仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

格安SIMにして後悔した私の反省。絶対に失敗しない格安SIMの選び方とは?

ども!安いモノにはなんでも食いつくヤスオと申します!

月々のスマホ料金がオトクになる!」という売り込みで有名な格安SIMですが、当然私も乗り換えてみました。

読者の方には「格安SIMは怪しい…」「格安SIMにしたら後悔しそう…」と悩んでいる方も多いはずです。

それでも、本音で言えば「月々スマホ代2000円で済むなら替えたい…」と思っている方も多いはずでしょう。

いやあ、何事も安くで済むのであれば、みんな本心では1円でも安く買いたいのが本音でしょうからね。

しかし、世の中には「安かろう悪かろう」という言葉がある通り、安いものにはそれ相応の理由があるものです。

格安SIMも、何も考えずに乗り換えれば痛い目を見るのは、間違いありません。

事実、私も格安SIMに乗り換えてからしばらくは、後悔していました。

というわけで、安いモノにはなんでも食いつく私が、格安SIMに変えてみて、後悔したことを語っていきます。

格安SIMは知識がないとすぐ使えない!

格安SIMに乗り換えるのは、とにかく知識が必要です。

スマホ乗り換え時やスマホが壊れた時に、大手携帯ショップに駆け込んで「直して」「動かないんだけど?」と言っていたような私の知識では、不十分だったと言わざるを得なかったですね。

私は友人の話を聞いて「よくわからんけど、SIMカード入れ替えれば、安く使えるんだな!」と思い込んで、すぐさま格安SIMを申し込むことにしました。

しかし、これが間違いでした。

今だからこそわかりますが「〇〇=〇〇」というように、短絡的に考える方には、格安SIMは向いていません。

「大手=安心」
「4G回線=速い」
「安い=悪い」

こういう、単純な考え方しかできないのであれば、格安SIMを申し込んだとしても、わからなくなって「使えない!」「後悔した!」と言ってしまうのがオチです。

実際、私もそうでしたからね。

というわけで、私が後悔したことや、起こったトラブルを紹介していきましょう。

SIMカードのサイズが合ってても使えなかった

格安SIMは、当然ながら「SIMカード」が売り物なわけです。

SIMカードというのは、スマホの中に入っている小さなチップ上のカードのことですね。

このSIMカードを差し込むことで、スマホは通信できるようになるんです。

これを知った私は「なるほど、SIMカードのサイズさえ合ってれば、安く使えるようになるんだな!」と思っていたんですが、それは間違いでした。

SIMカードのサイズが合っているからと言って、すぐに格安SIMでスマホが使えるわけではありません。

SIMカードには、それぞれ割り当てられた回線があって、対応した端末でなければSIMを差し込んでも使えないのです。

たとえば、私は「softbank」のスマホを使っていたのですが、申し込んだSIMカードは「au」だったので、まったく通信できませんでした。

今思えば、完全に私自身の知識不足でしたが、当時は「通信できない!詐欺だ!だまされた!」と思ってましたね。

ちなみに、業者さんにクレームを出したら、返金は受け付けてくれなかったのですが、しっかりと知識については教えてもらい、契約した格安SIMが使えるようになる代案も教えてくれました。

SIMカードを間違って契約した場合は?

  • 契約会社に連絡し、対応するSIMカードに替えてもらう(手数料がかかります)
  • 契約したSIMカードに対応したスマートフォン・タブレット端末を新たに購入する
  • 今使っているスマホのSIMロックを解除して、SIMフリー端末として使う(対応しているスマホ端末のみ)

考えなしで使うとすぐに通信制限に引っかかる

そんなわけで、無事に格安SIMを使えるようになった私ですが、今度は予期せぬトラブルが発生しました。

あれ、通信速度遅くね?

これも後からわかったのですが、youtubeとかソシャゲしまくってると、すぐ遅くなります。

毎晩、youtubeで暇つぶししたら、基本無料のソシャゲで遊びまくっている私からすれば、これは由々しき問題です。

というのも、格安SIMでは月ごとの通信プランで値段が変わり、一番安いプランですと「月1GB以下」なことがあるので、すぐに月ごとの通信制限に引っかかります。

つまり、考えなしで通信ばかりしていると、すぐに通信制限に引っかかってしまうわけですね。

これも基本ですが、自分の月々のスマホの通信料はしっかりと把握した上で、格安SIMのプランは選びましょう

でないと「やっぱり大手の方が良かった」と後悔します。

混雑する時間帯は通信速度が遅くなる

格安SIMでは、ほぼすべての業者共通で、昼休み・通勤時間の混雑する時間帯では遅くなりやすい傾向があります。

場所や地域、時期にもよりますが、社会人がよくスマホを触っている昼休み・通勤の時間帯では遅くなると考えておいていいですね。

つまり、スマホがもっとも使いたい時間帯に、通信速度が遅くなるという、ジレンマを抱えてしまうわけです

文字だけのブログやSNSを見るぐらいなら問題ありませんが、youtubeで動画を見るのは無理と考えておいたほうがいいですよ。

キャリアアドレスが使えない

格安SIMに乗り換えると、キャリアアドレスが使えなくなるデメリットがあります。

キャリアアドレスとは、大手携帯会社が用意してくれるアドレスのことですね。

・主なキャリアアドレス

「@ezweb.ne.jp」
「@docomo.ne.jp」
「@softbank.ne.jp」

これが使えなくなるのは地味に不便です。

自分で使うぶんには問題ないのですが、高齢者の方では迷惑メールフィルターで、キャリアアドレスでしか受信できない人もいますからね。

ちなみに、私の両親もガラケーを使っていて、キャリアアドレスしか受信できない設定でした。なので、実家に帰った時に、わざわざ受信できるように設定しないといけませんでした。

両親ならともかく、仕事の付き合いや、軽い社交辞令での連絡先交換では、地味に困ります。

サポートがクソ・保証がない

格安SIM会社は、基本的にサポートが充実していません。

基本的に格安SIM提供会社は「全部自己責任でお願いしますね^^」というスタンスなので、わからないことや困ったことについては、自分で解決しないといけませんからね。

私も格安SIM購入後は「使えないぞ!」とクレーム入れまくってましたが「自分で調べてください」という感じの塩対応ばかりでした。

ただし、最近では格安SIM市場拡大で競争が激化しているので、事情はだいぶ変わってきています。

たとえば、UQモバイルでは全国区で実店舗があって、スタッフが対応してくれると好評ですね。

職場のITもスマホも詳しくない女性が「UQモバイルは有名でスタッフも感じ良かった」と言ってたほどです。

その他の格安SIMサイトも「チャットでリアルタイム相談」ができるようになっていて、従来の「わかりにくい」「難しい」という感じではなくなってきていますね。

また、格安SIMでは万が一の保証がありません。

スマホが壊れても、自分で対応・解決しないといけませんからね。

ただし、これも「スマホ壊れたら、今のSIM使える端末に買い替えればいいや」というだけの話なので、使いもしない保証にお金を払うのは無駄です。

そもそも、私は安いモノが好きな分、ガラケー時代からケータイが壊れたことは一回もなかったので、保証がなくても問題なしでした。

格安SIMを使っていると周りから白い目で見られる

ここまでは紹介した「格安SIMにして後悔したこと」は、ハッキリ言って自分の知識不足が原因でしたね。ですので、自分の使い方や勉強次第では、どうにでも出来ます。

ところが、困ったことに、自分だけではどうしようもない問題も出てきます。

スマホの契約会社の話題になった時に、周りが「auは桃太郎!」「softbankは白い犬!」なんて話をしている時に、ひとりだけ「格安SIMです…(小声)」と言うと、白い目で見られちゃうことですね。

なんだかんだで、格安SIMは「ITオタク」「節約上手」だけが知っているような、あやし~いサービスなので、周りのウケはよくないです。

性格悪い人だと「格安SIMなんて貧乏人だろww」と言ってくる人もいるので、世間体やステータスを気にする人は使わないほうがいいでしょうね。

最近の格安SIMはブランディングや広報で知名度も上がっている

ただし、これについても格安SIMが有名になっていく中で、だいぶ偏見もなくなってきていると思います。

というのも格安SIMも利用者や市場規模が大きくなるにつれて、知名度が上がってきているからです。

とくに、TVCMでよくやっている「UQモバイル」は、周りの20代女性でも利用者が多く「オトクになった!」と評判もいいですね。

また、SNS中毒な彼女は「LINEモバイル」に変えてましたね。

X JAPANのYOSHIKIさんが出ているCMの「楽天モバイル」も、ご存知の方は多いはずです。

このように、格安SIM会社も、広報やブランド力に力を入れてきているので、周りの評判を気にする方は、有名どころの格安SIMを選びましょう。

格安SIM乗り換え後は後悔したが、今は満足しています

このように、格安SIM乗り換え後には散々「やっぱやめておけばよかった」「格安SIMは安かろう悪かろうだな」と後悔していた私ですが、今ではすっかり格安SIMに満足しています。

「大手キャリア→格安SIM」に安易に乗り換えてしまった以上、使い続けなければいけなかったからこそ、必死に自分で調べて格安SIMを使いこなせるようになれましたね。

もし、この記事をお読みの方で「格安SIMにしたら後悔しそう…」とお悩みの方がいたら、ひとつだけ言ってきたいことがあります。

事前にしっかり調べておけば、格安SIMに乗り換えても後悔することはありません。

どうしても不安なら、お試し期間で二台持ちしてみたりするなど、しっかりとリスクマネジメントしておけば、私のようにならずに済むはずですからね。

格安SIMは、事前にしっかりと調べて使えば、月々のスマホ代が圧倒的に安くなります。

もし「格安SIMに替えたら後悔しそう…」と悩んでいるのであれば、思い切って乗り換えてみることをオススメします。

私のように「後悔した!」「格安SIMは安くてクソ!」と思っていても、使ううちに慣れてしいきますからね。

格安SIMを使うと、情報化社会・スマホでのネット市場が進む現代で「知っていること」「自分で調べられること」というのは、オトクでかしこく生きられる術だと実感できます。

格安SIM

オススメの格安SIMランキング

当サイトでは、より皆様が安くスマホを利用できるように、それぞれに合った格安SIMの情報を提供しております。

中でも、色々とややこしい格安SIM(MVNO)の知識や、それぞれのサービスの特徴を出来る限りシンプルにまとめ、よりわかりやすく簡単に格安SIM乗り換えの出来るサービスをランキング形式で紹介しております。

当サイトの格安SIMランキングでは、とにかく「わかりやすさ」に重点を置いて、誰でもカンタンに格安SIMしやすいサービスをピックアップしております。

今まで、

  • 格安SIMは難しくてよくわからなかった
  • 格安SIMは手続きがめんどくさそうだから、今のままでいいや
  • 格安SIM乗り換えは安すぎて不安…

…と悩んでいた方こそ、これを機に格安SIM導入を検討してみてみましょう!

一度格安SIMに乗り換えれば、月々の負担が減ることに気づきますよ。

1位.UQモバイル

オススメの格安SIM1位は、CMでも有名なUQモバイル

「UQモバイル」はテレビCMでもおなじみの、超有名格安SIMサービスですね。

「UQモバイル」をオススメする理由は、何と言っても「わかりやすさ」!

大手携帯会社にも負けない充実のサポート内容と、万が一の時も全国に実店舗・販売スタッフもいるので、普通の携帯会社同様に格安SIMが使えます。

今まで「格安SIMは難しくてわからない」と悩んでいた方にこそ、UQモバイルは自信を持ってオススメできるサービスです。

・UQモバイルの特徴

  • 大手携帯会社顔負けの”わかりやすさ”重視のサービス内容
  • 格安SIMサービスとは思えない、充実のサポート体制
  • 万が一、わからないことや困ったことがあれば、実店舗のスタッフに相談もできる
  • 業界最高峰の回線スピード
  • au回線限定。docomo・softbankの端末の方はスマホ買い替え必須

 

・UQモバイルはこんな方にオススメ!

  • 格安SIMは難しくてよくわからない
  • 格安SIMは怪しいと思っているので、有名なサービスを使いたい
  • スマホに詳しくないので、万が一のサポートが欲しい
  • 調べ物が苦手で、困ったら店員に聞くタイプ
  • 現在、auのスマホを使っている

>>UQモバイル公式サイトを見てみる

2位.IIJmio みおふぉん

オススメの格安SIM2位は「IIJmio みおふぉん」ですね。

IIJmioの歴史は古く、知る人ぞ知る格安SIMサービスとして、一部のマニアからはかなり好評です。

運営会社は20年以上と続く、老舗通信事業なので、知名度はなくても信頼性は抜群です。

余計なサポートはいらないから、とにかくコスパ重視で安く使いたい!」と思っている方なら「IIJmio みおふぉん」が一番のオススメですね。

1位のUQモバイルより安めで利用でき、回線速度やサービス内容もUQモバイルと負けないぐらいに安定しています。

ただし、UQモバイルと違って、サービスの知名度やサポート内容は物足りなく感じるので、自分である程度調べて、格安SIM導入を検討できる人向けのサービスだと言えますね。

 

・IIJmio みおふぉんの特徴

  • 「通信速度」などの”品質重視”
  • 格安SIMマニアの中ではとくに好評で信頼できるサービス
  • 通信規制を避けるための「クーポンスイッチ」で、賢く通信量を節約できる
  • 「バースト転送機能」で、低速時でも快適に使える
  • 通話定額オプションで短い会話なら無料で使える
  • auとdocomo、どちらの端末でも利用可能
  • マルチSIMサービス。どのサイズのSIMカードでも利用できる

 

・IIJmio みおふぉんはこんな方にオススメ

  • 格安SIMについての基本はだいたいわかっている
  • サービス会社の知名度はあまり気にしない
  • スマホやIT知識はそこそこある
  • 調べ物は得意で、検索すればだいたい解決できる
  • 携帯会社のスタッフからほとんどサポートを受けたことがない
  • 現在、auかdocomoの端末を使っている

>>IIJmio(みおふぉん)を公式サイトを見てみる

3位.LINEモバイル

オススメの格安SIM3位は「LINEモバイル」ですね!

スマホと言えばLINEをメインに使っている方も多いでしょう。

LINEモバイルは、LINEの運営会社が提供する格安SIMサービスです。

そのため、LINEを始めとしたSNSを頻繁に利用する方には、一番オススメできる格安SIMです。

普段から、LINEでメッセージのやりとりはもちろんのこと、音声通話やビデオ通話もLINEで使っていたり、SNSを頻繁にチェックするような方は、LINEモバイルを選ぶべきですね。

とくにデータ通信料がかさむ、LINEでのビデオ通話も通信制限がかからないので、LINEで通話する機会の多い方はLINEモバイルがかなりオトクになりますね。

・LINEモバイルの特徴

  • LINEが通信制限なしで使い放題(※音声通話・ビデオ通話含む)
  • LINEのID検索機能が使える(※格安SIMではLINEモバイルのみ)
  • 主要SNS(Twitter,Facebook,Instagram)も通信制限なしで利用できる
  • docomoの端末のみ対応

 

・LINEモバイルはこんな方にオススメ!

  • 格安SIMに替えても、LINEだけは安全に使える保証が欲しい!
  • LINEやSNSを頻繁に利用している
  • docomo端末を利用している

>>LINEモバイル公式サイトを見てみる

関連コンテンツ