堅実な人に向いてる仕事18選【計画性が大事な仕事に就くのがオススメ】

堅実な人にしては、不安を抱くことを知らないようです。不安を抱くことは可能性を広げる事前準備のようなものです。不安と反対に胆細さを持つ人々が

自分の性格に合った仕事自分の性格に合った仕事を見つけるためには、まず自分の性格をよく理解する必要があります。そして、どんな仕事が自分の性格に合っているのかを調べて、自分に合った仕事を見つけましょう頼りがいのある人に合う仕事を10種類まとめましたので、ぜひ目を通してみてください

安定していて現実的な人には、最もストレスの少ない仕事を見つけてください。自分の性格に合った仕事を見つけよう自分の性格を理解し、それに合った仕事を探しましょう。あなたのような性格の人にも仕事はあります。

良い仕事を探している人は、ここでいくつかの仕事を検討してみてはいかがでしょうか?その中には、あなたの性格に合うものもあるかもしれません。例えば、ファイナンシャル・アドバイザーや派遣会社は、安定していて信頼できる人には最適です。すべての人に当てはまるわけではありませんが、あなたにフィットした場所で働くことができるかもしれません。

自分に合った仕事を見つける方法は人それぞれです。しかし、自分の性格がそれぞれの仕事に適しているかどうかをじっくり検討すれば、より適合性の高い仕事を簡単に見つけることができるはずです。細かい作業が得意な人を求めている企業はたくさんあります。

几帳面な性格の人は、自分の性格に合った仕事を見つけるのに苦労します。自分に合った仕事とは何かを考える時間を持てば、自分に合った仕事を見つけることができる。几帳面な性格の人を求めている企業はたくさんあるので、給料や福利厚生も期待できます。

ディテールにこだわる人に向いている仕事は、どんどん増えています。スポーツ選手もその一つですが、テニス選手やピッチャー、ラグビー選手など、細かい部分に気を配ることが求められる仕事は、その分野で重要な役割を果たします。

堅実な人は恐れることはありません。恐れを知らない人って強いですよね。堅実な人も同じで、不安や胆細な人が言うことを恐れることはありません。また、周りに合わない人間と一緒に働くのも嫌いです。周りに転職して成長した方

いかがでしようか、今回は堅実な人に向いている仕事をいくつか紹介します。例えば、ファイナンシャル・アドバイザーや人材派遣会社などは堅実な人にもしっくり来ると思います。応募の際には一概には言えないのですが、自分にあった学

堅実な人に似合う仕事を見つけるために、まずは自分の性格、つまり「人間像」を正しく理解することが大切です。さらに、自分の性格に合った仕事は何かを調べてみな く だ さ い。堅実な人に合った仕事は必ずあります

堅実な人が働きたい仕事は何でしょう。一流企業に勤めたい、もっと上のポストに入りたい、自分を(自社に)売り込むことは好きじゃない、でも一真顧客に喜んでもらいたい。こうした単純な理由から、堅実な人は仕事を

細かい人はさまざまな分野で働くことができます。ただ、基本的には頭の良い人が細かい仕事を担うことが多いです。例えば、政治家や大学教授、ビジネスマンなど、仕事をしながらも一般の人からはピンとこないような話に裏打ち

細かい人は、コミュニケーションを好む傾向にあります。請求書やメールの読み方などに細心の注意を払うといったことで、細かい人は「細かい」という言葉の通りに仕事が出来ると自負してしまうかもしれません。ですが、他にも探して

細かい人は、多くの仕事において有利に働きます。細かい人に向いている職業として考えられるのはスポーツ選手です。プロフェッショナルなスポーツであればいくらでもありますが、タイムキーパーやラグビー選手なども細かいことをする必要があります。

細かい人は普通の仕事では働けないと諦めてしまいがちです。しかし、細かい人向けの仕事が沢山あることを知り、細かい人に合った仕事を見つけ出すことで自分の理想の仕事を見つけることができます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

堅実な人に向いてる仕事【解説付き】

堅実な人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • 証券アナリスト
  • データアナリスト
  • 弁護士
  • 税理士
  • 社会保険労務士
  • 中小企業診断士
  • 物理学者
  • インフラエンジニア
  • 自動車整備士
  • 溶接工
  • 造船技術者
  • 金融マン
  • ファンドマネージャー
  • 国家公務員
  • 公安警察官
  • 国税専門官
  • 食品衛生監視員
  • 公害防止管理者

それぞれ、仕事内容から就く方法まで詳しく解説していきます。

証券アナリスト

証券アナリストは、経済や金融に関するさまざまなデータを集め、その動向を調査と分析し、有望視される株や債券の情報を個人投資家や機関投資家に提供したり、売買のタイミングをアドバイスしたりするのが仕事です。証券アナリストは、証券会社の調査部門に所属して株式や証券などの調査と分析を行なうリサーチアナリスト、投資信託や投資顧問、信託銀行などに所属してさまざまな条件を組み合わせて効率よく運用するポートフォリオ・マネージャーのふたつに大きく別けられる。

証券会社や証券を扱う金融機関に就職して証券投資実務経験を積んでから、産業・企業調査をもとに個別証券の分析や評価を行なう調査部門などに所属し、その後証券アナリストになるといったケースが多いようです。この職業で分析するデータや扱う資料はとても膨大な量に及びます。政府の経済、金融の担当者や企業の経営者に直接インタビューすることもあるので、情報分析力はもちろん、情報収集力や取材力、さらに法を守る姿勢が求められます。

証券アナリストを目指すなら、証券アナリストの講座ならびに資格試験を受けておきましょう。資格試験は証券アナリストとして必要な専門知識や分析技術の習得を目的としたもので、1次と2次とがあります。ある程度の経験や知識が必要となるため、まず学生のうちに日本証券アナリスト協会が開講している初心者向けの「証券アナリスト基礎講座」「証券分析のための数学入門講座」などを利用するとよいでしょう。

データアナリスト

企業の依頼に基づいて、市場動向などに表われる統計や各種デー タの数字を読み解き、マーケティングや経営アドバイスを行なうのがデータアナリストの仕事です。各種データの相関関係やパターンから有益な情報を発見するコンサルタントとしての思考が求められます。データアナリストは今後ますます必要とされる職業のひとつです。

データアナリストになるには学歴や性別などは問わないが、データマイニング(膨大な量のデータから経営やマーケティングに必要な傾向や相関関係やパターンなどを導き出す分析方法)やテキストマイニング(文字列を対象にさまざまな手法で有用なデータのみを抽出する分析方法)といったデータ処理の際に使われる専用ソフトの使用経験者であることが望ましいでしょう。データマイニングの分析結果をもとにした販売戦略やブランド構築にも参加することがあるので、企画の立案から実施に向けた調整まで幅広くこなせるとさらに良いと考えられます。

弁護士

弁護士の使命は人権や正義を守ることです。弁護士法にも「基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする」とあります。 弁護士はこの使命に基づいて誠実に職務を行なう責任を背負っているのです。弁護士が関わる事件は、民事事件と刑事事件に大きく分けられます。民事事件とは、金銭の貸し借りや結婚や離婚の問題、遺産相続などでの当事者同士の争いごとを指します。一方、刑事事件とは、傷害や殺人などの罪を犯したとして警察に逮捕されたり、裁判にかけられたりする場合のことで、検察官が加害者を逮捕し起訴して、処罰を求めるケースです。またそれ以外に家事事件(家庭内でのトラブル)や少年事件、行政事件なども扱っています。

弁護士になるには法科大学院で学ぶか、司法試験予備試験に合格して司法試験を受けましょう。合格後は司法研修所で研修を受けることになります。

税理士

税理士は、税務代理、税務書類の作成、税務相談などを行なう仕事で、税務に関するプロフェッショナルと言えます。場合によっては財務や会計に関する問題点を指摘するなど、経営改善の方法をアドバイスすることもあります。税務の仕事は、細かい数字のチェックや記載漏れ、会計上のミスを見抜く能力が求められるため、数字や計算を隅々までしっかり確認できる細やかな性格のかた向けかもしれません。

税理士になるためには、国家資格である税理士試験か税理士資格が与えられる弁護士、または公認会計士資格に合格する必要があるため、それなりに難易度の高い仕事だといえるでしょう。

税理士資格取得後は、税理士事務所などに就職して実務経験を積み、それから独立して個人事務所を開業する人が多いようです。また、税務署に一定期間以上勤務すると、試験の特定科目が免除される規定があるため、資格取得を目指すために税務署に務めるのもよいでしょう。

社会保険労務士

社会保険労務士は、労働および社会保険に関する法律に基づき、 顧問契約を結んだ企業や勤務先の企業のために年金事務所などの行政機関に提出するさまざまな書類を作成し、提出するのが仕事です。社会保険とひとことでいっても、健康保険や国民年金、厚生年金など実にたくさんの種類がある。これらの保険や年金の仕組みは複雑で、一般の人には非常にわかりづらいものです。そんな時、社会保険労務士が決められた手続きを行なっていくのです。社会保険労務士は、個人開業の社会保険労務士法人に所属する「開業社会保険労務士(開業登録)」と企業の総務部などで社会保険労務士としての仕事を行なう「勤務社会保険労務士(勤務登録)」に分けられます。仕事内容は、書類の作成と提出だけでなく、社会保険に関する相談や指導も行ない、さらには保険料や給与の計算をする場合もある。近年は社会保険労務士の資格のほかに、ファイナンシャルプランナーなどの資格を取得して、企業に対して全般的にコンサルティングを行なう人も増えてきています。

社会保険労務士になるには、まずは全国社会保険労務士会連合会試験センターが実施する社会保険労務士試験に合格しなくてはなりません。受験資格は、高等専門学校、短大、大学、特定の専門学校を卒業した者、または大学において62単位以上を修得した者、そのほか企業や労働組合などで労働社会保険諸法令の規定に基づいた業務に3年以上の期間従事した者になります。資格取得後は、企業内で社会保険労務士として働く場合と社会保険労務士事務所で働く場合の大まかにふたつに分かれます。いずれの場合も十分な 経験を積んだ上で独立開業している人もいます。

中小企業診断士

中小企業の経営課題に対応するための診断し、アドバイスを行なう専門家が中小企業診断士です。企業経営者をはじめ、商店街や自治体の商工会議所から再開発などの相談を受けたりもします。町の中小企業のオーナーと一対一の信頼関係を築くことが求められる仕事です。金融機関などに勤務する人も多いが、独立開業してより密接な関係を築いて業務に携わる人も少なくありません。

中小企業診断士になるにはします。
中小企業診断士になるためには、中小企業診断協会が実施する『第1次試験』『第2次試験』に合格した後に実務補習を修了するか、診断実務に従事する必要があります。1次試験は経営に関する幅広い基礎知識を、2次では実務能力を認定するための応用力や思考力などを検定します。1次試験合格後に養成課程へ進むという方法もあります。

物理学者

物理学とは、元素の成り立ちから宇宙の仕組みに至る自然界の現象を観察して、その法則を明らかにする自然科学分野の学問です。ガリレオやニュートンに始まったとされ、それらを研究する人を物理学者と呼んでいます。日本の基礎物理学のレベルは世界的にも高いとされ、ノーベル物理学賞を取った日本人も多くいます。

物理学が扱う分野は、電磁気学や熱力学、量子力学や解析力学、統計力学や相対性理論、流体力学や工学力学、光学や素粒子物理学、宇宙物理学など実にさまざまです。ただ、それぞれの分野の研究は重なり合う部分が多く、境界線も曖昧となっているため、自然科学の基礎研究の諸分野を総称して理学と呼ぶこともある。

その一方で、主として研究している分野によって、物理学者のほかに、理学者や工学者、地球物理学者や宇宙物理学者、天文物理学者や数理物理学者などと呼び分けることもあります。

物理学者になるには、大学の関連学部卒業後、大学院の修士課程と博士課程の研究生活を経たのち、研究職のポストを探すという流れですが、プロの研究者として生活できるようになる人は限られています。

インフラエンジニア

インフラエンジニアは、パソコンやネットワーク知識、プログラミングスキルを活かして大規模なサーバーの保守や管理、点検や運用などを行なう仕事です。

IT人材の需要が高まる昨今では「インフラエンジニア」ではなく「ネットワークエンジニア」「システムエンジニア」「バックエンドエンジニア」と呼ばれることもあり、広い意味では「プログラマー」も含まれます。

インフラエンジニアになるメリットとしては、他のエンジニア職よりも大規模な企業で採用されやすい上に安定性が高いことと言えるでしょう。

関連:バックエンドエンジニアに向いてる人の特徴関連:フロントエンドエンジニアに向いてる人の特徴

もし、インフラエンジニア(バックエンドエンジニア)を目指したいと考えているのであれば「ウズウズカレッジ CCNAコース」でオンライン講座を受け、基礎知識を固めた上で就職サポートまで行ってもらうのがオススメです。

詳しくは以下の記事でも解説しています。

関連:ウズウズカレッジ・CCNAコースについて徹底解説!CCNAって何?学ぶメリットは?

自動車整備士

自動車を安全かつ快適に走行できるよう、専門の知識と技術で点検と整備を行なうのが自動車整備士の仕事です。工場などに就職後、働きながら必要とされる知識や技術を身に付けていきます。

なお、自動車整備工場には、国土交通大臣が実施する自動車整備士1~3級の有資格者を必ず置かなくてはならないという規定があるため、この資格を取っておくと就職にも独立に有利となるでしょう。

溶接工

工場や建設現場において、接合部を一時的に溶かして部品同士を接合させるのが溶接工の仕事です。働き先は機械などを生産する工場や船舶をつくる造船所、鉄骨を組み上げる建設現場などになります。

溶接の技術には、接合する素材の種類や溶接に使用する機材によってさまざまな種類があるが、よく使われているのが金属部品の溶接に使われるアーク溶接とガス溶接です。これらの技術について、労働技能講習協会の講習会などで講習を受け、修了証を手に入れておくと良いでしょう。

造船技術者

客船や貨物船、漁船といった船舶を設計したり、造船の作業が工程どおりに進められるように現場の指導や監督を行なうのが造船技術者の仕事です。発注主と相談して使用目的や要望に沿った基本プランを作成し、決定されたプランをもとに各パートを担当する技術者が船の構造、あるいは設備などについて設計を進めていきます。

造船に関する教育コースが設けられている大学(大阪大学・ 九州大学・東海大学・東京大学など)で専門知識を学んで、造船会社へ就職を目指しましょう。そのほか、工業高校や高専などで電気工学や機械工学などを学び、造船会社への就職を目指すこともできます。

金融マン

銀行で働く銀行マンや証券会社で働く証券マン、あるいは保険会社で働く保険マンなど、いわゆる金融業界で働く人は、広く金融マンと呼ばれています。いずれも特別な資格が必要なわけでではありません。

従来、文系の経済学部商学部、法学部の出身者が多かったが、業務の国際化が進んでいる金融業界では、語学力を重視するようになっていたり、ITやコンピュータの普及とともに、必要なプログラムを組めるだけの能力を持った理系の人材の需要増えています。

今や世界はいわゆるグローバル化で24時間、365日、リアルタイムで結びついており、そのなかでも金融業界は経済を主導する工場となっています。とくに欧米の先進国は金融が国を支える柱となっており、日本も後を追っています。その傾向は今後ますます強まっていくでしょう。そういう意味では、仕事は大変ですが、それだけ働きがいがあるとも言えます。

一方、転職が当たり前になりつつある今、金融マンがそれぞれの分野に磨いたスキルは幅広い業種でも必要とされ、転職にも有利となるでしょう。たとえば、銀行マンなら財務や分析の知識を生かして、一般の企業の財務関係の部署に転属する道が開けたりするでしょう。証券マンなら、企業情報や財務や株などの知識を武器にM&A(買収・合併)の会社などに転職することも可能ですし、経済や金融などの専門誌を出している出版社に就職する人もいますね。大手企業の中にはリスクマネジメントに取り組むところが多く、損保や生保の知識も活かすことができます。

しかし、漠然と過ごしていたのでは、ほかの業界に移っても活躍できるだけのスキルを磨くことはできません。これは金融業界で働く人に限りませんが、日本人の働きかたが大きく変わろうとしている今、つねに自分のスキルを高めようとする意識を持つことが大切な時代になってるということでしょう。

ファンドマネージャー

ファンドマネージャーとは投資信託の運用を行なう専門家のことです。ファンドマネージャーの仕事は、投資信託の運用方針に従って、市場や銘柄の分析、選定、組み入れ比率や売買のタイミングを検討し、投資家から預かった資産を運用することです。

ファンドマネージャーになるために特別な資格が必要ではありませんが、業務の国際化が進んでいる金融業界では語学力を重視されるようになり、ITやコンピュータの普及とともに必要なプログラムを組める能力を持った理系の人材の需要も増えています。

国家公務員

公務員とは日本の国の機関に勤務する者で、国家公務員の仕事は総合職、一般職、専門職のみっつに大きくわかれています。総合職試験合格者は『キャリア』と呼ばれる将来の幹部候補生です。入省後、間もない時期から高度な仕事を担当することも多く、3~4年で重要な政策の立案や実行などにも携わることになります。それに対して、一般職(大卒程度試験)を突破した人は、各省庁の中堅幹部職員となって事務や調査のほか、技術的などに携わることになります。また、一般職(高卒者試験や社会人試験)は、各省庁で初級職員として各種一般事務や調査や技術的業務などを行ないます。基本的に採用された地域で勤務します。

国家公務員は国を支える重責を担うということから、待遇面で優遇されています。基本的に完全週休2日制で、休暇は年20日間の年次休暇のほか、夏季休暇など特別休暇、介護休暇などがあり、勤務時間は週40時間。また各種福利厚生を充実している。ただし、上級職である国家総合職のキャリアともなると、仕事の内容もハードで、規則通りに休暇が取れないことも多く、国のために働くという覚悟が必要となります。

国家公務員の受験資格は、総合職(院卒)が30歳未満、総合職(大卒)および一般職(大卒程度)が21歳以上30才未満、一般職(高卒)は17~20歳未満となっています。誰でも受験することができますが、総合職(院卒者試験)は大学院卒業程度、総合職(大卒程度試験)および一般職(大卒程度試験)は大学卒業あるいは短大または高等専門学校卒業程度、一般職(高卒程度)では高校卒業程度の学力が求められます。

試験は筆記試験と面接試験があります。筆記試験で高得点を取ることはもちろんですが、面接試験でも高い評価を得ることが必要です。筆記試験では広範囲な分野が出題されるため、出題数の多い科目や頻出度が高い問題などを過去問から絞り込んで勉強しましょう。また、面接試験対策も考え、専門の予備校や大学の特別講座などで試験対策を学んでおくと良いでしょう。

公安警察官

警察庁や警視庁および道府県警察の公安部門に属する警察官は公安警察官と呼ばれています。警察庁には生活安全局や刑事局、組織犯罪対策部や交通局、警備局や外事情報部などが置かれています。そのうち国内テロや国際テロ、あるいはサイバー攻撃など、国家体制を脅かす事案に対応しているのが警備局と外事情報部です。警察庁警備局が警視庁警備部と道府県警察警備部を統括しており、それらを含め公安警察と呼ばれています。とくに警視庁の場合は、警備部とは別に独立した組織として公安部が置かれており、多くの公安警察官が専従体制で任務にあたっています。

公安警察官を目指すには、いずれにしても警察官にならなければなりません。警察庁に入るにせよ、警視庁あるいは道府県警察に入るにせよ、国家公務員試験あるいは警察官採用試験を受けて合格する必要があります。警察官採用試験に合格した場合はノンキャリア組、国家公務員総合職試験に合格した場合はキャリア組ということになり、どちらも試験合格後、ノンキャリア組は警察学校、キャリア組は警察大学校に入校し、卒業後に警察署などで現場実務を積んだ上で、本人の希望や資質、上司の意向などを受けて配属が決められることになります。

国税専門官

国税専門官は、税金に関する調査や指導を行なうのが仕事で、個人や企業が適正に税金を申告してるかどうかを調査する国税調査官、未納となっている税金の催促や財産差し押さえなどの滞納処分を行う国税徴収官、脱税を見つけ検察官に告発する国税査察官のみっつに分かれています。

国税専門官試験の受験資格は、21歳以上30歳未満の者、または21歳未満で大学を卒業した者、あるいは受験年度に卒業見込みの者などとなっています。会計学や商法の専門知識が必要となるため、国税専門官には大学の法学部出身者が多いようです。国税専門家居として採用されると税務大学で約3ヶ月間、税務職員としての基礎を習得する専門官基礎研修を受けたのち、各国税局に配属されます。

食品衛生監視員

食品衛生監視員は、食品衛生法などの法令に基づき、食の安全を確保する役割を担う仕事です。食品衛生監視員は国家公務員として、厚生労働省検疫所で働く人と地方公務員として各自治体の保健所等に勤務する人の二種類があります。国家公務員として働くなら、人事院が実施する食品衛生監視員試験に合格することが必要です。

食品衛生監視員試験の受験資格は、21歳以上30歳未満で、大学において薬学、畜産学、水産学また農芸化学の課程を修めて卒業した者、あるいは受験年度に卒業見込みの者か、都道府県知事の登録を受けた食品衛生監視員の養成施設で所定の課程を修了した者、あるいは修了する見込みの者となっています。

公害防止管理者

工場など公害発生施設で大気汚染や水質汚濁、騒音や振動公害などの防止と管理にあたるのが公害防止管理者の仕事です。公害防止管理者は、製造業、電気供給業、ガス供給業、熱供給業の公害発生施設の運転、維持と管理、燃料や原材料の検査などを行なう役割を担っています。地域住民との折衝の際には工場側の代表となることが多く、実際に職務にあたるときには、事態の収拾を図るべく交渉を行なわなければならないため、高いコミュニケーション能力が求められます。

公害防止管理者は環境省が認定する国家資格で、産業環境管理協会が実施する公害防止管理者等資格認定講習を受講するか、公害防止管理者等国家試験を受験して資格を取得できます。

堅実な人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に、自分に向いている仕事が見つかる転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く、登録しておくと非公開求人もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました