朝、会社に行きたくない…という感情を放置し続けた結果、身体が動かなくなった

「会社に行きたくない…」

朝、このような感情、倦怠感に襲われるようなことが続いていませんか?

もしそうなら、それは心と体がSOSを出し続けている証拠かもしれません。

筆者も、在職中に似たような経験がありました。

「それでもがんばらなきゃ…」
「仕事に行かないのは甘えだ…」
「今の仕事を辞めたら将来はない…」

このように自分に言い聞かせ、無理にでも体を動かしていたのです。

その結果、うつ病になって壊れて退職するまで、自分がおかしくなってることに気づくことなく、無理に働き続けるという毎日を送り続けたのです。

この記事は、そんな私の無理に働き続けた弱かった過去について、語っていきます。

もし、読者も似たような境遇に置かれているのであれば、今後の自分の人生やキャリアを考えるきっかけにしてみてください。

スポンサーリンク

仕事は嫌いではない…なのになぜか心のどこかで拒んでいる

「会社に行きたくない…」と毎朝思っていた当時の私は、仕事が嫌いというわけではなく、むしろ仕事は好きな方でした。

成績も悪くなければ、人間関係も良好。

給料も平均よりは高めで、傍から見ても何一つ不満がない、ともすれば「勝ち組」と言われるようなキャリアだったと思います。

ただ、心のどこかで仕事に行くのを拒んでいたのです。

当時の私は、この悩みを誰かに話しても、

「勝ち組なのに何甘えてるの?」
「辞めるなんてもったいない」
「考え過ぎ…」

などと言われるばかりで、自分自身でも「そうだよね…」と納得することにしていました。

しかし、自分にどれだけ「今の仕事を続けなきゃ行かない」「仕事を辞めてはダメだ」と言い聞かせて無理やり身体を動かしても、心のどこかでは、もうわかっていたのです。

「こんな仕事続けても、何も手に入りはしない」

そう気づいていたにも関わらず、毎朝決まった時間に起きて準備や予習をして、無理にでも自分の身体を仕事に最適化して機械のように動く毎日を送り続けていたのです。

いいえ、自分の本当の気持ちを押し殺して、それが出来てしまう人間が私だったのです。

仕事ができればできるほど、なぜか苦しくなる

「仕事ができることは良いことだしかっこいい」

なぜか世間ではこのように思われてますし、社内でも仕事ができると評価されます。

ですが、私は上がっていく社内評価とは裏腹に、なぜか苦しく、イライラする気持ちの方が募りました。

「自分が仕事ができるのではなく、他ができないだけだ」
「仕事ができるようになると次の仕事が増やされるだけ…」
「どれだけ仕事の評価が上がっても給料が爆発的に上がるわけではない…」
「口ではみんな褒めるクセして、成果や行動で返してくれるわけではない…」

このように、仕事ができて社内評価が高まれば高まるほど、私はなぜか満たされない気持ちになり、イライラしてしまっていたのです。

そして、その怒りを一切表に出さずに、笑顔で人付き合いをこなすこともできました。

仕事のできる優秀で恵まれている勝ち組の私が「辞めたい…」「辛い…」だなんて不満を漏らしたら、他の仕事のできない人間や恵まれない境遇にいる人から怒られるし、社内のモチベーション低下にもつながる。

そう考えながら、私はひたすら自分の感情を封印し続け、優秀な自分を演じ続けました。

それが、世界が望んだ私の姿だからです。

弱音や不満を決して外には漏らさない、本当は自信のない不安な新しい仕事も難なくこなさないといけない、誰にも頼れないし助けてももらえない…。

そんな、絵に描いたような「仕事のできる優秀な人」という人物像を演じ続け、他人の期待にも応え続け、落ち込んだ時も自分でどうにか回復できてしまい、苦しくなってもイライラしてもすぐに感情をシャットアウトできてしまう。

本当は、苦しくて、誰かに頼りたくて、甘えたくて、仕事ができない無能な人間になりたくて、そう思っていたのに、なぜか私は「弱音を吐かずともできてしまう人間」だったのです。

仕事ができればできるほど、孤独は深まっていくばかりで、かけられる期待は増え続け、振られる仕事も難しくなっていく…。

そうやって、強くあり続けることこそが、私の使命だとも考えていました。

ただ、そう思う心の陰では、苦しみだけが募り続けていたのです。

ある日、突然身体が動かなくなった

そうして、自分を騙し続けて働き続けた結果、ある日突然、朝目が冷めても身体が動かなくなりました。

「あれ…おかしいなあ…?」
「朝目覚めて無理にでも体を動かして出社するだけなのに…」
「なんで、こんな簡単なこともできないの…?」

会社に行きたくないなんて、一度も思ったことはありません。

そんな弱い感情は無理矢理叩き伏せ、毎朝決まった時間に起きて、会社に行くのが当たり前だと自分に言い聞かせ続けてきました。

ですが、そんな状態は、いつかは破綻してしまうものです。

あれだけ優秀でなんでもこなせ、自分のエゴも飲み込んで会社の都合の良い人物像を演じ続けられた私が、ある日突然、身体が動かなくなり、会社に連絡を取ることすらできず、無断欠勤してしまったのです。

その後、色々あって、私は「うつ病」と診断され、しばらく休職することにしました。

その時点で、もはや「仕事なんかどうでもいい…」と心底、自分にも仕事にも世界にも、嫌気がさしていました。

私がこんなにもなるまで気づけなかった察しの悪い会社の上司や同僚、そして自分自身の不甲斐なさにただイライラするばかりで、その怒りの矛先もどこに当てればいいかもわからず、私はただ空虚な休職期間を何もせずに過ごし、そのままフェードアウトするように退職しました。

仕事に行きたくない本当の理由

私が抱えていた「仕事に行きたくない」と思った本当の理由は、一体なんだったのでしょうか?

今でもその答えはわかりませんが、自分なりに分析はしました。

  • 自分の意志で選んだ仕事ではないから
  • 続けても先がないとわかり切ってしまったから
  • プライベートの時間がまったく取れないから
  • 賃金以外の報酬がほとんどないから

おそらく、どれもが正解であって、間違いなのかもしれません。

ですが、少しでも「そうかも…」と思うのであれば、今の仕事を無理に続けている状態なのは間違いないので、当てはまるところが多いなら、今の仕事の状況と自分自身を見つめ直すきっかけにしてみてください。

自分の意志で選んだ仕事ではないから

私が会社に行きたくない…と最終的に体が動かなくなるまで自分を追い詰めていたのは、それは本質的に「自分で選んだ仕事ではないから」でしょう。

世の中の大半の人は、自分の意志で選んでいるように見えて、他人の意志で選ばされている…ということが往々にしてあります。

たとえば、

  • 世間体で仕事を選んでいる
  • ステータスで仕事を選んでいる
  • 親や教師の意向で仕事を選んでいる
  • 年収や条件で仕事を選んでいる
  • 能力や適性で仕事を選んでいる

という状況は、別段、珍しくもないはずです。

もちろん、このような「他人の意志で選ばされている」という方が、ごちゃごちゃ考えずに楽な人もいますし、その結果上手く行く人もたくさんいます。

ただ、私の場合は「上手く行っているはずなのに、なぜかそれが無性に腹が立つ」という状態に陥ってしまったのです。

その根本原因を突き詰めると、何一つ自分自身の意志や本当の気持ちで選んでいなかったからという理由に行き着きます。

他人の要求や期待に応えて結果を出すことができてしまい、難なら「自分がやりたいことをやっている”フリ”」すらできてしまったからこそ、本当の自分を見失い、世間が要求している「良い子ちゃん」「強い人間」で居続け、それが「自分の意志で選んだこと」だと思い込むようにしていたのです。

続けても先がないとわかり切ってしまったから

会社に行きたくない…と思ってしまうのは、今の仕事を続けても先がないとわかり切ってしまったからでしょう。

厳密に言えば「会社に先がないから」ではなく「人生の先が見え切ってしまったから」です。

今の仕事を続けたって、どうせ卒なくなんでもこなせてしまい、実績が評価されれば管理職になって余計な苦労を背負い、よかれば経営陣にでもなって年収が上がってさらなるストレスに悩まれ続ける…。

仮にそうならずに出世できなくても、代わり映えのないつまらない仕事をこなし続け、仕事ができない人のサポートをし続け、とくに感謝されることもない、そんな毎日が続くだけです。

会社の将来性だとか、出世や昇進だどうなるだとか、そんなものはどうでもよかった…。

「今の会社で仕事を続けて、果たして予想もしない未来があるのか?」

少なからず、私はほとんどなかったです。

プライベートの時間がまったく取れないから

会社に行きたくない…と感じるのは、プライベートの時間がまったく取れていないからかもしれません。

これは何も、会社がブラック企業だったというわけではなく、休みはあるはずなのになぜか休めないという、自分自身の性格が問題でした。

「がんばり続けなければならない…」
「仕事で成果を出さなきゃいけない…」
「日々勉強して、自分を向上させなければならない…」
「人脈を広げなければいけない…」
「疲れたら休日はしっかり休んで満喫しなければならない…」

そんな強迫観念のもと、休日も仕事に関することに時間を割いており、仮に休んだとしてもすべてが「仕事のため」という目的のもとに行われるのです。

かと言って、休日丸々寝て過ごしても、残るのは罪悪感ばかり…。

「これじゃあ、生きるために働いているのか、仕事するために生きているのか、わからない…」

ただ、私は自分自身の生きる目的や幸せについて考えるのがめんどくさいので、すべてを仕事のためだと考えていました。

この経験からわかることは、たとえどれだけプライベートの時間が確保できたとしても、その間も仕事に思考を割かないといけないようであれば、本質的な休息は得られないということです。

賃金やステータス以外の報酬がないから

私が仕事に行きたくない…と感じたのは、賃金以外の報酬がないと感じたからでしょう。

仕事での報酬は、賃金・ステータス(社会的な信頼や実績)以外にも、以下のようなものがあります。

  • 職場の人間関係
  • 会社に所属している安心感
  • 新しいことに挑戦できるやりがい
  • 経験を通して成長している実感
  • 他人に褒められたり認められる承認欲求

仕事が無理なく続く人は、このような「賃金以外の報酬」も日々得ながら、充実した毎日を送っているはずです。

ですが、当時の私は、職場の人間関係を取り持つ立場であったり、新しいことに挑戦しても卒なくこなせるので大してやりがいを感じなかったり、成長している実感など微塵もなかったり、他人を褒めることや認めることはあっても逆はなく、言わば「報酬を与える側であっても、与えられることはなかった」と言っても良い立場でした。

本当に欲しいものは今の仕事を続けても手に入らないと知った

まるで、息が切れるまで仕事で走り続け、自分の心の声にすら気づけなかった私が、本当に欲しいものは何だったのか…?

それは、正直、今でもわかりません。

年収、ステータス、地位、名誉…。

そういったものは、前の仕事を続けていれば、きっと手に入ったと思います。

決められたレールをたどって、与えられた仕事を卒なくこなし、新しい仕事も自発的に学んで覚え、他人にいい顔をし続け、誰からも慕われて尊敬され、社会からの期待にも応え続ける…。

多分、それだけのことで、簡単に手に入ってしまうものなんだと思います。

もちろん、上には上がいますし、それができない人がいるのもわかっています。

ですが、それが本当に自分の欲しいものかどうかはまったくの別問題です。

事実、一度息が切れてしまって休職した私は、とくに惜しみことなく退職してしまいました。

それが出来てしまったということは、前の仕事に未練も執着もなく、年収も名誉もとくに欲しいものではなかったのだと思います。

「会社に行きたくない…」と思ったら、もうゴールしてもいい

もし、読者の方が「会社に行きたくない…」と思っているのであれば、どうか自分の心の声に正直になってください。

苦しいと感じた時は、もうゴールしてしまってもいいのです。

世間では、なぜか「仕事を続ける方がエライ」「困難な状況でも立ち向かえる強い人間はすごい」みたいに言われていますが、それはあくまで困難に立ち向かえる強い意志や守りたいものがある人間に限った話です。

別に私は、当時も今も、強い意志も守りたいものも、とくにありません。

ただ、世間で「仕事ができる強い人間が必要」と求められていたので、その要求に応え続けただけに過ぎません。

本当にただ「それが当たり前」だったから、強くあり続けようとしただけに過ぎません。

そこに、大義とか、やりがいとか、誰かの思いとか、意志の力とか、そんなものは微塵もありません。

ただただ「出来るからやっただけ」なのです。

ですが、そんなものは根本的な土台が崩れたような状態ですので、いつか綻びが生じ、ちょっとのきっかけで壊れてしまいます。

ですので、もし、読者が私の経験に共感できる部分や思い当たる節があるのであれば、早めに自分自身を見つめ直してください。

「会社に行きたくない…」と思って、身体を動かすのもだるいと感じるのであれば、それは無理をしている証拠です。

自分自身の心のSOSに気づけるのは、自分だけです。

残念ながら、世の中には察しが悪い人間や、自分のことで精一杯な人間ばかりで、他人の異変に気づける人はほとんどいません。

そして、仕事ができる人間や上手く行ってる人間の「助けて…」という心の悲鳴は、残念ながら無視されるのが常です。

自分自身を救えるのは、結局、自分だけなんです。

仕事にも人生にも「ゴール」はありません。

困難を一つ乗り越えたと思ったら、休む暇もなく次の課題が与えられるのが、仕事というものです。

それは、まるで無限に続く地獄のようなもの。

ですので、ゴールは自分で設定しなければいけないのです。

それが「仕事で結果を出す」「年収を上げる」「新しい仕事を覚える」など、プラスになるものなら、それはとても素敵なことです。

ですが「自分の心に正直になって、仕事を辞める」というマイナスになることが簡単にできない人も世の中にはいます。

おかしい考え方かもしれませんが、人によっては仕事を辞めることがゴールになるのです。

仕事を辞めると決意した時、私はなぜかほっとして涙を流しました。

もう、無理をする必要もないし、将来の不安に怯えることもない。

無職になる不安よりも、仕事を続ける苦しみから逃れられたことの安心感の方が、大きかったのです。

仕事を辞めることは逃げかもしれません。甘えかもしれません。無責任で弱い人間の行う行為かもしれません。

ですが、そのような考え方ばかりになってしまったら、辞めずに続けられる強い人間の逃げ場所はどこにあるというのでしょうか?

ですので、朝起きて「会社に行きたくない…」と心底うんざりするのであれば、ゴールを決めてください。

人によっては辞めることがゴールになるかもしれませんし、辞めようとして行動するうちに続ける理由が見つかるかもしれません。

ただ、今が苦しいのであれば、これまでの考え方を変えて、何かしらのゴールは見つけなければ、ただただ「強くあらねばならない」という苦しみに囚われるだけです。

そういったことを考えながら「会社に行きたくない…」という、自分の心の声と素直に向き合ってください。

自分を許せるのは、自分自身だけです。

会社に行きたくない…と思ったら転職活動を通して次のアテは見つけておこう

会社に行きたくない…と悩んだら、それはもう今の仕事を辞めるべきだというサインです。

ただ、無策に今の仕事を辞めてしまっても、今度は次が見つからない不安に怯えることになります。

ですので、余裕があるなら在職中でも転職活動を始めておくといいでしょう。

転職活動では新しい自分の可能性を知ることができます。

今の仕事で成長し続けて年収が上がっても、果たしてそれが本当に幸せなことかどうかは、自分自身にしかわかりません。

少なからず、私はそれが幸せなことだとは思わなかったため、最終的には心と身体が拒否したのです。

何も転職活動を始めたからと言って、必ずしも転職する必要はありません。

「新しい転職先を見つけること」がゴールとなることもあれば「転職先候補がたくさんある」と知って心が楽になる人もいます。

転職活動を行う意味や目的は、人それぞれでいいのです。

言わば、転職活動は新しい自分と出会うための「旅」のようなものだと思ってください。

転職活動を始めるのであれば、転職エージェントの利用がオススメです。

転職エージェントは無料で利用でき、気軽な相談からオススメの求人の紹介まで、転職に関する様々なサポートを行ってくれるサービスです。

転職エージェントで相談するだけでも自分の気持ちが整理でき「今の仕事を続けるべきか?」「仕事を辞めて転職するべきか?」と、自分の本心が見えてくるかと思います。

ぜひ、この機会に気軽に転職エージェントを利用してみてください。

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

仕事辞めたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました