時代遅れな会社の特徴。日本の企業から時代錯誤な企業戦士が減らない理由を考える

未だに日本で兵隊みたいな部活感覚で仕事しているバカな中高年世代がたくさんいます。

断言しておきます。

企業戦士は、日本を後進国に逆戻りさせたいだけの”悪”です。

今回は、日本社会にはびこる「企業戦士という悪」の特徴を紹介していきます。

もし職場に時代遅れな企業戦士社員がいる場合は、前向きに辞めることを考えましょう。

自滅大好き日本の兵隊気質のバカどもに付き合っていては、死んでしまいますからね。

関連:会社に殺されそうなあなたへ。仕事に殺される恐怖に追い詰められているなら今すぐ逃げ出す勇気を

スポンサーリンク

企業戦士は頭が悪い

未だにバブルが弾ける前の昭和の気分で仕事している「企業戦士」は、日本の会社にたくさんいます。

企業戦士は、とにかく「頭が悪い」です。

たとえば、仕事において論理性を欠いた根性論・感情論を振りかざし、現場の統率を乱します。

・頭の悪い企業戦士の頭の悪い発言例
「見て覚えろ!」

「とにかくやれ!」
「やる気が感じられない!」

このように、時代遅れで頭の悪い企業戦士(笑)は、とにかく戦時中の兵隊気分が抜けきっていないため、平然と時代錯誤な精神論ばかりを振りかざします。

このような頭の悪い話し方は、社会人として「私には説明能力・指示能力が欠けています」と自白するようなものですので、真に受けてはいけません。

頭が悪い人間と仕事し続けると、自分まで頭の悪い考え方になっていくので、時代遅れな企業戦士のバカと仕事し続けることは、百害あって一理なしです。

企業戦士は「自分の経験が絶対」だと勘違いしている

時代遅れな企業戦士は「自分の経験が絶対」だと思い込んでいます。

・自分の経験を絶対だと思っている企業戦士の愚痴の例
「あの頃は良かった」

「オレ達の若いころはもっと辛かった」
「この会社も昔はすごかった」

こういった、まるで老人が青春時代の思い出に浸るかのような、しょうもない説教を仕事にまで持ち込んでくるわけです。

これはヤンキーが自分の武勇伝を得意げに語るのと一緒ですね。

そんな幼稚で自分勝手な教えを信じ込んでいるのが、時代遅れな企業戦士の正体なんです。

まともに社会経験があれば「今までの経験が通用しなし事態」が多いことなど簡単にわかりますが、自分自身の経験を絶対だと思い込んでいる企業戦士も多いのです。

「愚者は経験から学ぶが、賢者は歴史から学ぶ」と言う言葉もあるとおり、頭の悪い人間ほど自分の経験則からしか判断できません。

企業戦士は教え方が下手

前述のように、企業戦士は自分自身の経験が絶対だと信じているあまり、時代に合わせた教え方がまったくできません。

まだ頭の悪いバカが多かったバブル期・昭和の時代には、根性論や説教・暴力(体罰)などで組織をまとめあげることが普通でした。

その時の時代遅れな経験が当たり前だと勘違いしている企業戦士は、平然とパワハラ同然の指導を行ってきます。

・教育の下手な企業戦士の教え方の例
「やって覚えろ!」

「見て覚えろ!」
「考えてやれ」→「勝手なことをするな!」

要するに、教えることや教育は仕事だと思っていないわけです。

そんな時代遅れな企業戦士がはびこる職場は、言ってしまえば「新入社員を育てる気がない」「おれ達のやり方に着いてこれない奴は辞めてもいい」としか考えていません。

なので「合わない」と感じたら、すぐに辞めるべきです。

企業戦士はとにかく働けばどうにかなると思っている

企業戦士の時代遅れな発想のもっとも悪しき特徴は「とにかくたくさん働いた方がえらい!」「死ぬ気で努力すればなんとかなる!」という、根性論を未だに信じ込んでいることですね。

世の中、努力してもどうしようもない事の方が多いのです。

戦時中の日本が、神風特攻隊で若者の命を投げ捨てるバカな戦略を行ってたことは有名ですが、戦闘機で戦艦に突っ込んだところで、戦局が変わるわけないですからね。

しかし残念ながら、歴史で神風特攻隊の誤ちを教えておきながら、大して変わりないことを行っている企業もたくさんあるのです。

企業戦士は”努力”を目的化してしまっている

「とにかく働けばどうにかなる!」という企業戦士の勘違いは、そもそもが「目的と手段を履き違えている」という、社会人としてはあるまじき能力の欠如と言えます。

「努力が大事」なのではなく、目的を果たすことや結果を出すことが、仕事で求められる実務遂行能力なわけです。

しかし、企業戦士の時代は「努力しておけばどうにかなった」「会社で頑張れば自然と給料が上がった」という、楽な時代に生きているので、努力しておけばどうにかなると勘違いし続けているバカも多いです。

酷い場合は「オレの方が長く残業した!」「オレはプライベートも犠牲にして会社に尽くしている!」と言った、幼稚な争いをしている企業戦士もいるわけです。

まるで、学生が「童貞卒業した年齢」「えっちした女の数」で競っているような、低レベルの争いですね。

企業戦士のいる会社は今すぐ辞めよう!

このように、企業戦士は時代遅れの頭の悪いバカであることは、誰がどう考えてもはっきりしています。

自民政権が働き方改革を進めていますが、あれも「時代遅れな企業戦士のバカども」を排除するための改革です。

しかしながら、企業側としては企業戦士のバカでもすぐに辞めさせるわけにもいかず、まだまだ頭の悪い人間が日本の会社にたくさんいるのが実情です。

ですが、働き方改革を柔軟に取り入れている優良企業では、頭の悪い企業戦士は年々少なくなっています。

若い方は、時代遅れの企業戦士の兵隊気分の仕事に付き合って人生台無しにされてしまう前に、もっとメキメキと働ける職場に転職することをおすすめします。

転職エージェントで企業戦士のバカと関わらずに済む会社を探そう!

頭の悪い時代遅れな企業戦士(笑)の年上と一緒に働き続けても、何一ついいことはないどころか、時代遅れな考えた方が身に着いてしまいます。

ですので、企業戦士と関わらない職場に転職した方が、将来性もあると言えます。

職場の企業戦士のバカにうんざりしている方は「転職エージェント」という、担当者がカウンセリングをしてくれた上で自分に合った職場を紹介してくれるサービスを使うといいですよ。

転職エージェントでは、若い人材が企業戦士のハラスメント行為や頭の悪い職場で潰されないように、しっかりとした転職支援を行ってくれます。

時代遅れの企業戦士のバカと関わって仕事で消耗している方は、一度転職エージェントでカウンセリングを受けて、自分の能力をもっと活かせる会社に転職しましょう。

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

仕事コラム転職コラム上司
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました