経営コンサルタントになるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

経営コンサルタントの主な仕事内容は、経営改善を依頼された企業や組織の経営実態を調査して問題を診断し、その具体的な改善方法をアドバイスすることだ。
経営の総合的なアドバイスを求められることもあれば、営業や財務の強化、生産効率の向上、経営情報の整備、原価管理、労務、税金対策などの個別の分野に限って依頼を受けるケースもある。
コンサルティングの仕事は基本的に資格がなくてもできるが、中小企業診断士、公認会計士、税理士、行政書士、弁護士、司法書士、ファイナンシャル・プランナーなどが、経営コンサルを名乗って得意ジャンルの相談に乗ってることも多い。
また、経営コンサルとの募集がある場合などには、経営学修士、商学修士などが条件とされたり優遇されたりすることもあるので、大学院で修士課程を修了しておくといいだろう。
加えて国際化の進む中、米国の大学で学んで経営学修士(MBA:Master of Business Administration)の資格を取得して経営コンサルティングを行っている人も少なくない。
”国際標準”の知識やスキルが求められる時代になってきたということだ。
より活躍の場を広げたいという人は挑戦することをすすめる。
まずは大学の経営学部や商学部などへ進学して、経済と経営の基礎知識を身につけておくべきだろう。
コンサルティング会社に就職したのちにコンサルタントとしての実務経験を積みながら、海外留学してスキルアップしていくという方法もある。

お金に関する仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました