまともな人ほどすぐに愛想を尽かして辞めていき、余裕のない性格の悪い人ほど、職場に残ることになるので、さらに職場の人間関係が悪化していきます。

あなたも早めに辞めなければ、次第に悪い人間関係の中で、性格の悪い醜い人間に変わり果ててしまいますよ。

職場が呪われている可能性も…

当サイトに在籍するスピリチュアルライターから指摘があったのですが、どんどん人が辞めていく会社は呪われている可能性も高いそうです。

呪いの影響や悪霊を見てしまい、予兆なく辞めていく人もたくさんいるので、どんどん人が辞めていく会社で働く人は、呪いの可能性も考えておくといいでしょう。

誰か1人が辞めたことをきっかけに人が離れていることも…

人がどんどん辞めていく現象は「退職連鎖」「芋づる式退職」などとも呼ばれ、とくに珍しくもない現象でもあります。

やっぱり、優秀な人材や職場のベテランが辞めていくと、一気に職場のバランスが崩れてしまうので「転職しよ…」と考えちゃうんですよね。

周りの同僚や優秀な上司が辞めてしまった場合は、気兼ねすることなく自分が辞めちゃうことも考えておくのもいいですよ。

人が辞めていく会社に残り続けるデメリットとは?

人がどんどん辞めていく会社に残り続けるデメリットは、かなりデカイです。

ハッキリ言って「給料がもらえる」以外のメリットが皆無なので、よほどの愛着や恩義がなければ、さっさと辞めてしまったほうが、今後の人生のためだと言えます。

人がどんどん辞めていくことは、社員を大事にしていない証拠

人がどんどん辞めていくような会社は、人を大事に出来ていない証拠です。

時間や手間をかけて雇った人材を、自分から手放すようなことは、バカな会社のやることです。

優良企業に勤めたことのない人には想像しにくいかもしれませんが、良い企業ほど人材を大事にします

なぜなら、会社の中で時間をかけて成長してもらうことで、将来会社を支える貴重な人材になってもらえるからです。

そんなことにも気づかずに、部下や社員にひどい仕打ちを与え、どんどん辞めさせる会社はハッキリ言ってバカです。

社員を大事にしない会社に尽くしたところで、何一ついいことはありません。

すぐに辞めることを考えましょう。

仕事が出来るようになるほど、負担が増える

人がどんどん辞めていく会社では、一人あたりの負担がどんどん増えていきます。

そして悲しいことに、仕事が出来るようになればなるほど、自分の負担ばかりが増えていくのです。

それで出世や給料アップにつながるならまだしも、人がどんどん辞めていく経営の危ない会社は、仕事がこなせればこなせるようになる分、バカを見るハメになります。

同僚の2倍の仕事をこなしていたとしても、給料は横並び…という事態が起こりますからね。

そんなバカバカしい現実に気づいたところで、やっと辞める決心がつくわけです。

出世できても、大して給料が上がらない

人がどんどん辞めていく会社は、仮に出世できたところで大して給料も上がりません。

上司や先輩が余裕なくイライラ働いているのであれば、それは給料が低く、出世しても一切余裕が出来ない証拠です。

そういった事情にいち早く気付ける人は、早々に見切りをつけて辞めていくわけです。

プライベートの時間が減るので、人生が充実しない

人がどんどん辞めていく会社では、とにかくプライベートの時間が確保できません。

人が辞めた分だけ、自分の仕事が増えていきますからね。

律儀に今の職場で働き続けても、貧乏くじを引き続けるだけで、一向に給料も待遇も良くならないばかりか、どんどん仕事が増えていくばかりです。

まるで、生き地獄ですね。

今一度、胸に問いただしてみてください。

あなたは、仕事をするために生まれてきたんですか?
それとも、仕事で得た給料で人生を豊かにするために生まれてきたんですか?

仕事のために生きているような人間は、人生の充実していない、余裕のない人間ばかりです。

プライベートを充実させて豊かな人生を送りたければ、仕事のために生きているような連中と関わるのはやめましょう。

人がどんどん辞めていく会社は自分も転職しよう

以上のように、人がどんどん辞めていく会社は何かしらおかしいところがあるので、自分も辞めて転職することを考えておくといいでしょう。

以下の記事では、人材不足の続く企業の問題点を洗い出しておりますので、今の会社の何がおかしいかを知っておきたいなら、合わせて読んでおきたいです。

人が辞める会社から転職するなら転職エージェントに相談しておこう

人がどんどん辞める会社で働いている方の多くが「自分も辞めたい…」と考えていることでしょうが、次は見つかるかどうか不安ですよね。

そこでオススメしたいのが、プロが転職活動を無料でサポートしてくれる「転職エージェント」を利用するという方法です。

転職エージェントは無料で利用できる上に、自分に合った転職先を紹介してくれ、初心者でも書類作成や面接のサポートしてくれるので、転職先が楽に決まります。

タグ:仕事辞めたい

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ