飲食業界でフリーターを続けない方がいい理由。外食業界はブラックが多いと知っておこう

「飲食店勤務のフリーターだけど、このままじゃダメだ…」
「飲食点でバイトしているけど、将来が不安…」

そう悩んでいませんか?

以下の記事にも書いておりますが、飲食業界・外食業界はブラックな職場が増えやすい構造をしている業界ですので、その不安は間違いありません。

もちろん、読者の方が「飲食業・外食業の仕事にやりがいを感じている!」「生涯、ずっと飲食業界で働くぞ!」という決意があるのであれば、止めはしません。

ですが、少しでも、

「このままじゃいけない…」
「飲食・外食業界で正社員になる気はない…」
「長く続けられる仕事じゃない…」

…と悩んで不安を感じているのであれば、最後まで読んで、将来について考え直すきっかけにしてみてください。

スポンサーリンク

飲食・外食産業でフリーターを続けない方がいい理由は?

飲食・外食業界勤務のフリーターとして仕事を続けないほうがいい理由は、以下のような理由があります。

純粋に将来のキャリアや収入面を考えれば、お世辞にも「ずっと続けるべき仕事」とは言えないので、知っておくに越したことはないでしょう。

ブラックな企業が多く、割を食いやすい

飲食・外食業界ですが、単純にブラックに企業が非常に多いです。

これは、飲食・外食業界の経営が構造的に以下のような「ブラックになりやすい」という性質を持っているからです。

  • シフト制なので人手不足になると一人当たりの仕事が増える
  • バイトを中心に現場を回しているため、社員の能力が低い
  • 「薄利多売」というビジネスモデルなので、人件費削減の激しい業界→薄利多売を辞めた方がいい理由
  • 離職率(人が辞める割合)が高く、人の入れ替わりが激しい
  • 「名ばかり管理職」「フランチャイズオーナー」など、違法スレスレのブラックな経営手法もはびこっている業界→名ばかり管理職について

実際、ブラック企業として問題になる企業は飲食・外食業界の企業が圧倒的に多く、構造的にブラックになりやすいことが見えてきます。

フリータークラスの仕事であれば責任ある仕事は任されませんが、社員となった場合は別です。

どんなに理不尽でブラックな働き方になっても、会社の指示であれば逆らうことが出来ません。

スキルや経歴が身につかないため、将来性が低い

飲食・外食業界でフリーターを続けない方がいい理由は、スキルや経歴が身につかないため、将来性が低いからです。

もともと、フリーターやアルバイトの仕事は「学生でも出来る仕事」「誰でも出来る仕事」ばかりですので、それ自体は仕方のないことです。

飲食・外食業界の場合、大手なら会社自体の将来性は高いかもしれませんが、人材を大事にしていない経営方針の場合、決して社員の将来性が高いことを意味しません。

仮にあなたが「一生、飲食・外食業界の店長クラスとして仕事していく!」という決意があるのであれば、問題はないでしょう。

大手チェーンのキッチンスタッフに関しては、誰でもマニュアル通りにやれば同じレベルの仕事が出来るように作られているので、調理スキルが身につくわけでもありません。

少なからず「ただ、なんとなく飲食店でフリーターを続けている…」「将来についてそんなに深く考えないで飲食店勤務を選んだ…」という感じでしたら、一度真剣に将来設計を見直した方がいいでしょう。

勤務時間が長い割に、給料は安い

飲食・外食業界のフリーターを続けない方がいい理由は「勤務時間が長い割に、給料は安い業界」だからです。

とくに大手の飲食チェーン点ですと、

  • 価格競争によるデフレ構造
  • 人件費削減による人手不足

…など、勤務時間が長くなりやすい割には、給料が安いという、どうしようもない問題を抱えております。

大手牛丼チェーン店でも「ワンオペ」が問題になりましたが、本当にブラックになりやすい構造をしているのです。

接客・クレーム対応してもビジネススキルが身につかない

飲食・外食業界のフリーターを続けない方がいいのは、接客スキルやクレーム対応スキルを身に着けても、ビジネスで必要とされるコミュニケーション能力が身につくわけではないからです。

一般職の場合ですと「取引先との調整能力」「新規開拓の営業能力」など、多才なビジネス上のコミュニケーション能力が身につきます。

一方で、接客業の場合は受け身のコミュニケーション能力しか身につかないため、他の職種に転職する際に非常に不利になってしまいます。

飲食・外食業界だと「店長クラス」で出世・昇進が止まる

飲食・外食業界でフリーターから正社員になるとしても、多くの場合は「店長クラス」で出世・昇進が止まります。

もちろん、ポテンシャルがあればエリアマネージャー・SVに昇進するチャンスはありますが、本社と離れた現場で仕事する大手クラスの飲食・外食業界では、そのチャンスを手にするには根回しする能力や売上を叩き出す能力が必要です。

また、単純にフリーターとして飲食・外食業界に勤め続けるにしても「シフトリーダー」「バイトリーダー」ですと、責任や仕事量の割に新人バイトと大して時給が変わらない…という不遇な立場になりやすいです。

これは会社目線からすれば「安い人件費で人材を使い潰せる」という点では効率的なのですが、現場で働く社員からすれば溜まったものではありませんよね。

飲食・外食業界のフリーターは続けない方がいい

以上のように、飲食・外食業界でフリーターを続けることは、お世辞にも「いいこと」だとは言えません。

とくに20代の方であれば、しっかり就職・転職活動すればまとまな働き口は見つかるはずですので、フリーターとしてなんとくダラダラ働き続けるのは、貴重な20代の期間を無駄にしてしまっていると言ってもいいです。

もし少しでも将来に不安を感じているのであれば、以下のような方法を試してみてください。

飲食・外食業界で正社員を目指す場合は?

仮にあなたが「いや、自分は飲食・外食業界で正社員になる!」というのであれば、以下の方法を考えておくといいでしょう。

  • 今フリーターとして働いている企業で正社員を目指す
  • 他の飲食・外食業界で社員になる
  • 接客経験を活かし、他の業種(小売など)に転職する

飲食・外食業界自体がブラックになりやすい構造なのは間違いないのですが、ちゃんとした経営がされている企業であればそうでもないので、事前にしっかり見極めておくといいでしょう。

また、単純に人手不足で離職率が高い業界である分、採用されやすいのが飲食・外食業界のメリットでもあるので、フリーター勤務の経歴を活かすためには、同職種・同業種内で正社員になることを考えてみるのも手でしょう。

飲食・外食業界のフリーターから未経験職に転職する

20代のフリーターの方であれば、まったくの未経験職に正社員として転職することも十分可能です。

詳しくは以下の記事にも書いておりますが、20代の場合は今までの経歴・学歴不問の求人であれば採用チャンスはいくらでもありますので、行動しておくだけ損はありません。

「何をすればいいのかわからない」
「自分に向いている仕事がわからない」
「正社員になる自信がない」

こういったフリーターの方でも、20代向けの就職支援サービスを使えば、無料で相談できて内定をもらうまでサポートしてもらえるので、使っておくといいでしょう。

とくにオススメの就職支援サービスは、以下の通りです。

いい就職.com

★アピールポイント
◎正社員求人限定
◎ブラック企業徹底排除
〇カウンセリング(電話可)などのサポートが充実
〇創業者に既卒経験ありで利用者目線
〇サイト登録式で求人情報閲覧可能
〇中堅企業の紹介多め
〇2001年からの長い運営実績のある老舗
★デメリット
×サイトデザイン・機能がやや古め

ハタラクティブ

★アピールポイント
◎20代向けの転職エージェント
◎20代であれば経歴不問
◎効率重視、登録1分で完了
◎書類選考なしで面接可能
◎全国に面談拠点あり
◎電話面談・Skype面談対応
※ニート・フリーター・学歴なしでも対応
★デメリット
×契約・派遣社員の求人あり

★アピールポイント
◎効率重視、登録1分で完了
◎全国に面談拠点あり
◎最短1週間の内定実績あり
〇中堅~ベンチャー企業多め
〇一部、上場企業の求人も

★アピールポイント
◎面談に平均20時間もかけるほど対応が丁寧
◎社長がニート・フリーター経験あり、利用者目線に沿った運営方針
◎若手中心のベンチャー企業、20代目線のサポート
◎IT・WEB系の紹介中心
◎「ウズカレ」という研修講座を受けた上での就職も可能
★デメリット
×面談に時間をかける方針のため、効率は落ちる

JAIC(ジェイック)

★アピールポイント
◎全国で定期的に説明会開催中
◎地方から東京までの交通費と宿泊費を全額支給
◎正社員の紹介限定
◎営業系の求人中心
★デメリット
×集団面接会あり

これらの就職支援サービスは、無料で登録できて就職先が決まるまで丁寧にサポートしてくれます。

なぜ、無料なのか?

理由は単純で「企業側がお金を払ってでも、将来性のある若者を採用したい」と考えているからです。

人材会社の運営する就職支援サービスでは、人件費に余裕のある企業ばかりなので、ブラック企業はなく、働きやすい企業と出会える確率がグッと高くなります。

また、利用者にすぐ辞められたら就職支援サービス側の信用にも関わるので、対応が丁寧で、決して強引な勧誘や無理な就職を押しつけてくることはありません。

途中で利用をやめることもできるので「思ってたのと違う…」「いい仕事を紹介してもらえない…」と思った場合も安心です。

とくにこれらの就職支援サービスは「既卒・第二新卒・フリーター・ニート」といった、レールから外れた人向けのサポートを行っているサービスで、読者と同じような悩みを持つ人を数多くサポートしてきた実績もあります。

さらに就職支援サービスは効率面も重視しているので、履歴書作成の手間がかからず、すぐに面接に行き着くことも多いので、就職活動で余計な手間をかける時間も省けます。

もちろん、面談のアドバイスもしっかりと行ってくれるので、安心して利用できますよ。

無料でここまでサポートしてくれると「怪しい…」と思う方もいるでしょう。

しかし、日本は若手が不足していて、それだけ「お金と時間をかけてでも、しっかりと若い人材を採用したい」と思っている企業が多いということです。

これらのサービスをしっかり活用しておけば、今まで1人で抱え込んで悩んでいたことがバカバカしくなるほどスムーズに就職・転職先が決まりますので、ぜひとも利用してみてください。

※現在は景気がよく買い手市場で非常に内定がもらいやすく、紹介してもらえる求人も多いので、早めの行動をオススメします。

フリーター
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました