【適職9選】ISFJ(擁護者型)に向いてる仕事とその理由を徹底解説!

本記事ではMBTIの理論を基に作成された無料性格診断テスト「無料性格診断テスト | 16Personalities」の診断結果である「ISFJ(擁護者型)」の適職について、MBTI・キャリア関連の書籍を参考に筆者の見解も交えて考察・解説していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

ISFJ(擁護者型)に向いてる仕事は?

ISFJは、人から頼られ、思いやりがあり、自分の周囲の人々や自分が属するグループに深く関わり、誠実に自分の役割を果たします。そのため、決められた手順通り、自分の役割や責任を真面目に果たすような仕事への適性が高いと言えます。

MBTIのいざない」ではISFJが惹かれやすい職業として「医療関係従事者」が紹介されており、惹かれない職業として「科学の教員」が紹介されています。仕事に関するモチベーションとしては「実践的な活動を好む」とされています。

上記のようなISFJの特性を踏まえた上で、向いてると言える仕事は以下の通りになります。

  • 看護師
  • リハビリテーション専門職
  • 薬剤師
  • 医療関連事務員
  • 保健師
  • 助産師
  • 介護福祉士
  • ケアマネージャー
  • 社会福祉士

それぞれ、詳しく解説していきます。

看護師

他者への思いやりのや気配り、強い責任感や協調性などの資質を持つISFJにとって、看護師を始めとした医療従事者は天職と言っても良いぐらいにマッチした職業と言えるでしょう。

看護師と呼ばれる職業にも、実は「厚生労働大臣資格の看護」と「知事資格である准看護士」の2つの資格があります。
看護師が患者の世話や医師の診療の補助をするのに対し、准看護師は医師か看護師の指示を受けて、患者の世話や資料の診療の補助をするのが仕事となるのです。つまり、看護師は医師の指示なしに業務を行えるが、准看護師は医師または看護師の指示なしには業務を行えません。

看護師になるには、厚生労働大臣が行う国家試験(看護師国家試験)に合格して免許を取得する必要があるり、文部科学大臣が認定する養成施設(大学・短大・専修学校など)で最低3年以上勉強をしないと受験できないことになっているため、就職のための難易度は高いと言えます。

一方、准看護師の場合は都道府県知事が行う准看護師試験に合格して免許を取得する必要があり、専門学校や職業訓練校で2年間勉強することで資格試験を得ることができます。また、准看護師の資格を取得した後、さらに2年間学ぶことで、看護師国家試験の受験資格を得てキャリアアップすることが可能です。

いずれにしても、計画性を持って資格取得に向けて勉強する必要があるため、看護師を目指すならそれなりの覚悟を持つことが求められます。

リハビリテーション専門職

リハビリテーション専門職とされているのは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士である。いずれも医師の指示のもとで、診療の補助としてトレーニングを行うのが仕事だ。
理学療法士は、事故や加齢、あるいは脳梗塞や脳出血で手足を自由に動かせなくなった人に対して、体操や運動、マッサージや温熱刺激などの療法を行ない、基本的な動作ができるようにする役割を担う。それに対し、作業療法士の仕事は、主として理学療法士のトレーニングより回復した基本的動作を組み合わせ、応用的な動作ができるよう回復させることだ。例えば、理学療法士が「自立で仕上がり歩く」「物をつかむ」という基本的動作ができるようにリハビリを行い、その後、作業療法士が外出や家屋内の移動、家事、入浴や排泄などの日常生活に必要な動作のリハビリを行うのだ。
言語聴覚士は、人間の「話す」「聴く」「食べる」といった動作や知覚に関する能力のリハビリやトレーニング、援助を行う。脳の障害などで話したり理解したりするのが難しい人に対し、発声の訓練をしたり、食べ物を飲み込みにくい人に対して飲み込む訓練(嚥下訓練)などを行う。一方、視能訓練士は、眼の機能に関するリハビリの専門家で、病気や加齢で、視力が低下した人の回復を図るほか、眼に関する検査結果の正確な理解や判定などもこなしている。
養成課程がある大学・短大・専門学校で3人以上学び、所定の課程を修了したのち、国家試験に合格して資格を取得する必要がある。詳しい情報は厚生労働省のホームページで確認しよう。いずれも、医師、看護師、栄養士、歯科医師、介護福祉士、社会福祉などと連携してリハビリを行うことになるが、高齢化が進む中、病院などの医療機関での需要が高まっているほか、福祉施設や教育機関などで幅広く活躍している。

薬剤師

薬は病気やケガの治療に欠かせないものだが、使い方を間違えると本来の効果が発揮されず、逆に身体に危害をおよぼすこともある。
薬剤師の仕事は、そうした薬の専門家として、処方箋に基づいて医薬品を調剤することだ。さらに、安全上必要な情報を患者や消費者に伝えたり、飲み方の指導をしたりすることも、薬剤師の重要な役割となっている。
近年は多くの施設で、「お薬手帳」という、薬の服用履歴や、既住症、アレルギーなど、医療関係者に必要な情報を記載する手帳が配られ、2016年度からは、お薬手帳を半年以内に同一薬局に持参すると薬局で支払う代金が安くなることになった。薬剤師がお薬手帳で患者が服用している薬をチェックすることで、薬の飲み合わせによる相互作用を防ぐことができるし、無駄な薬の投与をなくすことで、増大する医療費を抑制できると期待されている。
このように、正しく安全に薬を使ってもらうために、医療と患者の架け橋となるのが薬剤師の役割だ。
薬剤師になるには厚生労働省の薬剤師国家試験に合格し、薬剤師としての資格をしなくてはならない。受験資格は、薬学系の大学か、大学の薬学部で6年間学び、卒業することによって得られる。年齢制限はない。
薬剤師の活躍の場は多い。病院の薬局はもちろん、全国のドラッグストアにも不可欠な存在だ。また、民間の製薬会社や大学の研究機関で新薬の開発に関わっている人もいるし、公務員になって保健所などで食品衛生監視員として働いている人や、厚生労働省の麻薬取締官として活躍してる人もいる。
薬剤師国家試験については、厚生労働省のホームページに詳しく掲載されている。

医療関連事務員

医療関連事務員の仕事には、主に、医療事務、医療秘書、病棟・外来クラーク(事務)、診療情報管理士などがある。
医療事務とは、医療機関での受付や会計、カルテの管理、レセプト(診療報酬請求明細書)業務など。ちなみに、レセプトとは、患者の自己負担分以外の医療費を健康保険組合から徴収するために医療機関が作成する請求書のことを指す。
医療秘書は、上司(主に医師)のスケジュール管理や、書類作成・整理、電話・来客応対などの秘書業務を行う。場合によっては、医療事務の仕事を担うこともある。
医療秘書が医師の秘書なら、病棟・外来クラークは、病棟や外来全体における秘書と言える。ナースステーションに常駐し、入院患者のカルテの整理や、食事・点滴・投薬等の管理、入退院の手続き等、患者と医療スタッフのとの間に入り、連絡・調整を行う仕事だ。
一方、診療情報管理士とは、医師が作成した患者のカルテをはじめ、院内の診療記録を整理・管理し、必要なときに素早く情報提供するのが仕事である。
だが、実際の医療の現場では、このように明確に役割分担がされているわけではない。多くのスタッフを雇える病院ならば分業することも可能だが、そうでない場合は、1人のスタッフが何役も兼ねることもある。
いずれの仕事であれ、高い事務処理能力を備えていることが求められるが、それと同時に医療に関する知識も不可欠だ。
どの職種も特別な資格は必要ないが、専門の学校や通信講座などを受講し、知識や技能を身に付け、さらに、民間の団体が認定する検定試験などを受験しておくと就職しやすい。例えば日本医療事務協会が医療事務検定試験、医師コンピューター能力技能検定試験、メディカルマナー検定試験などを実施している。
就職先は、主に病院なるが、中には、保険請求業務だけに特化して、フリーで病院と契約して仕事をするケースもある。

保健師

保健師は、病気の予防や健康の維持・増進・疾病者の療養指導など、健康生活に必要な保健指導を行うのが仕事。自治体の保健所や保健センターなどで働いてる人が大半だが、中には会社や学校、病院などに勤務する人もいる。
保健師になるには看護師の資格が必要だ。看護師を養成する専門学校や大学・短大で学び、看護師資格を取得したのち、さらに国が指定する学校や養成所で学び、保健師の国家試験に合格する必要がある(4年制の看護大学・専門学校で保健に関する科目を取得した場合は、卒業と同時に受験資格を取得できる)。また、地方自治体の職員として働く場合は、公務員試験に合格することも必要だ。

助産師

助産師の仕事は、出産時の介助が中心だが、妊産婦のケアと保健指導、新生児ケア、育児相談、思春期相談、女性の健康相談なども大切な役割だ。
助産師になるには、保健師同様、看護師の資格が必要だ。
看護師資格を取得後、助産師養成学校(文部科学大臣または厚生労働大臣指定の大学・短大、専門学校)を修了した上で、助産師国家試験に合格してやっと資格を得られる。就業場所としては、病院、診療所などが一般的だが、開業権が認められているため、助産院を開業することもできる。出産はいつ始まるかわからないため、急な呼び出し、夜間の仕事が発生する場合があることは認識しておきたい。

介護福祉士

介護福祉士は福祉分野における国家資格(社会福祉士・精神保健 福祉士・介護福祉士)の1つであり、介護業界では唯一の国家資格 として人気がある。その活躍の場は、特別養護老人ホーム、介護老 人保健施設、病院、デイケアセンターや障害福祉サービス事業所、 その他の社会福祉施設など実に幅広い。介護が必要で1人で生活で きないお年寄りや障害者の支援をするのが仕事で、超高齢化が進む 日本社会を支える存在として、ますます活躍が望まれている仕事で ある。
政府は、介護サービス全体の質を向上させるために、介護福祉士 を介護の専門的な知識と技術を身に付けている者、として介護職 員の中心的な存在として位置づけている。
しかしその一方で、仕事が精神的にも肉体的にも過酷な割に給与 水準が低いとされ、離職率も高く、人員確保の難しさが問題となっ ている。そこで政府は、介護の現場に携わる職員に対して給与面で 報いるために加算金制度(介護職員処遇改善加算)を創設して、介 護職員の給与の増額を進めている。また、東南アジアを中心に海外 からの介護福祉士研修生の受け入れも決めている。
たずさ
厚生労働大臣が指定した養成施設を卒業して介護福祉士の資 格を取得しよう。現場で経験を積み、資格を取得する道もある。
介護福祉士になるには、国家資格である介護福祉士資格を取得す る必要がある。厚生労働大臣が指定した介護福祉士養成施設(大学・ 短大・専門学校など)を卒業する方法と、介護職員として3年間以 上勤務して実務者研修を修了、あるいは福祉系高校を卒業して社会 福祉振興・試験センターが実施する介護福祉士国家試験を受験・合 格するという方法である。
介護福祉士資格を取得すると、社会福祉施設の介護職員などとし て就職する際にも有利だ。

ケアマネージャー

介護保険を受けるにしてもその手続きは結構複雑だ。そこで必要 とされるのがケアマネージャーだ。要介護認定を申請をする際に、 介護保険法に基づき、要介護者やその家族などからの相談に応じて、 適切な介護サービス計画(ケアプラン)をつくるのが、ケアマネー ジャーの主たる仕事だ。介護支援専門員とも呼ばれる。
一定期間、介護や医療の現場で経験を積んだ後、介護支援 | ^ 専門員の資格を取ろう。
ケアマネージャーとして働くには、各都道府県が実施する介護支 援専門員実務研修受講試験を受験してケアマネージャー(介護支援 専門員)の資格を取らなければならない。受験できるのは、定めら れた保健・医療・福祉などの国家資格を持っている人と特定施設で 生活相談員などの相談援助業務をしていた人で、それぞれの分野で 5年以上かつ 900 日以上の実務日数がある人となる。詳しいこと は各自治体の窓口に問い合わせてみよう。窓口の一覧が社会福祉振 興・試験センターのホームページに掲載されている。

社会福祉士

社会福祉士は、病気や障害をはじめとしたさまざまな理由によっ て、日常生活に支障をきたしている人の相談を受け、その改善をサ ポートする仕事である。精神保健福祉士と合わせてソーシャルワー カーと総称されることもある。 高齢者や障害者の福祉施設・病院・児童相談所・母子生活支援施 設などに勤務し、福祉分野全般にわたる相談に乗って、問題を解決 するための助言や指導・援助をすることになるが、具体的な内容は どういった職場で働くかによって変わってくる。相談者が抱えてい る問題は千差万別であり、どんな問題に対しても適切な対応ができ るよう、福祉全般に関する豊富な知識が必要とされる。
また、相談者がどんなことでも相談できるような信頼関係を築く ことや、問題解決に関連するほかの職業の人たちとの連携も必要不 可欠であり、誠実さやコミュニケーション能力も求められる。
福祉系大学を卒業後、社会福祉振興・試験センターが実施 する国家試験を受けよう。
高齢者や障害者の相談員として働くだけなら資格は必要ないが、 社会福祉士を名乗って働くためには、厚生労働大臣の指定を受けた 社会福祉振興・試験センターが実施する社会福祉士国家試験に合格 する必要がある。また、募集要項において社会福祉士の資格所持が 求められることも多い。
社会福祉士国家試験の受験資格は、4年制の福祉系大学で所定の 課程を修了することで得られるほか、福祉系短大で所定の課程を修 了し実務を1~2年経験する、4年制大学を卒業し社会福祉士養成 施設で1年以上学ぶ、一般短大を卒業後に1~2年の実務経験を 経て社会福祉士養成施設で1年以上学ぶなどの方法でも得られる。
社会の変化に合わせて国の福祉制度は複雑化・多様化し、それら をサポートする社会福祉士の重要性はますます高まっているため、 国家資格試験の難度も徐々に上がってきている。また、資格取得後 も福祉関連の法改正などに合わせて勉強する必要もある。

ISFJ(擁護者型)に向いてない仕事は?

ISFJはストレスの多い環境下では「上下関係、権威、手順を意固地なまでに守る(=融通が利かなくなる)」「感謝されたり認められていないと不平不満をたくさん言う」という傾向が表れやすくなります。また、他のタイプ機能が弱いと「方針や手順の成り行きを予測できない」「客観的な論証に基づいて決めることが苦痛に感じる」などの欠点が露呈することになります。

以上のような性質から、高度な頭脳労働となりデータや数字を相手にする時間の多い「研究/開発/エンジニア/アナリスト/コンサルタント」などの仕事は不向きだと考えられるでしょう。

それぞれISFJに不向きだと言える理由について解説していかます。

研究/開発職

MBTIのいざない」ではISFJが惹かれない職業として「科学の教員」が紹介されていますが、より広く受け取るのであれば学者肌や研究家気質の要される研究/開発職全般が不向きだと言えるでしょう。
S感覚機能と感情機能が強い上に、規律を重んじる判断的態度も強いISFJにとって、直観・思考・自由な発想の求められる研究職は苦痛以外の何者でもないことでしょう。

研究/開発職は主にメーカー勤務となるため、社会福祉職と相性の良いISFJにとっては、仮に縁があるとしても医療機器メーカーや薬品開発メーカーぐらいでしょう。

大学教授

前述の通り、学者肌や研究家気質が求められる大学教授もISFJには不向きな仕事だと言えます。
ただ、献身的で責任感のある性格ではあるので、中学校〜小学校などの専門知識や探究心がそこまで求められない教師の仕事にはまだ適性があるかもしれません。

エンジニア

アナリスト

ISFJはN(直観)とT(思考)機能が弱いため、データから分析して未来を予測し、他者に論理的に説明するする必要もあるアナリストの仕事はもっとも向いてない仕事の一つだと言えます。
元々、アナリストには高度で広い専門知識に直観力や複雑な分析手法を実践する能力が要されるのに加え、人ではなくデータや数字とにらめっこすることが多い仕事で他人からも直接感謝されるような仕事ではないので、献身的で他者からの感謝をモチベーションとするISFJとアナリストは相性最悪の仕事と言ってしまっても過言ではないでしょう。

コンサルタント(弁護士など)

コンサルタントは立場上「実践する人のサポート」としての役割が主になるので、実践的な活動を好むISFJにとって、相性が悪い仕事の一つだと言えます。
とくに法的な論拠が重視され客観性の求められる「弁護士」や「税理士」などの仕事は、感覚重視のISFJには不向きな職業の筆頭格だと言えるでしょう。

経営者

前述の「アナリスト」「コンサルタント」相当のスキルが必要とされ、未来を予測して決まりのないビジネスの世界で生き残る必要のある経営者も、ISFJには不向きだと言えます。
経営者は「決まりや手順を作る側」に立たざるを得ないので、決まりや手順を守る方が安心できるISFJには最も縁のない仕事だと言ってもいいでしょう。

バイヤー

バイヤーとは、商品を仕入れて販売する職業で、商社に勤めてる人から個人で輸出入する人まで、規模も業態も様々です。
バイヤーもアナリストや経営者同様、市場を分析して予測する直観や思考、勘も必要となる仕事です。
また、目の前のお客を大事にするよりは売上に関するシビアな意識が大事となるため、時には思いやりを捨てる判断も必要となります。
これも思いやりや相手からの感謝を仕事で重視するISFJにとって、あまり魅力的には思えない仕事の一つだと言えるでしょう。

IT/WEBベンチャー企業

上下関係が明確でなかったり、決まった手順が定まってないことの多いIT/WEB系のベンチャー企業もISFJには不向きと言えます。ベンチャー規模だと大半の企業が人手が足りておらず、個人単位の高いスキルや適応力、IT系スキルも求められるため、人への思いやりや協調性を重視するISFJにとっては居心地の悪い職場だと感じてしまうかもしれません。

ISFJ(擁護者型)に向いてる仕事が見つかる転職サービス

最後にISFJの方に向いている仕事が見つかるかもしれない厳選転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは無料で使える上に、登録しておくと一般検索では見つからない非公開求人もしてもらえるため、向いてる仕事を見つける上では使っておく価値大です。

それぞれのオススメ転職サービスの特徴から利用するべき人の紹介までしているので、自分に合ったものを選んでみてください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【MBTI】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました