仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

会社で嫌われてるから辞めるのはあり?一度嫌われたら転職すべきなのか?

「会社で嫌われていることが発覚した…」
「職場で嫌われていて、辛い…」
「会社で嫌われているせいで、不当に評価されてる」

会社で嫌われていることを悩みにしている方も、世の中には多くいらっしゃることでしょう。

職場の人間関係・対人関係とは非常に難しいもので、意図せず嫌われてしまうことも少なくはありません。

「公私を分ける」とは言えど、人間である限り感情を切り離すのは無理です。

恋愛で例えるのであれば、一度付き合ってケンカ別れした恋人と寄りを取り戻すのは考えられません。

また、学生時代にいじめられた相手を許すことも、そう簡単には出来ないことでしょう。

それと同じで、会社でも嫌われたら最後、仕事での関係は心苦しいものとなります。

アドラー心理学の「嫌われる勇気」では、対人関係についての考え方に書いてあります。

しかし、これも「実践するには時間がかかる」とも書いてありますし、何より人間である以上は「過去の関係や因縁」はそう簡単には切り離せないものです。

そのため、現実的には会社で嫌われたら最後、どちらかが辞めるか折れるまで、戦うしかありません。

この記事では決して「嫌われた相手にも笑顔で接しろ」「みんななかよく」なんてキレイゴトを言う気は一切ありません。

もっと現実的に「嫌われたら最後、現実的には辞めるしかない」という、話をしていきます。

嫌われている相手の権力・影響力を測っておこう

職場で嫌われている場合、冷静に見極めたいのが「嫌われている相手との関係」「嫌われている相手の社内での権力や影響力」です。

仕事とは理不尽なもので、権力者に嫌われたら最後、その職場に居場所がなくなる…なんてこともよくあります。

極端な話、入社したばかりの新人に嫌われようが「知ったこっちゃない」という感じですが、上司や社長ともなれば、話は別。

下手すれば、以下のような嫌がらせ・工作を受ける可能性もあります。

  • 減給・ボーナスカット
  • 閑職への左遷
  • 自主退職に追い込むための職場いじめ・ハラスメント

会社にしても、業界にしても、社会にしても「敵に回してはいけない人」がいますが、嫌われいる相手が該当しないか確かめておきましょう。

周りの同僚みんなから嫌われている場合

まずは、周りの同僚みんなから総スカンを食らっている場合の対策。

この場合、絶対に確かめておきたいことは、

  • 上司の評価はどうなっているか?
  • 社内に人間関係を取り持っている仲介役はいるか?
  • 社内の派閥はどうなっているか?

…といった要素です。

極端な話、周りの同僚に総スカンを食らっても、上司にしっかり評価されているのであれば、続けておく方がいいでしょう。

どうせ、仕事なんて敵を作ってナンボですし、立場が上がれば上がるほど周りから理解されなくなるので、周りのザコなど無視してOKです。

もちろん、周りからの嫌がらせやいじめ、妨害工作は予想されますが「そんなこと知ったことではない」という強いメンタルがあれば、社内でも重要な仕事を任せられることでしょう。

この場合、単に周りからの”嫉妬”で、おそらくは「仕事の出来る人」「出世欲バリバリの人」という感じですから。

強いものに媚びて、長いものには巻かれることこそ、かしこい大人の処世なのです。

仕事が出来すぎて嫌われるケース

意外に思われるかもしれませんが「仕事が出来すぎて嫌われるケース」というのも、世の中には結構存在します。

なぜかと言うと、仕事では周りと足並みを合わせる「協調性」「チームワーク」が大事だからです。

同僚だけならいいのですが、上司よりも仕事が出来て上司に嫌われると、まず潰されます。

理由は単純で、将来的に自分の立場を脅かす存在になりかねないからです。

これはエリート階級の方も割と若い頃に犯しがちな過ちですので、以下の記事などをご参考にどうぞ。

上司に嫌われたら終わり?

職場で嫌われいるケースはで、よくあるであろうパターンは「上司に嫌われている」場合でしょう。

仕事では「上司はクソ」と相場が決まっているので、上司と敵対関係になること自体は、そんなに珍しくありません。

ただ、上司を敵に回して嫌われる場合も「最悪、嫌われてもどうにかなる」時のみです。

上司に嫌われたらマズイパターンは、以下の通り。

  • 嫌われている上司以外、相談する上の立場の人がいない
  • 嫌われている上司が、他の職場の同僚に好かれている
  • 部署替え・転属のない規模の会社で、上司が入れ替わることが期待できない

上司に嫌われたとして、他の部署の上司、あるいは上司の上司とコネさえ作っておけば、最悪その上司を蹴落とすことも可能ですが、そうでなければ上の立場の人間に味方がいない状態になります。

それに加えて、上司が他の同僚から求心力を得ている場合、十中八九あなた以外の同僚をえこひいきしてきます。

さらに、部署替え・転属のない規模の会社ですと、上司が辞めるまで嫌われ続けるわけですので、最悪定年退職後まで嫌われ続けることにもなりかねません。

仮にその上司と表面上「関係を修復した」としても、一度嫌われた以上は「あの時のこと覚えているか?」とネチネチ揚げ足を取られる可能性もありますし、あなた自身も「一度嫌われたから…」という感情を持っているため、心の底から信用することは出来ません。

社長に嫌われたら終わり?

社長に嫌われたら、残念ながら終わりだと考えておいた方がいいでしょう。

社長に嫌われている場合、おそらくはそこまで規模の大きくない会社であり、社長との距離感の近い零細企業・中小企業だと思います。

でしたら、社長に嫌われるのは致命的だと言えるでしょう。

社長は会社の神様であり、絶対的な権力を持つ絶対的な”王”だからです。

退職処分については、法律というセーフティが働きますが、それすら閉鎖的な会社ではもみ消すこともそう難しくはありません。

仮に社長が好き・嫌いをしっかり切り分けて、仕事での社内評価を公正に下すことが出来る人格者であるのなら、嫌われたところで問題はないでしょう。

ですが、人間である限り、感情的な判断は絶対に切り離せないので、それを求めるのは酷です。

ですので、社長に嫌われたとしても、まずは冷静に、

  • 嫌いという感情を切り分けて、仕事で平等な扱いをしているか?
  • 嫌われて以降、明らかに不遇な扱いをされていないか?
  • 社長との間を取り持って、仲介してくれる人が社内にいるか?

…といった要素は、しっかり見極めたいものです。

だだ、人間は一度悪印象を持った人に対して過小評価をしてしまうものですので、あまり期待しないほうがいいでしょう。

また、零細企業・中小企業は一族経営で役員が身内で固まっていることも多く、社長以外の役員まで嫌われることもあり、そこから伝染して職場全体で嫌われることも十分ありえます。

そうなると、どうなるかは簡単に想像がつくもので「社長が嫌っているから、自分たちも嫌っておこう」と、普通の人間は考えるものです。

学校でのいじめも「別に嫌いなわけではないけど、みんなが嫌っているから自分も嫌っておこう」という心理が働きますが、あれと一緒です。

そこで「いや、自分はいじめなんてしないで、しっかり話し合って仲を取り持とう」と思うほど、出来た人間はいません。自分が一番ですから。

嫌われているなら辞めてしまった方がいい

以上のように、仕事の人間関係は立ち回り方を見誤って地雷を踏んで嫌われると、居心地が悪いだけならともかく、仕事の評価やパフォーマンスにまで悪影響をもたらします。

それも、中小企業以下の小さめな企業であれば、狭い職場の狭い人間関係になりがちで、ムラ社会になりやすいものなのです。

ですが、そうでなければ転職して人間関係をリセットして、心機一転してやり直すことを前向きに考えたほうが、気持ちよく働ける可能性は大きいでしょう。

どの会社や業界にも「逆鱗に触れてはいけない人」がいて、理不尽に左遷に追い込まるだけならともかく、退職は当然のことながら、ひどい場合には自殺に追い込まれるような卑劣なケースもあります。

そうなる前に、転職活動を始めておき、最悪の場合に備えて辞める準備をしておきましょう。

ちなみに、リクルートの調査では40代以上の方の転職でも「上司や経営者の人柄や人間性が転職の決め手」という結果が出ているぐらい、社内の人間関係は大事なのです。

会社で嫌われている時の転職はエージェントに相談しておこう!

会社で嫌われている時の転職は「転職エージェント」の利用がオススメです。

転職エージェントとは転職に関する様々なサポートが無料で受けられ、自分に合った非公開求人の受け取りから、プロのカウンセラーに相談することも出来ます。

もしかしたら、職場で嫌われている方は「嫌われいるという理由で転職しても大丈夫?」と不安かもしれません。

ですが、安心してください。

職場で嫌われているのは、決してあなたが悪いわけではありません。

職場の人間関係なんて、ただの相性の問題や、その時々の縁や運でしかありません。

しかも、転職エージェントからすれば「相談者のために転職を内定させるのが仕事だ」と思っているので、前の職場で嫌われいるかどうかなんて、関係ないです。

少なからず、今の職場で「嫌われいる…」「不遇な扱いを受けている…」と思いながら、毎日苦しい思いで働き続けるよりは、現実的に転職可能な職場を知っておくだけ、選択肢は広くなりますし、心も楽になります。

ぜひ、転職エージェントを有効活用して、嫌われいる職場の人間関係をリセットしましょう。

タグ:仕事辞めたい

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ