「環境を変えるだけで人生がうまくいく」は大嘘。何をやってもダメな奴は環境だけでは変わらないことを知っておこう!

環境を変えるだけで人生はうまくいく」とは、ブロガー界で”神”として君臨するイケダハヤトさんの言葉です。

彼の言葉は本質を突いていて、仕事で悩みを抱えたり、東京で消耗している人にとっては、良くも悪くも響く言葉ですよね。

かつて、社畜として退屈な社会人生活を送っていた私ですが、彼の言葉に勇気づけられ、転職を決意することにしました。

そして、その結果学んだことは…

環境を変えたところで人生は変わらない

…という、厳しい現実でした。

何をやってもダメな奴は、結局環境が変わったところで何もできないのです。

そこで今回は、私自身の経験から、安易にブロガーに煽られて転職することの危うさを紹介していきます。

環境が変わったところで、人生はよくならない

まず、ひとつだけ言っておきたいことがあります。

環境が変わったところで、人生がよくなるとは限らないということです。

考えてもみてください。

中学時代にモテなかった人が、高校や大学に進学したところでモテなかったように、環境が変わったところで人の本質は変わりません。

「高校デビュー」「大学デビュー」という言葉もありますが、環境が変わって人生が変わるような人は、何かしら”アクション=行動”を起こして変化しています。

これは、学校生活に限らず、仕事や人生においても同じことが言えますね。

地方から東京に上京したところで、成功できるとは限りませんし、逆も然りです。

そもそも「環境を変えれば人生はうまくいく」とおっしゃられているイケダハヤトさんは、才能も行動力もある方で、東京だろうが高知だろうが、どこでもやっていけるような方ですからね。

彼が紹介しているライフワークや転職サイト、あるいは彼のセミナーに参加したところで、必ずしも同じような生き方ができるわけではありません。

…まあ、普通に考えれば当たり前ですが、当時社畜として東京で消耗していた私は、彼の言葉のトリコになっていました。

自分から変われない人間は「東京で消耗」した方が楽に生きられる

私は、一度地方に転職した後、再度東京に戻って転職した経緯を持ちます。

地方に転職したところで、大して人生は変わりません。

むしろ、人生が悪化する可能性のほうが大きいですからね。

ひとつ考えておいてもらいたいのですが、地方が可能性のある市場であるなら、ポンポン新しい事業が生まれ、多くの若者が地方に移住したくなるはずです。

しかし、現実はどうでしょうか。

地方自治体はイマイチパッとしない取り組みで地方創生交付金を溶かしながら「若者戻ってきて!」「若者の雇用を!」と言っているだけで、大して成果が伴っていません。

ぶっちゃけ、本当に「地方の若者にも雇用を!」を実現するなら、大手企業で出世して、地方に工場や支社でも作ったほうが、よっぽど経済効果をもたらせますからね。

そこまでの実行力がない人が、地方に行ったところで何一つ変えられません。

むしろ、レベルの低い会社、狭い業種の中から仕事を選び、低賃金で消耗するだけです。

結局のところ、東京で消耗している人は、地方に行ったところでさらに消耗するしか道はないのです。

消耗するだけの社会人人生であれば、まだ業種も豊富で賃金も高い上に、インフラも整っている東京で働いたほうがマシですね。

環境を変われば、人生は変わることは間違いない

ただし、実際に転職してみてわかったことは「環境を変われば人生がうまくいくわけではないが、人生が変わることは確か」という事実ですね。

私の場合は「環境を変えただけでは人生うまくいかない、自分が変わる必要がある」と、強烈に意識しだすことになりました。

それに気づけただけでも、転職したことは正解だったと考えています。

結果論になりますが、私がもし転職しないままであったら、東京で消耗しているだけの社畜で生き続けていたと思います。

よくブロガーが煽ってバカにしている「毎日、満員電車で死んだ顔で出社している社員」「上司や会社都合に振り回されて消耗しているだけの社員」として、今もなんの希望もない人生を送っていたはずですからね。

もし、イケダハヤトさんを始めとしたブロガーの「社畜ディス」「正社員のつまらない人生批判」に思うところがあれば、転職活動を本気で行って見る価値はありますよ。

人間関係をリセットすれば、自分は変わる

私が転職して実感した大きなことは「人間関係が変われば、人生はうまくいく」という事実ですね。

仕事や人生がうまく行かず、消耗してしまうのは”環境”ではなく”人間関係”にあるのだと、気づきました。

私が最初に働いていた職場は、どうしようもない人間関係の職場で、上司や同僚も「まだ、消耗しているの?」と煽られてもしょうがないような、つまらなそうに仕事している人ばかりでしたね。

仕事が増えれば愚痴を吐き散らし、部下にストレスをぶちまけたり、少し抜け駆けすれば足を引っ張り合うような、酷い人間関係でした。

転職した今でこそわかりますが、ネガティブな人間の周りにはネガティブな人間が集まり、自分もそれに染められていきます。

良い仕事仲間と巡り合えるかどうかは”運”の部分もありますが、与えられる環境で過ごしたままでは、しょうもない人間関係の中で腐っていくしかありません。

環境を”少しずつ”変えてみるのも大事

よく、ブロガーの方で「大学時代から起業!社員にならずにフリーランスになる!」という方もいらっしゃいますが、あれは極端な例ですので、参考にしてはいけません。

行動力のある方や、実績のある方ならともかく、仕事で消耗しているような社会人は、まずは”少しずつ環境を変えてみる”のが、最善だと感じましたね。

私自身、無策で地方に転職してしまい、環境を急激に変えることで失敗してしまいました。

地方の不便さや、独特の人間関係に戸惑い、結局慣れることなく東京に戻りましたからね。

地方に転職するにしても、まずはセミナーやイベントなどで現地をしっかり下見して、地方誘致に積極的な方々と話してみることが大切です。

ネットの情報は、どうしても極端な事例や感想ばかりが集まるので、実際に現地で生の声を聞くことも大事ですからね。

転職するにしても「今すぐ転職!」という考えではなく、キャリアアドバイザーに何度も相談してみたり、企業セミナーなどで人事と話してみなければ、失敗してしまうのがオチです。

ブロガーに影響されて転職する場合の注意とは?

私のように「ブロガーに影響されて転職を考えている」という方は、最近の若手には少なくないかと思います。

それ自体は、全然問題ないと思います。

ただし、ブロガーの方が転職をうながす場合「本人が正社員じゃない」という矛盾があるので、その点は踏まえたほうがいいですね。

極端な話、ブロガーが「ウチの会社で求めている人材はこうだ!」と言っているのであれば、ブロガーの方の言っていることは、限りなく正しいことになります。

しかし、多くの場合は、影響されたブロガーとは関わりのない会社に転職することの方が、多いはずですからね。

この点はよ〜く考えておかないと、転職に失敗してしまう可能性が高くなりますよ。

転職のきっかけが”ブロガーの言葉”でも構わない

ただし、決してブロガーの記事を読んで、転職を意識しだすことは悪いことではありません。

「ブロガーに影響されて転職を考えるなんて…」という方もいますが、それはただの偏見ですね。

実際、私も転職する中で多くの転職経験者と関わってきましたが「実はブロガーのブログを読んで転職に興味を持った」という人も少なくはありませんからね。

本質的に言えば、TVで興味を持った職業に就いたり、あるいは学校で紹介された企業に入社するのと一緒です。

そもそも、多くの人間は「憧れの職業の人に小さい頃出会って、その職業に就いた」なんて、ドラマチックな人生を歩めるわけではありませんからね。

ささいなきっかけで行動してみて、何かと出会うことがほとんどです。

転職の責任はすべて”自分自身”にあることを肝に銘じておくべき

ただし、転職する際の責任は、すべて自分にあります。

キャリアアドバイザーに相談して転職活動するにしても、最後に決断するのは自分ですからね。

その先の人生がどんなものであれ、受け入れる覚悟がなければ、必ず後悔します。

後悔するのが嫌であったり、あるいは転職して失敗した責任を他人に押し付けたいのであれば、素直に今の仕事で消耗して生きたほうがマシですよ。

自立した大人としての責任が負えないのであれば、今の会社内で”ごく狭い範囲の責任”だけを背負いながら、社会人として消耗したほうが、よっぽど楽に生きられます。

実際問題、私も転職後しばらくは「イケダハヤトにだまされた!」「転職会社にだまされた!」と、自分の責任を投げ出して、他人のせいにしてましたからね。

自立した大人であれば、自分の選んだ道ぐらい、しっかり責任を持ちましょう。

ネットの文章だけでなく”生の声”を聞いてみることも大事

転職をする際にすごく大切なのは「ネットの情報だけでなく”生の声”もしっかり聞く事」ですね。

ネットの情報は極端な情報が多い上に、自分の好きな情報を無意識に選んでいるわけです。

転職することなど考えていないのであれば、そりゃあ「転職しなくてよかった」という感想ばかり、目が行きます。逆に「転職したい」「今の会社辞めたい」と思えば、そういう情報ばかりを見てしまうわけです。

ネットの情報ばかりに依存しないで、まずはしっかりと外で”生の声”を聞くことで、より正確な情報が入手できます。

転職するにしても、口コミや転職サイトだけでなく、キャリアアドバイザーに相談して転職市場の実態を聞いてみたり、あるいはセミナーに参加して、企業人事のリアルな話を聞いたほうが、よっぽど間違いない転職先が見つかりますからね。

私自身、反省を踏まえ、東京に戻る際の転職は、生の声をしっかりと聞いてみることを意識しました。

転職して環境を変えれば人生は間違いなく変わる

長くなりましたが、結論を言えば転職を経験して、良くも悪くも人生は変わりました

環境が変わるだけで人生がうまくいくとは限りませんが、人生がうまくいくきっかけになるのは確かです。

逆に、環境が変わっても人生が変えられないような人は、同じ職場で同じ仕事をし続ける、消耗し続ける人生を送ったほうが無難です。

それだけで、給料はもらえますし、東京なら豊かなインフラや娯楽も享受できますからね。

思い切って地方に転職したところで、何も変わりません。

逆に、東京で消耗し続ける人生に疲れた方は、思い切って転職してみるのも、いいですよ。

「転職で失敗した…」なんて言っている人が多いですが、アレは以前のような私みたいに、考え無しでブロガーに影響されて行動しちゃった人だけです。

しっかりと転職サービスを使ってリサーチし、慎重に転職活動を行えば、少なくとも「まだ、東京で消耗しているの?」と煽られても「オレは今の仕事に就きたくて就いたんだ!」と自信を持って言い返せますからね。

もし、そうでなければ、今の仕事に不満や不安のある証拠です。

自分の納得できる生き方を探すためにも、一度本気で転職活動してみてください。

少しでも行動すれば、確実に人生は変わりますよ。

転職エージェントに相談して、一歩前進しよう

環境を変えて人生を変えたい方は、まずは転職エージェントに相談してみるところから始めるべきですね。

何も「転職活動をする=今の仕事を辞める」というわけではありません。

むしろ「転職で失敗したくない」「ブロガーに影響されて転職するのは心配…」という方こそ、慎重に転職エージェントに相談してから、転職先を選ぶべきです。

私も地方から東京に戻る際の転職は、エージェントにお世話になりましたが、エージェントなしでの転職はありえないと思えるほど、素晴らしいサービスでした。

転職活動で面倒な応募手続きや職務経歴書作成をサポートしてくれたので、自分に合った転職先選びに集中することができましたからね。

転職エージェントでは、今の職場の不満や、漠然とした転職先の願望も、カウンセリングを重ねることで強い志望動機や自己アピールに変えていけるので、転職活動に不安のある方でも、いい職場と巡り合える確率が高ますね。

「環境を変える」なんて極端なことをせずとも、転職エージェントに相談してみるだけで、人生がうまくいくきっかけはつくれます。

そもそも、転職エージェントは無料で利用できるので、まずは行動してみるだけ得ですからね。

今の仕事で消耗していて、環境を変えてみたい方は、まずは出来ることから少しずつ変えてみてください。ブロガーのように極端な行動なんてしなくても、人生は変えられますからね。

それを知るためにも、まずは転職エージェントで転職のリアルを知りましょう。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは以下の3つ。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業が多め
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておきましょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

また、面談の案内が来ない場合も、表には出ない非公開の優良求人や、自分の経歴に合わせた求人も届くので、それに応募しておけば面談に呼ばれることもあります。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「面談に参加したい」と意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたり、メールの求人をクリックして閲覧するだけでも、転職エージェント側に履歴が残り、意欲の高い登録者として扱われる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

ぜひ、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ