警察官に向いていない人の特徴。本当は教えたくない、警察で働くべきでない人の特徴とは?

どうも。警察官を辞めた名も無きライターです。

私の警察辞めた話→警察官辞めてよかった!警察の仕事がつらすぎて辞めて転職した体験談

警察官と言うと「街の安全、国の平和を守る立派な仕事」という志がないと勤まらない、誇り高き仕事だと思われていますよね。

ですが、まったく逆です。

「街の安全や国の平和なんてどうでもいい」

…と考えていて、自分の出世や権力にしか興味のないような人間でないと、続けられないお仕事なんです。

在職中、私は警察という組織の抱える矛盾に悩み続け、その上で過酷な労働、ストレスの多い人間関係に悩みました。

やがて、精神状態を病んでしまい、うつ病になり、退職することになりました…。

そんな私の経験から「警察官に向いていない人」の特徴をご紹介していきます。

↓合わせて読んでおこう!

「仕事向いていない」と感じる人の特徴7つと対処法4つ。向き・不向きは確実に存在すると知っておこう
「今の仕事が向いていない…」 当ブログにお越しの皆様は、少なからず自分の人生や今の仕事に悩みを抱えていることか...
「この仕事向いてないよ?」と言われたら辞めるべき?それとも続けるべき?
「キミ、この仕事向いてないよ?」 上司や先輩にこう言われたことはありませんか? もし言われたことがあるなら、それ...

警察官に向いていない人の特徴

暴力や争いごとが好きでない

警察官は、暴言や争いごとが好きでない人には向いていません。

警察官は、多くの人が暴力や争いごとが大好きな、ヤンキーやチンピラのような人間がたくさんいます。

平気で市民に暴言を浴びせることや、圧力をかけることに抵抗のない方でないと、警察は勤まりません。

”正義”とは名ばかりで、実際には恐喝まがいの行為も日常的に行われています。

また、警察の職場は暴力的な人が集まりやすいため、ハラスメント行為は日常茶飯事です。

上司や同僚のハラスメント行為に対抗できるような精神がないと、続きません。

正義感が強く、不正や曲がったことが許せない

皮肉ですが、正義感が強い人には警察官は向いていません

  • 組織内での不正や、特定団体との癒着は当たり前
  • ハラスメント行為が横行している組織体質
  • 市民を疑うことが仕事なので、時として罪のない市民を傷つける
  • 「正義」「安全」とは名ばかりの点数稼ぎの交通取締りなどの業務

こういった行為を「正義」と恥ずかしげもなく言い張れるのであれば、警察は務まるでしょう。

しかし、私にはそんなものを「正義」だと思える精神はありませんでした。

自分の身の保身のために、目を瞑ってきた不正やハラスメント行為だって、数多くあります。

警察の掲げる「正義・街の安全のため」なんて、しょせんはその程度のものなのです。

道徳や良心がありすぎる

道徳や良心がありすぎる人は、警察には向いていません。

なぜなら、警察自体が道徳や良心と程遠い存在だからです。

市民は全員犯罪者予備軍として疑い、容疑者には徹底的に暴力を行使するためには、道徳や良心を捨てる修羅にならなければなりません。

真面目すぎる

真面目過ぎる人は、警察官には向いていません。

むしろ、普段は不真面目な方が、警察官の適性は高いです。

簡単に例えるなら、喫煙・飲酒当たり前だけど部活動はしっかりしていた、高校の運動部のようなものですね。

「スポーツマンシップにのっとり、正々堂々…」なんて口で言っておきながら、裏で汚いことをしていたスポーツマンであれば、警察は向いているでしょう。

深夜勤務や長時間勤務に耐えられない

単純に体力面の問題で、深夜勤務や長時間勤務に耐えられない人は警察官に向いていません。

警察官は、体力面だけでもキツイ仕事なのに、精神面でも追い詰められることが多いため、うつ病などの精神疾患のリスクも高いですからね。

正義の名のもとに殉職する覚悟がないと、勤まらない仕事と言えるでしょう。

私も張り込み取材や当直などで過酷な勤務を体験しましたが、二度と経験したくない思い出です。

出世欲や権力に興味がない

出世や権力に興味のない人は、警察官には向いていません。

というのも、表向きでも「出世や権力に興味がある」という態度で勤務しておかないと、先輩や同僚に都合のいいように扱われるからです。

私は純粋に「市民のため」という考えで仕事していたため、上司の工作や同僚の失敗のスケープゴートに扱われ、評価も下がるばかりでした。

また、点数稼ぎの交通取締りなどのモチベーションにも関わってきます。

警察の仕事は「犯罪抑止」「規制」とは名ばかりに、自分の出世や権力のために仕事を優先することも多いため、出世や権力に興味がない人にとっては、非常につらいものです。

警察官は「正義感のない人」じゃないと続かない

皮肉な話ですが、警察官は「”正義感”を鼻で笑っている」ぐらいの図太い人でないと、勤まらない仕事です。

私がいた職場も、まるでヤンキーあがりで常識もモラルも欠けたような人間ばかりが配属されていて、一般市民から見れば「こんな奴らに税金払っているのか?」とガッカリされても仕方ない状態でした。

「警察官向いていない…」とお悩みの方へ

もし、この記事を読んでいる警察官の方がいたら、ひとつだけ伝えておきたいことがあります。

「向いていない」と思ったら、無理をせずに辞めてください。

私が懇意にしていた先輩はうつ病になって退職し、警察学校で仲の良かった同級生もうつ病寸前で辞めてしまいました。

また、私が警察になりたての頃に指導してくれていた上司も、先日自殺してしまった…という風の噂まで聞きました。

警察はブラック企業以上に過酷で異常な職場が多いんです。

いじめからのうつ病退職、あるいは自殺など、警察にとって都合の悪い情報はすべて規制される組織体質だからです。

誰かに相談したって、助けてもらえません。

警察が他人に助けを求めることは、恥ずかしいことですからね。

もし「警察官つらい…」と感じているのであれば、迷わずに辞めることを考えてください。

しっかりと転職を行えば、次は必ず見つかります。

安心して辞めましょう。

向いている仕事・向いていない仕事

向いている仕事と出会いたいなら「転職エージェント」を使っておこう!

「今の仕事が本当に自分に向いているかわからない…」
「もっと自分に向いている仕事に就きたい…」
「やり甲斐や自己実現のためにキャリアプランを練り直したい…」

このように「今の仕事は本当に自分に向いているのか?」とお悩みの方は「転職エージェント」でプロのキャリアアドバイザーに相談してみることをオススメしますよ。

転職エージェントは、言わば”仕事選びのプロ”

本当にあなたに合った転職先を代わりに見つけてくれます。

転職エージェントで自分の可能性に気づき、転職を決意する人も最近ではかなり増えています。

そして転職エージェントは完全無料で利用できます

これは紹介先企業がすべての費用を負担しているため、転職希望者は一切費用がかからないからです。

相談するだけオトクなので、今の仕事が向いていないと感じている方は、試しに相談してみるといいですよ。

就活生の方はこちら→就活生が意外と知らない就活サービス!自分に合った就職先を見つけるなら絶対にチェックしておこう!

初心者にオススメの転職エージェントは「DODA」

 

初めての転職を考えるのであれば「DODA(デューダ)」は絶対に登録しておきましょう。

DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの最大手で、安定した実績もあります。

その上、どんな経歴でも登録拒否されることもないので、今の仕事に自信のない人でも安心して利用できます。

満足度も業界No.1なので、DODAを使っておけばまず間違いありません。

登録求人数も5万件以上と多いのですが、その8割以上の優良求人は非公開求人であり適性のある人でなければ紹介してもらえません。

そのため、転職サイトやハローワークでは出会えないような、自分に向いている天職とも出会うチャンスも生まれます。

また、企業実態の調査も行っているので、ブラック企業を紹介されることもありません。

DODAの登録は「会員登録→職務経歴→確認」と入力していく必要がありますが、自己アピールなどの入力は一切ないので、5分もあればすぐに終わります。

後日、面談の日程についての連絡があるので、プロのキャリアアドバイザーに相談して、自分の向いている仕事を紹介してもらいましょう。

ただし、時期によってはキャリアカウンセリングを受けられないこともあります。

ですので、余裕があればプロフィールや職務経歴を充実させておき、エージェント側からアプローチしてもらえる様にしておくと確実ですよ。

登録しておくだけチャンスの生まれる「リクナビNEXT」

エージェント制ではありませんが、登録しておくだけで優良企業からスカウトメールの届く「リクナビNEXT」も無料で登録できるのでこの機会に利用しておくといいですよ。

リクルートには転職に関するノウハウと圧倒的情報量があるので、自分に本当に向いている求人が自動で送られてきます。

またリクナビNEXTでは「グッドポイント診断」というクオリティの高い自己分析ツールが用意されており、これを使っておくとより自分に合った企業と出会いやすくなりますよ。診断結果は企業側からも確認できるので、より相性のいい会社からスカウトメールが届く確率も高くなります。

リクナビNEXTは無料で登録でき、個人情報の入力もすぐに終わるので今すぐ登録しておきましょう。

転職者の8割以上が使っているので、使っておくだけ他よりも有利に転職活動が進みます。

また、リクナビNEXTは他社エージェントからのヘッドハンティングの場としても使われており、思いがけないエージェントからも面談確約のオファーが届くこともあります

オファーを受けやすくするには、職務経歴書やリクナビNEXTの利用履歴を充実させる必要もあるので、転職に興味があるならガンガンリクナビNEXTを使っておきましょう。

その他の転職エージェント

「DODA」「リクナビNEXT」以外にも、国内には多数の転職エージェントがありますが、それぞれに特徴や強みがあるので転職に興味があるならいくつか併用しておきましょう。

すべて無料で利用できます。

・国内主要転職エージェント

パソナキャリア
…公共事業・地方事業などの社会貢献意識の強い人向け利益よりも仕事のやり甲斐重視の転職エージェント。対応が非常に丁寧。→パソナキャリアの詳細はこちら

マイナビエージェント
20代~30代の若手向けエージェント。ベンチャー気質が強く、とくにIT系の紹介に強みを持つ。→マイナビエージェントの詳細はこちら

メイテックネクスト
…製造系エンジニア向け特化の転職エージェント。ものづくりエンジニアは必ず利用しておきたい→メイテックネクストの詳細はこちら

JACリクルートメント
外資系・海外転職・グローバル大企業などハイクラス転職特化のエージェント。求められる経歴は高くなるが、その分高年収の仕事の紹介が多い。→JACリクルートメントの詳細はこちら

DYM就職
既卒・第二新卒・フリーターなど経歴にネックのある人向けのエージェント。他のエージェントで、登録や面談を拒否された場合はここがオススメ。→DYM就職の詳細はこちら

・その他の転職エージェントは以下の記事をチェック!

 →国内の主要エージェントの比較記事はこちら

 →外資系運営エージェントの紹介はこちら

 →業界向け特化の転職エージェントの紹介はこちら

それぞれのエージェントの特徴と強み、あるいは運営方針や社風があるので、本当に自分に向いている仕事にこだわりたい方はなるべく多めに利用しておくといいでしょう。

関連コンテンツ