身内の不幸でずる休みするのは絶対にやめておいた方がいい。忌引きで休めない場合の対応法は?

編集長
ずる休みの帝王
スコシテン編集長です

「仕事をなんとなく休みたい…」
「仕事に行きたくない…」
「ずる休みしたい…」

こういう方は結構多いと思います。

私も毎朝「あ~起きるのすらめんどくせぇ」という感じで、やる気なく仕事しております。

学生時代も計画的に不登校、テストだけ100点取って教師に嫌われるクソ野郎でした。

そんな私の話はさておき。

社会人の方で仕事に行きたくない場合、多くの方が考えるのが「身内の不幸でずる休みしよう…」というウソではないでしょうか。

これに関してですが、絶対にウソの理由で休まない方がいいと断言できます。

理由としては、

  • しっかりとした会社の場合、忌引に関して処理・対応の会社の部署を通す(香典などの関係で)
  • ウソの理由で休むと、後々面倒事になる可能性がある
  • 単純にウソをついた後の気まずさや罪悪感が重い
  • バレた時のリスクよりも”バレバレなのに誰にも指摘されない”場合が非常にヤバイ

…など、何一つメリットがないからです。

というよりも、一端の社会人であれば、素直に「休みたいので休みます」と伝えればいいだけの話です。

もし、それすら許されない会社であれば、職場の人間との対人関係がしっかり構築できていなかったり、会社自体が「休むこと=悪」だと考えている社風なのかもしれません。

そんなわけで「ずる休みの言い訳に身内の不幸を使わない方がいい理由」と、代わりの「仕事での休みのとり方のお作法」について、ご紹介していきます。

普通に忌引・身内の不幸で休みがとれないでお悩みの方はこちら仕事が休めないで辞めたい…。休めない会社の特徴とその対策は?

身内の不幸・忌引でずる休みしない方がいい理由とは?

身内の不幸・忌引を理由にずる休みしない方がいい理由は、バレる・バレないの問題ではなく、人として終わってるレベルの行為だからです。

常識的に考えて、ウソの理由で休む人間は社会人としてまったく信用が得られないどころか、普通に「あ、こいつもうダメだから見放そう…」と思います。

何度も言いますが「バレる・バレない」「ウソか本当か?」の問題ではなく、身内の不幸を理由にずる休みしようという考え自体が、人として終わっているのです。

もし、これが素で「え?なんで?」と思っているのであれば、本当に考えを改めた方がいいので、詳しく説明してまいります。

身内の不幸・忌引が理由のずる休みは、まずバレると思っていい

身内の不幸を理由にしてずる休みして忌引を取る場合、しっかりした会社であればまずバレると考えてもいいでしょう。

とくに大企業・公務員クラスの場合、社内の休暇申請処理が事務的なため、証明書の提出を促されることもあります。

そこで初めて「ずる休みのためのウソです」なんて言えば、まず社会人としての常識を疑われ、信頼も地に堕ちます。

仮にバレなかった場合は、以下のような理由が考えられます。

  • 社内制度でわざわざ忌引の確認を取るまでもない人(アルバイト、派遣社員、新入社員など)
  • 会社の制度がそこまでしっかりしていなく、忌引でも裏をとらない
  • 本人が社内で信頼されているので、誰もウソをついているとは思わない

これが何を意味するかというと、身内の不幸を理由にずる休みしてもバレない・疑われないような社員は、休もうが休まなかろうがどっちも同じだということです。

ですので「自分の仕事が身内の不幸でずる休み出来るぐらい、大したことない」と思うのであれば、ウソをつけば簡単に休めるはずでしょう。

最後の場合は「仕事が出来る・会社に貢献しているので有給申請も通りやすい」という状態でしょうから、わざわざずる休みのウソをつく必要もありません。

ウソの理由で休むと後々面倒事になりやすい

身内の不幸を理由にずる休みすると、後々面倒事になりやすいです。

とくに忌引に関して事務処理が必要な会社の場合、上司や周りの人だけでなく、他部署にまで迷惑がかかることになり、結果として上司の顔に泥を塗ることにもなりかねません。

仮にずる休みするにしても「体調悪いので休みます」「外せない用事があるので休みます」と当たり障りのない理由を使っておく方が、よっぽど角が立ちません。

仮にあなたが、入社数年以内の新人正社員であった場合、若くして社内で犯罪経歴並の傷を背負うことになるので、やるのであれば相応に覚悟しておいたほうがいいでしょう。

それぐらい、仕事やビジネスにおいては、不用意にウソをつくことはよくないのです。

ウソをついた後の気まずさや罪悪感が重い

身内の不幸でずる休みしない方がいいのは、ウソをついた後の気まずさや罪悪感が想像以上に重いからです。

仮に運良くずる休み出来たとして、バレなかったとしましょう。

ですが、それはそれで色々と気まずい結果となって、尾を引くのです。

たとえば、社内の人間がウソだと思っていない場合、世間話として「お通夜、大変だったね」とでも話を振ってきます。

ずる休みした人はその場で適当に話を合わせてお茶を濁すのでバレないかもしれませんが、結果としては心配してくれた職場の仲間をだまして裏切る行為に値します。

「また、お通夜の話をされたらどうしよう…」
「みんなに嘘つきと思われているかも…」
「あの時のウソがバレたらどうしよう…」

こんな不安を抱きながら、毎日職場に通わなければならないわけです。

そんな思いをしてネガティブに働くのであれば、正直に「休みたいので休みます」と言って話を通したほうがいいに決まってます。

社内の人間が話の通じる人であれば、すんなり休みをもらうことが出来るかもしれません。

そうでなければ、自分にも職場の人間にもウソをつく結果にしかならないので、

バレバレなのに誰も指摘しない状況が一番ヤバイ

身内の不幸でずる休みしない方がいいのは、バレバレなのに誰も指摘しない状況が一番ヤバイからです。

たまに勘違いしている人がいますが「ウソがバレていない」のではなく「バレていてもツッコまない」だけであることは、社会生活においては多々あります。

仮に身内の不幸でずる休み出来たとして、会社側に疑われているということは、それは本人がまったく社内でも信用されていない証拠でもあります。

一度疑われだしたら最後、その職場ではずっと疑われ続け、そういう目で見られ続けます。

私も仕事において、あからさまに嘘の理由をつかれることはありますが、そんなものは社会経験がそれなりにあれば、だいたい見分けられるものです。

ですが、わざわざ「ウソついてるでしょ?」なんて確認せず、適当に流します。

いちいち、そこで「ウソか本当か?」と言い争っても何にも得るものはないので。

しかし、あからさまなウソの中で「あ、こいつもうダメだな」と思うケースが、

  • 自分が悪いと思われたくないからウソをついている(責任から逃げている)
  • 自分の意見をハッキリ言いたくないから、ありきたりな理由でごまかす

…など、自分の意志や要求をハッキリ通さず、責任を負うのが嫌でウソをつく人の場合です。

そういう人間は、仕事で一切責任を追わずに逃げるクソ野郎ばかりなので、大きな仕事も任せたくなくなるのです。

そもそもで言えば、仕事を休むことは別に「ずる」ではなく、しっかりと通すべき筋を通し、上司や会社側にかけ合えば、休ませてもらえるはずです。

もちろん、ある程度会社での信用があったり、正当な理由がなければ厳しい場合も多いですが、それでも「言わないよりかはマシ」です。

しっかりと主張して要求しなければ、対話にも交渉にもなりません。

にも関わらず、たったの数日休むためだけに、身内の不幸・忌引なんていうウソでずる休みすることは、今の会社での信用や将来を失いかねないのです。

今一度「身内の不幸というあからさまに卑怯なウソの理由でずる休みすること」が、いかに自分勝手で信頼を失いかねない行為か、考え直してください。

それでも休みたい場合は?

以上のように、世間一般の常識としても、今後の社内での人間関係や立場を考慮しても、身内の不幸を理由にずる休みすることは、何一ついいことはないです。

ただ、私も元はずる休みの帝王でしたので「なんとなく休みたい…」「会社に行きたくない…」という気持ちも痛いほどわかります。

また、過去のずる休みを顧みても「あのずる休みの仕方はまずかった…」「あんな休み方じゃ見放されるよな…」と反省している行為も、もちろんあります。

休むなら休むで、社会人として筋はしっかり通しておき、責任を果たす必要があります。

ですので、正当な理由で休むためにも、以下のようなことは知っておきましょう。

会社に「休みたい」としっかり伝える

まず大前提ですが、休みたいなら会社の直属の上司に「休みたい」としっかり伝えることが、一番です。

会社の事情や上司の人格がどうであれ、休みたいなら休みたいとしっかり声に出して主張しないのは、社会人としての責任を放棄しているようなものです。

最近では、

  • 1日目でバックレする新入社員
  • 退職報告をメールだけで済ます人
  • 退職すら自分で伝えられない人(→退職代行サービスの記事)

…という方も増えているそうですが、あまり一社会人としては褒められた行為ではありません。

そういう人間は「怒られない」「バレない」のではなく「相手にすらされない=見捨てられている」だけですので、そこは勘違いしないようにしておきたいです。

有給休暇制度を活用する

どうしても会社を休みたいのであれば「有給休暇制度」を活用しましょう。

半年間勤務すれば、有給休暇を取得することが可能となります。

たまに「有給休暇を取得できない!」と言っている人もいますが、法律で保証されている権利ですので、条件さえ満たせば会社側に断る権利はありません。

もちろん、心理的に有給休暇申請をしにくい状況の職場も多いのでしょうが、そんなことに気を使ってウソの理由でずる休みするぐらいなら、堂々と有給を消化して休んだほうが何倍もマシです。

逆に言えば、社内の雰囲気が有給休暇取得を許さない雰囲気であったり、上司が怖いとして、それでも自分の意志を通す強さがないから、有給休暇を勝ち取れないで「ウソをついて、ずる休みしよう…」と卑怯な発想に至ってしまうのです。

休ませてくれない会社なら転職してしまうのも手

もし、上記のようなことを行っても休ませてくれないような会社で、仕方なくウソの理由でずる休みしたいと考えているようであれば、転職して休みやすい会社に就くのが現実的な手段でしょう。

とくに最近は誰でも無料で使える「転職エージェント」の登場により、最短3ヶ月の転職成功も可能となっておりますので、休みたくても休めない会社から転職する人が増えております。

転職エージェントとはプロのアドバイザーが相談に乗ってくれた上で、転職活動のサポートを行ってくれるサービスの総称です。

転職エージェントを利用して転職を成功させた人の中には、

  • 休みがあまりに少なくて、転職を考え出した
  • 有給休暇が取りにくい会社なので辞めた
  • 自由に休みやすく、意見も言いやすい会社に就きたかった

…という人も多く、そういった要望を聞き入れた上で、自分に合った転職先を紹介してくれるので、ぜひとも使っておきたいです。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ