【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

携帯ショップ店員で病む前にやめた方がいい理由「スマホ販売の闇」

「携帯ショップ店員だけど仕事で病む…」
「携帯ショップ辞めたい…」
「携帯販売員きつい…」

このようにお悩みではありませんか?

携帯ショップ店員は、所属する会社によっては「ケータイショップ店員」「携帯ショップ販売員」「スマホアドバイザー」「キャリア名+クルー(例:ソフトバンククルー)」「スマートフォン販売員」「モバイル端末販売スタッフ」などと呼ばれます。

そんな携帯ショップ店員の仕事ですが、ブラックな仕事として有名です。

また、携帯ショップである「docomo,au,softbank」の名前に釣られて就職した方もいるでしょうが、実は携帯ショップは代理店でしかないので、本社に出世とかまず無理です。

※厳密には「docomo→NTT」「au→KDDI」が本社になり、携帯ショップはブランド名を借りているだけの代理店だけのまったく別の会社です。

大手携帯会社のブランド名や高めの時給に釣られたものの、その過酷な仕事内容についていけずに辞める人も大多数…。

今回はそんな携帯ショップを辞めたほうがいい理由と、その場合の転職活動の方法について紹介していきます。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

携帯ショップ店員のきつい部分や辞めたいと感じる要因

携帯ショップを辞めた方がいい理由はどのようなものがあるのでしょうか?

もし、読者の方が携帯ショップ勤めで辞めようか悩んでいるのであれば、ご自身のご環境と照らし合わせて、お読みください。

激務:シフト制勤務、職場が頻繁に変わる、覚えることが多いなど

携帯ショップ店員で働き続けるとうつ病になりやすいと言われていますが、確かに仕事の内容や労働環境を踏まえると、うつ病になりやすい条件が整っていると言えます。

▼携帯ショップ店員がうつ病になりやすい原因とは?

  • キャリア大手からのノルマ要求が厳しい(新規契約数や販売数など)
  • 契約プランが複雑な割にミスが許されない
  • 契約プランが複雑なためクレームにつながりやすい

これは携帯ショップ店員関わらず、販売員・接客業全般に当てはまるかもしれません。

ですが、携帯ショップ店員の場合は、契約プランが複雑で顧客単価が高いにも関わらず、客層が一般層全般になるため、話の通じない客と接する機会も多くなり、クレームのリスクが爆発的に高まるわけです。

また、携帯ショップでの販売ではお客はお金を払って契約するわけですから、店員に対して感謝することはあまりなく、クレームで向けられる悪意の方に目が向きがちなのも、うつ病になってしまいやすい原因かもしれません。

それに加え、携帯キャリア会社からのノルマ要求も過剰なのが、仕事のやりがいを奪っていくと言えます。

言ってしまえば、携帯ショップ店員は真面目で真摯にお客のことを考えられるほど、うつ病になりやすい状況が整っているわけです。

このように異常な環境な中で「自分はまだまだだ…」と無理に働き続けると、うつ病になってしまってもおかしくありません。

「仕事を辞めたい…」という考えは
決して甘えではありません

うつ病寸前まで追い込まれてたら
以下の記事も読んでみてくださいね

求められる知識量が多く十分な顧客対応ができない

携帯ショップが辞めたくなるのは、あまりに覚えることが多すぎるからでしょう。

私も過去に格安SIMを仕事で扱っていた経験から、携帯の料金プランから格安SIMのビジネスモデルも一通り抑えているのですが、正直「あれ全部暗記しているショップ店員いないんじゃ…?」というぐらい、複雑でわかりにくいです。

実際、ショップ店員の方もタブレット端末で操作しており、すべてを理解している方は少ないと思います。

携帯販売ショップでのクレーム対処の難しさ

携帯ショップを辞めた方がいいのは、クレームがキツイからでしょう。

私が携帯ショップに行った時も、頭の弱そうな老人が「これ、使い方わかんないんだけど?」とエラソーにクレームつけてるの見ると「そんぐらい自分で調べろよ…そのスマホは何のためにあるんだ?」と、傍目から見ても嫌な気分になります。

以下の記事にも書いてますが、クソクレーマーの対処したところで精神的に消耗するだけで、一銭の得にもなりません。

正直、最近の日本の販売職は過剰なサービス要求で、クレーマーの好き勝手やりたい放題になりがちで、頭の悪い人と関わらざるを得ない仕事ほど、悪質クレーマーに当たる確率が上がります。

強引なセールス方法に良心が痛む

大手携帯会社と言えば、過剰な数字表現やわかりにくい料金プランで、まるで利用者をだますような姑息な商売方法で儲けていることで有名です。

何度も関係省庁から指導が入っていることからして、姑息な殿様商売であることがわかりますね。

しかも、そんな商売上手な大手携帯会社ですから、携帯ショップの現場で働く人間は派遣・契約の非正規で使い捨て、しかも出世してもせいぜい店舗マネージャークラス。

大手携帯会社の本社務めは、一部の新卒エリート層のみに許された特権なのです。

そして、現場で働く人々は客から「わかりにくい」「どうすればいいの」「もっと安くしろ」と罵声を浴びせられ、本社の奴らは快適デスクワークで土日完全休業、有給休暇もありで給料も高い。

携帯販売員に向いてない人や辞めて良かったと思える人の特徴

携帯販売員として働くことは、一見魅力的な仕事かもしれません。しかし、実際にはその仕事に向いていない人や、辞めてよかったと感じる人も存在します。

この項目では、携帯販売員に向いていない人や辞めてよかったと思える人の特徴について探っていきます。

なお、ここで紹介する特徴はあくまで代表的な例や考え方の一つで、必ずしもすべての人に当てはまるわけではありません。最終的には読者自身の資質や適性によりますので、参考程度にお読みください。

一人一人の顧客に誠実に対応したい人

携帯ショップ店員やスマホアドバイザーは、信頼を築きながらお客様のニーズに合わせた提案をするというのは、業界構造や接客と販売を並行しないといけない難しさより、極めて困難です。

よって、一人一人の顧客に誠実に対応して、販売やサービス業のやりがいを見い出したい人は、辞めてよかったと思える可能性が大きかもしれません。

しっかりとした知識やスキルを身につけて働きたい

携帯販売員として十分な仕事をするためには、携帯電話や通信技術に関する知識やスキルの習得が欠かせません。

しかし、携帯ショップ販売の仕事では覚える知識量が多い割に、給料や待遇の面で割に合いません。

また、会社がマニュアルを用意しているわけでもなく、タブレット端末で調べて案内する流れとなるため、知識やスキルを身につけるのは自己学習に依存します。

よほどスマホや携帯業界に興味関心が高くてプライベートの時間も勉強に費やせるほど仕事熱心ならともかく、そうでないなら、自分が自主的に興味を持って日々のスキルアップや学び続ける意欲の湧く業界に転職した方が良いという意味で、向いてないと言えるかもしれません。

携帯販売員の将来性は?無理に働き続けた末路はどうなる?

携帯ショップ店員と言えば、お世辞にも将来性が高くないところが、辞めたくなる理由と言えます。

携帯会社本社務めは間違いなく将来安泰でしょうが、現場で働く人の将来性は著しく低いと言ってもいいでしょう。

お客の罵声を浴びてノルマを達成したとしても、せいぜい将来は店舗マネージャークラス。

それもわかりにくい携帯プランを必死で覚えながら、お客をだますような方法でノルマを上げ、客のクレーム処理をこなすだけの将来しか待っていません。

それも非正規雇用社であれば、キャリアもスキルも積めないため、若いうちに行動しておかないと転職先すら限られる結果になりかねません。

少なからず「携帯ショップ辞めたい」と感じるのであれば、早いうちに転職活動で将来設計を見直したほうがいいでしょう。

…でなければ、いつまでもつらい携帯ショップ勤めを続けなければなりません。

派遣社員での雇用で将来性の不安により拍車がかかる

携帯販売の仕事では派遣社員の方も多く活躍されています。

中には「派遣社員だから携帯ショップを辞めると次がないかも…」と不安な方もいらっしゃることかと思います。

文中でもお伝えしている通り、携帯ショップ店員は過酷でうつ病になりやすい環境が整っており、派遣社員として働くにしても割に合わない仕事だと言えるので、辞めてしまっても問題はないでしょう。

また、派遣社員として携帯ショップ店員として働き続けても、今後のキャリアに不安が残ることからしても、辞めたいと感じているなら早めに行動しておいた方が将来のためになると言えるはずです。

社員が使い捨て前提

携帯ショップ店員と言えば、最近では派遣社員での使い捨てが主流になってきています。

また、正社員・派遣社員として勤めれば、圧倒的なノルマの重圧に苦しめられ、客からのクレームにもつぶされかねません。

そしてなんと言っても、本社勤めの出世コースがほぼ絶望的なところが、携帯ショップ店員の辛いところ。

本社との接点も少ないのでコネも人脈も築きにくいため、本社勤めの座を獲得するのであれば売上・数字で勝負するしかありません。

携帯ショップを辞めたい時は?携帯販売からの転職を成功させるポイント

以上のように客観的に見ても、携帯ショップ店員は病む要素が多い職業だと言えます。

このまま続けるとうつ病になりそう…
仕事のキツさの割に薄給すぎて自分は負け組や底辺だ…

このように悩んでいるなら、前向きに辞めることを検討しておくといいでしょう。

仕事を辞めることは甘えではなく

次に本当に自分に合った仕事を見つけるために

必要な人生のステップです

自分に合った退職計画を立てる

仕事を辞める際には「計画性」があればあるほど、次は失敗せずに済みます。

通常、採用が決まって企業と雇用契約を結ぶ際に「退職時は1ヶ月前に申告する」という旨の記載があるため、辞めるにしても1ヶ月間の猶予は見て辞めるべきでしょう。法律でも最低2週間前に通告しないといけないという決まりもあるため、円滑に辞めたいなら準備は必須です。

それ以外にも、退職を決断するにあたり、以下のことを考えておかなければなりません。

  • 本当に辞めるべきか?続けるべきか?
  • 退職手続きは誰にどう伝えて行うべきか?
  • 退職手続きはスムーズに進められそうか?引き留められないか?
  • 辞めた後も収入面の心配はないか?
  • 次の仕事を見つける目処はあるか?

転職の志望動機は「反省→改善」を活かそう

携帯ショップ店員を一年未満で辞める場合は、当然ながら転職活動では「こいつはすぐに辞めそうだ…」と警戒されやすくなります。

ですので「反省→改善」の志望動機アピールがオススメです。

たとえば、若い方なら「事前のリサーチもロクにせず、ブランド名や給料だけで携帯ショップ店員を選んだのが間違いでした」「今度は長く働ける職場に就くために、入念に御社のことを調べて応募しました」という感じで、携帯ショップ店員として入社してしまった自分の甘さを反省すると効果的です。

もともと、接客業自体が離職率の高い業界であり、未経験者歓迎の中途採用の場合は「長く働いてくれるかどうか?」が重要ですので、前の職場で散々辛い目にあったので長く働ける職場に就きたいというアピールだけで割となんとかなります。

転職先候補の業種・職種への知識を深める

携帯販売の仕事は、その名の通り「販売(≒セールス)」「接客(=サービス)」としての側面を持ちます。そのため、同質の職業へは転職を成功させやすいです。
以下に、携帯販売からの転職先の例を示します。

  • 店舗マネージャー/オーナー
    携帯ショップでの経験を活かし、店舗マネージャーまたはオーナーとしてキャリアを築くことができます。店舗の運営管理やスタッフの指導育成など、経営的な視点を持ちながらチームを牽引する役割です。
  • インサイドセールス/カスタマーサ―ビス
    携帯ショップで培った接客スキルや製品知識を生かし、インサイドセールスやカスタマーサービスとして活躍することができます。顧客との電話やメールでの対応や問い合わせのサポートなど、お客様とのコミュニケーションを重視する仕事です。
  • ECショップ運営/WEBマーケティング
    インターネットの普及に伴い、ECショップの運営やWEBマーケティングの需要が高まっています。携帯ショップで培った商品知識や顧客対応力を生かし、オンライン上での販売促進やマーケティング活動に携わることができます。
  • マーチャンダイザー/販促企画(スマホ製造メーカーなど):
    携帯ショップでの経験を基に、スマートフォン製造メーカーや販促企画に携わることができます。製品開発や販売戦略の立案、マーケットニーズの分析など、商品の企画・提案に関わる仕事です。
  • 営業職(ITサービス/SaaS/通信機器メーカーなど):
    携帯ショップで培った営業力やコミュニケーションスキルを活かし、ITサービスやSaaS、通信機器メーカーなどで営業職として働くことができます。新規顧客の開拓や既存顧客の拡大など、営業活動を通じて企業の成長に貢献する仕事です。

また、転職先の業種・職種のビジネスモデルへの理解を深めることも大事です。

携帯ショップ店員で、とくに接客や将来性に不満を感じている方は「BtoB」の仕事を選ぶことを意識しておくといいでしょう。

BtoB とは「Business to Business」の略称で「企業間取引」を意味します。

BtoB 取引は、BtoC 取引(企業対消費者)とは異なり、以下の特徴があります。

  • 取引単価が高い
  • 取引関係が長期化する
  • 購買プロセスが複雑
  • 専門知識が必要

携帯販売は典型的な「BtoC」となり、接客や販売がメインとなります。

そのため、人手不足の現場に専門知識を習得しないまま放り込まれたり、スキルが身につきにくいなど、キャリアとしての不安がつきまといます。

転職サービスを利用してプロのサポートを受ける

以上のように、携帯ショップからの転職を成功させるためには、退職~転職までに多くのことを考えて計画的に行動する必要があります。

とくに携帯販売のようなブラックで知られる職業に就いてしまうような人は、様々な業界に対する知識や職種の選択肢が少ないこともあり、無自覚に求人選びの幅が狭くなっている可能性が高いです。

そのため、辞めることを検討してるなら、まずは転職サービスでプロに相談してみることをオススメします。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

仕事辞めたい【業種・職種】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました