気分屋に向いてる仕事9選

気分屋の人に向いている職業はたくさんあります。
ただ、自分に合ったものを見つけることが大切です。

気分屋の人は就職に有利な資質をすべて備えています。
あなたは創造的、革新的、想像力に富み、表現力が豊かであると言われるかもしれません。

このページでは、気分屋に向いている9の仕事を紹介していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

気分屋に向いてる仕事【解説付き】

気分屋に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • ミュージシャン
  • ダンサー
  • グラフィックデザイナー
  • スタイリスト
  • 芸能マネージャー
  • CMプランナー
  • 伝統工芸作家
  • ラジオパーソナリティ
  • 臨床心理士

それぞれ、仕事内容から就く方法まで詳しく解説していきます。

ミュージシャン

広い意味では作曲家や編曲家もミュージシャンに含まれるが、 ここでは観客の前で演奏するライブミュージシャンや歌手のコンサートなどで伴奏するバックミュージシャン、音源を制作するためにレコーディングスタジオで演奏するスタジオミュージシャンなど、実際に音楽を演奏する人のことを指します。ミュージシャンは演奏テクニックが重視される職業で、幅広い年齢層の人がプロとして活躍しています。

ミュージシャンを目指すにはまず自分の得意な楽器やジャンルを持ちましょう。プロともなると高度な楽曲も難なく演奏できるテクニックが身に付けていなければなりません。楽譜が読めることはもちろん、音楽に関する専門的な知識を習得しておきましょう。ほかのミュージシャンとの連携やその場で楽曲をアレンジできる柔軟性を持ち合わせているとなお良いです。歌手と同様にインターネットを介してデビューするケースも増えています。

ダンサー

歌手やアイドル、ミュージシャンなどのイベントや舞台、コンサートなどで、曲に合わせてダンスを踊り、ステージを盛り上げるのがダンサーの仕事です。華やかなショービジネスの世界が活躍の舞台であり、憧れる人も多いでしょう。

ダンサーになるには、大学や短大の演劇科や舞台芸術学科などでダンスの基礎を学びましょう。そのほか、劇団やダンスサークルで基礎を学んだり、俳優養成所で学ぶという方法もあります。オーディションを受けながら数多くのステージを経験していき、より大きなステージへのステップアップを目指しましょう。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは伝えたいメッセージを色使いや構図でより効果的に表現し、おもに印刷物の紙面をデザインするのが仕事です。チラシやDMのハガキから、新聞や雑誌の広告、雑誌の誌面や商品パッケージのデザインなど、人が目にするあらゆるものがグラフィックデザイナーによる仕事です。具体的には、依頼者からの伝えたいメッセージを要望に応じて、見る人に的確に伝えるためのデザイン的な工夫をすることです。依頼者の企画意図を汲み取ってしっかりと理解し、それを目に見える形にしていく仕事です。そのため常に柔軟な発想を保ちながら創造力とデザイン力をしっかり身に付けておくことが必須となります。最近はパソコン上で作業を行なうことが多くなっているため、デザイン用のソフトを使いこなすスキルも必要となっています。

デザイン会社などに勤務して仕事をする場合には、一連の作業を統括するアートディレクターが指揮をとり、デザインをいくつかの部分に分け、各デザイナーがそれぞれの得意分野を仕上げていくケースが多く、関わるすべての人と意見のすり合わせをしながら仕事を進める必要があります。一方、フリーランスで活動している場合には、クライアントとの打ち合わせから作品を完成させるまでのすべての工程に携わることが多いようです。独立を目指すならば、デザイン力を高めるだけでなく、仕事のスケジュール管理はもちろん、総合的なマネジメント能力も求められます。

スタイリスト

モデルやタレント、俳優や歌手などが、広告やテレビ番組、映画やコンサートなどに出演するときや雑誌のファッションページ用の写真を撮る際に身に着ける衣装を調達し、コーディネートするのがスタイリストの仕事です。洋服のほかにアクセサリーやバッグ、靴や小物などを組み合わせて魅力的に演出します。

スタイリストになるには一般的に、スタイリストを養成する専門学校などで基礎を学び、卒業後はスタイリストのアシスタントや事務所に所属することから始めます。そのほか、結婚式場などに勤務して、新郎と新婦の衣装やアクセサリー、メイクなどをコーディネートするブライダルスタイリストとして活躍している人も存在します。

芸能マネージャー

歌手やアイドル、声優など、タレントのマネジメントを行なうのが芸能マネージャーの仕事です。具体的には、自分の担当するタレントがテレビ番組やラジオ番組、映画やCMなどに出演できるようにオーディションを受けさせたり、放送局のディレクターと会い本人を売り込んだりもします。

芸能マネージャーになるには、芸能事務所や声優事務所の一般採用枠から入社しましょう。

CMプランナー

CMプランナーの仕事は、CMに使う曲やキャッチコピーなどの選定にも関わるし、CMに登場する人物のキャスティングを行なうことなどです。CM制作現場のトップに立つ存在で、CMディレクターを兼ねることもあります。商品やサービスを宣伝するために15秒間あるいは30秒間という限られた時間のなかで視聴者に対してインパクトの強いメッセージを伝えなければなりません。常に何が人々を惹きつけるのかを考える力が求められるため、流行に敏感であり、流行を生み出す力を持っていなければならないのです。

CM制作会社や広告代理店のクリエイティブ(制作)部門に就職し、キャリアを積みながらCMプランナーを目指しましょう。マスコミに関連する講座を開いている養成機関などで、CMプランナーに関する基礎知識を学んでおくのも良いでしょう。

伝統工芸作家

ラジオパーソナリティ

ラジオパーソナリティとは、ラジオ放送局でリスナー(聴取者)のために音楽やアーティストの情報を言葉で伝えるのがおもな仕事です。ラジオDJ(デ ィスクジョッキー)と呼ばれることも多く、幅広い音楽の知識をはじめ、とくに生放送ではアドリブや笑いのとれるセンス、幅広い知識が必要とされます。こういったことから放送局のアナウンサーのほか、お笑いタレントやミュージシャンもラジオDJとして活躍しています。

ラジオパーソナリティ(ラジオDJ) を目指すのなら、ラジオ局へ入社するのが現実的でしょう。第一線で活躍するラジオパーソナリティのなかには、大学在学中にアナウンサーの養成学校に通い、専門知識と実践力を身に付ける人も多くいるようです。また、ローカルF局などではオーディションを行なってパーソナリティを誕生させているところもあります。近年では、既存のラジオ局以外に『コミュニティFM局』も増えています。放送対象 地域が従来の広域放送や県域放送より狭いため、地域密着した市民参加型の番組や防災および災害時に役立つ放送が中心となっています。

臨床心理士

臨床心理学にもとづいて、人間の心の問題にアプローチする専門家が臨床心理士です。同じような仕事をする人として、心理カウンセラーやサイコセラピスト、心理相談員などの名称で呼ばれる人々も存在しますが、これらの職業には資格はとくにありません。臨床心理士として働くには『日本臨床心理士資格認定協会』が実施する試験に合格することが求められます。

なお、試験を受けられるのは指定大学院を修了した人、あるいは臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した人となっています。臨床心理士はいじめやリストラ、景気悪化など社会的な問題による不安感が蔓延するなか、病院や保健所、大学や研究機関、児童相談所や警察関係機関、また一般企業など、さまざまな領域で活躍しています。

気分屋が自分に合った仕事を見つけ出すコツ

ここからは気分屋が自分に合った仕事を見つけるために意識しておくことをご紹介していきます。

面接時のアピールや求人選びの際に参考になる情報も交えているので参考にしてみてください。

感情を表現することを仕事にする

気分屋が仕事で高いパフォーマンスを発揮するには、感情を表現する仕事を選ぶことが一つの手でしょう。
具体的には「アーティスト」「クリエイター」などの感性が必要な仕事では、その道の才能があれば適性を活かせるかもしれません。

他人の感情をコントロールすることを仕事にするのも手

他人の感情をコントロールする仕事を選ぶのも、気分屋にとっては適職に出会える第一歩です。
前述のアーティスト・クリエイターも他人に何らかの感情を与える仕事ですが、他にも「広告業」「マーケティング職」などの不特定多数の感情を刺激する仕事、ラジオパーソナリティのようなトークで不特定多数の感情を刺激する仕事などもあります。
逆に相手の感情を理解して落ち着かせる「カウンセラー」「臨床心理士」のような仕事もあります。
いずれにせよ、気分屋はその声質や特性を生かして、人の感情の動きを理解して制御する仕事に注目してみるといいでしょう。

愛嬌がある人に向いてる仕事14選【愛想や見た目の良さを活かせ!】
愛嬌がある人にとって、世の中には性格の良さよりも能力や生産性の高さを求められている仕事が多いと感じることもあるかもしれません。ですが、世の中には愛嬌の良さがあれば乗り切れる仕事も数多く存在します。 愛嬌のある人は、 いつも周...

感情のムラで仕事に影響が出ることを前向きに受け入れる

仕事では誰もがその時の感情のムラで仕事のパフォーマンスに上下が出るものです。
ですが、それを悪く思う必要はありません。
大事なことは、自分の感情のムラや性格をよく理解し、それを制御することです。
たとえば、ポジティブな時に活動的になるのであれば、なるべくポジティブな状態の維持できる職場環境を選ぶべきですし、ネガティブな時に思考が研ぎ澄まされるのであれば、人と関わるよりは作業に集中できる環境で働くべきでしょう。

仕事を長く続けるために計画性のあるキャリアを考えておく

気分屋の中には、仕事が長く続かない方もいらっしゃるかと思います。
心当たりがあるなら、気分や感情に流されない計画的なキャリアを考えておくことも大事かもしれません。
ただ、計画的なキャリアを歩むには仕事に関する調査や勉強が必要なので、自分一人だけで考えすぎじ、プロに相談してみるといいでしょう。

これで安心!仕事が続かない人が続く仕事を見つけ出すための〇つのコツ!
仕事が続かない人が続く仕事を見つけ出すためのコツについて紹介していくページです。

落ち込んでいる時は仕事については考えないようにする

気分の浮き沈みが激しい方は、落ち込んでいる時はついついネガティブな考え方に陥りがちで、どのような仕事にも希望が持てなくなることもあるでしょう。
そうなると、まるですべての求人がブラック企業に感じ、自分の適性が発揮できるイメージが湧かなくなるものです。
ですので、落ち込んでいる時は無理をせず、仕事とは距離を置くことも大事でしょう。

気分屋に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました