【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

自分の意見を言わないずるい人の特徴と心理。ハッキリ言わないのはなぜ?【保身第一】

仕事でもプライベートでも、相手にすると面倒なのが「自分の意見を言わない人」です。

なぜ面倒かというと「自分の意見は主張しないで黙ってるクセに、実際には自分の意見や要求はあり、それをやってくれないと後から文句を言い出す」と相場が決まっているからです。

後からゴネるぐらいなら

「先に言えよ…」と思っちゃいます

こういった「意見を言わない人」にイライラするのは、逆に言えば「自分の意見をハッキリ言う人」「自分の要望を伝えられる人」ができる証拠なのでしょう。

ですので、もし、自分の意見を言わない人に不満を感じているなら、自分を顧みる良い機会です。

他人を変えることは難しいですが、自分を変えることは自分次第でどうとでもなるからです。

そこで本記事では、自分の意見を言わない人の心理や背景について考えられる原因を解説しながら、自分の意見を言わない人との上手い付き合い方から職場での立ち回り方のヒントまで、合わせてご紹介していこうと思います。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

自分の意見を言わない人の特徴と心理

「自分の意見を言わない人はずるい」
「ハッキリ言わない人が面倒」

このように感じる人は多いです。

この項目では、自分の意見をあまり表に出さない人の特徴とそれに基づく心理を解析し、その理由を深堀りします。

流されやすい「日和見主義者」

このタイプの人々は、主に自分の意見を持ちつつも、グループの圧力や意見の多数に流されやすい傾向にあります。

彼らは自己の立場を守るよりも、衝突を避け、調和を優先することを選びます。

これは、自分自身の意見がグループ内で孤立することを恐れる心理が働いているためであり、他人からの評価を損なうことを極度に避ける傾向があります。

「事なかれ主義」で静観を決め込む卑怯者

このような人々は、現状の平和を乱すことを避けるために意見を差し控えます。

彼らは衝突や対立が起きることを極端に恐れ、それによって自己や他人が不快な状況に置かれるのを避けたいと考えています。

この行動はしばしば、責任回避のための戦略として用いられ、困難な決断や行動から逃れるための手段となります。

自分の要望を代弁させようとする「察してちゃん」

「察してちゃん」とは、自分のニーズや要望を直接表現することなく、他人にそれを察知してもらい、解決してほしいと望む人々を指します。

この行動は、自分の感情や要求を直接的に伝えることに対する不安や恐れから来ており、対人関係において相手に負担をかけずに済むようにしようとする心理が働いています。

自分の意見や考えを「言語化できない」

一部の人々は、自分の内面の思考や感情を的確に表現することが困難です。

この「言語化できない」状態は、自信の欠如や、自己の考えを整理し、それを合理的に説明する能力が未発達であることによります。

このような人々は、しばしば思考が混乱しやすく、言語による表現が苦手です。

「発言するほど不利」な状況

環境や状況によっては、発言することが自己に不利益をもたらすと感じる場合があります。

特に、権威的な職場や、意見の不一致が厳しく扱われる文化の中では、声を上げることによってリスクが伴うため、沈黙を守ることを選びます。

このような環境では、自己防衛の手段として意見を保留することが合理的な選択とされることがあります。

受け身の人はこの先都合よく食われるだけ

一応言っておくと「受け身で自分の意見・主張を言わない人」が多いのは、日本人の特性ですので、それ自体は仕方ないと思います。

なぜなら、以前までは以下のような社会情勢もあり「受け身でもそれなりに暮らせる」という事情がありました。

  • 社員教育のしっかりとした大手企業(とくに製造業)が多かった
  • 終身雇用制度が成立していたため、入社して真面目に勤めておけばそれなりの待遇が受けられた
  • もともと、日本は政治からしても外交・交渉面が苦手な人が多く、風土的な面もある
  • 日本はディスカッション・議論の文化がなく「察してくれ」「空気読め」という”暗黙の了解”がある

ですが、バブル崩壊以降、経済成長が頭打ちとなった中、資本主義・商売上手ならモラルがなくとも上に昇れる社会になりました。

その結果「声のでかいものが勝つ」「受け身な人間は都合よく使われておしまい」という社会情勢になった点は、否定できない事実でしょう。

それは、1990年代以降の以下のような社会情勢を見ていてもわかります。

  • 大手小売など大手資本会社の慈悲のないM&Aによる事業拡大により、地方の弱小小売・アーケード街の自営業店舗は相次ぎ経営難
  • コスト重視の人材運用による、非正規社員の低単価買い叩きと使い捨て
  • 事業再編によるリストラ、少子高齢化に伴う年金支給の不安により老後の安定など幻

最近の若者は「老人は全員年金もらって悠々生活している!」と思いがちですが、実際問題は60代以降の低所得者層の暮らしは見るも無残です。

結局の所「若いうちに真面目に働いておけば将来は安心!」という国の施策自体がまったくの大ぼらだったわけですね。

事実、原発事故での東電のモラルの低い対応から、現在の東北大震災の被害者に対する補填まで、政府や関連の公共事業が弱者を守る気などないことは、わかりきっていることです。

要は、政治家のマニュフェストや理念をうのみにして、バカ正直に受け身で生きるような人間は、権力者や資本家の都合のいいように食われておしまいだと言うことが言いたいのです。

自分の意見・主張を通すには「責任」が伴う

ただし、自分の意見や主張を言うのであれば、それ相応の責任が伴います。

たとえば、上司の意見に正面切って反論し「じゃあ、お前がやってみろよ!」と言われたとしましょう。

これ、普通に考えれば「上司の業務を任せられたのでチャンス!」と思うべきなんですが、受け身で逃げグセのある人は「いや、自分の仕事じゃないし…。あなたがやるべきでしょ」と相手に投げます。

上の例は結果から見れば「上司に意見することで、新しい仕事に挑戦できる機会をもらった」と前向きに考えることができます。

逆に上のような例が怖い人は、自分から意見や主張を言うこともない。なぜなら、自分の仕事が増えてしまうからですね。

要は、自分の意見や主張を言えない人は「責任を負うことから逃げている」だけなんです。

当然ながらそんな受け身な人材に、大きなプロジェクトや責任の伴う上位職を任せたい会社などあるはずもありません。

つまるところ、通すべき場面で意見・主張を通せない社会人は、それだけで自分のチャンスをつぶしているわけでもあるんです。

私も仕事で似たようなケースは幾度となく体験してきましたが、受け身で自分の意見や主張を通す気がない人は、例外なく上のような「責任を負うことから逃げている人」ばかりでした。

もちろん、いちいち相手にそれを指摘したりしません。

その結果、自分の意見や主張を通せる人が出世したり大きな仕事を任せられる一方で、受け身な人材は悪い待遇で搾取されるような世の中になっていっているわけです。

自分の意見や主張を言わない…。そのクセして愚痴や不満だけはいっちょ前なのは「めんどくさい」だけ

だからと言って「自分の意見や主張をガンガン言いまくれ!」と言いたいのではありません。

むしろ、語るべきにだけ語るほうが、自分の発言の価値を上げると言う点では、

これについては、徳川家康の教訓が非常にわかりやすいでしょう。

およそ、主君の志を諌める者の志、
戦いで先駆けするよりも大いに勝る

徳川家康『常山紀談』より

現代的に俗っぽく言うのであれば「主君に諫言するとか、打首・一族皆殺しのリスクあるから、戦場で先駆けするより勇敢だよ(だから、諫言するなら相応の覚悟で言ってね)」という意味ですが、これは現代にも通じるところがあるでしょう。

普段、真面目に仕事をこなしている人が、覚悟を決めて「ここぞ!」という時に発言すれば認められるということです。

ですが、いつも会社の不満や愚痴をこぼしている人が、ここぞという時に発言したところで「また無責任に発言してるよ」と受け取られれば、そこで終わりです。

さらに最悪なのが、普段から不満や愚痴を言っているにも関わらず、上司や役員などの前では指示を聞いておくだけで一切反論できない人です。あまりに小物臭が漂う。

「給料が安い」「待遇が悪い」という愚痴をこぼしている割に、社内の上司や人事に賃上げ要求や昇進に関する制度を聞くなどして、まず手始めに出来る努力をしている人がどれぐらいいるのでしょうか?

少なからず、私は一社会人として自立心を持って生きるためには、相手が誰であれ「通すべき意見や主張は通し、その責任はすべて引き受ける」という覚悟が必要だと思っています。

ただし「意見・主張を貫く」のは並大抵ではできない

しかし、エラソーに主張しておいて難ですが、実際問題が「自分の意見や主張を貫く」というのは並々ならぬ覚悟と勇気がいりますので、前言をすべて撤回します。

上司や取引先相手に、意見や主張を貫くなんて出来るほどメンタルの強い人は少数派です。

私もネットだからエラソーなことを言ってますが、やはり現実では5割ぐらい弱めになってしまいます。

しかも、中途半端に自分の意見や主張を言おうものなら、周りからの嫉妬や上司からの反感を買うため、社内での立ち位置もなくなってしまうかもしれません。

あの徳川家康ですら「上司に物を言うなら、家族ごと死ぬと思う覚悟で言え」と言い残しているのですから、こんなに怖いものはありません。

ですので「意見や主張はハッキリ言うべきだろう…」という、ネットでの主張をうのみにしてはいけませんよ。

弱者は口をつぐんで、流れに身を任せて、強者の作った仕組みに従うしかないのです。

やっぱり、ちょっとの不満や愚痴はこらえながら、会社の言うこと聞いてほどほどの暮らしするのが一番かしこいですからね~。

「オレは起業して不動産王になる!」
「フリーランスで食っていく!」

…とか言ってる奴見ると、本音では「失敗しちゃえ!」と思うのが、普通の感覚ですよ。

「雄弁は銀、沈黙は金」と言いますが、ほんとその通り。

サバサバ系とか、マジありえない。

議論でいちいちマジレスして会議引き伸ばしちゃう奴とか、まじで迷惑ですよね。こっちは早く切り上げて帰りたいっつうの。

余計なことは表で口に出さないで、飲み屋やネットの匿名掲示板で愚痴っておくのが健全ってヤツです。

わざわざ目立って敵をつくるとか、バカの行う所業です。

それでも会社に不満があるなら転職をするのがかしこいやり方

でも、どうしても会社の待遇や給与、あるいは人間関係に耐えられなくなったら、転職しちゃうのが一番ですよ。

やっぱり働く以上は、人の良い職場で気持ちよく働きたいものですからね。

理不尽な上司や言うこと聞かない部下、ムカつく取引先にイライラするのは、ストレスが溜まって精神衛生上よくありません。

大人であれば我慢は必要かもしれませんが、耐えられなくなってきたら、転職活動を始めましょう。

「立つ鳥跡を濁さず」という言葉もありますが、自分の意見・主張を言って嫌われるよりかは、コッソリ転職活動を進めて、華麗に去っていくのが本当の大人のやり方です。

やっぱり、嫌われるのは怖いですし、出来れば職場の上司や同僚にバレずにコッソリとやめたい方がいいですよ。

ですが、転職活動をするにしても、面接先に意見・主張を言わないといけない上に、周りに相談してもなかなか転職は受け入れてもらえないものですよね。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

対人関係
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました