人見知りで営業の仕事つらい…。コミュ障で営業職辞めたいなら読んでおこう

「人見知りなのに営業に配属されてしまった…」
「人見知りを改善するために営業になったけどやっぱりつらい…」

そう悩んでいませんか?

確かに営業の仕事で人見知りを改善できたり、社会人としてのコミュニケーション能力を身につけて成長できる人はいます。

しかし、その一方で、

「やっぱり自分に営業職なんて無理だ…」
「営業先に嫌われてばかりでまったく成果がでない…」
「上司や同僚に怒られてばかりでつらい…」

…と、かえって自信をなくし、ますます人見知りが酷くなる方もいます。

読者もおそらくそういった「人見知りなのに営業職に就いてしまって、つらい思いをしている」タイプの方なのではないでしょうか?

もしそうであれば、最後までお読みください。

スポンサーリンク

営業の仕事は体育会系が多くて人見知りにはつらい

営業の仕事といえば体育会系の社風の職場が非常に多いです。

体育会系の社風の会社の特徴といえば、

  • 競争心が激しく、周りの同僚と競い合う社風
  • 「考えるよりも行動」という感じで体を動かすことが第一
  • 「数撃ちゃ当たる」でとにかく行動量が重要
  • 精神論が好きで無茶な目標設定も多い
  • ノルマ・利益に関してプレッシャーをかけられやすい

…など、内向的な人にはかなりストレスになりやすい要素がそろっております。

また、会社によっては、

「仲間とのチームワークや団結力が強い」
「プライベートでも飲み会などの交流会が多い」

…など、文化部系の内向的な人にとっては、居心地が悪く感じることもあります。

このように会社には「社風」と呼ばれる、社員のノリや考え方があり、似たようなタイプの人が残り続ける特性があります。

ですので、人見知りで営業に向いていないと感じる方は、まずは「今の職場の社風が自分に合っているか?」をしっかりと見極めておくといいでしょう。

人見知りが営業職でとくにつらい部分は?

人見知りが営業職でとくにつらいと感じるであろう部分をご紹介していきます。

物を売る・セールスの仕事なので押しの強さが必要とされる

営業職の仕事は「物を売る」「セールス」が中心となります。

そのため、時にはウソをついて顧客や取引先に商品を購入させたり、あるいは悩んでいる相手にその場で決断させる方法を取らないといけないことも。

方法や手段がどうであれ、営業職は「数字や利益を出したほうが勝ち」な世界ですので、キレイゴトが通用しない場面も多いです。

人見知りの方で、とくに、

「あとから問題になって、クレームつけられたらどうしよう…」
「新規の営業先で嫌われたり、怒鳴られたらどうしよう…」

…と心配性な方は、営業として続けていくとストレスが溜まっていく一方でしょう。

他人に嫌われたり、拒絶されることは当たり前

営業職の仕事の基本は物を売る仕事ですが、それは他人にとって「ありがた迷惑」「余計なお節介」ともなり、疎ましく思われることになることもよくあります。

たとえば、新規の飛び込み先でも、

「今、忙しいんだけど?」
「要らないです」
「それで本当に売る気あるの?」

…など、拒絶されたり嫌われることなんてしょっちゅうです。

コミュニケーションが苦手な人見知りにとっては、これは非常につらいもので、

「嫌われ続けてつらい…」
「マジメに仕事してるのに誰もわかってくれない…」
「全然売れない…」

…など、強いストレスになりがちです。

コミュニケーション能力の高さが必要とされる

人見知りにとって営業職がつらいのは、高いコミュニケーション能力が必要とされるからでしょう。

「コミュニケーション能力」と言っても、営業で必要とされる能力は、

  • 本音と建前を使い分ける能力
  • 顧客・取引先の悩みを聞き出し提案する能力
  • 営業先で嫌われたり怒鳴られても、すぐに切り替えて次に取りかかれる能力
  • 人として好かれたり、信用されるための人間的な魅力

…など、人当たりの良さはともかく、知恵や機転も要求されることとなります。

一社会人として、基本的なビジネスマナーやトーク力は身につけて当たり前、それ以上の能力もなければ続けていくのが難しいのです。

ですので、営業職で人見知りを改善できない人は、無理せず「自分には適性がなかった」と見切りを就けることも大事でしょう。

放任主義な職場が多く自発性が必要とされる

営業の仕事は基本的には「1人で営業先に訪問する仕事」ですので、自発性・自立心が大事な仕事です。

職場の同僚や上司が面倒見が良ければ人見知りでも成長することが出来るかもしれません。

しかしそうでなければ、一向に結果が出せないまま上司や同僚、そして営業先でもボロクソ言われ続ける可能性も十分あり得ます。

前述の通り、営業の仕事は体育会系の社風の会社も多いので、

  • 自分で考えて行動しろ
  • 自発的に結果を出せない人間は知らん
  • 自分の成果や出世のために、他人を助けている余裕はない

…という職場も、結構あります。

上司や先輩が、人見知りの新人でも面倒見てくれる会社であれば今後成長できる可能性はあるでしょうが、そうでなければいつまでも思うように結果が出せず、ますますつらくなるかもしれません。

ですので、人見知りで営業がつらいと感じている方は「上司や先輩がしっかり指導してくれる会社か?」という部分も見極めておくといいでしょう。

人見知りが理由で営業から転職する場合は?

人見知りで営業職を辞めたい方は、

「辞めた後も転職先はあるのだろうか?」
「人見知りの自分でも勤まる仕事はあるのか?」

…と、不安になっているかと思います。

結論から言えば、人見知りでも就ける転職先自体はいくらでもあります。

少なからず、営業経験をした分はしっかりと転職活動で活きてくるので、以下のような転職の方向性を意識して、次は自分に合った転職先が見つかるように考えておくといいでしょう。

今の仕事が上手く行っていなくても「自分が営業に向いていない」「今の会社で人見知りが上手く改善できなかった」とわかっただけでも、一歩前進です。

営業職として別の会社・業種に転職する

転職の基本ではありますが「今の自分の職種・経歴でいい転職先は見つからないか?」を最初に考えておいた方が、待遇・年収面で妥協せずに済みます。

ですので、人見知りで営業が向いていないと感じる方は、

  • 営業職自体が向いていないのか?
  • 単に今の会社・業種の社風が合わないのか?

…のどちら寄りであるかを見極めることは、大事です。

たとえば、単に今の会社の社風や教育方針が合っていないだけでしたら、しっかりと教育・指導してくれる転職先を見つければ営業職として能力を活かせる可能性も、ゼロと言うわけではありません。

ですので「すべての会社の営業職が今の会社と同じような仕事内容だ!」と決めつけずに、まずはしっかり他の会社の営業の仕事がどのようなものかを把握しておくと、キャリアを見誤らずに済むはずです。

「攻め」ではなく「受け」の対人営業職に就く

人見知りで営業がつらいと感じている方は「”攻め”ではなく”受け”」寄りの対人営業の仕事を見つけるのもいいかもしれません。

営業職の中でもとくにつらいのが「新規飛び込み」「販路拡大」などの、攻めの姿勢の職場・部署での仕事です。

一方で、世の中の営業職には、

  • 特定の取引先と”狭く深く”なルート営業
  • メール中心のネット営業
  • 自社に訪れる顧客に対応する営業

…など、様々な形があります。

人見知りで内向的な性格であれば、単に攻め寄りの営業が向いていないだけかもしれません。

ですので、転職先を探す場合も単に「営業職」という区分だけで判断せずに、より「具体的に営業でどのような相手と関わる仕事か?」まで事前に把握しておけば、次の転職先は辞めたくなることなく続けられるでしょう。

人との関わりの少ない仕事に転職する

人見知りの営業職の方で、どうしても営業職そのものが嫌なのであれば、人との関わりの少ない仕事を選ぶのもありかもしれません。

以下の記事にも書いてありますが「人と関わらない仕事は存在しないが”人との関わり方”ならある程度選べる」ので、そこを意識しておけば人見知りでもこなせる仕事と出会えるはずです。

ただし、人と関わらない分「スキル・技術」「頭の良さ」が要求される仕事が増えてくる上に、未経験職に就きやすい20代でなければチャンスが少なくなるため、転職がやや厳しめになることは知っておきたいです。

ですので、人見知りで営業がつらく感じていて、ハッキリと「営業以外の仕事に転職したい!」と思っている方は、20代の既卒・第二新卒向けの転職支援サービスの利用を強くオススメしておきます。

転職エージェントを使ってプロに相談しておこう

以上のように、人見知りから営業職を辞めて転職する場合は、色々と考えておき、次につなげる必要があります。

もし、読者が人見知りが理由で営業を辞めたい場合は、まずは「転職エージェント」と呼ばれる人材サービスに登録しておき、プロのキャリアアドバイザーに相談しておくことをオススメいたします。

転職エージェントとは、転職に関するあらゆるサポートや相談を無料で行っているサービスで、誰でも利用可能です。

登録しておくだけで、今の自分でも採用される見込みのある求人が送られてくるので、まだ転職する気がない方でも、早めに登録しておく価値は十分あります。

また、今回紹介したような、

「営業職として他の会社・業種に転職するべきか?」
「本当に自分は営業職に向いていないのだろうか?」

…といった悩みにも、経験のあるプロがしっかり答えてくれますので、転職エージェントを使って間違いのない判断をしてもらうと後悔せずに済むでしょう。

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

営業職転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました