【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

職場がポンコツだらけ呆れて辞めた私の体験談。雑魚ばかりの会社は辞めたほうがいい理由

突然ですが、会社の人間がポンコツばかりだと感じたことないですか?

それ、めちゃくちゃラッキーです。

なぜなら、それはあなたが優秀な証拠に他ならないから。

でも、ポンコツばかりの職場で働き続ける行為はNO。

なぜか?

ポンコツばかりの職場で働き続けると、真面目な人や優秀な人ほど損をするから。

だってそうでしょ?

職場のポンコツたちは怠けてダラダラ仕事してても、頑張って仕事してるヤツと給料は大して変わらないってわけ。

これってすごく不平等だと思いません?

自分だけが頑張っているのがバカバカしくなりますよね。

なので、優秀な人ほど「あ、この会社ダメだわ…」って気づいて辞めていくわけ。

逆に何も考えないで、会社に寄生してるヤツほど、怠けても給料もらえるから残り続けるわけ。

で、そういうポンコツがはびこる職場に入社しちゃうと、真面目な人ほどバカを見る…って構図なわけね。

なので、周りがポンコツだらけの状況に気づいたあなたはラッキーってわけ。

周りのポンコツを見て「こんなヤツにはなりたくねえ!」って思いませんか?

でも、残念。

今の会社に居続けると、それが将来のあなたの姿になるかもしれないんですよ。

そう考えて、私は周りがポンコツだらけの職場、さくっと辞めました。

だって、周りの仕事できないポンコツより仕事できるのに、給料上がらないとか、真面目に働くだけバカみたいじゃないですか?

薄々、気づいちゃってるんじゃないですか?

こんなしょうもないヤツらと一緒に働くと自分の感性まで腐ってしまう」って。

この記事では「人を見下してはいけません」なんてキレイゴト言うつもりは一切ありません。

会社の人間がポンコツだと悩んでる人に向けて、そこらへんのサイトが書けない「ぶっちゃけた本音」と「残酷なまでの社会の真実」をお伝えしていきます。

職場のポンコツたちの特徴

職場にいるポンコツたち、彼らには共通する特徴があります。

彼らを見ていると、まるでポンコツの教科書に載っているかのような行動ばかりです。

ここでは、そんなポンコツたちの典型的な特徴をいくつか紹介します。

これを読んで「うちの会社にもいる!」と感じたら、あなたの職場も同じような状況かもしれません。

仕事しないヤツばかり

マジでさ、うちの会社、仕事しないヤツばっかり。

朝からずっとスマホいじってるか、おしゃべりしてるか、トイレに行くフリしてサボってるやつとか。

なんで給料もらってるんだか分かんないよね。

特にウザいのが、定時でさっさと帰るために、何もせずに時間潰してるやつら。

こっちは一生懸命やってるのに、あいつらは「定時まで適当に過ごしてればOK」って態度。

なんでそんな奴らが給料もらってんの?

こっちが真面目に働くのがバカらしくなる。

上司がイマイチ

上司もまたダメなんだよね。何か決めるのに時間かかりすぎ。

「ちょっと考えさせて」とか言って全然決まらない。

決められないなら、最初から上司なんてやるなよって感じ。

それにさ、頑張って仕事しても、その成果を横取りされることが多いんだよね。

部下の成果を自分の手柄にするなんて、本当にありえない。

そんな上司の下で働いても、やる気なんか出るわけないじゃん。

仕事内容がよくわかんない

仕事内容も、ほんとにわけわかんない。

具体的な指示がなくて「とりあえずやってみて」とか曖昧なことばっかり言われる。

そんなんじゃ、何をどうすればいいか全然わからないっての。

プロジェクト始まっても、目標もスケジュールも示されず、ただ「頑張って」って言われるだけ。

何に向かって頑張ればいいのかもわからないし、結局無駄なことばっかりやってる気がする。

上司に進捗報告しても「もう少し具体的に」とか言われるけど、具体的な指示がないんだから、どうしようもないじゃん。

こんな曖昧な状態で、効率よく仕事できるわけないよね。

こんなクソみたいな環境で働いてると、ほんとにやる気なくなるし、自分がバカらしくなってくる。

ちゃんとした指示があって、自分の能力を活かせる環境じゃなきゃ、やってらんないよね。

職場のポンコツの対処法

職場にいるポンコツたちに振り回されるのは、本当にストレスですよね。

でも、そんな彼らと同じ環境で働き続けるのは避けられないことも多いです。

だからこそ、ポンコツたちにどう対処するかが重要です。こ

こでは、職場のポンコツたちと上手に付き合いながら、自分のストレスを軽減し、仕事の効率を上げるための対処法を紹介します。

これを参考にして、ポンコツたちに負けない職場生活を送りましょう。

気にしない

まず一番簡単な方法は、彼らの存在自体を無視することです。

正直、ポンコツたちが何をしようとどうでもいいですよね。

そんな連中に気を取られて自分の時間を無駄にするより、自分の仕事に集中して、業績を上げることに全力を注ぎましょう。

彼らがサボっている間に、自分はどんどん成果を出して、評価を勝ち取ればいいんです。

ポンコツたちにイライラしても何の得にもならないので、彼らの存在は見なかったことにするのが一番です。

仕事を振って上手く使う

次に、ポンコツたちも使い方次第では役立つことがあります。

彼らに簡単なタスクやサポート業務を振ることで、自分の手を空けることができます。

どうせ彼らは大した仕事ができないので、重要なことは自分でやりつつ、雑用を押し付ければいいんです。

ポンコツたちを上手に使いこなすことで、自分の効率も上げられるし、少しは彼らも役に立った気分になるでしょう。

上にチクって相談する

そして、どうしても我慢できない場合は、上司や人事に相談するのも有効です。

具体的な問題点や改善点をしっかりと伝えることで、職場環境が少しでも改善される可能性があります。

ただし、この方法を取る際には注意が必要です。

チクったことで逆に自分が悪者にされるリスクもあるので、しっかりと証拠や具体例を準備しておくことが大切です。

彼らの怠慢があなたの仕事にどれだけ悪影響を与えているか、冷静に、そして詳細に伝えることが重要です。

転職を検討する

最後の手段として、転職を真剣に考えるのも一つの選択肢です。

ポンコツたちに囲まれている環境では、自分の成長も限られてしまいますし、モチベーションもどんどん下がっていきます。

自分のスキルや努力が正当に評価される職場を見つけることで、あなたのキャリアも一層輝きを増すでしょう。

思い切って新しい環境に飛び込むことで、自分の可能性を広げることができるかもしれません。

ポンコツたちに足を引っ張られるくらいなら、自分の未来を賭けて新しい道を切り開く方が、はるかに建設的です。

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました