【適職15選】INFP(仲介者型)に向いてるオススメの仕事とその理由を徹底解説!

本記事ではMBTIの理論を基に作成された無料性格診断テスト「無料性格診断テスト | 16Personalities」の診断結果である「INFP(仲介者型)」の性格傾向について、MBTI・キャリア関連の書籍を参考に筆者の見解も交えて考察・解説していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

INFPに向いてる仕事は?

INFPは、自分のすることに金銭的な価値を越えた目的を持ち、自分や他者の成長、精神面の発達に貢献しようとします。そのため、人の人生をより豊かにする芸術・文化的な仕事で高い適性を発揮できると言えます。

MBTIのいざない」ではINFPが惹かれやすい職業として「芸術家または作家・ライター」が紹介されており、逆に惹かれない職業として「エンジニア」が紹介されています。仕事に関するモチベーションとしては「創造的な表現を好む」とされています。

上記のようなINFPの特性を踏まえた上で、向いてると言える仕事は以下の通りです。

  • ライター
  • コピーライター
  • 画家
  • 折り紙作家
  • 伝統工芸職人
  • 絵本作家
  • CGクリエイター
  • 作詞家
  • ファッションデザイナー
  • ジュエリーデザイナー
  • 料理人
  • パティシエ
  • 司書
  • 学芸員
  • 宮内庁職員

それぞれ、詳しく解説していきます。

ライター

ライターは編集者から依頼を受け、企画のテーマに沿った内容に ついて情報を集め、取材をし、その内容をもとに雑誌や本の原稿を 執筆する。自分の専門分野を持って執筆している人が多い。取材内容をわかりやすくまとめる文章力が求められる。
出版社や編集プロダクションに入るか、フリーのライター のアシスタントとして働いて経験を積もう。
マスコミ関連の専門学校や大学を卒業後、出版社や編集プロダク ションで働いて経験を積み、独立するのが一般的だ。また、著名な ライターのアシスタントとして働いたのちに、ライターとなって独 立する人も多い。
また、最近は主婦や学生向けのライティングの仕事(主にウェブ 上向け)も増えている。ただ、こうした仕事は単価が非常に安いた め、スキルを向上させながら、より高度な知識と文章力を駆使する 仕事を得ていく必要がある。

コピーライター

コピーライターは、クライアント(顧客)と打ち合わせをして、 広告の目的にふさわしいイメージを検討しながら、広告で使われる キャッチフレーズや説明文などの文章を考える。
活躍の場は、テレビ・ラジオのCM や雑誌の広告などさまざま。 クライアントの意図を的確につかむ能力のほか、その意図を斬新な 言葉に置き換えるひらめきも必要だ。
広告代理店、広告制作プロダクションやフリーのコピーラ ・イターのアシスタントとして経験を重ねよう。
広告代理店、広告制作プロダクションやフリーのコピーライター のアシスタントとして経験を積みながら、コピーライターを目指す のが一般的。1本のコピーを書くためには、商品の背景・内容・性 格をしっかりつかんでおくことが求められるので、消費者の動向を 把握するために、新聞や雑誌・テレビ・ネットなどを通じて幅広い 見聞を広めておかなければならない。

画家

画家といっても、その作風はさまざまだ。伝統的な浮世絵師に始 まり、日本画家、禅画家、洋画家などが存在しており、その技法も バラエティーに富んでいる。また最近では、コンピューターを駆使 して作品をつくるデジタルアートの世界で活躍する画家も注目され るようになってきた。
画家は自分の情熱と感性を駆使して描いた作品を売ることで生計 を立てられればいうことはない。しかし、そうなることは並大抵の ことではない。絵画を描くだけでなく、自分の作品を、画商を介し て売ったり、自ら個展や即売会を開催して販売するなど、ビジネス 的な営業能力も必要となってくる。理想は、自分の思うままに描い た作品を売ることだけで食べていくことだが、多くの画家は依頼者 から注文された絵を描いたり、イラストの仕事を請け負う場合が多 い。また、学校の美術教師やカルチャースクールの講師として生計 を立てながら、芸術作品も同時に制作するという人も多い。
美術大学や芸術系の専門学校で、自分の描きたいジャンル の基礎を学ぼう。
どんなに奇想天外な絵画を描く著名な画家でも、必ずどこかでデ ッサンや絵画を描く基本的な技術を学んでいる。その上で、個性や 独創性を発揮しているものだ。だから、「自分には自分のやり方が ある」とか、「学校で学ぶと個性がつぶされる」などと考えずに、 一度はどこかで基礎を学ぶ必要がある。それが必ずしも美術系大学 や専門学校である必要はないが、基礎を学ぶことが結局は成功のた めの近道となる。一概にはいえないが、日本の著名な画家の経歴を 見ると、東京藝術大学など、有名な美術系の大学出身の人が多くを 占めているのが現実だ。美大の日本画科を卒業した人の進路として は、デザイン事務所、学校の美術講師、アニメ制作会社などが多い。
デッサンなど基礎が身に付いたら、独り立ちするまでの間は美術 系の教師や講師などの仕事をしながら、公募展に出品し、そこで評 価されることを目指そう。入賞し、美術団体(画壇)の会員になる ことから始める人が多いようだ。

折り紙作家

日本文化の折り紙が「ORIGAMI」として世界的に注目されるよ うになり、折り紙の魅力が再認識され趣味とする人が急増し、それ とともに折り紙作家として活躍することを目指す人も増えている。 折り紙の本も数多く出版されているので独学してもいいし、あるい は、カルチャーセンターや折り紙教室で、折り紙の世界に触れてみ ることが折り紙作家への第一歩となるだろう。
折り紙の本やカルチャーセンターなどの折り紙教室で、折 り紙の世界に触れることが第一歩となる。
日本折紙協会も講習会を実施しているほか、折り紙の普及活動の 1つとして資格認定制度を設け、折り紙の指導者となる折り紙講師 を育成している。そんな講師が開いている教室で折り紙を学ぶのが 近道だ。

伝統工芸職人

絵本作家

絵と物語をつくって絵本にするのが絵本作家の仕事だ。『100万 回生きたねこ』(佐野洋子)、『ぐりとぐら』(作・なかがわりえこ、絵・ おおむらゆりこ)などは 30~50年以上売れ続けるロングセラー になっているし、『りんごかもしれない』のヨシタケシンスケなど、 新しい作家も続々と登場している。
また、絵本のつくり方も変わりつつある。例えば、お笑い芸人・ キングコングの西野亮廣(にしのあきひろ)の『えんとつ町のプペ ル』は、西野に加え 30 人以上のイラストレーターや CG クリエ ーターが参加してつくり上げた作品で、大人からも注目されている。
このように、人気作品を生み出すことができれば安定した収入を 得られる可能性のある仕事である。また、電子書籍として絵本を出 版するケースも増えており、紙の絵本とは違った仕かけの絵本がで きるかもしれない。
しかし、収入は基本的に印税と原稿料なので、大きなヒット作を 生むまではイラストレーターなどの仕事と兼業する人も多い。
美術系の大学、専門学校で基礎を学び、出版社へ作品を持 ち込んでみよう。
絵本作家になるには独創的な発想が求められ、門戸は決して広く はない。公募やコンテストに応募してデビューを待つという人も多 い。また、中には、出版社に自分の作品を売り込んで、認めてもら うべく努力する人もいる。
いずれにしても、小説家などと同様に、多くの人の感性に訴える センスを日頃から磨いておくことが重要だ。

CGクリエイター

CG デザイナーとは、コンピューターグラフィックスと呼ばれる コンピューターによる画像処理技術を用いて、画像や図形、アート 作品を制作する人のことだ。CG クリエーターとも呼ばれている。
パソコンやインターネットの普及とともに、さまざまなシーンで コンピューターグラフィックスが使われるようになり、仕事の幅は 広い。印刷物はもちろん、ウェブ上やゲームなどに使われるビジュ アル作品を手がけるが、最近は、テレビ番組やCM 制作、映画と いった映像分野、自動車や飛行機の設計などの工業製品のデザイン、 さらには建築設計や都市計画などさまざまな分野で CG が利用さ れるようになり、今後も需要が広がることが予想される。
かつては図形・画像・イラスト・アニメーションなどを2次元で 作成することが多かったが、コンピューターの特性を生かした3次 元での作品も多く見られるようになっており、今後もより精密な3 次元の画像 (3D 画像)の需要が増えることが予想される。
美術系大学や専門学校で CG用ソフトのスキルを身に付け、 企画力、発想力を磨こう。
CG デザイナーになるには、一般的には CG 制作会社や映像関係 の企業、デザイン事務所に就職して経験を積むのが早道だ。そうし て独自のセンスを磨いた後に独立して、フリーランスのマルチメデ ィアクリエーターなどとして活躍する人も少なくない。
この仕事は、コンピューター上での作業が大半を占めるため、ア ートセンスに加え、パソコンの知識や技術は欠かせない。美術系大 学や専門学校ではデザインやデッサン力に加えて、こうしたコンピ ューターの技術も学べるので、知識と技術を身に付けておくと就職 に有利に働く。 * フリーランスで働くのであれば、上記のスキルに加えて自ら発想 する企画力と、それを売り込む営業能力が必要になる。公募やコン テストでの入賞を狙うという方法もあるが、CG を必要とする企業 に自分の作品を持ち込んで、仕事の交渉をするのが一番の近道であ る。

作詞家

楽曲のために歌詞をつくるのが作詞家の仕事である。歌手自身が 作詞を手がけることも多いが、つくられる歌が増えているため、作 詞の需要は減ってはいないとされている。高度に音楽的な技術や知 識を問われないため、放送作家、コピーライター、作家、ミュージ シャン、タレントなどが作詞を手がけることも増えている。
一番必要なのは、自分の感性を常に磨き、テーマを持って 詞を書き続けること。
人々の感性に訴える詞を書けるかどうかは文学的センスだけでな く、言葉を選ぶ際に曲のテンポやリズム、雰囲気に合わせる音楽的 センスも必要だ。専門学校もあるが、コンクールに応募したり、レ コード会社に売り込みをかけることで道が開けることもある。

ファッションデザイナー

商品を販売する前に、ファッション業界の動向や市場に関する情 報を収集・分析し、それらのデータをもとに、自社(店)のブラン ドにとって、的確な商品のラインアップを企画し実行するのがファ ッションコーディネーターの仕事だ。近年、通販サイトやSNS(ソ ーシャル・ネットワーキング・サービス)などを通じて世界中のフ ァッション情報が誰でもリアルタイムで手に入るようになり、これ まで以上に独自のネットワークが求められるようになっている。そ のほかマーチャンダイジング(商品化計画)、売場管理、商品管理、 販促に関する知識が必要とされる。
専門学校でデザインや素材の知識を学ぶとともに、日頃か ら人気のファッションを見て回る努力も忘れずに。
養成コースを設置している専門学校などでデザインや素材、スタ イリングなどの基礎知識を学び、メーカーに就職して経験を積もう。 日本ファッション教育振興協会が実施するファッションビジネス能 力検定やファッション販売能力検定などの試験も受けておくと有利。 人気のショップを見て回り、ファッションの流行を研究しよう。

ジュエリーデザイナー

ジュエリーデザイナーは、宝飾品や貴金属をデザイン・製作する ほか、指輪のサイズ直しや宝石のリフォームなども手がける。デザ インセンスとデッサン力、造形力とともに、手先の器用さと集中力 も要する。主な活躍の場はジュエリーショップや宝石の加工会社な ど。コンテストで入賞すればジュエリー作家として独立する道もある。
専門学校などで学んだ後、宝飾品のクラフト製作所や貴金 属装身具メーカーなどに勤務しよう。
宝石デザインの専門学校、美術系の大学・短大で、デザインやジ ュエリーに関する知識、製図、製作技術などを学ぼう。その後、宝 飾品のクラフト製作所や貴金属装身具メーカーなどに勤務して、エ 芸技術を身に付ける人が多い。ジュエリーデザイナーになるのに特 に資格は必要ないが、関連する資格に日本ジュエリー協会のジュエ リーコーディネーター(1~3級)がある。

料理人

いつの時代にあっても「食」は人間の原点といえる。料理人も調 理師もシェフも、おいしさの追求はもちろんのこと、それに加えて 食品の栄養に関する幅広い知識と、調理法についての高い技術を持 たなければならない。
また、料理をつくるだけでなく、衛生管理や防火に関しての知識 も、しっかりと身に付ける必要がある。
この業界で求められている人材は、日本人のライフスタイルと価 値観の多様化に伴い、食をさまざまな視点から提案し、提供できる 技と心を持った人だ。 「料理人や調理師の仕事は、人間の生活を支えていく上で、非常に 重要な職業であり、そのため、料理人・調理師・シェフへのニーズ は高まる一方である。
調理の専門学校で技術と知識を学んだ後、店で働きながら 修業し、経験を積もう。
厳しい修業に耐える覚悟はもちろん、新しい料理を生み出す創作 力が必要。高い技術と知識に加え、感性と想像力を養おう。
料理人、調理師を目指すには、まずは調理の専門学校で基礎を学 ぼう。高校卒業後、1年以上の専門学校や短大を卒業、あるいは調 理科のある高校を卒業すると、登録申請だけで調理師免許を取得で きる。
必須ではないが、調理師免許は国家資格であるため、就職の際に 有利だから、ぜひ取得しておきたい。
また、専門学校を卒業しなくても、調理員として2年以上の経験 を積めば、調理技術技能センターか各都道府県が実施する調理師試 験を受験することができる。
次ページに、代表的な料理のプロへの道すじを示しておく。もち ろん、ここで挙げた料理以外、イタリア料理、韓国料理、インド料 理、ベトナム料理なども日本人に愛され、多くの人気店があること はいうまでもない。

パティシエ

パティシエとは、ケーキや洋菓子をつくる職人のこと。優れた味 覚と手先の器用さ、芸術的なセンスが求められる。主な活躍の場は、 洋菓子店やホテル、レストランのパティスリー部門など。人気パテ ィシエは雑誌のスイーツ特集やテレビのグルメ番組に登場、店も大 繁盛している。
製菓衛生師の資格を取得できる専門学校を卒業すると就職・ 独立に有利。
調理師専門学校で調理全般と製 菓について学ぼう。フランスなど の海外へ留学し、本場の技術を身 に付ける人もいる。就職のため、 製菓衛生師や菓子製造技能士など の資格を取得しておこう。

司書

自治体や教育機関などの図書館に勤務し、収蔵されている図書や資料の管理をしたり、図書館の利用者が求めている情報を探すための補助をしたりするのが司書の仕事。ジャンル別に書架を整理するなど、利用者が使いやすいように施設を整備したりするほか、図書館でのイベントなどの企画・運営に携わることもある。
司書として働く上で絶対に必要というわけではないが、募集の要件となることが多いので、まずは文部科学省認定の司書資格を取得したい。資格取得方法は、図書館学に関する科目のある大学に進学し司書養成科目の単位を取得するか、大学・短大などを卒業後に司書講習を受講する。また、大学の司書補講習を受けて司書補となり、司書補として3年以上の実務経験を積んだ後、司書講習を修了しても取得できる。なお、自治体などの公立図書館で勤務するためには、地方公務員試験を突破しなければならない場合もある。

学芸員

学芸員は、博物館や美術館、動物園といった文化施設において、資料の収集と保管・展示、調査研究のほか、イベントや特別展の企画・運営、施設利用者に対する資料の解説、さらに講演活動まで、業務は多岐にわたる。
博物館に関する科目がある大学や短大で、該当する科目の単位を取得して卒業することで文部科学省認定による学芸員の資格が取得できるほか、資格認定試験に合格すること、論文などの審査で認められることでも取得できる。
なお試験合格による取得の場合、実務経験がないと学芸員補として1年以上従事しなければならない。
なお、学芸員の分野は、美術から自然科学まで幅広い。

宮内庁職員

天皇・皇族に関わる仕事を行う宮内庁の職員もINFPには向いてるはずです。

というのも、宮内庁職員として長く働くためには野心や競争心は不必要な資質なため、かえって向上心がない温和な人の方が求められるからです。

宮内庁職員は公務員となるので採用試験に受かる必要がありますが、定期的に未経験採用を行っていることもあります。

INFP(仲介者型)に向いてない仕事

INFPの性質には、あまり意味を感じられない決まり切った作業をすることに労力感を覚えるというものがあるので、長時間のルーチンワークや、意義の感じにくいデスクワークは不向きと言えるでしょう。

また、ストレスの強い環境下にあると「自分の気持ちや考えを言葉で表現できなくなる」「周囲の人や状況との接触をやめる」「自分の大切な価値観について他者に話そうとしなくなる」などの欠点が露呈することになるため、積極的に人と関わる必要のある営業職や接客業なども苦痛に感じるかもしれません。

製造工

エンジニア

MBTIのいざない」という著書では、INFPが惹かれない職業として「エンジニア」が紹介されています。エンジニアとは、機械の開発から運用、保守・管理・修理を行う仕事で、プログラミングスキルも求められます。

情緒的な表現を好み理想の高いINFPからすれば、論理的思考が求められるエンジニアは相性の悪い職業のひとつだと言えます。

ただし「VRエンジニア」「ゲームエンジニア」など、表現活動の一環としてエンジニアスキルを習得している人もいるので、何かしらINFPにとって達成したい目標や価値を感じられるのであれば、エンジニアとしての適性も発揮できるかもしれません。

現金出納事務員

リサーチャー

営業職(新規開拓)

接客業

INFP(仲介者型)に向いてる仕事が見つかる転職サービス

最後にINFPの方に向いている仕事が見つかるかもしれない厳選転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは無料で使える上に、登録しておくと一般検索では見つからない非公開求人もしてもらえるため、向いてる仕事を見つける上では使っておく価値大です。

それぞれのオススメ転職サービスの特徴から利用するべき人の紹介までしているので、自分に合ったものを選んでみてください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【MBTI】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました