【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

頭を下げたくない人の特徴や心理とは?頭を下げないで済む仕事は何がある?

私たちの身の回りには、どうしても頭を下げることを避ける人、あるいは簡単に謝罪や頼み事ができない人がいます。

これは単なるプライドの問題だけではなく、その背後にはさまざまな心理的要因が絡んでいます。

この記事では、頭を下げることが難しい人の心理や背後にある感情、そしてそれらの特徴を探る旅に出かけます。理解することで、コミュニケーションの幅を広げ、より深い人間関係を築くヒントを掴む手助けとしたいと思います。

  1. 頭を下げたくない人の特徴【弱みや短所、欠点】
    1. プライドが高く他者と比較して自分を上位に位置づけたがる
    2. 自分の意見や考えを押し通すことで周囲との摩擦が生じる
    3. 反省や自己分析が苦手なため仕事の習得や成長に遅れが出る
    4. 自分の失敗や不都合を他者のせいにしがちで常に受け身の姿勢
    5. 反省や改善が伴わない謝罪に誠意や意味はないと考えている
    6. この項目のまとめ
  2. 頭を下げたくない人の特徴【強みや長所】
    1. 納得できることや尊敬できる相手には強い意志で困難なことでもやり抜く
    2. 独自の視点や考えで新しいアイディアや方向性を生み出せる
    3. 自己主張が得意で説得力や自立心に優れることがある
  3. 頭を下げたくない人に向いている職業【適性や才能を発揮できる仕事】
    1. バッグオフィス・デスクワーク業務
    2. 黙々と1人で作業に打ち込める職業
    3. 公務員や官僚、政治家
    4. 研究や分析に関わる職業
    5. 評論や執筆に関する職業
    6. 自分の世界観を表現する職業
    7. 起業家や経営者として自分のビジネスを立ち上げる
    8. フリーランスとして独立して生計を立てる
    9. この項目のまとめ:自分の特性を理解して適性を活かせる仕事選びを
  4. 頭を下げたくない人に向いてない可能性のある仕事【ストレスが多く活躍しにくいと感じる仕事】
    1. サービス業のフロント業務
    2. 交渉や調整に携わる職業
    3. 上下関係が厳格な企業や組織での仕事
    4. この項目のまとめ:向いてない仕事は無理に続けないことも大事

オススメの転職サイト【超本格診断ツール多数】

自分に向いてる仕事が見つかる転職サイト「ミイダス」をご存知ですか?
全147種の職種から適性がわかるコンピテンシー診断」は使ってみる価値大です。
適性年収」「上司との相性」「仕事でストレスになる要素」も診断可能。
転職サイトとして企業からスカウトも届く。
登録に個人情報は一切不要完全無料ですべての機能が利用可
診断ツールを駆使して自分に合った天職を見つけたい人なら登録必須!

→ミイダスで診断してみる

頭を下げたくない人の特徴【弱みや短所、欠点】

頭を下げることが苦手な人の特徴はどんなものがあるのでしょうか?また、それによりどんな問題が発生する可能性があるのか、以下で詳しく解説していきます。

プライドが高く他者と比較して自分を上位に位置づけたがる

自己評価が高く、他者と自分を比較して優越感を持ちたがる傾向がある人は、頭を下げることを行わない場合があります。

頭を下げる、という行為は日常の中でさまざまな意味を持っています。

この行為には「他者に何かを求める」という要素が含まれています。例えば、謝罪は「許してほしい」という気持ちを伝えるものです。

ビジネスの場では、相手との関係性を築くための手段として、様々な頭を下げる行為が行われます。

しかし、プライドが高い人は頭を下げる行為を「自分が負けたと認める行為だ」「自分に非があると認める行為だ」と受け取り、素直に頭を下げない場合があります。

この性格が持つ弱みとして、自らを他者と比較し続けることで、職場内での人間関係に摩擦を生み出すリスクが高まることが挙げられます。

自分の意見や考えを押し通すことで周囲との摩擦が生じる

意見を持って行動することは良いことですが、それを強く押し通すことで周囲と衝突することも。
この特徴を持つ人は、コミュニケーション不足からチーム内での意見対立や摩擦を引き起こす可能性が高まり、プロジェクトの進行に支障をきたすことが考えられます。

反省や自己分析が苦手なため仕事の習得や成長に遅れが出る

自らの行動や判断に誤りがあった場合、それを認識し、修正することは成長の鍵となります。

私たちは、時折、日本の歴史的背景から独特な価値観や慣習をもっています。切腹という行為にも、その表れを見ることができます。かつて、この国では、誤りや過ちを犯した時、それを償う最も至高の謝罪の形として、自ら命を絶つ方法が存在していました。

この行為は、自らの過ちを真摯に受け止め、それを最も強烈な方法で示すものでした。

現代社会において、このような極端な行為は求められていませんが、その背後にある「真摯に向き合う」という考え方は非常に価値があるものです。しかし、ここで問題となるのが、現代人の一部には、この「真摯に向き合う」という姿勢が欠けていることだと言えます。

とりわけ、自らの過ちや短所を認識し、それを改善するための反省や自己分析が苦手な人々にとっては、かつてのように「悪いことをすれば切腹まで追い込まれる」という危機感がないのですから、己の罪や無責任さを恥じる切迫感が乏しいものとなるのです。

このような考え方は、単に自己の成長を妨げるだけでなく、周囲の人々との関係性にもネガティブな影響を与えかねません。

たとえば、仕事の場でミスをしてしまった時、反省や自己分析をしないため、そのミスを繰り返すことがあるのです。このような人々は、自己成長や習得の機会を失ってしまうことが多いのが現実です。

現代の日本では、過去のような極端な責任の取り方は少なくなっていますが、それでも、反省や自己分析をすることは、自分自身を成長させるための重要なステップであると言えるでしょう。

自分の失敗や不都合を他者のせいにしがちで常に受け身の姿勢

責任感の欠如や他者のせいにすることで、自らの失敗を正当化しようとする人。
このような性格の持ち主は、問題が生じた際に対応策を考えるよりも、責任の所在を探す傾向があり、結果的に仕事の効率や組織の進行を遅らせることが考えられます。

反省や改善が伴わない謝罪に誠意や意味はないと考えている

「頭を下げるだけ」が、果たして真の謝罪と言えるのでしょうか?

世の中には、謝罪だけで事を済ませようとする態度を受け入れることが難しい局面に立ち会うこともあります。

言葉や形式だけの謝罪や表面的な態度だけでは、残念ながら、多くの人々は誠意を感じることはできません。

空っぽの「すみません」でその場をしのぐだけの態度と、心からの誠意を示した上で具体的な反省と改善案を述べた「申し訳ありません」では、重みがまったく異なるのです。

日本の文化や社会の中では「ひとまず謝って頭を下げること」が多くの場面で求められることも確かです。

しかし、「頭を下げる=謝罪」ではなく「頭を下げる=形式」と受け取られる場合もあります。

そして、形式だけの謝罪は、真の誠意があると受け止めてもらえる可能性は低いのです。

謝罪の真髄とは、心からの反省し実質的な行動の改善も伴うこと。そして、誠実な気持ちで相手に伝えること。加えて、余計な言い訳を述べないことです。

このような真に誠実さや真摯さを持ち合わせていると、かえって「安易に頭を下げない」という考えが強くなり、頭を下げない人となる場合があります。

この特性が強過ぎると、他者の謝罪を簡単に受け入れることができず、関係性の悪化やコミュニケーションの障害となるリスクも生まれます。

この項目のまとめ

以上のような欠点を抱えていると、仕事でもプライベートでも上手く行かず、生きづらさを感じることが多いかもしれません。

もし、自分の弱みや欠点が理由で仕事で活躍できていないと感じているなら、リクナビNEXTのグッドポイント診断を受けてみることをオススメします。

グッドポイント診断では
合計18種類の強みから
自分の強みがわかります


自分の強みを診断することで、これまで自分で欠点だと思っていたことが実は長所だったことに気づくチャンスになります。

また、キャリアを見直したり、転職を考えている人にとっては、自己アピールの参考になること間違いなしなので、受けてみる価値は大きいです。

リクナビNEXTのグッドポイント診断は
無料で利用することができます!

リクナビNEXTのグッドポイント診断を受けてみる【登録無料】

頭を下げたくない人の特徴【強みや長所】

仕事の場では、頭を下げることが苦手な人が持つ独自の視点や強い意志は、驚くべき成果を生む可能性があります。こんな人には、実は大きな才能や潜在能力が秘められているかもしれません。それは、一体どんな特徴なのでしょうか?以下で深掘りしてみましょう。

納得できることや尊敬できる相手には強い意志で困難なことでもやり抜く

彼らが真に信じることや、心から尊敬する人のためには、想像を超えるほどの努力や情熱を発揮します。

謝ること、それは自らの過ちや間違いを認め、改心や改善を示す謙虚な行為と言えます。これは、自らの振る舞いや状況を冷静に見つめ、適切なタイミングで行動を取る能力、すなわち「引き際」を知ることとも繋がっています。

歴史の中には、適切なタイミングで引き際を弁えることができた人々が数多く存在します。彼らは世渡り上手とも言われ、多くの困難な状況でも冷静な判断を下すことができました。

一方で、日本の歴史を見ると、適切な引き際を選べなかった例も少なくありません。時にはこれが大きな失敗や犠牲をもたらすこととなりました。そして、この伝統的な思考様式は、現代のビジネスの世界にも影を投げかけていると言えるでしょう。

多くの日本の大企業は、時代の変化や国際的な市場の動向を適切に捉えることが難しく、困難な状況に直面しています。しかし、その中で自らの過ちや弱点を認め、新しい方向への舵取りをすることは、持続的な成長や競争力の維持に不可欠です。

頭を下げることは時に力の証であり、自らの過ちや困難な状況を乗り越えるための第一歩とも言えるでしょう。納得できることや尊敬できる相手に対して、強い意志を持って行動することは、最終的には成功への道を開く鍵となるかもしれません。

この強みは、目の前の困難や障害をものともせず、課題を乗り越えるための大きな原動力となります。その結果、長期的なプロジェクトや大きなタスクにおいても成功へと導く可能性が高まります。

独自の視点や考えで新しいアイディアや方向性を生み出せる

彼らは一般的な考え方に囚われないため、新しい視点や独特のアイディアを提案することができます。

このような独自性は、イノベーションを起こすための素晴らしい土壌となり、企業やチームに新しい風を吹き込むことができます。その結果、ビジネスの成長や市場の新規開拓に貢献することが期待されます。

自己主張が得意で説得力や自立心に優れることがある

彼らは自らの意見や考えをしっかりと持ち、それを他者に伝える能力が高いです。

頭を下げる行為は、感謝や謝罪だけでなく、相手に頼むことの意味も持つもの。一方、この行為に対して異なる見解をもつ人々もいる。

組織やビジネスの現場で、単純に頭を下げるだけではなく、背景や目的を理解し、相手の立場やニーズに合わせたアプローチが必要です。

誠実に頭を下げるべき場面でも、単に感情や真心よりも、結果やメリットを重視される場面が大半です。そういった状況で、単に形式だけの頭を下げる行為や気持ちの表現だけでなく、自分の意見や立場をしっかりと持ち、それを相手に伝える力、すなわち「説得力」は非常に価値が高いと言えます。

実際、歴史を通じて、多くの成功したビジネスや交渉では「戦略的に頭を下げること」や、時に「相手に頭を下げさせる」ことが成功のカギとされてきた。これは、自らが持つ独自の技術や製品、情報を強みとして活用し、相手に自分の意見や要求を受け入れさせる力を持っているから為し得たと言えるでしょう。

また、相手が「頭を下げる行為」を演技や戦略で行っており、心の内は別である点にも注意が必要です。実際、頭を下げられたことの同情だけで仕事や謝罪を受け入れると、それが自分や組織にとってマイナスとなることもあります。たとえば、いくら頭を下げて頼み込まれたり謝られたとはいえ、取引価格を下げる要求を安易に飲んでしまうことは、自社を守る態度とは言えないでしょう。

このように、頭を下げることに疑問を抱く人々は、自分の信念や考えを持っており、その強さから説得力や自立心を持つことが多いです。自分の考えを変えるのではなく、相手を自分の考えに引き込む力が、ビジネスにおいて有利に働くこともあります。

頭を下げたくない人に向いている職業【適性や才能を発揮できる仕事】

一度頭を下げると、それは時に人の尊厳や誇りを傷つける行為となり得ます。私たちは「頭を下げる」の重要性を学びましたが、その一方で、軽々しく、何の意味もなく頭を下げ続けることが、真のプロフェッショナルとは程遠いことも事実です。

安易に自分の価値を安売りしない、頭を下げたくない人たちにとって、どのような職業が彼らの適性や才能を最大限に発揮させることができるのでしょうか。

lここでは、そんな人たちが輝くことのできる職業をご紹介します。自分の立場をしっかりと持ち、プライドを保ちながら活躍できる仕事を探求していきましょう。

バッグオフィス・デスクワーク業務

バッグオフィス・デスクワーク業務は、経理や購買、HRスタッフなどの職種が該当します。これらの仕事は基本的に内勤であり、一人で黙々と作業することが多いです。また、データオペレーターや一般事務なども含まれます。これらの職種ではコミュニケーション能力よりも正確性や集中力が求められます。

バッグオフィス・デスクワーク業務に就くことで得られるメリットは、安定した環境で働けることや自分のペースで作業が進められることです。また、細かな作業に向いている人や数字に強い人が活躍できる職種です。

黙々と1人で作業に打ち込める職業

黙々と1人で作業に打ち込める職業は、工場の機械操作員や農業作業者、漁師などが該当します。これらの仕事は主に単独で行われ、他の人とのコミュニケーションが少ないです。また、倉庫作業員や織物職人なども含まれます。これらの職種では自己管理能力や忍耐力が求められます。

黙々と1人で作業に打ち込むことで得られるメリットは、自分のペースで仕事を進められることや集中力を発揮することができる点です。また、細かな作業や単調な作業を好む方に向いています。

公務員や官僚、政治家

公務員や官僚、政治家も頭を下げたくない人に向いています。市役所職員や税関職員、教育委員会職員などの公務員職種や国土交通省職員、外務省職員などの官僚職種、議員や市長、県知事などの政治家職種が該当します。これらの仕事では自分の意見をしっかりと主張することが求められます。

公務員や官僚、政治家に就くことで得られるメリットは、社会的な影響力を持つことや自分の意見を反映させる機会がある点です。また、公共の利益に貢献する仕事であるため、達成感も得られます。

研究や分析に関わる職業

研究や分析に関わる職業も頭を下げたくない人に向いています。市場リサーチャーや経済学者、生物学研究者などが該当します。これらの仕事ではデータ収集や解析を行い、新たな知見を発見することが求められます。

研究や分析に関わる仕事に就くことで得られるメリットは、自身の専門知識を深める機会があり、新たな発見や成果を上げることができる点です。また、論理的思考や分析能力を活かすことができます。

評論や執筆に関する職業

評論や執筆に関する職業も頭を下げたくない人に向いています。批評家や映画批評家、音楽評価家などが該当します。これらの仕事では自分の意見を文章化し、他の人に伝えることが求められます。

評論や執筆に関する仕事に就くことで得られるメリットは、自分の意見を広く発信する機会がある点です。また、表現力や洞察力を活かすことができます。

自分の世界観を表現する職業

自分の世界観を表現する職業も頭を下げたくない人に向いています。映画監督や写真家、画家などが該当します。これらの仕事では自身の感性やアイデアを具現化し、作品として表現することが求められます。

自分の世界観を表現する仕事に就くことで得られるメリットは、自分の創造力を発揮する機会がある点です。また、独自性や感性を活かすことができます。

起業家や経営者として自分のビジネスを立ち上げる

起業家や経営者として自分のビジネスを立ち上げることも頭を下げたくない人に向いています。スタートアップ創業者やインフォプレナー、ネットショップオーナーなどが該当します。これらの仕事では自身のアイデアやビジョンを実現するために行動することが求められます。

起業家や経営者になることで得られるメリットは、自身のビジョンを追求し実現する機会がある点です。また、独立心やリーダーシップ能力を発揮することができます。

フリーランスとして独立して生計を立てる

フリーランスとして独立して生計を立てることも頭を下げたくない人に向いています。プログラマーやデザイナー、カメラマンなどが該当します。これらの仕事では自身のスキルや専門知識を活かし、クライアントとの契約に基づいて仕事を進めることが求められます。

フリーランスとして独立することで得られるメリットは、自分のペースで働ける点や自由度が高い点です。また、自身のスキルや才能を最大限に活かすことができます。

この項目のまとめ:自分の特性を理解して適性を活かせる仕事選びを

以上のように、自分の性質を活かした職業を見定め、強みを活かせるキャリアを歩むことが人生の成功には大切です。そのためには、世の中に数多く存在する職種を知ることや、自分の特性を深く理解することが大事です。

もし、より自分の向いてる仕事の選択肢について知りたいなら、自分の経歴や価値観をもとにAIでキャリアの選択肢を可視化してくれる「ASSIGN」という転職アプリがオススメです。

ASSIGNでは、自分の経歴や価値観に合わせて、自分に合った企業や求人まで具体的にわかるため、現実的にキャリアアップすることができます。

また、向いてる企業に就くために必要なキャリアプランまでわかるため、向いてる仕事を知って終わりでなく、具体的なアクションにつなげることもできます。

ASSIGNで適職診断してみて
向いてる職業に近づきましょう!

また、全147種の職種から適性を診断できるコンピテンシー診断を受けられる「ミイダス」もオススメです。

ミイダスでは全147種の職業の適性が
10段階のスコア形式で診断できます

また、ミイダスでは適職診断だけでなく、その他にも数多くの診断ツールが無料で利用できるため、性格診断や向いてる仕事を探している人にとって、非常に役に立つ心強いツールだと言えます。

ミイダスは本格的な診断ツールが
すべて無料で使えて
企業からのスカウト求人も届きます

ミイダスの詳細は
以下の記事でも解説しているぞ!

頭を下げたくない人に向いてない可能性のある仕事【ストレスが多く活躍しにくいと感じる仕事】

頭を下げたくない人には、以下のような仕事は向いていないかもしれません。これらの仕事に就くことで、リスクやデメリットが生じる可能性があります。

ただし、これらの仕事に向いていないと言える理由はあくまで一般的なものであり、個人によっては例外的に向いている場合もあります。自身の性格や適性を考慮しながら、自分に合ったキャリアを見つけることが大切です。

サービス業のフロント業務

  • 小売スタッフ
  • 飲食店スタッフ
  • 店長職
  • ホテルフロント
  • ホスト・ホステス
  • カスタマーサポート
  • 受付員
  • コールセンタースタッフ

サービス業のフロント業務では、顧客対応や問題解決能力が求められます。また、忙しい時期や難しいお客様と接することもあります。これらの仕事は、頻繁にストレスを感じる可能性があります。

交渉や調整に携わる職業

  • 法人営業
  • ルート営業
  • プランナー
  • 人材コーディネーター
  • 代理店スタッフ
  • 商社マン
  • 外交官
  • 領事官

交渉や調整に携わる職業では、人との折り合いをつけたり、難しい状況を解決する能力が求められます。また、目標達成のためには努力や時間をかける必要もあります。これらの仕事は、ストレスが多く活躍しにくいと感じるかもしれません。

上下関係が厳格な企業や組織での仕事

  • 伝統的な製造業
  • 警察官
  • 自衛官
  • 航空自衛隊員
  • 海上自衛隊員
  • 金融機関員
  • 公共機関の職員
  • 大手企業の一般社員

上下関係が厳格な企業や組織では、指示に従った働き方やルールへの順守が求められます。また、責任感や忍耐力も必要です。これらの仕事は、個々人の意見よりも組織全体で動くことが重視される場合があります。そのため、頭を下げたくない人にはストレスを感じる可能性があるかもしれません。

この項目のまとめ:向いてない仕事は無理に続けないことも大事

向いてない仕事に無理して就くことや続けることは、自分を苦しめるだけの結果になりやすいので注意が必要です。

自分に本当に合った仕事を見つける上では、逆に自分に向いてないと言える職業を避けることも重要な考え方です。もし、自分に向いてない仕事を避けて安定した職業に就きたかったり、今の仕事が向いてないと悩んでいるなら、転職活動を行うことをオススメします。

とくに、20代の方は未経験職へのやり直しがしやすい時期なので、向いてない仕事を無理に続けたり、今までの経歴に縛られて選択肢を狭めるよりは、未経験職へチャレンジした方が将来性の高いキャリアを歩みやすくなります。

経歴やスキルがないうちは
向いてない仕事は避けて
将来性の高い職業に就いて
市場価値を高めましょう!

もし読者が20代の方で、向いてる仕事を探しているものの経歴やスキルが十分でなく、応募資格がなかったり、内定をもらう自信がないなら、20代向けの就職/転職支援サービスとして長い実績を持つ「いい就職ドットコム」がオススメです。

いい就職ドットコムは、マイペースで向いてる仕事探しをしたい人向けです。キャリア相談から求人閲覧に加え、充実したセミナー開催や最新の業界情報など、登録することで多彩なサポートや機能を利用できます。

自分のペースで適職探しをするなら
いい就職ドットコムを
使っておきましょう

また、いい就職ドットコムの特徴として徹底したブラック企業排除の方針があるので、向いてる仕事以前の安定性のない職業や企業を避けられるという意味でも、使っておく価値ありです。

【厳選】オススメの転職サービス

最後まで読んでくれた方限定で、当サイトで厳選した「本当に使っておくべき転職サービス」を紹介していきます。

サイト運営7年以上、
人材業界の動向にも詳しい運営者
サービス実態市場ニーズも踏まえて
厳選しました!

理想の転職を実現する
「ポジウィルキャリア」

本気で向いてる仕事を探すなら「ポジウィルキャリア」がオススメです。

今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれるサポートを行ってくれるからです。

▼こんな人にピッタリ

  • 今の仕事を続けるべきか転職するべきか…
  • 自分のキャリアで将来も通じるか不安…
  • 年収アップしたいけど自信がない…
  • スキルアップしたいけど何をすればいいかわからない…
  • 本当にやりたいことがわからなくなった…
  • 自分の適性や才能をもっと活かしたい…

キャリアコーチングでは、転職活動を行う前に必要な

  • 自己分析
  • 目標設定
  • 行動計画
  • 問題解決
  • モチベーション維持

などを徹底的に行います。

これにより、キャリアに関する悩みを解消して、理想のキャリアを目指すサービスです。

「コーチング」という言葉が意味する通り、マンツーマンでプロが自分に合ったサポートを行ってくれます。

スポーツジムでは、プロが筋トレや身体づくりをアドバイスしてくれます。その「キャリアバージョン」のイメージです。

これまでの転職サービスは「自己申告した経歴や希望条件をもとに求人紹介を受ける」ことになります。

なので、自己分析ができておらず経歴をしっかり書けなかったり、希望条件が固まっていないと、良い求人の提案やサポートが受けられないことが多いです。

また「転職サービス側が経歴のある人物を探す」というビジネスモデルなので、企業側が求めてる経歴でないと、中々良いサポートを受けられない実態があります。

一方で、キャリアコーチングは「自分の強みや適性」「自分が本当にやりたかったこと」を見つけ出します。

その上で、自分が向いてる仕事や就くために必要な方法を探っていくので、新たな選択肢が広がります。

また、転職サービスとキャリアコーチングでは「ゴール地点」が異なります。

既存の転職サービスでは「転職先から内定をもらう」ことがゴールです。

なので、入社後に上手くいくかどうかは保証がありません。

悪質な業者であれば「利用者が転職すれば自社の利益になるから」という理由で、強引に転職させようとしてくる場合もあります。

キャリアコーチングはあくまで「理想のキャリアを実現すること」です。

場合によっては「今の職場で活躍する」という選択も提示してくれます。

ポジウィルキャリアは初回相談(カウンセリング)は無料で受けられるため、適職選びで悩んでいるなら相談してみるといいでしょう。

それ以外にも、様々な診断ツールやLINE相談も用意されており、気軽に相談しやすくなっているので、試しに活用してみてください。

今の業界から抜け出し異業種へ
「WorX(ワークス)」

次に異業種への転職を実現させる、次世代型転職エージェント「Worx(ワークス)」の紹介です。

▼こんな人にピッタリ

  • 仕事の将来に期待ができない
  • 別の職業へ転職したい
  • だけど、どの職業が向いてるかわからない…
  • 年収アップしたい
  • 将来性の高い職業に就きたい
  • スキルアップして無理のない転職がしたい

Worx(ワークス)の魅力は、なんと言っても「異業種へ転職できる」こと。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとに求人紹介される
  • 異業種転職を希望しても「難しい」と言われる
  • スキルアップはサポート対象外

など、異業種への転職は難しいのが実情です。

しかし、Worx(ワークス)では、

  • どの職業が向いてるか診断してくれる
  • その仕事に就くためのスキルアップ支援もある
  • スキルアップは自宅学習とオンライン面談
  • なので、空いた時間に無理なく転職活動できる

といった、他にはないサポートが用意されています。

これにより、

  • 接客業→大手IT企業
  • ウェディングプランナー→外資系企業
  • 保険営業→インサイドセールス

といった、今までにない転職の選択肢を実現可能となります。

また、Worx(ワークス)は「IT/WEB系」の転職にも強いところが特徴です。

IT/WEB系の企業は、在宅ワークに対応している職場も多く、将来性も高く、年収アップも実現しやすいです。

なので、今の会社から抜け出したい人にとっては大きなチャンスを得られると言えます。

また、今までの転職エージェントでは最短3ヶ月と十分な期間が得られないことが多かったですが、Worx(ワークス)は半年~1年と、計画的で無理のない転職活動ができます。

さらに、スキルアップや業界研究をした上での転職となるので、入社後も業務についていけるようになり、転職に失敗するリスクが減るところも魅力です。

Worx(ワークス)は、相談はもちろんスキルアップから転職支援まで無料で受けられるため、気になった方は試しに使ってみてください。

Worx(ワークス)の登録はこちら
【相談無料/登録1分】

経歴に自信のない20代なら
「UZUZ(ウズウズ)」

仕事に就こうと思っても、

  • 学歴や経歴がない…
  • 短期間で辞めた経歴がある…
  • 正社員としての経歴がない…
  • フリーターやニート期間が長い…
  • 資格やスキルがない…

などのハンデがあると、良い求人が見つからなかったり、書類選考や面接に通らないことも増えます。

そういった方の中でも、20代のうちなら「UZUZ(ウズウズ)」がオススメです。

20代は「若いから」という理由だけでも、未経験職に採用されやすい年齢層となります。

とくに、

  • 既卒:就職しないまま卒業してしまって3年以内
  • 第二新卒:新卒3年以内に短期離職した人

は、圧倒的に就職・転職に有利です。

なぜなら、企業側に国から助成金が出ており、若手の採用に積極的だからです。

また、UZUZ(ウズウズ)では、ブラック企業排除の取り組みも行っており、その証拠に利用者の「定着率(辞めないで会社に居続ける割合)」も高めです。

20代の若手の場合、向いてる仕事を探す以上に「できる仕事」「就ける仕事」を現実的に選び、まずは経験を積んだ方がいいこともあります。

社会人経験が浅かったり、経歴がなく自信がないことで悩んでいるなら、まずはUZUZ(ウズウズ)に相談してみましょう。

もちろん、相談から就職・転職まで完全無料です。

UZUZに相談してみる
【完全無料・登録1分】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました