【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

IT土方と呼ばれる底辺プログラマーの末路は?プログラマーを辞めたい人が知っておくべき不都合な真実

「IT土方としてコキ使われている…」
「底辺プログラマーすぎて仕事についていけないでつらい…」

このようにお悩みではありませんか?

IT土方とは、IT業界で下請けとして働く人のことを指します。

IT土方の由来は、土木工事現場で働く労働者を土方と呼ぶことに由来しています。IT土方も、ITシステムの構築や運用などの現場で働く労働者であるため、このような呼び方をするようになりました。

一般的に、IT土方は、システム開発や保守、運用などの仕事に従事しています。IT土方は、IT業界で最も多くの人がいる職種ですが、給与が低く、労働条件が悪いことが多いです。そのため、IT土方の仕事は、ブラックな仕事と見なされることも多いです。

一方で「底辺プログラマー」とは、IT業界で働くプログラマーのうち、技術力や経験が低く、給与も低いプログラマーを指します。

どちらも俗称であり、薄給・劣悪な条件で働くITエンジニアに自虐的に用いられる言葉ですが、昨今、ITエンジニアやプログラマーの需要の増加に伴い、IT土方や底辺プログラマーと悩む方でも少し工夫すればキャリアアップが見込める可能性があります。

というのも、多くの企業ではITエンジニアやプログラマーを正当に評価したり適切に使いこなす人事マネジメント能力が不足いるからです。

そのため、所属する会社や上司の采配次第で、本来ポテンシャルのある人材がまったく活躍できなかったり、成長できる仕事ができずに「自分はIT土方だ…」「自分は底辺プログラマーが…」と卑屈になってしまう背景があると考えられます。

そこで本記事では、IT土方・底辺プログラマーなどの俗称が生まれる背景について考察した上で、プログラマーが辛い部分やきついと感じる要因を深掘りしていき、よりプログラマーが活躍できるための方法を模索していきます。

  1. 「IT土方」「底辺プログラマー」と揶揄されるほど辛い部分やきついと感じる瞬間
    1. 低賃金と劣悪な労働環境の二重苦
    2. コードのバグ修正やトラブルシューティングによるストレス
    3. プログラマーとして行っている業務レベルの低さ
    4. 難解なプログラミング言語の学習と理解についていけない
    5. 社内やクライアントとのコミュニケーションの不足による工数増加
    6. 上司や人事のマネジメントの不備による無駄な業務とストレス
  2. プログラマーに向いてない人や辞めてよかったと思えるような人の特徴
    1. 未経験プログラマーで基礎的な通信技術やITリテラシーがないまま働いている
    2. 長時間の集中作業や1人で黙々行う業務が苦手
    3. 論理的思考や問題解決能力に欠けている
    4. 自己学習や情報収集に積極的な人
  3. プログラマーの将来性は?無理に働き続けた末路はどうなる?
    1. プログラマーの将来性は高いと言われているが働く環境次第
    2. AI化/DX推進により求められる技術水準や知識量の変化のリスク
  4. IT土方・プログラマーからの転職を考える
  5. 建設業界で肉体労働は最高だぜ!
    1. 働いて食う飯は美味い!!!!!
    2. IT・PCのスキルも建設業で活きる
  6. 建設業は最高だった。IT土方は土方になれ!
  7. IT土方から抜け出すには転職サービスを利用してプロのサポートを受ける

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

「IT土方」「底辺プログラマー」と揶揄されるほど辛い部分やきついと感じる瞬間

一部のプログラマーは「IT土方」「底辺プログラマー」と揶揄されたり自虐されるほど、酷い待遇や条件で酷使されることがあります。そのようなプログラマーの辛い部分や仕事できつい部分をいくつかご紹介していきましょう。

低賃金と劣悪な労働環境の二重苦

ITプロジェクトにおいて、短い期間で大量の仕事をこなすため、プログラマーはデスマーチと呼ばれる過酷な労働スケジュールに追われることがあります。このため、常に時間的なプレッシャーを感じ、睡眠不足やストレスが蓄積されることがあります。

プログラマーの努力と責任に比べて、報酬が低いと感じることがあります。労働時間の長さやプレッシャーに対して報酬が見合っていないため、経済的な不安を感じることがあります。

コードのバグ修正やトラブルシューティングによるストレス

プログラマーは、コードのバグ修正やシステムのトラブルシューティングを行うことがあります。予期しないエラーや問題に直面し、それを解決するために時間と労力を費やす必要があります。これにより、ストレスやプレッシャーが生じることがあります。

プログラマーとして行っている業務レベルの低さ

一部のプログラマーは、本来の開発業務よりもデバッグ作業など、低次元な業務に時間を割かれることがあります。これにより、本来のスキルや能力を活かしきれず、モチベーションの低下や成長の停滞を感じることがあります。

難解なプログラミング言語の学習と理解についていけない

IT業界は急速に変化しており、新しいプログラミング言語や開発ツールが頻繁に登場します。これにより、新しい技術や言語の学習に追われることがあり、それについていけないと感じることがあります。

社内やクライアントとのコミュニケーションの不足による工数増加

プログラマーは、開発に関する要件や仕様を理解し、それを実現するためのコードを作成します。しかし、クライアントや上司とのコミュニケーション不足や要件の変更への対応の困難さがあります。これにより、工数が増え、開発プロセスが複雑化し、ストレスが生じることがあります。

上司や人事のマネジメントの不備による無駄な業務とストレス

上司や人事部門が効果的なマネジメントを行わず、適切なプロジェクト管理やスケジュール管理が行われないことがあります。これにより、無駄な業務が増え、効率や成果の低下、ストレスの増大を招くことがあります。

たとえば、ITリテラシーのない上司が「ITはなんでもできる」という言葉を鵜呑みにして、プログラマーに高度な技術と経験が必要な無茶苦茶な指示をしてくるといった形です。

具体例として、

  • 自社内でExcelのようなソフトを低予算で開発してほしい
  • 絶対にバグが置きないプログラムを組んでほしい
  • 「なるはや」と要求するだけで具体的なスケジュール計画は一切立てない
  • コピペすれば一発で済む作業をなぜかアナログな書類から手打ちさせられる

といった要求をしてくる上司も一定数存在します。

プログラマーのスキルや業務貢献が適切に評価されず、昇進や報酬の面で不公平を感じることがあります。これにより、モチベーションの低下やキャリアの停滞を感じることがあります。

経営方針や方針変更が現場に適切に伝えられず、実践が困難な場合があります。これにより、プログラマーは現場での業務を円滑に進めるための適切なサポートが得られず、ストレスを感じることがあります。

プログラマーに向いてない人や辞めてよかったと思えるような人の特徴

プログラマーに向いてない人や辞めてよかったと思える人には、以下のような特徴が見られます。これらの要素がプログラマーとしての適性や業務の難易度に影響を与えることがあります。

未経験プログラマーで基礎的な通信技術やITリテラシーがないまま働いている

プログラミングの業務には基礎的な通信技術やITリテラシーが必要です。これらの知識やスキルがないままプログラマーとして働くと、業務の理解や実施に困難を抱えることがあります。

長時間の集中作業や1人で黙々行う業務が苦手

プログラミングは長時間にわたる集中作業が求められることがあります。また、一人で問題解決やコードの開発を行うことも多いです。これらの業務が苦手な人は、プログラマーとしての適性に欠ける可能性があります。

論理的思考や問題解決能力に欠けている

プログラミングは論理的思考や問題解決能力が重要です。複雑な問題を分析し、効率的な解決策を見つける必要があります。論理的思考力や問題解決能力に欠けている人は、プログラミングの業務において困難を感じる可能性があります。

自己学習や情報収集に積極的な人

プログラミングは日々進化している領域であり、自己学習や情報収集が欠かせません。新しい技術や言語の習得、最新のトレンドやベストプラクティスの把握など、常に学び続ける必要があります。自己学習や情報収集に積極的でない人は、プログラミングの業務において追いつくことが難しいかもしれません。

プログラマーの将来性は?無理に働き続けた末路はどうなる?

辛いと感じる仕事を辞めるかどうかを判断するポイントに「その仕事の将来性は?」「将来、高い年収や安定した働き方が実現できるか?」といった要素もあります。

無理に向いてない仕事で働き続けてもしんどい状態が続きますし、たとえ高年収の仕事や世間体のいい仕事でも、精神的に安定して働き続けられるかどうかは、別に考えなければなりません。

また、昨今では内閣府の提唱する「人材の流動性」が示すように「転職が当たり前のキャリア」の時代となっています。

そのため、自分の所属する業界の将来性の高さや、働くことで身についたスキルや経歴が転職市場でも評価されるかも知っておく必要があります。

プログラマーの将来性は高いと言われているが働く環境次第

プログラマーはデジタル時代の中心的存在であり、需要が高まっていると言われています。しかし、将来性を最大限に活かすためには、働く環境や組織のサポートが重要です。働きやすい環境やキャリアパスが整っている企業で働くことが、プログラマーとしての成長やキャリアアップに繋がるでしょう。

AI化/DX推進により求められる技術水準や知識量の変化のリスク

AI化やDXの進展により、プログラマーに求められる技術水準や知識量も変化しています。新たな開発ツールやプログラミング言語の習得、AIや機械学習の理解などが求められることがあります。これらの変化に追いつけない場合、将来的なキャリアの発展に制約を受ける可能性があります。

IT土方・プログラマーからの転職を考える

そんなIT土方の生活の傍ら、オレは密かに転職活動を進めていた。

時間に余裕のある現場に入った時は、出来るだけ転職情報を集め、着々と転職活動していたのだ。

オレは転職エージェントと言われるサービスを利用した。

オレの担当面エージェントは結構美人な女性の方で、女の少ないIT界で働くオレからすれば、この担当と会うことすら一つの楽しみと化していた。

ていうか、ぶっちゃけ半分ぐらいは惚れていた節もある。

彼女は、IT土方として無機質なパソコンとコードに囲まれるオレにとって、まさに癒やしだった。

「IT業界やめて、他の業界に転職したいんですけど」

オレは本音をぶちまけた。もちろん、IT土方として身も心も毒されたオレに、他の業界に居場所などないと思っていた。

「他の業界にオレの居場所なんてないですよね…」

しかし、彼女は真面目な顔でオレの話を聞いてくれた。

「いえいえ、そんなことはないです。まだ若いのでいくらでもご紹介できる仕事はありますよ」

「マジですか…!?」

オレは嬉しくなって、つい立ち上がった。

担当エージェントは苦笑いして「落ち着いてください」と言っていた。


「建設業界に興味はないですか?」

女性はそう言った。

「建設…ですか…」

オレは抵抗があった。

ハッキリ言って、体を動かすことが苦手で、建設業界のようなガテン系では仕事を続けられる自信がない。

そもそも「IT土方がほんまもんの土方になるだけじゃねえか!」という抵抗もあった。

しかし、わがままは言っていられない。

IT土方の出向・デスマ地獄から抜け出せるのなら、なんだってやってやろう。

だが、やはり建設業界には不安もある。

というのも建設業界といえば、地元でヤンキー・DQNなんかがしている仕事で、オレなんかに居場所があるのか不安だったのだ。

「建設業界にオレみたいなデスクワーク中心の軟弱男子でもとりたいところなんてあるんですか?」

「全然、ありますよ!」

即答だった。

「それに〇〇さん、軟弱じゃないですよ!IT業界で出向して、いくつもの現場を経験された経歴は、充分『根性のある若者』として評価されますよ!」

オレは少し嬉しくなって、微笑んでしまった。

そんなことは考えたこともなかったし、言われたこともなかった。

それが美人な女性エージェントとなると、嬉しくないわけがない。

「まじですか!オレ、建設業界で働いてみたいです!」

「わかりました!〇〇さんに向いている建設会社を探しておきますね」


結論から言えば、オレの転職先はすんなり決まった。

担当エージェントが紹介してくれた会社のうち、2社から内定をもらった。

その中から、今勤めている会社を決めたのだが、決め手は

「最近は建設業でも、ITやパソコンに詳しい人材が欲しいんだ。君のようなガッツのある若者ならウチでも活躍できるよ」

と言われたことだった。


勤めていた会社を退職すると、入社手続きは担当の女性エージェントのおかげでスムーズに進んだ。

入社初日は、雇用契約書の記入などの事務手続きがほとんどだった。

オレは初日に帰宅すると、担当エージェントにメールで報告した。

そして、最後に

「ありがとうございます!よかったら、お礼にごちそうしたいのでプライベートで一緒にお食事にでもいきませんか?」

と、さらっと告白まがいのことをしておいた。

「しばらくはお互い、お仕事が忙しくなると思いますので、また次の機会にでも」

と、返信がきた。

(あぁ…やっぱりダメだよな)

若干気分が沈んだが、次の機会を信じて仕事に励むしかないと思った。

建設業界で肉体労働は最高だぜ!

最初の一ヶ月は、ほぼ現場での肉体労働が中心だった。

オレと同い年の先輩タケシ(仮名)が、指導でついたのだが、こいつが頼もしい奴だった。

「肉体労働はいいぞ」
「おいおい、もうへばったのかよ?だらしねーな」
「オラ、ジュース買ってきたからのめよ」
「おいおいw同い年なのに敬語でしゃべんなよww」
「おいおい、堅っ苦しいから先輩やさん付けはやめろよ」

タケシは高卒だったのだが、18歳の頃から現場で常に勤めてきたらしい。

オレは体力がなく、ヘトヘトしていることも多かった。

だがそんな時、タケシは絶対にオレを責めたりしなかった。

「最初は辛いかもしれないが、もっと頑張ろうぜ!」
「仕事上がりのビールと焼鳥は美味えぞ、あと一時間だ!」
「お、今日金曜日だな。オレのおすすめの店連れて行ってやるよ」

いつもこんな調子だったが、IT土方として暗く無機質な現場で過ごしてたオレからすれば、タケシのバイタリティの高さは羨ましくもあった。

働いて食う飯は美味い!!!!!

毎週、金曜日はタケシや職場の仲間と飲み屋に行った。

場末の汚らしい安い居酒屋だったが、飯は最高に美味かった。

「どうだ!汗水垂らして食う飯は美味いだろ!」

「美味いっす!!!!!!!最高っすね!!!!!」

オレは酔っ払いながら、そう言った。

「お前入社したころと比べて、すっかり顔も男前になってきたじゃねえか!」

タケシが笑いながら言った。

職場の仲間はヤンキーやDQNというよりも、鉄腕ダッシュのTOKIOのおっさん達という感じで、それまでのガテン系のイメージはすっかり変わっていた。

オレは25歳にして、初めてこの世の事実を知った。

ひゃはあああああああ!!!

肉体労働は最高だぜぇええ!!!!!!!!!

IT・PCのスキルも建設業で活きる

建設業と言うと現場での肉体労働を思い浮かべることが多い。

だが、決してそうではない。

オレは数カ月も経つと、事務所でOfiiceで書類作成などをすることも増えた。

WordやExcelは、IT土方時代の雑務でもよく使っていたので、とくに苦でもなかった。

事務所でオレが作業をしていると、上司が言った。

「お前、作業はえーな!やっぱり、ハッカーはすげえな!」

上司的には、ITもハッカーもプログラマーも一緒らしく、その時の気分でオレの前職の呼び方は変わる。

「最近は他業者もパソコン・タブレットと現場作業連携させてるんだが、オレたちおっさんにはさっぱりなんでな!お前に全部任せるぜ!」

オレが採用されたのも、それが理由だった。

建設業界では人手不足や業務改善で、ITテクノロジーの導入が盛んなのだが、それを使いこなせる人間が現場におらず、バリバリの肉体労働派の人間では習得に時間がかかる傾向にあるらしい。

そこで、IT土方としてプログラム言語やソフトを多数利用してきた経験のあるオレが、肉体労働と頭脳労働の架け橋として期待され、採用されたというわけだ。

半年も経ち職場も慣れると、社内のシステム導入の商談・説明会に参加することも増え、導入の是非について意見を求められることも多くなった。もちろん、まだ建設業についてはわからないことも多いので、現場仕事・セミナーなどで勉強させられる機会も多い。

オレが最初に行ったIT関係の仕事は、現場のスケジュールや進行をクラウドで管理するシステムの導入だった。現場作業員にもわかるように、社内での運用マニュアルを作成し、ITに疎い作業員には現場で一から教えるようにした。

「お前、天才だなwwwオレでもスーパーハッカーになれるわww」

タケシがいつもの調子でオレに言う。

タケシはバカだが、コミュニケーション能力が高く、タケシが間に入ることで、オレも現場作業員とのやりとりがスムーズに進んだ経験は数知れない。

建設業は最高だった。IT土方は土方になれ!

そんなオレだが、今は建設業勤め3年目に突入し、主にITシステムの運用・導入・マネジメントなどを中心に行いバリバリ活躍している。

することがない時は現場で肉体労働にも参加し、汗水たらして働く気持ちよさを感じることも多い。

また、タケシに言われたように、顔つきも体も男前になった自負もある。

なにより、毎日が活き活きしている。

IT土方として箱詰めになって、死んだ魚の目で生きているよりも、土方として働くほうが、全然人間的ではないかと思う。

そして、そんな活力みなぎるオレには、とうとう彼女もできた。

オレにこの仕事を紹介してくれた、例の女性エージェントだ。

プライベートでオレの仕事の進歩状況を尋ねてきたことがきっかけで、交際することになった。

彼女は面倒見のいい女性で、オレの心のオアシスだった。

彼女は、建設業界で男として成長したオレに惹かれたと言っていた。

今では結婚も考えいて同棲している。

IT土方として女っ気もなかったオレからすれば、夢のような生活だ。

IT土方として、ゾンビのような生活をしている奴らに言いたい。

肉体労働はいいぞ!

ゾンビくせえIT業界はさっさと抜け出して、汗水たらして働こうぜ!

IT土方から抜け出すには転職サービスを利用してプロのサポートを受ける

「IT土方」と呼ばれる状態から抜け出すには、ただプログラミングスキルを磨くだけではなく

  • 上がITをまったく理解していない会社には早々見切りをつける
  • 業界構造をよく理解した上で年収・待遇向上が目指せる仕事に就く
  • 時代やキャリアに合わせた最新の知識や技術をアップデートする

といったことを行う必要があります。

ただ、こういったことはただやみくもにIT土方と呼ばれる状況で働くだけでは、判断が難しいです。

そこでオススメしたいのが、転職サービスでプロに相談してサポートを得るという方法です。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

仕事辞めたい【業種・職種】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました