獣医師になるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

▼未経験からIT業界への転職を考えてる方へ

IT業界は将来性が高く平均年収476万円が見込める人気職です。
ただし、IT業界へ未経験から転職するのは難しくスキルや専門知識が必要となります。
もし、読者がIT業界への転職に興味があるのであれば、まずは「ウズウズカレッジ」のご活用をオススメします。
ウズウズカレッジでは「プログラミング(Java)」「CCNA」の2コースから選べ、自分の経歴や生活スタイルに合わせて、最短一ヶ月でのスキル習得が可能です。
ウズウズカレッジは無料相談も受け付けているので、スキルを身につけてIT業界へ転職したいと悩んでいる方は、この機会にぜひご利用を検討してみてください。

→ウズウズカレッジに無料相談してみる

獣医師ってどんな仕事?

獣医師は犬や猫など家庭で飼われているペットをはじめ、鶏や豚牛などの家畜、動物園の動物から、野山の野生動物まで、人間以外の全ての動物に対して病気や怪我の診察・治療・疾病予防などを行うの仕事です。

動物の治療診療をするだけではなく、公的な研究機関・動物園・水族館・競馬の厩舎などのスタッフ、ペットフードを扱う会社の研究員、さらには食肉衛生検査所食肉センター動物検疫所、保健所の職員としての仕事もあります。

近年、少子高齢化が進み、ペットも家族同様に愛する人が増えており、獣医師も高い技術が求められている傾向にあります。

獣医師になるためには獣医学部に通い国家試験に合格しなければならないため、数ある動物関連の仕事の中でも最も難易度の高い職業だと言えるでしょう。

家畜防疫員になるには?

獣医師免許を持っている者しか就けない「家畜防疫員」という仕事があるため、ここで紹介しておきます。

家畜防疫員とは、都道府県知事によって職員の中から任命される仕事であり、家畜伝染病予防法に規定する事務に従事することとなります。

日本では、家畜伝染病予防法に基づき牛疫、BSE(牛海綿状脳症)、口蹄疫、アフリカ豚コレラ、狂犬病、高病原性鳥インフルエンザ、伝達性海綿状脳症、など28種の家畜伝染病が規定されています。

さらに「届出伝染病」として71種の疾病が指定されていますが、伝染病が発生または発生したと疑われる家畜の死体やその地域を実際に調査・報告し、農林水産省の指示によって予防や、感染が広がらないように処置活動を行うこととなります。

都道府県知事から任命される職業だけに簡単に就ける仕事ではなく、現在、170か所に家畜保健衛生所が設置されており、総勢約2100名の獣医師の資格を持つ家畜防疫員が配置されています。

獣医師になるには?必要な資格やスキル

まずは、大学の獣医学部で6年間学んでから獣医師国家試験に合格し獣医師免許を取得する必要があります。

参考リンク:農林水産省|獣医師国家試験

獣医師の活動の幅は幅広いですが、動物病院の開業を目指すには、まず色々な動物を診察できる大手の動物病院に勤務しながら経験を積むのが良いでしょう
開業医になる場合は、経営に関する基礎知識も把握しておく必要が出てきます。
また、外部の経営コンサルタントなどと協力したり、看護師などを雇ってマネジメントを行う必要も出てくるため、獣医学のみならず一般企業での管理職相当のビジネススキルも必要とされることになります。

獣医師に向いてる人は?

  • 獣医学に強い興味・関心がある
  • 大学に6年間通える経済力がある
  • 激務に耐えられる基礎体力がある
  • 獣医学のみならず、基礎的なビジネスに対する理解もある

まず、獣医師免許を取得するために、動物の生体に関して強い興味・関心があり、学ぶ意志があることが大前提となってきます。
加えて、大学に6年間通える経済基盤ないし、奨学金制度を利用するなど借金を背負って学ぶ強い意志が不可欠です。
また、医師関連の仕事はハードワークになりやすいため、激務に耐えられる基礎体力も大事になります。
開業医として独立する場合は、動物病院を経営できる程度のビジネススキルが必要になるため、獣医学以外の知識も要領よくできる
吸収できる理解力もあった方がいいでしょう。
このように、獣医師になるためには高度な専門知識とスキル、現場での経験が必要とされ、正真正銘の難関職だと言えます。

獣医師と関連性の高い仕事は?

上述の通り、獣医師になるには最低でも6年の勉強期間が必要な難しい仕事ですので、動物関連の仕事に転職を考えている場合は他の仕事に就くことを考えた方が賢明でしょう。
獣医師を支える動物看護師であれば、資格取得は必須ではないため、動物病院で採用してもらえる可能性があります。
その他にも、動物に関わる仕事や資格は多数存在するため、自分の年齢やキャリアに合わせて就職可能かどうかを判断した上で決めるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました