携帯ショップ店員辞めたい…。携帯販売はブラックでうつ病になりやすい仕事なので転職した方がいい?

携帯ショップと言えば「二度とやりたくない仕事」として挙がるほど、密かにブラックな仕事として有名です。

また、携帯ショップである「docomo,au,softbank」の名前に釣られて就職した方もいるでしょうが、実は携帯ショップは代理店でしかないので、本社に出世とかまず無理です。

※厳密には「docomo→NTT」「au→KDDI」が本社になり、携帯ショップはブランド名を借りているだけの代理店だけのまったく別の会社です。

大手携帯会社のブランド名や高めの時給に釣られたものの、その過酷な仕事内容についていけずに辞める人も大多数…。

今回はそんな携帯ショップを辞めたほうがいい理由と、その場合の転職活動の方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

携帯ショップ店員はブラックでうつ病になりやすいので辞めた方がいい?

携帯ショップ店員で働き続けるとうつ病になりやすいと言われていますが、確かに仕事の内容や労働環境を踏まえると、うつ病になりやすい条件が整っていると言えます。

▼携帯ショップ店員がうつ病になりやすい原因とは?

  • キャリア大手からのノルマ要求が厳しい(新規契約数や販売数など)
  • 契約プランが複雑な割にミスが許されない
  • 契約プランが複雑なためクレームにつながりやすい

これは携帯ショップ店員関わらず、販売員・接客業全般に当てはまるかもしれません。

ですが、携帯ショップ店員の場合は、契約プランが複雑で顧客単価が高いにも関わらず、客層が一般層全般になるため、話の通じない客と接する機会も多くなり、クレームのリスクが爆発的に高まるわけです。

また、携帯ショップでの販売ではお客はお金を払って契約するわけですから、店員に対して感謝することはあまりなく、クレームで向けられる悪意の方に目が向きがちなのも、うつ病になってしまいやすい原因かもしれません。

それに加え、携帯キャリア会社からのノルマ要求も過剰なのが、仕事のやりがいを奪っていくと言えます。

言ってしまえば、携帯ショップ店員は真面目で真摯にお客のことを考えられるほど、うつ病になりやすい状況が整っているわけです。

このように異常な環境な中で「自分はまだまだだ…」と無理に働き続けると、うつ病になってしまってもおかしくありません。

「仕事を辞めたい…」という考えは
決して甘えではありません

うつ病寸前まで追い込まれてたら
以下の記事も読んでみてくださいね

携帯ショップ店員を辞めたい理由とは?

携帯ショップを辞めた方がいい理由はどのようなものがあるのでしょうか?

もし、読者の方が携帯ショップ勤めで辞めようか悩んでいるのであれば、ご自身のご環境と照らし合わせて、お読みください。

携帯販売は覚えることがあまりに多すぎる

携帯ショップが辞めたくなるのは、あまりに覚えることが多すぎるからでしょう。

私も過去に格安SIMを仕事で扱っていた経験から、携帯の料金プランから格安SIMのビジネスモデルも一通り抑えているのですが、正直「あれ全部暗記しているショップ店員いないんじゃ…?」というぐらい、複雑でわかりにくいです。

実際、ショップ店員の方もタブレット端末で操作しており、すべてを理解している方は少ないと思います。

携帯販売はクレームがキツイ

携帯ショップを辞めた方がいいのは、クレームがキツイからでしょう。

私が携帯ショップに行った時も、頭の弱そうな老人が「これ、使い方わかんないんだけど?」とエラソーにクレームつけてるの見ると「そんぐらい自分で調べろよ…そのスマホは何のためにあるんだ?」と、傍目から見ても嫌な気分になります。

以下の記事にも書いてますが、クソクレーマーの対処したところで精神的に消耗するだけで、一銭の得にもなりません。

正直、最近の日本の販売職は過剰なサービス要求で、クレーマーの好き勝手やりたい放題になりがちで、頭の悪い人と関わらざるを得ない仕事ほど、悪質クレーマーに当たる確率が上がります。

一方で、一定以上の頭脳を持つ階級ですと、表立って悪質なクレームをつけてくる人間は減ります。

商売方法が姑息で良心が痛む

大手携帯会社と言えば、過剰な数字表現やわかりにくい料金プランで、まるで利用者をだますような姑息な商売方法で儲けていることで有名です。

何度も関係省庁から指導が入っていることからして、姑息な殿様商売であることがわかりますね。

しかも、そんな商売上手な大手携帯会社ですから、携帯ショップの現場で働く人間は派遣・契約の非正規で使い捨て、しかも出世してもせいぜい店舗マネージャークラス。

大手携帯会社の本社務めは、一部の新卒エリート層のみに許された特権なのです。

そして、現場で働く人々は客から「わかりにくい」「どうすればいいの」「もっと安くしろ」と罵声を浴びせられ、本社の奴らは快適デスクワークで土日完全休業、有給休暇もありで給料も高い。

社員が使い捨て前提

携帯ショップ店員と言えば、最近では派遣社員での使い捨てが主流になってきています。

また、正社員・派遣社員として勤めれば、圧倒的なノルマの重圧に苦しめられ、客からのクレームにもつぶされかねません。

そしてなんと言っても、本社勤めの出世コースがほぼ絶望的なところが、携帯ショップ店員の辛いところ。

本社との接点も少ないのでコネも人脈も築きにくいため、本社勤めの座を獲得するのであれば売上・数字で勝負するしかありません。

関連:社員を大事にしない会社の特徴。従業員や人を大事にしないで使い捨てる企業はなぜ減らないのか?

携帯ショップ業界は将来性が不安

携帯ショップ店員と言えば、お世辞にも将来性が高くないところが、辞めたくなる理由と言えます。

携帯会社本社務めは間違いなく将来安泰でしょうが、現場で働く人の将来性は著しく低いと言ってもいいでしょう。

お客の罵声を浴びてノルマを達成したとしても、せいぜい将来は店舗マネージャークラス。

それもわかりにくい携帯プランを必死で覚えながら、お客をだますような方法でノルマを上げ、客のクレーム処理をこなすだけの将来しか待っていません。

それも非正規雇用社であれば、キャリアもスキルも積めないため、若いうちに行動しておかないと転職先すら限られる結果になりかねません。

少なからず「携帯ショップ辞めたい」と感じるのであれば、早いうちに転職活動で将来設計を見直したほうがいいでしょう。

…でなければ、いつまでもつらい携帯ショップ勤めを続けなければなりません。

携帯販売の派遣社員は辞めた方がいい?転職できる?

携帯販売の仕事では派遣社員の方も多く活躍されています。

中には「派遣社員だから携帯ショップを辞めると次がないかも…」と不安な方もいらっしゃることかと思います。

文中でもお伝えしている通り、携帯ショップ店員は過酷でうつ病になりやすい環境が整っており、派遣社員として働くにしても割に合わない仕事だと言えるので、辞めてしまっても問題はないでしょう。

また、派遣社員として携帯ショップ店員として働き続けても、今後のキャリアに不安が残ることからしても、辞めたいと感じているなら早めに行動しておいた方が将来のためになると言えるはずです。

派遣社員として働くなら
大手派遣会社マンパワーグループの運営する

JOBNET」への登録がオススメです

派遣会社として日本一の実績を持つマンパワーグループの手がけるJOBNETは、全国展開で様々な職種・業種に対応しており、福利厚生や資格取得などのキャリアサポートも充実しています。

もし、携帯販売の派遣社員を辞めて他の会社で派遣社員として働きたいのであれば、早めに登録しておくといいでしょう。

また、20代の方で携帯ショップ店員として働く方であれば、派遣社員からでも正社員として採用されるチャンスはたくさんあるので、正社員の道も考えておきたいです。

とくに20代向けの就職支援サービスであれば、経歴・学歴問わずに正社員採用してもらえる求人を紹介してもらえるので、興味があるならご利用を検討してみてください。

20代で派遣社員から正社員になるなら
いい就職ドットコム」がオススメです!

いい就職ドットコムは20年以上の実績のある会社で、ブラック企業排除・正社員限定での採用に力を入れている優良人材サービスです。

20代であれば携帯ショップ派遣社員から正社員になるチャンスですので、気になる方はぜひともチェックしてみてください。

携帯ショップからの転職を成功させるにはどうすればいい?

以上のように、辞めたくなるのが当たり前の携帯ショップ店員ですが、果たして転職先はあるのでしょうか?

…もちろん、あります。

接客業・営業系の仕事は離職率が高い替わりに、柔軟に他の業界に転職可能というフットワークの軽さもあるので「辞めてはいけない」と思い込まず、前向きに転職を考えておくといいでしょう。

行動は早めのほうが良い

「携帯ショップ店員辞めたい…」と悩んでいる方は、早めに転職活動を始めておくといいでしょう。

前述の通り、長く勤めたところで将来性はたかが知れているので、転職して長く働ける会社を選ぶのは全然ありですよ。

携帯ショップ店員なんて使い捨て前提の社員ですから、見切りをつけるのであれば早いに越したことはありません。

転職の志望動機は「反省→改善」を活かそう

携帯ショップ店員を一年未満で辞める場合は、当然ながら転職活動では「こいつはすぐに辞めそうだ…」と警戒されやすくなります。

ですので、以下の記事で紹介している「反省→改善」の志望動機アピールがオススメです。

関連:転職活動では落ちて当たり前?面接で落ちまくる時に見直すべきことは?ショックを受けた時の対処は?

たとえば、若い方なら「事前のリサーチもロクにせず、ブランド名や給料だけで携帯ショップ店員を選んだのが間違いでした」「今度は長く働ける職場に就くために、入念に御社のことを調べて応募しました」という感じで、携帯ショップ店員として入社してしまった自分の甘さを反省すると効果的です。

もともと、接客業自体が離職率の高い業界であり、未経験者歓迎の中途採用の場合は「長く働いてくれるかどうか?」が重要ですので、前の職場で散々辛い目にあったので長く働ける職場に就きたいというアピールだけで割となんとかなります。

転職先の仕事は「BtoB(企業同士のやりとり)」を意識しておこう

携帯ショップ店員で、とくに接客や将来性に不満を感じている方は「BtoB(企業同士のやりとりの仕事)」を選ぶことを意識しておくといいでしょう。

具体的には接客業からであれば「営業」が第一候補であり、次点で企画・広報などがあります。

逆に「BtoC(企業と消費者)」同士のやり取りとなると、接客業がメインとなり、経歴や経験が身につきにくいので将来的には不利になりがちです。

しかも、将来性を考えると店長クラスからエリアマネージャーが関の山で、本社務めのデスクワーカーになるための倍率はかなり低い。

ですので、若い方なら転職活動でキャリアプランをしっかり練り直し、しっかりと経験や実績が身につく業界・職種を選ぶといいでしょう。

根っから「お客様の笑顔のため」と思えない方であれば、営業職でキャリアを積むほうが将来性も上がりやすので、将来的なことも考えて決めるといいでしょう。

転職エージェントを有効活用して転職活動を進めよう

携帯ショップ店員からの転職活動に不安があるのであれば、転職エージェントを利用しておくことをオススメします。

転職エージェントとはプロのキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれ、自分に合った求人を紹介してくれる上に、面談の指導から日程調整まで行ってくれるので、効率よく次の転職先が見つかります。

しかも、転職エージェントは紹介先企業が費用を負担しているため、なんと無料で利用できます。

20代の若手や接客業経験のある30代でも、それなりに求人を紹介してもらえるので、意外な天職に出会えるチャンスも大きいです。

また、将来のキャリアプランについても相談でき、転職先の社風や人間関係などの詳しい情報をも教えてもらえるので、携帯ショップ店員のようなすぐ辞めたくなるやり甲斐のない仕事に就きたくない方は、ぜひ転職エージェントに相談してみてください。

タイトルとURLをコピーしました