【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

ズル休みするのに忌引きや仮病を理由にするのはあり?バレないための方法、かしこい休みの取り方を解説!

「身内の不幸を理由にズル休みしたい…」
「会社をズル休みしたいから忌引きということにしたい…」
「忌引きを理由にズル休みしたいけど嘘はバレる?」

このようにお悩みではありませんか?

結論から申し上げますと忌引きを理由にズル休みするのは、一社会人の良識として絶対NGでしょう。というのも、それなりの規模の会社で忌引きを申請すれば香典などの手配で葬儀場所を聞かれることがありますし、その際、嘘の葬儀場を申告しても葬儀場側から確認が来れば一発でウソだとバレます。

また、仮に読者の方がアルバイトなどの立場であったり、会社の規模が小さく香典を手配するなどの事務処理がないからウソをついてもバレない可能性が高いにしても、相手側から心配されることで良心が痛むものです。

また、休暇申請の事務手続きを行う必要のある上司の立場からしても、後からウソだと発覚したら責任追及をされ迷惑を被ることが想定されます。そうなった場合、人の不幸を理由に自分がズル休みしたいがためにウソを付く人間だと、一気に信頼を失くすこととなるでしょう。

いずれにしても、ズル休みで忌引きを理由に使うメリットはほとんどないどころか、リスクが高いと言えます。

もし仮に、読者が忌引きを理由にズル休みしたいぐらいにまで思い詰めていたり、仕事を休みたいと感じているのであれば、正当な方法で休暇申請するべきです。

たとえば、多くの会社では有給休暇申請制度が用意されており、しっかり申告すれば休暇を取得する権利があります。また、シンプルに上司に相談して理由を話せば、あっさり休めることも多いです。このいずれもやりにくいと感じるのであれば、職場の人間関係が上手くいってなかったり、仕事を辞めたいぐらいにメンタルが追い込まれているのかもしれません。

そこで本記事では、ズル休みをするための正当な手順のご紹介であったり、ズル休みを考えるほどに会社に行きたくない時の心理やその対処法について、まとめてご紹介していこうかと思います。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

身内の不幸・忌引でずる休みしない方がいい理由とは?

身内の不幸・忌引を理由にずる休みしない方がいい理由は、バレる・バレないの問題ではなく、人として終わってるレベルの行為だからです。

常識的に考えて、ウソの理由で休む人間は社会人としてまったく信用が得られないどころか、普通に「あ、こいつもうダメだから見放そう…」と思います。

何度も言いますが「バレる・バレない」「ウソか本当か?」の問題ではなく、身内の不幸を理由にずる休みしようという考え自体が、人として終わっているのです。

もし、これが素で「え?なんで?」と思っているのであれば、本当に考えを改めた方がいいので、詳しく説明してまいります。

身内の不幸・忌引が理由のずる休みは、まずバレると思っていい

身内の不幸を理由にしてずる休みして忌引を取る場合、しっかりした会社であればまずバレると考えてもいいでしょう。

とくに大企業・公務員クラスの場合、社内の休暇申請処理が事務的なため、証明書の提出を促されることもあります。

そこで初めて「ずる休みのためのウソです」なんて言えば、まず社会人としての常識を疑われ、信頼も地に堕ちます。

仮にバレなかった場合は、以下のような理由が考えられます。

  • 社内制度でわざわざ忌引の確認を取るまでもない人(アルバイト、派遣社員、新入社員など)
  • 会社の制度がそこまでしっかりしていなく、忌引でも裏をとらない
  • 本人が社内で信頼されているので、誰もウソをついているとは思わない

これが何を意味するかというと、身内の不幸を理由にずる休みしてもバレない・疑われないような社員は、休もうが休まなかろうがどっちも同じだということです。

ですので「自分の仕事が身内の不幸でずる休み出来るぐらい、大したことない」と思うのであれば、ウソをつけば簡単に休めるはずでしょう。

最後の場合は「仕事が出来る・会社に貢献しているので有給申請も通りやすい」という状態でしょうから、わざわざずる休みのウソをつく必要もありません。

ウソの理由で休むと後々面倒事になりやすい

身内の不幸を理由にずる休みすると、後々面倒事になりやすいです。

とくに忌引に関して事務処理が必要な会社の場合、上司や周りの人だけでなく、他部署にまで迷惑がかかることになり、結果として上司の顔に泥を塗ることにもなりかねません。

仮にずる休みするにしても「体調悪いので休みます」「外せない用事があるので休みます」と当たり障りのない理由を使っておく方が、よっぽど角が立ちません。

仮にあなたが、入社数年以内の新人正社員であった場合、若くして社内で犯罪経歴並の傷を背負うことになるので、やるのであれば相応に覚悟しておいたほうがいいでしょう。

それぐらい、仕事やビジネスにおいては、不用意にウソをつくことはよくないのです。

ウソをついた後の気まずさや罪悪感が重い

身内の不幸でずる休みしない方がいいのは、ウソをついた後の気まずさや罪悪感が想像以上に重いからです。

仮に運良くずる休み出来たとして、バレなかったとしましょう。

ですが、それはそれで色々と気まずい結果となって、尾を引くのです。

たとえば、社内の人間がウソだと思っていない場合、世間話として「お通夜、大変だったね」とでも話を振ってきます。

ずる休みした人はその場で適当に話を合わせてお茶を濁すのでバレないかもしれませんが、結果としては心配してくれた職場の仲間をだまして裏切る行為に値します。

「また、お通夜の話をされたらどうしよう…」
「みんなに嘘つきと思われているかも…」
「あの時のウソがバレたらどうしよう…」

こんな不安を抱きながら、毎日職場に通わなければならないわけです。

そんな思いをしてネガティブに働くのであれば、正直に「休みたいので休みます」と言って話を通したほうがいいに決まってます。

社内の人間が話の通じる人であれば、すんなり休みをもらうことが出来るかもしれません。

そうでなければ、自分にも職場の人間にもウソをつく結果にしかならないので、

バレバレなのに誰も指摘しない状況が一番ヤバイ

身内の不幸でずる休みしない方がいいのは、バレバレなのに誰も指摘しない状況が一番ヤバイからです。

たまに勘違いしている人がいますが「ウソがバレていない」のではなく「バレていてもツッコまない」だけであることは、社会生活においては多々あります。

仮に身内の不幸でずる休み出来たとして、会社側に疑われているということは、それは本人がまったく社内でも信用されていない証拠でもあります。

一度疑われだしたら最後、その職場ではずっと疑われ続け、そういう目で見られ続けます。

私も仕事において、あからさまに嘘の理由をつかれることはありますが、そんなものは社会経験がそれなりにあれば、だいたい見分けられるものです。

ですが、わざわざ「ウソついてるでしょ?」なんて確認せず、適当に流します。

いちいち、そこで「ウソか本当か?」と言い争っても何にも得るものはないので。

しかし、あからさまなウソの中で「あ、こいつもうダメだな」と思うケースが、

  • 自分が悪いと思われたくないからウソをついている(責任から逃げている)
  • 自分の意見をハッキリ言いたくないから、ありきたりな理由でごまかす

…など、自分の意志や要求をハッキリ通さず、責任を負うのが嫌でウソをつく人の場合です。

そういう人間は、仕事で一切責任を追わずに逃げるクソ野郎ばかりなので、大きな仕事も任せたくなくなるのです。

そもそもで言えば、仕事を休むことは別に「ずる」ではなく、しっかりと通すべき筋を通し、上司や会社側にかけ合えば、休ませてもらえるはずです。

もちろん、ある程度会社での信用があったり、正当な理由がなければ厳しい場合も多いですが、それでも「言わないよりかはマシ」です。

しっかりと主張して要求しなければ、対話にも交渉にもなりません。

にも関わらず、たったの数日休むためだけに、身内の不幸・忌引なんていうウソでずる休みすることは、今の会社での信用や将来を失いかねないのです。

今一度「身内の不幸というあからさまに卑怯なウソの理由でずる休みすること」が、いかに自分勝手で信頼を失いかねない行為か、考え直してください。

ズル休みせずに正当な方法で休むにはどうする?

以上のように、世間一般の常識としても、今後の社内での人間関係や立場を考慮しても、身内の不幸を理由にずる休みすることは、何一ついいことはないです。

ただ、私も元はずる休みの帝王でしたので「なんとなく休みたい…」「会社に行きたくない…」という気持ちも痛いほどわかります。

また、過去のずる休みを顧みても「あのずる休みの仕方はまずかった…」「あんな休み方じゃ見放されるよな…」と反省している行為も、もちろんあります。

休むなら休むで、社会人として筋はしっかり通しておき、責任を果たす必要があります。

ですので、正当な理由で休むためにも、以下のようなことは知っておきましょう。

会社に「休みたい」としっかり伝える

まず大前提ですが、休みたいなら会社の直属の上司に「休みたい」としっかり伝えることが、一番です。

会社の事情や上司の人格がどうであれ、休みたいなら休みたいとしっかり声に出して主張しないのは、社会人としての責任を放棄しているようなものです。

最近では、

  • 1日目でバックレする新入社員
  • 退職報告をメールだけで済ます人
  • 退職すら自分で伝えられない人

…という方も増えているそうですが、あまり一社会人としては褒められた行為ではありません。

そういう人間は「怒られない」「バレない」のではなく「相手にすらされない=見捨てられている」だけですので、そこは勘違いしないようにしておきたいです。

有給休暇制度を活用する

どうしても会社を休みたいのであれば「有給休暇制度」を活用しましょう。

半年間勤務すれば、有給休暇を取得することが可能となります。

たまに「有給休暇を取得できない!」と言っている人もいますが、法律で保証されている権利ですので、条件さえ満たせば会社側に断る権利はありません。

もちろん、心理的に有給休暇申請をしにくい状況の職場も多いのでしょうが、そんなことに気を使ってウソの理由でずる休みするぐらいなら、堂々と有給を消化して休んだほうが何倍もマシです。

逆に言えば、社内の雰囲気が有給休暇取得を許さない雰囲気であったり、上司が怖いとして、それでも自分の意志を通す強さがないから、有給休暇を勝ち取れないで「ウソをついて、ずる休みしよう…」と卑怯な発想に至ってしまうのです。

休ませてくれない会社なら転職してしまうのも手

もし、上記のようなことを行っても休ませてくれないような会社で、仕方なくウソの理由でずる休みしたいと考えているようであれば、転職して休みやすい会社に就くのが現実的な手段でしょう。

転職を成功させた人の中には、

  • 休みがあまりに少なくて、転職を考え出した
  • 有給休暇が取りにくい会社なので辞めた
  • 自由に休みやすく、意見も言いやすい会社に就きたかった

…という人も多数います。

ただ、考えなしに辞めて転職しても、休みやすい会社に就けるとは限りません。

そこで紹介したいのが、転職サービスを利用してプロに相談するという方法です。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

仕事辞めたい【悩み別】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました