【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

人見知りだけど営業の仕事がつらい時はどうする?コミュ障が営業の仕事を辞めたい時に見直すべきことは?

「コミュ障なのに営業に配属されてしまった…」
「人見知りを改善するために営業になったけどやっぱりつらい…」

そう悩んでいませんか?

営業の仕事を通して、人見知りやコミュ障を改善できたり、社会人としてのコミュニケーション能力を身につけて成長できる人はいます。

その一方で、

「やっぱり自分に営業職なんて無理だ…」
「営業先に嫌われてばかりでまったく成果がでない…」
「上司や同僚に怒られてばかりでつらい…」

…と、かえって自信をなくし、ますます人見知りやコミュ障がひどくなる方もいます。

読者もおそらくそういった「人見知り・コミュ障なのに営業職に就いてしまって辛い思いをしている」タイプなのではないでしょうか?

もしそうであれば、最後までお読みください。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

コミュ障が営業で感じる辛い部分やきつい瞬間とは?

コミュニケーションに苦手意識を持つ人たちにとって、営業職は特に辛い挑戦となります。初対面の相手との打ち解けられない厳しさや社交の場へのストレス、そして会社風土や営業部門の空気感との不一致など、さまざまな困難が待ち受けています。さらに、プレゼンテーションや交渉におけるストレスや人間関係の微妙なトラブルへの対応も求められます。

初対面の相手と打ち解けられない厳しさ

コミュニケーション能力の不足により、初対面の相手との関係構築が難しく、信頼を築くまでに時間がかかることがストレスとなります。

社交の場へのストレス

ネットワーキングイベントや社内外のパーティーなど、人との接触が頻繁な場面での緊張や不安感があります。自己表現や会話のスキルに自信がないこともプレッシャーとなります。

会社風土や営業部門の空気感が合わない

営業の仕事といえば体育会系の社風の職場が非常に多いです。

体育会系の社風の会社の特徴といえば、

  • 競争心が激しく周りの同僚と競い合う社風
  • 「考えるよりも行動」という感じで体を動かすことが第一
  • 「数撃ちゃ当たる」でとにかく行動量が重要
  • 精神論が好きで無茶な目標設定も多い
  • ノルマ・利益に関してプレッシャーをかけられやすい

…など、内向的な人にはかなりストレスになりやすい要素がそろっております。

また、会社によっては、

「仲間とのチームワークや団結力が強い」
「プライベートでも飲み会などの交流会が多い」

…など、文化部系の内向的な人にとっては、居心地が悪く感じることもあります。

このように会社には「社風」と呼ばれる、社員のノリや考え方があり、似たようなタイプの人が残り続ける特性があります。

ですので、人見知りで営業に向いていないと思ったら、まずは「今の職場の社風が自分に合っているか?」を見極めておくといいでしょう。

プレゼンテーションや交渉におけるストレス

自身のアイデアや商品を他者に説明したり、交渉を行う場面では自己表現や説得力が求められます。このような場面においてコミュニケーションの苦手意識がストレスとなります。

人間関係の感情の機微に鈍感なことでのトラブルに巻き込まれるストレス

人見知りにとって営業職がつらいのは、高いコミュニケーション能力が必要とされるからでしょう。

「コミュニケーション能力」と言っても、営業で必要とされる能力は、

本音と建前を使い分ける能力
顧客・取引先の悩みを聞き出し提案する能力
営業先で嫌われたり怒鳴られても、すぐに切り替えて次に取りかかれる能力
人として好かれたり、信用されるための人間的な魅力

…など、人当たりの良さはともかく、知恵や機転も要求されることとなります。

社会人として、基本的なビジネスマナーやトーク力は身につけて当たり前、それ以上の能力もなければ続けていくのが難しいのです。

ですので、営業職で人見知りを改善できない人は、無理せず「自分には適性がなかった」と見切りをつけることも必要かもしれません。

コミュ障で営業に向いていない人や辞めて良かったと思える人の特徴とは?

次に、コミュ障や人見知りな性格が理由で営業職に向いてない可能性が高い人や、辞めても後悔せずに良かったと思えるような人の特徴を紹介していきます。

ここで紹介する特徴はあくまで代表的な例や考え方の一つで、必ずしもすべての人に当てはまるわけではありません。最終的には読者自身の資質や適性によりますので、参考程度にお読みください。

営業部門が助け合わない放任主義の社風

営業部門は放任主義な職場が多く、自発性が必要とされることが多めです。

そのため主体的に行動できない人見知りの営業は、職場で孤立感や不安を抱くことになりやすい場合があります。

営業の仕事は基本的には「1人で営業先に訪問する仕事」です。

そのため、自発性・自立心が大事な仕事です。

職場の同僚や上司が面倒見が良ければ人見知りでも成長することができるかもしれません。

そうでなければ、一向に結果が出せないまま、上司や同僚、そして営業先でもボロクソ言われ続ける可能性もあります。

前述の通り、営業の仕事は体育会系の社風の会社も多いので、

  • 自分で考えて行動しろ
  • 自発的に結果を出せない人間は知らん
  • 自分の成果や出世のために、他人を助けている余裕はない

…という職場もあります。

上司や先輩が、人見知りの新人でも面倒見てくれる会社であれば今後成長できる可能性はあるでしょうが、そうでなければいつまでも結果が出せず、ますますつらくなるかもしれません。

ですので、人見知りで営業がつらいと感じている方は「上司や先輩がしっかり指導してくれる会社か?」という部分も見極めておくといいでしょう。

自社の売る商品が好きになれない

自社の商品やサービスに共感や情熱を持てず、その魅力を他人に伝えることに苦労する場合、営業職の適性に欠ける可能性があります。

応用力の高さや地頭の良さに欠ける

営業職では柔軟な思考や対応力が求められることがありますが、コミュニケーションに苦手意識を持つ人には応用力や地頭の良さが不足していることがあります。

対人関係で嫌われることを恐れる人

営業職では、セールス行為を行うわけですから、他人に嫌われたり拒絶されることは日常茶飯時です。

営業職の仕事の基本は物を売ることですが、それは他人にとって「ありがた迷惑」「余計なお節介」ともなり、疎ましく思われることもよくあります。

たとえば、新規の飛び込み先でも、

「今、忙しいんだけど?」
「要らないです」
「それで本当に売る気あるの?」

…など、拒絶されたり嫌われることなんて日常茶飯事です。

コミュニケーションが苦手な人にとっては、これは非常につらいもので、

「嫌われ続けてつらい…」
「マジメに仕事してるのに誰もわかってくれない…」
「全然売れない…」

…など、強いストレスになりがちです。

受け身で自己主張が苦手

営業職は物を売る・セールスの仕事なので押しの強さが必要とされます。よって、受け身で自己主張が苦手ない人にとってはキツイと感じやすいかもしれません。

営業職の仕事は「物を売る」「セールス」が中心となります。

そのため、時にはウソをついて顧客や取引先に商品を購入させたり、あるいは悩んでいる相手にその場で決断させる方法を取らないといけないこともあります。

方法や手段がどうであれ、営業職は「数字や利益を出したほうが勝ち」な世界ですので、キレイゴトが通用しない場面も多いです。

とくに、

「あとから問題になって、クレームつけられたらどうしよう…」
「新規の営業先で嫌われたり、怒鳴られたらどうしよう…」

…と心配性な方は、営業として続けていくとストレスが溜まっていく一方でしょう。

コミュ障営業の将来性は?無理に働き続けた末路はどうなる?

コミュニケーションに苦手意識を持つ人が営業職に従事する場合、将来性や働き続けた末路について考えることが重要です。営業職自体は将来性が非常に高く、成功すればキャリアや報酬に大きな成果が期待できます。しかし、売上を上げることが難しく成果を上げられない営業は将来性が高いとは言い難く、また、営業方法は業界や企業によって大きく異なるため、適性や環境の選択が重要です

営業職自体の将来性は非常に高い

営業職は企業の成長や売上増加に直結し、その重要性が高まっています。成功すればキャリアや報酬に大きな成果が期待できるため、将来性は非常に高いと言えます。

売れない営業の将来性は高いとは言い難い

営業職は成果を上げることが求められます。売上が伸びず成果を上げられない営業は将来性が高いとは言い難く、キャリアや報酬に制約が生じる可能性があります。

「営業=セールス」の方法は業界や企業によって千差万別である

営業方法は業界や企業によって大きく異なります。一つの営業手法が全ての場面で有効とは限らず、営業職は自身の適性や環境に合った営業方法を身につけることが重要です。

営業職からの転職先の例やキャリアアップ方法は?

 

人見知りで営業職を辞めたい方は、

「辞めた後も転職先はあるのだろうか?」
「人見知りの自分でも勤まる仕事はあるのか?」

…と、不安になっているかと思います。

結論から言えば、人見知りでも就ける転職先自体はいくらでもあります。

少なからず、営業経験をした分はしっかりと転職活動で活きてくるので、以下のような転職の方向性を意識して、次は自分に合った転職先が見つかるように考えておくといいでしょう。

今の仕事が上手く行っていなくても「自分が営業に向いていない」「今の会社で人見知りが上手く改善できなかった」とわかっただけでも、一歩前進です。

営業職として別の会社・業種に転職する

転職の基本ではありますが「今の自分の職種・経歴でいい転職先は見つからないか?」を最初に考えておくことで、待遇・年収面で妥協せずに済みます。

人見知りで営業が向いていないと感じるなら、

  • 営業職自体が向いていないのか?
  • 単に今の会社・業種の社風が合わないのか?

…のどちら寄りであるかを見極めることは大事です。

単に今の会社の社風や教育方針が合っていないだけでしたら、しっかりと教育・指導してくれる転職先を見つければ営業職として能力を活かせる可能性も、ゼロと言うわけではありません。

ですので「すべての会社の営業職が今の会社と同じような仕事内容だ!」と決めつけずに、まずは他の会社の営業の仕事がどのようなものかを把握しておくと、キャリアを見誤らずに済むはずです。

「攻め」ではなく「受け」の対人営業職に就く

人見知りで営業がつらいと感じている方は「”攻め”ではなく”受け”」寄りの対人営業の仕事を見つけるのもいいかもしれません。

営業職の中でもとくにつらいのが「新規飛び込み」「販路拡大」などの、攻めの姿勢の職場・部署での仕事です。

一方で、世の中の営業職には、

  • 特定の取引先と”狭く深く”なルート営業
  • メール中心のネット営業
  • 自社に訪れる顧客に対応する営業

…など、様々な形があります。

人見知りで内向的な性格であれば、単に攻め寄りの営業が向いていないだけかもしれません。

ですので、転職先を探す場合も単に「営業職」という区分だけで判断せず、より「具体的に営業でどのような相手と関わる仕事か?」まで把握しておけば、次の転職先は辞めることなく続けられるはずです。

人との関わりの少ない仕事に転職する

人見知りで、どうしても営業職そのものが嫌なのであれば、人との関わりの少ない仕事を選ぶのもありかもしれません。

以下の記事にも書いてありますが「人と関わらない仕事は存在しないが”人との関わり方”ならある程度選べる」ので、そこを意識しておけば人見知りでもこなせる仕事と出会えるはずです。

ただし、人と関わらない分「スキル」が要求される仕事が増えてくる上に、未経験職に就きやすい20代でなければチャンスが少なくなるため、転職がやや厳しめになることは知っておきたいです。

転職サービスを利用してプロのサポートを受ける

ご紹介している通り、人見知り・コミュ障で営業職を辞めて転職する場合、現職の問題点を踏まえ、次につなげる必要があります。

もし、人見知りが理由で営業を辞めたいなら、転職サービスでプロに相談してサポートを得るという方法を推奨します。

今回紹介したような、

「営業職として他の会社・業種に転職するべきか?」
「本当に自分は営業職に向いていないのだろうか?」

…といった悩みにも、経験のあるプロがしっかり答えてくれますので、まずは転職サービスを使って判断をしてもらうと後悔せずに済むでしょう。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

仕事辞めたい【業種・職種】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました