職場で一度嫌われたら終わり!?毎日の仕事が辛くなる理由とは?

「会社で嫌われていることが発覚した…」
「職場で嫌われていて辛い…」
「会社で嫌われているせいで不当評価されてる…」

このように会社で嫌われていることを悩みにしている方も、多くいらっしゃることでしょう。

職場の人間関係では、意図せず嫌われてしまうことも少なくはありません。

人間である限り、仕事においても感情を切り離すのは難しいものです。

恋愛で例えるのであれば、一度付き合ってケンカ別れした恋人と寄りを取り戻すことは難しいですよね?

また、学生時代にいじめられた相手を許すことも、そう簡単には出来ないことでしょう。

それと同じで、会社でも嫌われたら最後、仕事での関係は心苦しいものとなります。

そのため、現実的には会社で嫌われたら最後、どちらかが辞めるか折れるまで険悪な仲が続いてしまいます。

この記事では決して「嫌われた相手にも笑顔で接しろ」「みんななかよく」なんてキレイゴトを言う気は一切ありません。

もっと現実的に「嫌われたら最後、現実的には辞めるしかない」という、お話をしていきます。

▼仕事を辞めたいと悩んでる方へ

10月は年末年始に向けて転職活動を始める人が増える時期です。
仕事を辞めようかどうか悩んでいる方にとって、10月は転職を始めるのに最適なタイミングです。

読者の中には「仕事を辞めてもいいかわからない…」「辞めたいけど次が見つかるか不安…」と転職するかどうか迷っている方も少なくないかと思います。

そこでオススメしたいのが、転職エージェントと呼ばれるサービスを利用して、仕事を辞めるべきかどうか相談してみることです。転職エージェントは無料で利用でき、オススメの求人紹介から転職手続きのサポートまで、すべて代わりに行ってくれます。

初めに利用しておきたいオススメの転職エージェントは国内No.1の「リクルートエージェント」です。リクルートエージェントは国内最大の求人数を誇り、電話やオンラインでの相談も可能、総合的な転職支援を無料で行ってくれます。登録のために必要な経歴や年齢の制限はありません。

「まだ辞める気はないけど、どんな転職先があるのか知りたい…」という場合でもスマホ一つで手軽に利用可能なので、登録がまだお済みでない方はこの機会にぜひ活用してみてください。

→リクルートエージェントに無料相談してみる

嫌われている相手の権力・影響力を測っておこう

職場で嫌われている場合、冷静に見極めたいのが「嫌われている相手との関係」「嫌われている相手の社内での権力や影響力」です。

仕事とは理不尽なもので、権力者に嫌われたら最後、その職場に居場所がなくなる…なんてこともよくあります。

極端な話、入社したばかりの新人に嫌われようが「知ったこっちゃない」という感じですが、上司や社長ともなれば、話は別。

下手をすれば、以下のような嫌がらせ・工作を受ける可能性もあります。

  • 減給・ボーナスカット
  • 閑職への左遷
  • 職場いじめ・ハラスメント
  • 仕事での不当評価

どの組織にも「敵に回してはいけない人」がいるものです。

まずは自分を嫌っている相手が、社内でどれぐらいの影響力があるか確かめておきましょう。

周りの同僚みんなから嫌われている場合

まずは、周りのから嫌われている場合の対策。

この場合、確かめておきたいことは、

  • 上司の社内評価はどうなっているか?
  • 社内の人間関係を取り持てる仲介役はいるか?
  • 社内の派閥はどうなっているか?

…といった要素です。

極端な話、周りの同僚から嫌われいても、上司に評価されているのであれば続けておく方がいいでしょう。

仕事なんて敵を作ってナンボですし、立場が上がれば上がるほど周りから理解されなくなるものです。

周りからの嫌がらせやいじめ、妨害工作は予想されますが「そんなこと知ったことではない」という強いメンタルがあれば、社内でもそのうち重要な仕事を任せられることでしょう。

この場合、単に周りからの”嫉妬”「仕事の出来る人」「出世欲バリバリの人」という感じだと思います。

強いものに媚びて、長いものには巻かれることこそ、かしこい大人の処世なのです。

仕事が出来すぎて嫌われるケース

意外に思われるかもしれませんが「仕事が出来すぎて嫌われるケース」というのも、世の中には存在します。

仕事では周りと足並みを合わせる「協調性」「チームワーク」が大事です。

これはエリート階級の方も割と若い頃に犯しがちな過ちですので、以下の記事を参考にしてみるといいでしょう。

上司に嫌われたら終わり

職場で嫌われているケースで「上司に嫌われている」というものもあります。

仕事では「上司はクソ」と相場が決まってますが、上司と敵対関係になることはよくあることです。

上司に嫌われたらまずいパターンは、以下の通り。

  • 嫌われている上司以外、相談する上の人間がいない
  • 嫌われている上司が他の職場の同僚からは好かれている
  • 部署替え・転属のない会社で、上司が入れ替わることに期待できない

上司に嫌われたとして、他の部署の上司、あるいは上層部とコネさえ作っておけば、最悪その上司を無視することも可能ですが、そうでなければ上の立場の人間に味方がいない状態になります。

それに加えて、上司が他の同僚から求心力を得ている場合、自分以外の同僚をえこひいきすることもあります。

さらに、部署替え・転属のない会社ですと、上司が辞めるまで嫌われ続けるわけですので、定年退職まで嫌われ続ける可能性だってあるわけです。

仮にその上司と表面上「関係を修復した」としても、一度嫌われた以上は「あの時のこと覚えているか?」とネチネチ揚げ足を取られる可能性もありますし、自分自身も「一度嫌われたから…」という感情を持ち続けることになるため、心の底から信用することはないでしょう。

社長に嫌われたら終わり

残念ながら、社長に嫌われたら終わりだと考えておいた方がいいでしょう。

とくに、社長との距離感の近い零細企業・中小企業では注意です。

社長は会社の神様であり、絶対的な権力を持つ絶対的な”王”だからです。

退職処分については、法律というセーフティが働きますが、それすら閉鎖的な会社ではもみ消すこともそう難しくはありません。

仮に社長が好き・嫌いをしっかり切り分けて、仕事での社内評価を公正に下すことが出来る人格者であるのなら、嫌われたところで問題はないでしょう。

ですが、人間である限り、感情的な判断は絶対に切り離せません。

ですので、社長に嫌われたとしても、まずは冷静に、

  • 嫌いという感情を切り分けて、仕事で平等な扱いをしているか?
  • 嫌われて以降、明らかに不遇な扱いをされていないか?
  • 社長との間を取り持って、仲介してくれる人が社内にいるか?

といった要素は、見極めたいものです。

だだ、人間は一度悪印象を持った人に対しては過小評価をしてしまうものですので、期待しないほうがいいでしょう。

また、零細企業・中小企業は一族経営で役員が身内で固まっていることも多いため、社長以外の役員にまで嫌われることもあり、そこから伝染して職場全体で嫌われることもありえます。

そうなると、どうなるかは簡単に想像がつくもので「社長が嫌っているから、自分たちも嫌っておこう」と、普通の人間は考えるものです。

学校でのいじめも「別に嫌いなわけではないけど、みんなが嫌っているから自分も嫌っておこう」という心理が働きますが、あれと同じです。

嫌われているなら辞めてしまった方がいい

仕事の人間関係では立ち回り方を見誤り、怒らせてはいけない人の地雷を踏んで嫌われると、居心地が悪いだけならともかく、仕事の評価やパフォーマンスにまで悪影響をもたらします。

それも、中小企業以下の小さめな企業であれば、狭い人間関係になりがちなので、ムラ社会になりやすいものです。

そうなった場合、転職して人間関係をリセットし、心機一転してやり直すことを前向きに考えたほうが、気持ちよく働ける可能性は大きいでしょう。

どの会社や業界にも「逆鱗に触れてはいけない人」がいます。

理不尽に左遷に追い込まるだけならともかく、退職は当然のことながら、ひどい場合には自殺に追い込まれるような卑劣なケースもあります。

そうなる前に、転職活動を始めておき、最悪の場合に備えて辞める準備をしておきましょう。

会社で嫌われている時の転職はエージェントに相談しておこう!

会社で嫌われていて転職を考えているなら「転職エージェント」の利用がオススメです。

転職エージェントとは転職に関する様々なサポートが無料で受けられ、自分に合った非公開求人の受け取りから、プロのカウンセラーに相談することも出来ます。

もしかしたら、職場で嫌われている方は「嫌われいるという理由で転職しても大丈夫?」と不安かもしれません。

ですが、安心してください。

職場で嫌われているのは、決してあなたが悪いわけではありません。

職場の人間関係なんて、ただの相性の問題、その時々の縁や運でしかありません。

転職エージェントからすれば「相談者のために転職を内定させるのが仕事だ」と思っているので、前の職場で嫌われいるかどうかなんて、関係ないです。

少なからず、今の職場で「嫌われいる…」「不遇な扱いを受けている…」と思いながら、毎日苦しい思いで働き続けるよりは、転職可能な職場を知っておくだけ、選択肢は広くなりますし、心も楽になります。

ぜひ、転職エージェントを有効活用して、嫌われている職場の人間関係をリセットして新しい自分を見つけ出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました