【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

【時代遅れ】古い体質の会社に共通する残念な特徴。令和時代に昭和の価値観で働く社員のここがヤバい!

「古い体質の会社の考え方に馴染めない…」
「昭和な会社で従業員の年齢層も高く古臭いと感じる…」
「会社のやり方を時代遅れだと感じる…」

このようにお悩みではありませんか?

昨今では「JTC (Japanese Traditional Company)」というインターネットスラングも生まれている通り、日本の伝統的な企業の習慣や文化が現代の実情に合っていないと感じている人も増えています。その証拠に、ビジネスの流行りとして「IT」「DX」「AI」などが毎年のように取り上げられており、古い体質の会社は変化しなければならないと叫ばれ続けております。

もちろん、老舗企業だからこそ大事にしなければならない伝統や文化もあるのは確かです。しかし、悪しき慣習を捨てなければ、若者が定着しない職場になってしまったり、時代に取り残されてしまう会社になってしまうなど、そのデメリットは数知れません。

もし、読者が今の会社を古いと感じているなら、よほど会社の経営者に危機意識があって変革を行う気概があるでもなければ、おそらく今の会社は古い体質を捨てきれないことでしょう。なぜなら、人も組織も今までの慣習を一気に変えるにはあまりにしがらみが多く、そう簡単には動けないものだからです。

一方で、2020年のコロナ禍以降、在宅ワークが普及したり、企業内でのDX(Digital Transformation)が進むなどして、最新の環境へと変革し出した会社も少なくはありません。

昨今、終身雇用制度も実施的には崩壊しており、一つの会社にしがみつくことがリスクであると感じてる方は多いかと思います。その場合、変化を嫌う古い体質の会社で働き続けることは、将来的に自分まで古い価値観に染まったり、時代に合ったスキルが身につかないなど、多くのリスクを抱えることとなるかもしれません。

本記事では、そんな古い体質の会社の特徴を紹介しながら、時代に取り残されない人材になるにはどうするべきか、お伝えしていこうかと思います。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

古い体質の会社の特徴:Japanese Traditional Company

「古い体質の会社」「時代遅れな会社」と言っても、そこにある背景や原因は様々なものがあります。

たとえば、最先端なイメージのあるIT/WEB系の会社でも組織体質が腐っていて内部に古い慣習が残り続けていたり、逆に歴史ある老舗企業なのに内部では効率化が進んでいるなど、その在り方は様々だと言えます。

また、会社全体では新しい制度を取り入れていたり組織改革が進んでいるにも関わらず、部署や職場単位では管理職となる上司の考え方が古臭いことでチームが崩壊してしまっている…という事態も起こりえます。

思わず共感してしまう「あるあるネタ」から、最新の経営・人事マネジメント視点から「時代に合ってない組織運営だ」という批判まで、楽しみつつも会社経営や最新のビジネス知識まで身につくような解説をお送りしていきます。

昭和世代の価値観を押し付け、若者の価値観や経営マネジメントについて理解しようとしない

時代遅れな昭和体質の企業では、問題解決に関しても精神論や根性論を持ちだすばかりか、その価値観を若者にも押し付けるから厄介です。

日本のトップの経営階級や管理職となる中高年世代は「企業戦士」「モーレツ社員」などと呼ばれた昭和世代で「会社のために死ぬ気で働く」という価値観で育った世代です。

企業戦士とは、日本において企業のために粉骨砕身で働く勤め人であるサラリーマンをいう。

自らの身も家庭や家族をも顧みず会社や上司の命令のままに働く姿を戦場での兵士に例えたものである。戦後の日本の経済社会の屋台骨を支える「戦士」であると企業や社会からもてはやされ、高度経済成長以降「日本株式会社」のおもな担い手となった。彼らは、とくに1968年(昭和43年)頃から昭和50年代にかけて、丸善石油(現・コスモ石油)のCMの「モーレツ」にちなんで「猛烈社員」「モーレツ社員」等と呼ばれた。

出典:企業戦士 – Wikipedia

企業戦士・モーレツ社員で育った世代は、以下のような現代ではおかしいと思われていることも、当たり前だと思って若者に押し付けてきます。

  • 会社・仕事のためにはプライベートを犠牲にするべきである
  • ハラスメント(いやがらせ)行為に耐えるのも仕事の一環である
  • 会社の指示や命令は絶対でどんな理不尽なことも耐えなければならない

昭和世代の社員が現役だった時は、上記のような根性論が当たり前だったため、現代になっても仕事の一環として若者に押し付けてくる人もたくさんいます。

たしかに中高年世代の方って
怒鳴ってパワハラしてくる人が多いですもんね…

すべての中高年世代がそうだとは言いませんが、時代環境に適応できていない社員の中には、ハラスメント行為を行っている自覚がない人もたくさんいます。

パワハラ被害に遭って辞めたいと悩んでいるなら
以下の記事も参考にしてみてくださいね…

また、最近では「意味のない叱責」「過小な仕事を振ること」もパワハラに含まれているため、仕事に不必要な理不尽に耐える必要もありません。

画像出典:公益財団法人 21世紀職業財団

仕事で理不尽な思いをして辞めたい人
以下の記事も読んでみてください…

男尊女卑など多様性に不寛容な慣習や伝統、価値観に固執する

古風な会社では「男は仕事、女は家庭」という男尊女卑の考え方が根強く残るため、女性の社会進出や働き方に対して否定的な会社も目立ちます。

男尊女卑の考え方の強い会社では「女性はこうあるべき」「女性にはこの仕事は任せられない」と決めつけてくるので、挑戦の機会すら与えられず、不当評価されてしまいます。

そのような会社では、いくら能力や可能性のある女性であっても、思うように仕事ができないまま経歴・実績を積むことができず、不遇な思いをしてしまいます。

男尊女卑の会社で不遇な思いをしている女性は
以下の記事も参考にしてみてキャリアを見直しましょう

社内イベントの参加や飲みニケーションが半強要で当たり前に定着している

古い体質の会社の社員は、飲み会や接待などのコミュニケーションも仕事のうちだと考えており、参加しないと出世に不利になるなど、仕事面でも不遇な思いをすることになりやすいという特徴があります。

ひどい場合は、毎週飲み会に半強制参加させる職場もあり、参加費も自己負担で財布にダメージを負う…という報告も見受けられます。

最近の若者は飲み会が嫌いな人も多いので

接待に付き合うのは疲れますよね…

ワイワイ騒いだり愚痴を言うだけの飲み会に付き合わされるのは
本当に時間とお金の無駄なので勘弁してほしいですよね…

最近の若者は内向的な性格の人や勤務時間外は自宅で過ごしたい人も多いためか、飲み会が苦手な人も多く、飲み会を理由に辞める人もいるぐらいです。

飲み会が多くて辞めたい人
以下の記事も参考にしてくれ

経営階級/管理職が高齢者や親族・自社内社員ばかりで組織風土が閉鎖的

時代遅れな会社は、単純に高齢者・中高年が多いので古臭い会社になってしまうという特徴があります。

▼中高年・高齢者が多い会社の特徴は?

  • 高圧的で上からの指示や命令に従うことだけを絶対だと思っている
  • 若手の活躍に否定的で意見も取り入れない
  • 効率化や問題解決に消極的で精神論・根性論ばかり
  • 時代に合わせた柔軟な働き方や価値観を取り入れられない
  • 飲み会などの無駄なコミュニケーションも仕事のうちだと考えている

とくに若者の価値観に否定的で挑戦心のない中年以上の人間はネット上で「老害」などと呼ばれ、若者から疎まれている存在です。

本来は、世代交代が図れず老朽化した『組織』に向けて使われる言葉である。

転じて、能力の衰えた高齢者が社会や組織の中で活動の阻害をする際に使われる。

出典:老害 – ニコニコ大百科

老害と呼ばれる存在は、自分の能力の衰えに無自覚でいつまでも会社で権限を握り続けて見当違いの判断をするため、若手だけでなく他の社員からも疎まれます。

もし、読者の方も自分の会社が時代遅れで古い体質だと思っているなら、職場の老害が会社全体に悪影響をもたらしていないかどうか、考えてみるといいでしょう。

職場の老害の特徴は以下の記事にもまとめてあるぞ

経営階級がITリテラシーが低く会社全体でのIT化/DXによる業務効率化に消極的

時代遅れな会社にありがちなのが、IT技術などの最新の技術の導入に消極的で、非効率的なやり方を続けるところでしょう。

それだけならともかく、非効率的なやり方を行い続ける理由として「昔からこうだった」「時間をかけた方がエライ」などの言い訳をする社員が多い企業は、注意が必要かもしれません。

また、組織が大きくなればなるほど、仕事のやり方を変えるのに手間や時間がかかるようになり、経営判断が遅くなりがちという欠点があります。

その場合、いくら革新的な意見やアイデアが出せる社員がいたとしても、意志決定できずに古い体質のまま…ということも十分にあり得ます。

例として、公務員の仕事が依然として古いやり方なままなのも、組織体質に大きな原因があると言えます。

ですので、古い体質の会社や時代遅れな仕事が嫌いだという方は、公務員・大企業勤めなどは典型的に向いてないと言えるでしょう。

人事評価制度が年功序列エスカレーター式で優秀な社員が正当評価されない

時代遅れな会社は、年功序列・終身雇用の考え方から抜け出せていないという特徴があります。

終身雇用・年功序列の考え方では「年上(上司)の言うことは絶対」「定年退職まで働けば安泰」とされているため、少子高齢化で年金支給ですら危うい若者の価値観には合いません。

終身雇用が崩壊した日本では
定年退職まで働けるかどうかもわからないですからね…

大企業でもリストラが行われており
勤務年数が多くても能力がないと危うい時代だからね

古い体質の会社が抱える問題とは?なぜ変わらないのか?

多くの企業が新しい時代の変化やテクノロジーの進化に合わせて変革を進めていますが、まだ古い体質を保持している会社も少なくありません。

これらの会社は、一見安定しているかのように見えるかもしれませんが、実は多くの問題を抱えています。

また、なぜそういった体質が変わらないのか、その背後にはどのような要因があるのか、以下で詳しく探ってみましょう。

  • 最新技術や経営ノウハウの取り入れに遅れる:新しい技術やツールの導入に消極的で、業務効率や市場競争力が低下する。
  • トップダウンの意思決定:上層部の一部の人間だけで意思決定が行われ、現場の声やニーズが無視されがち。
  • リスク回避の傾向が強くなり保守的になる:変化をリスクと捉え、新しい取り組みやアイディアに対して消極的になる。
  • 人材の固定化と流出:若手の意見や能力を活かしきれず、優秀な人材が流出する一方、同じポジションに長く留まる人が多い。
  • 変革の意識の欠如:今の状態が最も良いとの考えから、時代の変化や市場のニーズに応じた変革の必要性を感じない。

これらの問題が存在する一方、なぜ古い体質の会社は変わらないのかというと、伝統や組織の歴史、そして「これまでのやり方でうまくいってきた」という過去の成功体験が、変革の足かせとなっていることが多いです。

しかし、これからの時代に適応するためには、企業としての柔軟性や変革の意識が求められます。従業員や経営者は、古い体質を脱却し、新しい時代に合わせた変革を進めることの重要性を再認識する必要があります。

古い体質の会社で働き続けるとどうなる?我慢して続けるべき?

古い体質の会社には、多くの困難やリスクが潜んでいます。そして、そうした環境での長期的な働き続けは、キャリアだけでなく、あなたのメンタルや生活にも影響を及ぼす可能性があります。一方で、我慢してその会社で働き続けるメリットもあるかもしれません。以下で、古い体質の会社での長期勤務がもたらす可能性のある影響や、その判断基準について考察してみましょう。

  • スキルの停滞
    新しい技術や知識が取り入れられない環境では、個人のスキルや知識も時代遅れになるリスクが高まる。
  • キャリアアップの制限
    伝統的な昇進体系や、固定された役職制度の下では、能力や実績に応じたキャリアアップが難しくなる。
  • メンタルの疲弊
    変化を求める声が受け入れられない文化の中で、自身の意見や提案を抑え込むことでストレスが蓄積する。
  • 市場価値の低下
    他社と比較して古い体質の会社での経験は、転職市場での評価が低くなる可能性がある。
  • 安定と安心
    古い体質の会社は、しばしば安定した経営をしていることもあり、給与や待遇面での安心感を得られる場合がある。

これらの要因を踏まえると、我慢して古い体質の会社で働き続けるべきかは、あなた自身の価値観やキャリアのビジョン、生活の状況によって異なります。安定を求めるのか、それとも自己成長や市場価値を重視するのか、自分自身の目標や希望を明確にし、その上での判断を下すことが大切です。

古い体質の会社から抜け出すためには?

古い体質の会社に疲れ、窮屈さや不満を感じているのなら、あなたはきっと多くの同僚たちの声なかれの心配や不安を代弁しているはずです。変革を望む気持ちは正当ですが、実際の行動へと移すためには、具体的なアクションが必要です。以下、そのための一連のステップを解説します。

会社が変革できるかどうかを見極める

全ての古い体質の会社が永遠にそのままであるわけではありません。経営層の意識や新しい取り組みが始まっているなら、その変革を支える一員として活躍するチャンスもあります。しかし、「変わりたくない」という意識が根付いている場合、あなたの力だけでは変えられないことも。無駄にエネルギーを消耗する前に、状況を冷静に判断することが大切です。

人脈網を広げたりキャリア・情報網を広げておく

「知らない」というのは、最も大きなリスクです。古い体質の会社の中で閉じこもるのではなく、外の情報や他社の動向、業界の最新トレンドをキャッチアップしておくことで、新しい機会や選択肢が見えてきます。

スキルアップを図り、転職市場で他社や業界での需要を確認する

もしあなたがその会社を離れることを検討するなら、自分の市場価値を知ることが必須です。現在のスキルや経験が他の会社や業界でどれほどの価値を持っているのかを確認し、必要であればスキルアップに努めることで、転職時の選択肢を広げることができます。

転職活動を早期に始めてリスクに備える

「今のうちから準備を」というのは、単なる言葉だけではありません。古い体質の会社の環境下での突然のリストラや変革に備え、早めの転職活動で次のステップへと進むための道筋をつけておくことが、自分自身のキャリアとメンタルを守るための賢明な選択となります。

もし、心当たりがあるのであれば若いうちに転職を考えておいた方がいいでしょう。

古い体質の会社で働き続けると、無意識のうちに自分も古臭い考え方や価値観に染まってしまい、将来的には転職市場で通用しにくい人材になるかもしれません。

終身雇用が崩壊して働き方が多様化する時代において、古い体質に染まって転職市場で通用しないのは将来に不安が残ります。

時代遅れな会社の経歴でも転職ってできるんですか?

転職は行動力と挑戦心さえあれば
誰でも出来るので時代遅れな会社に不満があるなら
むしろ転職向きだと言えるぞ

転職成功者を見ていると、大なり小なり「古いやり方が気に食わない」「新しい仕事に挑戦したい」という動機があるため、時代遅れな会社にうんざりしているのであれば、転職を考えてみる価値は十分あると言えます。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

会社環境
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました